霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第五章 湖畔(こはん)(あそ)び〔一九八六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第79巻 天祥地瑞 午の巻 篇:第1篇 竜の島根 よみ:たつのしまね
章:第5章 湖畔の遊び よみ:こはんのあそび 通し章番号:1986
口述日:1934(昭和9)年07月16日(旧06月5日) 口述場所:関東別院南風閣 筆録者:谷前清子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年10月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
大竜身彦の命は、四柱の重臣(春木彦、夏川彦、秋水彦、冬風彦)を従え、伊吹山に花見の遊覧を試みた。山の中腹の鏡の湖のほとりに莚を敷き、酒を酌み交わしながら歌を歌った。
大竜身彦の命が長寿を祈る祝歌を歌うと、数多の従者たちは音楽をかなでつつ踊り舞った。続いて重臣たちが、弟姫神の降臨と婚姻を祝い、竜神族の将来を希望する歌を歌った。
弟姫神となった麗子(うららか)は、竜神族に栄えをもたらす決意を歌に読み込むと、白雲はさっと開け、日月は一度に並び輝いて、たちまち第一天国の光景を現出した。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm7905
愛善世界社版: 八幡書店版:第14輯 189頁 修補版: 校定版:92頁 普及版: 初版: ページ備考:
001四季(しき)(とも)(はな)()(にほ)竜宮(りうぐう)
002天津御国(あまつみくに)姿(すがた)なるかも
003(くさ)()(はる)(ひかり)をあびながら
004この島国(しまくに)永久(とは)(さか)ゆる
005常夏(とこなつ)竜宮(りうぐう)(しま)()()さへ
006ゆたかなりけり(いた)るところに
007(やま)(かは)(きよ)(すが)しく竜神(たつがみ)
008(こころ)()かけによらずやさしき
009もろもろの魚族等(うろくづたち)はこの(しま)
010いより(つど)ひて生命(いのち)(さか)ゆる
011八千尋(やちひろ)(そこ)までうつる竜宮(りうぐう)
012大竜殿(だいりうでん)のかげは(すが)しき
013大竜身彦(おほたつみひこ)(むかし)(つか)へたる
014春夏秋冬(はるなつあきふゆ)四柱神(よはしらがみ)あり
015一人(いちにん)春木彦(はるきひこ)()一人(いちにん)
016夏川彦(なつかはひこ)(たた)()にけり
017(また)一人(いちにん)秋水彦(あきみづひこ)冬風彦(ふゆかぜひこ)
018以上(いじやう)四人(よにん)御供神(みともがみ)なり。
019 大竜身彦(おほたつみひこ)(みこと)弟姫神(おとひめがみ)(ともな)ひ、020四柱(よはしら)重臣(ぢうしん)(したが)へ、021伊吹山(いぶきやま)(はな)真盛(まさか)りを()むと、022弁当(べんたう)をこしらへ、023数多(あまた)竜神等(たつがみたち)前後(ぜんご)左右(さいう)(まも)らせ、024一日(いちにち)遊覧(いうらん)(こころ)みた。
025 伊吹山(いぶきやま)中腹(ちうふく)には(やや)(おほ)いなる湖水(こすい)あり。026日月星辰(じつげつせいしん)をうつして永久(とこしへ)(かがみ)(ごと)(ひか)りゐる、027この湖水(こすい)(かがみ)(うみ)(とな)ふ。
028 大竜身彦(おほたつみひこ)(みこと)(みづうみ)(ほとり)狭筵(さむしろ)()き、029()()(さけ)(など)()(かは)しながら、
030伊吹山(いぶきやま)(みね)よりおつる谷水(たにみづ)
031(きよ)(なが)れて鏡湖(かがみこ)となりぬ
032この(うみ)弟姫神(おとひめがみ)御心(みこころ)
033(きよ)くさやけく永久(とは)(にご)らず
034山水(やまみづ)をここに(あつ)めて(うみ)となし
035数多(あまた)のやまめを()かし(そだ)てつ
036()()てば(きそ)ひより()(やま)(うを)
037やさしき姿(すがた)(きみ)()せばや』
038 弟姫神(おとひめがみ)微笑(ほほゑ)みながら、
039『この(くに)(われ)(わた)()()にふるる
040もののことごとめづらしきかも
041()()てばより()(うを)のやさしさを
042(われ)竜宮(りうぐう)姿(すがた)とぞ()
043湖水(いけみづ)二人(ふたり)のかげをうつしつつ
044(ちか)(まつ)らむ永久(とは)(えにし)
045(いま)()になき(われ)(おも)ひきや
046かかる目出度(めでた)(やま)(あそ)ぶも
047女郎花(をみなへし)(かぜ)にゆられて()(にほ)
048(はな)姿(すがた)のやさしきろかも
049(むらさき)(にほ)桔梗(ききやう)(かんば)しさ
050千代(ちよ)にしをるな(われ)()くまでも
051(ふぢ)(はな)所狭(ところせ)きまで()(にほ)
052この(うみ)()のかげの(すが)しさ
053水底(みなそこ)()けるが(ごと)くうつろへる
054藤波(ふぢなみ)(はな)(こと)にめでたし』
055 大竜身彦(おほたつみひこ)(みこと)(うた)ふ。
056(とほ)神代(かみよ)(むかし)より
057()大神(おほかみ)御鼻(おんはな)
058つたはり(きた)伊吹山(いぶきやま)
059()ふる草木(くさき)はことごとに
060(ひと)(やまひ)をいやすてふ
061(くすり)ばかりと()くからは
062これの()()()ちたぎつ
063(たに)清水(しみづ)(あつ)めたる
064(かがみ)(いけ)水底(みそこ)まで
065その一滴(いつてき)(くすり)とや
066(くすり)(みづ)()(むす)
067千代(ちよ)八千代(やちよ)(たま)()
068生命(いのち)(たも)ちて不老不死(ふらうふし)
069常世(とこよ)(はる)(たの)しまむ
070この(みづ)(へん)じて(さけ)となり
071(くすり)となりて神人(しんじん)
072(こころ)(てら)しなぐさめつ
073げにも()におふ竜宮(りうぐう)
074(うづ)聖地(せいち)とひびくらむ
075国津御神(くにつみかみ)御種(おんたね)
076(くだ)(たま)ひし()(かみ)
077(ふか)(めぐみ)八千尋(やちひろ)
078鏡湖(かがみこ)(そこ)(くも)るべきや
079(たか)(めぐみ)大空(おほぞら)
080雲井(くもゐ)(そと)もしかざらめ
081あな面白(おもしろ)やあなさやけ
082(あま)岩戸(いはと)(ひら)(ぐち)
083竜宮(りうぐう)(しま)今日(けふ)よりは
084地上天国(ちじやうてんごく)そのままに
085(ひと)生命(いのち)()ぶるらむ
086(いは)へよ(いは)百神(ももがみ)
087(をど)れよ(をど)れいさましく
088大地(だいち)(そこ)のぬけるまで』
089 この(うた)警護(けいご)竜神等(たつがみたち)(かがみ)(うみ)()()きて、090種々(くさぐさ)(がく)(かな)でつつ右往左往(うわうさわう)()(くる)ふ。091その状態(さま)は、092百千万(ももちよろづ)胡蝶(こてふ)一時(いちじ)(くる)ふが(ごと)く、093爛漫(らんまん)たる桜花(あうくわ)春風(はるかぜ)()()(ごと)有様(ありさま)なりける。
094 春木彦(はるきひこ)汀辺(みぎはべ)()ち、095湖面(こめん)(なが)めて(こゑ)(たか)らかに(うた)ふ。
096有難(ありがた)弟姫神(おとひめがみ)()れまして
097吾等(われら)生命(いのち)(まも)(たま)はむ
098(はる)()(ひか)りをあびて竜神(たつがみ)
099永久(とは)(はな)()御代(みよ)()きなむ
100伊吹山(いぶきやま)(はる)()()()ぐみたり
101(かみ)(めぐみ)一片(ひとひら)として
102爛漫(らんまん)()(みだ)れたる山桜(やまざくら)
103(わが)()(あたら)しくよみがへらすも
104春夏(はるなつ)のけぢめも()らに()(にほ)
105(もも)花香(はなか)(にほ)ひめでたし
106(はる)(はな)(あき)花香(はなか)一時(ひととき)
107御代(みよ)(いは)ひて()くはめでたき』
108 夏川彦(なつかはひこ)(うた)ふ。
109(われ)(また)汀辺(みぎはべ)()ちてもの(まう)
110竜宮島(りうぐうじま)(さち)(いは)ひて
111葭原(よしはら)国土(くに)より天降(あも)姫神(ひめがみ)
112姿(すがた)()にも(たぐひ)なきかな
113細女(くはしめ)見合(みあ)ひましたる(わが)(きみ)
114(さち)とこしへにあれと(いの)るも
115麗子姫(うららかひめ)竜宮城(りうぐうじやう)弟姫(おとひめ)
116あらためまして吾等(われら)(めぐ)ます
117弟姫(おとひめ)(かみ)天降(あも)りしなかりせば
118吾等(われら)子孫(しそん)永久(とは)(うか)ばじ
119あさましき姿(すがた)()てる竜神(たつがみ)
120()にめづらしき弟姫(おとひめ)(かみ)
121夏川(なつかは)水瀬(みなせ)()れずに滔々(たうたう)
122(かがみ)(うみ)(そそ)ぐうれしさ
123(みづ)(きよ)(かがみ)(うみ)御姿(みすがた)
124弟姫神(おとひめがみ)姿(すがた)なるかも
125(つき)()波間(なみま)(うか)鏡湖(かがみこ)
126昼夜(ちうや)(なが)めは()にもまれなる
127魚族(うろくづ)(きみ)()でまし(ゑら)ぎつつ
128水面(みのも)にあぎとふ百千(ひやくせん)のかげ』
129 秋水彦(あきみづひこ)(うた)ふ。
130打寄(うちよ)する(かがみ)(いけ)小波(さざなみ)
131(わが)竜体(りうたい)(きよ)(あら)へり
132鱗身(りんしん)(あひだ)()める水虫(みづむし)
133かげはひそみて(こころよ)今日(けふ)
134今日(けふ)よりは吾等(われら)一族(いちぞく)ことごとく
135三寒三熱(さんかんさんねつ)()をのがるべし
136三千年(みちとせ)のなやみにたへて(ひと)となり
137この()()くると(おも)へば(たふと)
138三千年(みちとせ)月日(つきひ)をちぢめて(ひと)()
139(たも)吾等(われら)弟姫(おとひめ)(さち)
140(とき)()(わが)竜体(りうたい)はなめらかに
141人心地(ひとごこち)すも(たの)もしの()
142弟姫神(おとひめがみ)()らす祝詞(のりと)言霊(ことたま)
143(わが)身体(からたま)(あらた)まりゆくも
144にごりなき(あき)(みづ)さへ魚族(うろくづ)
145あまたの(むし)になやまされたり
146鱗肌(うろこはだ)(あひだ)にひそむ蛆虫(うじむし)
147かげはつぎつぎ()()せにけり
148万里(まで)(うみ)(なか)(うか)べる葭原(よしはら)
149国土(くに)にもかかるなやみありしか
150玉耶湖(たまやこ)(ひろ)きが(なか)竜宮(りうぐう)
151(しま)(めぐ)しき(しま)なりにけり
152(つみ)(ふか)きにごれる(たま)(あつ)まりを
153(たつ)島根(しまね)()づけ()にけむ
154何故(なにゆゑ)かこの島ケ根(しまがね)()(ひと)
155人面竜身(にんめんりうしん)はかなかりけり
156(てん)(とき)(いま)(きた)りて水上山(みなかみやま)
157麗子姫(うららかひめ)(さち)()ふかな』
158 冬風彦(ふゆかぜひこ)(うた)ふ。
159伊吹山(いぶきやま)(みね)より(おろ)寒風(かんぷう)
160(ふゆ)さり()れば(とざ)(みづうみ)
161(ふゆ)されば(うみ)魚族(うろくづ)ことごとく
162水底(みそこ)にひそみて()(なげ)くなり
163()(かみ)(めぐみ)いよいよ(あらは)れて
164弟姫神(おとひめがみ)天降(あも)りましける
165弟姫(おとひめ)(かみ)言霊(ことたま)(さち)はひて
166(ふゆ)(みづうみ)(こほ)らざるべし
167(くさ)()(ふゆ)さり()れば(しを)るるを
168かなしく(おも)(われ)なりにけり
169今日(けふ)よりはこの島ケ根(しまがね)(ふゆ)もなく
170常春島(とこはるじま)となりて(さか)えむ
171(わが)(きみ)御供(みとも)(つか)鏡湖(かがみこ)
172いそ()(うたげ)(むしろ)(たの)しき
173百神(ももがみ)(きみ)()でましよろこびて
174右往左往(うわうさわう)(をど)(くる)へり
175あなさやけあなおもしろや竜宮(りうぐう)
176島根(しまね)(はな)にうづもれにけり
177(やま)(あを)谷水(たにみづ)(きよ)(いけ)()
178月日(つきひ)(うか)べて天国(みくに)ただよふ』
179 大竜身彦(おほたつみひこ)(みこと)(うた)ふ。
180(あふ)()れば伊吹(いぶき)尾根(をね)白雲(しらくも)
181(かぜ)にゆられて(やす)(あそ)べる
182()()には白雲(しらくも)(あそ)中原(なかはら)
183(いけ)のほとりに(われ)(あそ)ぶも
184白雲(しらくも)のほころびすかして()(かみ)
185(きよ)(ひか)りを(てら)させ(たま)へり
186白雲(しらくも)をよくよく()ればその中心(なかご)
187(むらさき)(くも)かくろへる()
188(むらさき)(くも)(ひら)きて天津(あまつ)()
189この(いけ)()(てら)させ(たま)へり
190(いただき)曲津神(まがかみ)()むとつたへたる
191伊吹(いぶき)(やま)今日(けふ)(すが)しき
192(あめ)(つち)一度(いちど)(ひら)けし心地(ここち)して
193(われ)弟姫(おとひめ)(いけ)()(あそ)ぶ』
194 麗子(うららか)弟姫(おとひめ)(こゑ)さはやかに(うた)ふ。
195千早振(ちはやぶ)るとほき神代(かみよ)(むかし)より
196ためしも()らぬ竜宮(りうぐう)
197(たつ)(みやこ)(わた)()
198(あや)しき(ひと)のかげを()
199(こころ)いぶかる(をり)もあれ
200金銀珠玉(きんぎんしゆぎよく)をちりばめし
201(まなこ)(かがや)高輿(たかごし)
202(われ)はかつがれすくすくと
203鉄門(かなど)をくぐり又一(またひと)
204(たか)鉄門(かなど)をくぐりぬけ
205いや高殿(たかどの)(おく)られて
206大竜身彦(おほたつみひこ)諸共(もろとも)
207(たつ)島根(しまね)(まも)るべく
208朝夕(あしたゆふべ)をつつしみて
209(かみ)()さしの神言(かみごと)
210(こゑ)(たか)らかに()りつれば
211不思議(ふしぎ)なるかな島ケ根(しまがね)
212()ふる草木(くさき)(いろ)(ふか)
213百花(ももばな)千花(ちばな)一時(ひととき)
214(えん)(きそ)ひて()(みだ)
215四方(よも)芳香(はうかう)(くん)じつつ
216迦陵頻伽(かりようびんが)()ふも(さら)
217百鳥千鳥(ももとりちどり)()(こゑ)
218いやさやさやにひびくなり
219()()(かぜ)もやはらかに
220(やま)()()裳裾(もすそ)まで
221(めぐみ)(つゆ)のうるほひつ
222よみがへりたる目出度(めでた)さよ
223(われ)三年(みとせ)をこの(しま)
224()(さか)えつつ島人(しまびと)
225永久(とは)生命(いのち)御栄(みさか)えを
226(かみ)(ちか)ひて(あた)ふべし
227(いさ)めよ(いさ)百神(ももがみ)
228よろこべ(をど)(うた)()
229(あま)岩戸(いはと)(ひら)けたり
230(やみ)鉄門(かなど)()(はな)
231御空(みそら)月日(つきひ)(あき)らけく
232この国原(くにはら)(てら)すなり
233昼夜(ちうや)区別(くべつ)なきまでに
234月日(つきひ)こもごも()らひまし
235竜神等(たつがみたち)()ふも(さら)
236(うみ)魚族(うろくづ)(やま)()
237草木(くさき)(すゑ)(いた)るまで
238(めぐみ)(つゆ)(かがや)きて
239()はとこしへに(さか)ゆらむ
240ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
241(かみ)()さしの生言霊(いくことたま)
242朝夕(あさゆふ)()らへ竜神等(たつがみたち)よ』
243(うた)(たま)へば、244()()(あそ)びし白雲(しらくも)はさつと左右(さいう)(ひら)き、245次第々々(しだいしだい)(かげ)()せて日月(じつげつ)一度(いちど)(なら)(かがや)き、246(たちま)第一天国(だいいちてんごく)光景(くわうけい)現出(げんしゆつ)したるこそ(たふと)けれ。
247 ああ惟神(かむながら)御霊(みたま)幸倍(さちはへ)坐世(ましませ)
248昭和九・七・一六 旧六・五 於関東別院南風閣 谷前清子謹録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
5/6【霊界物語ネット】大本七十年史 下巻』(1967年発行)を掲載しました。
4/18【霊界物語ネット】山吹の花」(吉野山神業の記録)を掲載しました。
4/8【霊界物語ネット】民謡 波の上』と『民謡 月の都』(王仁三郎の歌集)を掲載しました。