霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

序文(じよぶん)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第80巻 天祥地瑞 未の巻 篇:前付 よみ:
章:第80巻 よみ:じょぶん 通し章番号:
口述日:1934(昭和9)年07月26日(旧06月15日) 口述場所:関東別院南風閣 筆録者:森良仁 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年12月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
本巻は、霊界物語八十巻であり、天祥地瑞では第八巻にあたる。
昭和九年七月三十一日に口述を終わる。今後まだ四十巻を口述するため、前途は遼遠である。
本巻は、御樋代神の熱誠によって、葭原の国土に生息して悪事をなす猛獣や邪鬼を払い、新しい国土を樹立する物語である。
付録
君が代の国歌は、母音が左右相対に対照しており、その韻律が美しいことは、皇国日本の厳正中立の精神を如実に表しているものであることを知るべきである(本文中に韻律を左右対称に示した図がある)。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm800001
愛善世界社版: 八幡書店版:第14輯 287頁 修補版: 校定版:前付 1頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 本巻(ほんくわん)霊界物語(れいかいものがたり)順次(じゆんじ)によれば第八十巻(だいはちじつくわん)相当(さうたう)し、002天祥地瑞(てんしやうちずゐ)にては第八巻(だいはちくわん)(あた)るなり。003昭和(せうわ)九年(くねん)七月(しちぐわつ)三十一日(さんじふいちにち)(にち)口述(こうじゆつ)(をは)る。004今後(こんご)()四十巻(よんじつくわん)口述(こうじゆつ)あり、005前途(ぜんと)遼遠(れうゑん)にして多忙(たばう)なる口述者(こうじゆつしや)()りては、006中々(なかなか)重荷(おもに)なりと()ふべし。
007 本巻(ほんくわん)()する(ところ)大要(たいえう)は、008葭原(よしはら)国土(くに)棲息(せいそく)して悪事(あくじ)()猛獣邪鬼(まうじうじやき)(はら)ひて、009(あた)らしき国土(くに)御樋代神(みひしろがみ)熱誠(ねつせい)()りて樹立(じゆりつ)(たま)物語(ものがたり)にして、010趣味(しゆみ)(ふか)きものなり。
011(やうや)くに八十(やそ)坂道(さかみち)()えにつつ
012(いき)つきにけり昭九(せうく)七月(しちぐわつ)
013   昭和九年七月三十一日 旧六月二十日   於関東別院南風閣 出口王仁識
014附録(ふろく)
015 (きみ)()国歌(こくか)を、016韻律(ゐんりつ)法則(はふそく)()りて表示(へうじ)すれば左図(さづ)(ごと)く、017その母音(ぼおん)左右(さいう)相対的(さうたいてき)対照(たいせう)して()て、018韻律(ゐんりつ)()なる(こと)は、019皇国日本(くわうこくにつぽん)厳正中立(げんせいちうりつ)精神(せいしん)如実(によじつ)表徴(へうちよう)するものたるを()()べし。
020 XXを中心(ちうしん)に、021(おな)母音(ぼおん)対照(たいせう)せるを()るべし。
君が代の韻律
[#図 君が代の韻律]