霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一九章 大井(おほゐ)(ふち)〔二〇〇〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第79巻 天祥地瑞 午の巻 篇:第3篇 伊吹の山颪 よみ:いぶきのやまおろし
章:第19章 第79巻 よみ:おおいのふち 通し章番号:2000
口述日:1934(昭和9)年07月19日(旧06月8日) 口述場所:関東別院南風閣 筆録者:白石恵子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年10月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
水上山は艶男が帰ってきてからは生活が豊かになり、国津神たちは泰平の世を謳歌した。
艶男と燕子花は、朝夕に庭園に出て仲むつまじく逍遥していたが、燕子花はなぜか水辺を好み、大井川の清流をじっと見つめて浮かない顔をしていた。
艶男は燕子花にそのわけを尋ねた。すると、燕子花は、竜神の性が体に残っており、川で水浴したいという思いが、流れる水への慕わしさをかきたてるのだ、と答えた。
そして、ひとりで思うまま水浴することができるよう、大井川をせきとめて、淀を作ってくれるよう、艶男に頼み込んだ。
艶男はさっそく国津神たちを集めて堰をつくった。この堰は大井の堰と名づけられ、あふれた川水が滝となって下流に落ちていく様は、壮観であった。
燕子花は月が昇った後に、艶男に告げて、ひとりで大井の川瀬に水浴に出かけた。艶男は妻の様子が腑に落ちないので、ひそかに大井の川瀬に出て、葦草の中に身を潜めて、妻の挙動をうかがっていた。
燕子花は真裸になって水中に飛び込むと、体は元の竜神の体に変じ、うろこの間の虫を洗い落としていた。
燕子花は水上に顔だけのぞかせて水浴していたので、艶男は燕子花が竜体に戻ってしまったことは少しも気づかなかった。そこで、みぎわ辺に立って、妻に歌いかけた。燕子花は答えの歌を歌い、もうすぐ水浴を終わって戻るから、心配せずに帰るよう、艶男に歌いかけた。
艶男が帰ったのを見届けて、燕子花は水中を駆け回り、水煙を上げて泳ぎ回ったが、ようやくみぎわ辺に這い上がると、呪文を唱え、人体と化した。そして、何食わぬ顔で夫の館を指して帰って行った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm7919
愛善世界社版: 八幡書店版:第14輯 258頁 修補版: 校定版:353頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 水上山(みなかみやま)神館(かむやかた)は、002艶男(あでやか)(かへ)(きた)りしより、003(たちま)歓楽郷(くわんらくきやう)(くわ)し、004(ゆた)かなる()()005野菜(やさい)(とう)(しよく)して、006(この)(あた)りの国津神等(くにつかみたち)生活(せいくわつ)()()らず、007天地(てんち)(めぐみ)(よく)し、008至治泰平(しちたいへい)御代(みよ)謳歌(おうか)せり。009艶男(あでやか)燕子花(かきつばた)此上(こよ)なきものと()でいつくしみ、010朝夕(あしたゆふべ)庭園(ていゑん)()で、011(むつ)まじく()()逍遥(せうえう)しつつありしが、012燕子花(かきつばた)何故(なにゆゑ)水辺(すいへん)(この)み、013大井川(おほゐがは)清流(せいりう)をじつと見詰(みつ)めて()かざるが(つね)なりける。
014 艶男(あでやか)燕子花(かきつばた)様子(やうす)(あや)しみながら、015(うた)もて(ひめ)(こころ)(さぐ)らむと、016(こゑ)(すが)しく(うた)ひける。
017(みづ)(きよ)(この)(かは)()(たたず)みて
018物思(ものも)ひげなる(きみ)のあやしさ
019()(おもて)よくよく()ればまなかひに
020(あか)(なみだ)(うか)ばせ(たま)へる
021古里(ふるさと)(こひ)しき(ゆゑ)汀辺(みぎはべ)
022()たせる(きみ)(おも)(さび)しき
023燕子花(かきつばた)()(にほ)ひたる汀辺(みぎはべ)
024幾度(いくたび)()れば()くべきものを
025(かは)()のわれは(あそ)びに()きはてぬ
026されども(きみ)(こひ)しげなりけり』
027 燕子花(かきつばた)覚束(おぼつか)なき(こゑ)にて(うた)ふ。
028『わが(きみ)言葉(ことば)(かしこ)しわれは(ただ)
029(なが)るる(みづ)(こひ)しかりけり
030()一度(いちど)川水(かはみづ)(なが)(なが)めずば
031わが身体(からたま)()えむとするも
032竜神(たつがみ)(さが)(たも)つか(わが)身体(からだ)
033(なが)るる(みづ)(した)はしと(おも)
034わが(きみ)御許(みゆる)しあらば(きぬ)ぬぎて
035(この)川中(かはなか)(ひた)らむものを』
036 艶男(あでやか)(こた)へて(うた)ふ。
037()(ねがひ)いとも(やす)けし村肝(むらきも)
038(こころ)のままに(ひた)らせ(たま)
039(つき)()(なが)るる大井(おほゐ)川水(かはみづ)
040(はな)()(ただよ)(いづみ)なりけり
041川底(かはそこ)真砂(まさご)()れり()(みづ)
042(はだ)(すか)して()(なが)るれば
043(ゆふ)ざれば(つき)(なが)るる大井川(おほゐがは)
044()ながらに()るわが()(すが)しも』
045 燕子花(かきつばた)(うた)ふ。
046素裸(すはだか)となるは(はづ)かし(ねが)はくば
047われのみ一人(ひとり)(かは)()りたし
048御心(みこころ)(はな)()らすか()らねども
049(ゆふ)べの(かは)一人(ひとり)()みたし』
050 艶男(あでやか)(やや)(いろ)をなしながら(うた)ふ。
051(こころ)なき(こと)()らすよ鴛鴦(をしどり)
052(つがひ)はなれぬ(ちぎ)りならずや
053秋風(あきかぜ)(かは)(おもて)()きつけて
054(みぎは)(はぎ)()らむとぞする
055よしやよし(なれ)(こころ)(さか)るとも
056われは(わす)れじ(うづ)のよそほひ』
057 燕子花(かきつばた)(うた)ふ。
058『かくまでも(おも)はす(きみ)真心(まごころ)
059そむく(おも)へば(かな)しかりけり
060折々(をりをり)元津姿(もとつすがた)()ちかへり
061わが身体(からたま)(きよ)めたく(おも)
062わが姿(すがた)(きみ)()らるる(くる)しさに
063かくも(つれ)なきことを()りつる
064()(きみ)(ひろ)(こころ)見直(みなほ)して
065(わらは)(ねがひ)をただに(ゆる)せよ』
066 艶男(あでやか)(うた)ふ。
067()がなやみわれは()らぬにあらねども
068寸時(すんじ)もはなるる(こと)(くる)しき
069何故(なにゆゑ)(この)川上(かはかみ)(そび)()
070藤ケ丘(ふぢがをか)べに(けむり)()ちたつ』
071 燕子花(かきつばた)(うた)ふ。
072(きみ)(おも)ふあつき(こころ)()()ちて
073竜神(たつがみ)水火(いき)()ゆるなるらむ
074(ねが)はくば(この)川水(かはみづ)をせきとめて
075(みづ)(よど)ませ(あそ)ばせ(たま)へ』
076 艶男(あでやか)(うた)ふ。
077()(ねがひ)われ(うべな)ひて明日(あす)よりは
078国津神等(くにつかみら)にせきとめさせむ
079(なれ)おもふ(こころ)(ふか)(ふち)となれば
080(この)()(みづ)をせきとめて()む』
081 燕子花(かきつばた)(うた)ふ。
082『ありがたし(きみ)真心(まごころ)(きよ)らけく
083(ふか)きを(おも)ひて(なみだ)ぐまるる』
084 ()(たがひ)(うた)もて(かた)()ひながら、085(つき)(かたむ)(ゆふ)まぐれ、086(やかた)をさして(かへ)()く。
087 艶男(あでやか)数多(あまた)国津神(くにつかみ)()(つど)へ、088川中(かはなか)散布(さんぷ)せる大岩(おほいは)小岩(こいは)(あつ)めて、089大井川(おほゐがは)(みづ)をせきとむべく、090(せき)(つく)らしめた。091(かは)次第(しだい)(ふか)まり()きて、092幾十丈(いくじふぢやう)(ふか)(ふち)とはなりける。
093 (この)(せき)大井(おほゐ)(せき)名附(なづ)けられたり。094大井(おほゐ)(せき)をあふれ(なが)るる川水(かはみづ)は、095(たき)となりて下流(かりう)にくだち()く。096その壮観(さうくわん)さ、097(あたか)(あま)河原(かはら)一直線(いつちよくせん)地上(ちじやう)(むか)つて()つるが(ごと)し。
098 四天王(してんのう)(しよく)(つか)へたる岩ケ根(いはがね)099真砂(まさご)100白砂(しらさご)101水音(みなおと)102瀬音(せおと)面々(めんめん)は、103この滝津瀬(たきつせ)壮観(さうくわん)()むとて、104半日(はんにち)清遊(せいいう)(こころ)みつつ、105各自(おのもおのも)(こころ)(たけ)(うた)ふ。
106 岩ケ根(いはがね)(うた)
107雄々(をを)しくもまた(すが)しけれ大井川(おほゐがは)
108(みなぎ)()つる(おと)(たか)きも
109水上山(みなかみやま)(ふもと)にかかる高滝(たかたき)
110あれしは神代(かみよ)()かずありけり
111岩ケ根(いはがね)につき(かた)めたる川堰(かはせき)
112千代(ちよ)八千代(やちよ)もゆるがずあれかし
113川水(かはみづ)(たま)()りつつ高堰(たかせき)
114(かがや)()つる雄々(をを)しさ(すが)しさ
115(おと)にきく竜宮島(りうぐうじま)琴滝(ことだき)
116()滝津瀬(たきつせ)には(およ)ばざるらむ
117たうたうと()つる滝津瀬(たきつせ)(おと)(きよ)
118(よる)殊更(ことさら)とどろき(つよ)
119高堰(たかせき)(つく)りし()より(みづ)(ふか)
120(もも)魚族(うろくづ)(あつま)(きた)れる
121(ふね)うけてこれの(よど)みに(あそ)びなば
122(こころ)(すが)しくはえましものを
123川底(かはそこ)()えわかぬまで(みづ)(ふか)
124(なが)れは(ゆる)くなりにけらしな
125(この)(せき)(きづ)かれしより水上山(みなかみやま)
126(うづ)神苑(みその)川水(かはみづ)(そそ)ぐも
127(には)()大魚(おほな)小魚(さな)溌溂(はつらつ)
128(あそ)びて千歳(ちとせ)(いは)(はる)なり』
129 真砂(まさご)(うた)ふ。
130(みづ)(ふか)(せき)()(ふか)川底(かはそこ)
131真砂(まさご)()えずなりにけらしな
132大岩(おほいは)(たか)(たた)みて(きづ)きたる
133(この)高堰(たかせき)()るもさやけし
134日並(けなら)べて大雨(おほあめ)()らば如何(いか)にせむと
135(おも)ひわづらふわれなりにけり
136滝津瀬(たきつせ)(おと)昼夜(ひるよる)(ひび)かひて
137水上山(みなかみやま)神苑(みその)にぎはし
138川水(かはみづ)(には)かに(ふち)となり()きて
139(そこ)ひも()えずなりにけるかも
140竜神(たつがみ)()むによろしき(この)(ふち)
141一目(ひとめ)()るさへ()()()つなり
142あをあをと(みづ)(たた)へし(この)(ふち)
143(ふか)秘密(ひみつ)()るや()らずや
144燕子花(かきつばた)(ひめ)(みこと)願事(ねぎごと)
145なりし淵瀬(ふちせ)(おも)へば(ゆか)し』
146 白砂(しらさご)(うた)ふ。
147大井堰(おほゐせき)上手(かみて)(みづ)(ふち)なせど
148(そこ)白砂(しらさご)ありありと()
149白砂(しらさご)(いろ)あをむまで(たた)へたる
150これの淵瀬(ふちせ)(ふか)くもあるかな
151燕子花(かきつばた)(ひめ)(みこと)真心(まごころ)
152(この)淵瀬(ふちせ)より(ふか)かりにけむ
153(おも)(こと)(ひと)つも()らぬ(こと)のなき
154艶男(あでやか)(きみ)設計(しぐみ)かしこし』
155 水音(みなおと)(うた)ふ。
156大井堰(おほゐせき)(たか)くかかりて()ちたぎつ
157水音(みなおと)とみに(つよ)(ひび)けり
158(みづ)(おと)(たか)(ひび)きて大井川(おほゐがは)
159(みぎは)(あし)もそよぎはげしき
160藤波(ふぢなみ)山吹(やまぶき)(はな)水底(みなそこ)
161(すだれ)(ごと)くかかれるが()
162水音(みなおと)()して()きたつ汀辺(みぎはべ)
163河鹿(かじか)(こゑ)(たか)まりにけり
164(この)(ふち)(みぎは)河鹿(かじか)(あつま)りて
165ここを清所(すがど)()きたつるかも
166(いは)()みし水音(みなおと)さへもをさまりて
167(みづ)たかまりし大井(おほゐ)(ふち)かな
168()(つき)(しづ)かに(うか)大井ケ淵(おほゐがふち)
169ながめよろしも(はな)もうつらふ』
170 瀬音(せおと)(うた)ふ。
171大井川(おほゐがは)(みづ)もどよみて朝夕(あさゆふ)
172(ひび)かふ瀬音(せおと)()えにけるかも
173(みづ)(あさ)(きよ)(なが)れし大井川(おほゐがは)
174(せき)(たか)さに(ふか)まりにけり
175()(おと)はいづらに()きし(いま)(ただ)
176(かも)()ばたき(きこ)ゆるのみなる
177水鳥(みづどり)はいより(つど)ひて魚族(うろくづ)
178()まむとするか()きつ(もぐ)りつ
179()(かく)神代(かみよ)にもなき(この)(かは)
180(せき)のなりしはめでたかりけり』
181 各自(おのもおのも)司神等(つかさがみら)(この)滝水(たきみづ)()めそやしながら、182たそがるる(ころ)家路(いへぢ)()して(かへ)()く。
183 夕月(ゆふづき)のかげは銀色(ぎんいろ)(ひかり)(はな)つて、184高光山(たかみつやま)尾根(をね)より(のぼ)(たま)へば、185(とき)こそよしと燕子花(かきつばた)は、186大井(おほゐ)川瀬(かはせ)(あそ)ばむと、187艶男(あでやか)(まへ)黙礼(もくれい)し、188(かなら)(あと)をつかせたまふまじと、189言葉(ことば)(のこ)して()()きぬ。
190 艶男(あでやか)燕子花(かきつばた)言葉(ことば)の、191如何(いか)にしても()()ちぬより、192そしらぬ(かほ)をよそほひながら、193うんと一声(ひとこゑ)うなづき()たりしが、194(とき)(うつ)れども(つま)(かへ)(きた)らざるに(こころ)(いら)ち、195ひそかに月下(げつか)庭園(ていゑん)(つた)ひて、196(かは)()葦草(あしぐさ)(なか)()をひそめ、197(つま)挙動(きよどう)(うかが)()たりける。
198 燕子花(かきつばた)真裸(まつぱだか)となりて水中(すいちう)()()み、199(くび)のみを()し、200(もと)太刀膚(たちはだ)となりて、201(うろこ)(あひだ)密生(みつせい)せる(むし)(あら)(おと)しつつありしかども、202(ふち)(ふか)ければ(その)姿(すがた)203艶男(あでやか)()には()えず、204ただ頭部(とうぶ)のみ月下(げつか)(かがや)けり。
205 燕子花(かきつばた)久方(ひさかた)ぶりに淵水(ふちみづ)()びながら、206その爽快(さうくわい)さに()たれて()らず()らず(うた)ふ。
207『ああ(たの)
208(つき)(うか)べる(この)(ふち)
209わが身体(からたま)(ひた)()れば
210日頃(ひごろ)なやみし(はだ)(むし)
211真水(まみづ)におそれてはなれちる
212今日(けふ)ははじめて()きたる心地(ここち)
213(あさ)ましの
214わが()姿(すがた)()しや()
215わが()(きみ)()()らば
216妹背(いもせ)(ちぎ)りは(たちま)ちに
217(やぶ)れむものと今日(けふ)までも
218(こら)(こら)(くる)しさよ
219わが()(きみ)御情(おんなさけ)
220これの清淵(きよふち)(あた)へられ
221(ゆふ)(ゆふ)べをたのもしく
222(あそ)ぶも(うれ)しわが(たま)
223よみがへりつつ(ゑら)ぐなり
224これの川淵(かはふち)なかりせば
225わが()生命(いのち)(つな)げまじ
226()三熱(さんねつ)のなやみある
227われには一度(いちど)水浴(すいよく)
228天国浄土(てんごくじやうど)(おも)ひなり
229ああたのもしや(すが)しさや
230(この)高堰(たかせき)のいつまでも
231(やぶ)れずあれや永久(とこしへ)
232大井(おほゐ)(かは)(みづ)(きよ)
233(なが)(なが)れて永久(とこしへ)
234(つゆ)生命(いのち)(たも)てかし
235わが()(きみ)のわが姿(すがた)
236(なが)めて(おそ)(たま)ひつつ
237(えにし)(いと)のきれぬかと
238(あん)じわづらふ年月(としつき)
239(やす)けく(なが)川水(かはみづ)
240いさをは()にもめでたけれ
241ああ惟神(かむながら)()(かみ)
242(めぐみ)()きてわが姿(すがた)
243幾千代(いくちよ)までも()(きみ)
244御目(おんめ)()れずあれよかし
245(えにし)永久(とは)(つな)げかし
246天津御神(あまつおんかみ)国津神(くにつかみ)
247川底(かはそこ)(まも)水神(すいじん)
248御前(みまへ)(つつし)()(まつ)
249御前(みまへ)(つつし)()(まつ)る』
250愉快(ゆくわい)げに(うた)()たりける。251艶男(あでやか)(この)愉快(ゆくわい)げなる(ひめ)姿(すがた)()ていたく(よろこ)び、252(つき)(きよ)けれど、253さすがに(よる)なれや、254水上(すゐじやう)(やさ)しき(おも)のみ()えければ、255竜体(りうたい)還元(くわんげん)せし(こと)(すこ)しも(こころ)づかず、256葦草(あしぐさ)()けて汀辺(みぎはべ)()()(うた)ふ。
257(きみ)のかげ気長(けなが)()てど(かへ)りまさぬ
258(よる)(さび)しみ(むか)()つるも
259()(おもて)(きよ)波間(なみま)(うか)()でて
260真白(ましろ)()えぬ(つき)(ごと)くに
261(みづ)()(うか)べる(つき)()(おも)
262まがひて(すが)(たま)()えつつ
263(あたら)しきこれの淵瀬(ふちせ)()(たま)
264(きみ)竜宮(りうぐう)(おも)()さずや』
265 燕子花(かきつばた)(みづ)(おもて)(しろ)(かほ)()かせたるまま、266身体(からだ)をかくして(いら)への(うた)をうたふ。
267竜宮(りうぐう)島根(しまね)はもはや()きにけり
268(はな)なる(きみ)のおはしまさねば
269(この)(きよ)(ふち)()()(みそぎ)して
270あらたまりゆくわが(たま)(うれ)しも
271(そら)()れば(つき)()えたり水底(みそこ)()れば
272真砂(まさご)(しろ)(かがや)きにけり
273(この)(きよ)淵瀬(ふちせ)()()(みそぎ)して
274()きの生命(いのち)(たの)しむわれなり
275()(きみ)()(かへ)りませよ(いま)(しば)
276(わらは)(みそぎ)すまして(かへ)らむ
277裸身(はだかみ)()らるる(こと)(はづ)かしさに
278(つれ)なき言葉(ことば)(ゆる)させ(たま)へ』
279 艶男(あでやか)(つま)言葉(ことば)に、280(なん)(うたが)(いろ)もなく、
281『いざさらば()(かへ)りませわれは(いま)
282(なれ)先立(さきだ)(やかた)(かへ)らむ』
283()ひつつ(あし)ばやに、284月下(げつか)(にほ)(はな)(こみち)辿(たど)りて(かへ)()く。285(あと)見送(みおく)りて燕子花(かきつばた)は、286(やや)安心(あんしん)したものの(ごと)く、287(たちま)水底(みなそこ)前後(ぜんご)左右(さいう)()(めぐ)り、288()(くる)ひ、289太刀膚(たちはだ)尻尾(しつぽ)(もつ)水面(すゐめん)をはたきながら、290(うろこ)(あひだ)棲息(せいそく)せる(うじ)一匹(いつぴき)(のこ)らず(はら)はむとして、291(たか)水煙(みづけむり)()てゐたりけるが、292(やうや)くにして汀辺(みぎはべ)()(あが)り、293(うやうや)しく呪文(じゆもん)(とな)へ、294(まつた)人体(じんたい)(くわ)して白衣(びやくえ)()(まと)ひ、295下半身(しもはんしん)()長袴(ながばかま)穿(うが)ち、296(なに)()はぬ(かほ)にてしづしづと、297(つま)(やかた)をさして(かへ)()きぬ。298(つき)皎々(かうかう)として大井(おほゐ)(ふち)水面(すゐめん)(てら)し、299(なみ)(しづ)かに滝津瀬(たきつせ)(おと)(たか)(ひび)くばかりなりける。
300昭和九・七・一九 旧六・八 於関東別院南風閣 白石恵子謹録)