霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

序文(じよぶん)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第79巻 天祥地瑞 午の巻 篇:前付 よみ:
章:序文 よみ:じょぶん 通し章番号:
口述日:1934(昭和9)年07月16日(旧06月5日) 口述場所:関東別院南風閣 筆録者:谷前清子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年10月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
昭和八年の冬、天祥地瑞「巳の巻」(七十八巻)を口述し終わったが、非常時日本の現状を座視するにしのびず、関東別院に居を移して国体擁護のため、昭和神聖会の創立準備に携わっていた。
そのため、口述は中止のやむなきをえていたが、ようやく少し時間ができたところで、昭和九年七月十六日、午の巻を口述し始めて、七月二十日には完成させることができた。
この巻は終始、竜の島根の物語を記したもので、朝香比女の神一行の活動状態については、次巻をもってご神業の一部を発表することとする。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm790001
愛善世界社版: 八幡書店版:第14輯 157頁 修補版: 校定版:前付 1頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 昨冬(さくとう)002天祥地瑞(てんしやうちずゐ)の「()(まき)」を口述(こうじゆつ)(をは)り、003()きつづき著述(ちよじゆつ)にかかる(かんが)へなりしが、004非常時(ひじやうじ)日本(にほん)現状(げんじやう)坐視(ざし)するに(しの)びず、005遥々(はるばる)(あや)聖場(せいぢやう)(あと)に、006関東別院(くわんとうべつゐん)起臥(きぐわ)し、007国体擁護(こくたいようご)のため、008昭和神聖会(せうわしんせいくわい)創立(さうりつ)準備(じゆんび)寸暇(すんか)なく、009口述(こうじゆつ)中止(ちうし)()むなきに(いた)りしが、010(やうや)少閑(せうかん)()本年(ほんねん)七月(しちぐわつ)十六日(じふろくにち)011(うま)(まき)口述(こうじゆつ)(はじ)め、012(やうや)完了(くわんれう)することとはなりぬ。013本巻(ほんくわん)(たつ)島根(しまね)物語(ものがたり)(もつ)終始(しうし)したれば、014朝香比女(あさかひめ)(かみ)一行(いつかう)活動(くわつどう)状態(じやうたい)明細(めいさい)(しる)すに(いた)らず、015次巻(じくわん)()つて神業(みわざ)一部(いちぶ)発表(はつぺう)(まつ)るべし。
016 惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
017   昭和九年七月二十日 旧六月九日   於関東別院南風閣 口述者識
   
オニド関連サイト最新更新情報
5/6【霊界物語ネット】大本七十年史 下巻』(1967年発行)を掲載しました。
4/18【霊界物語ネット】山吹の花」(吉野山神業の記録)を掲載しました。
4/8【霊界物語ネット】民謡 波の上』と『民謡 月の都』(王仁三郎の歌集)を掲載しました。