霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四章 姉妹婆(しまいばば)〔二〇〇八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第80巻 天祥地瑞 未の巻 篇:第1篇 忍ケ丘 よみ:しのぶがおか
章:第4章 第80巻 よみ:しまいばば 通し章番号:2008
口述日:1934(昭和9)年07月26日(旧06月15日) 口述場所:関東別院南風閣 筆録者:内崎照代 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年12月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
冬男、熊公、虎公は家の中に進み入った。婆は驚きの色を見せながらもかすかに笑い声をもらし、目を怒らせて三男三女を見上げていた。
冬男は婆を戒め改心を迫るが、婆は逆に、現世の苦しみを助けようと命を奪ったのだから、感謝するべきであり、この忍ヶ丘の幽霊たちは、自分が救ってあげた者たちばかりだ、と嘯いた。
冬男、熊公、虎公と三人の娘・山、川、海は怒って婆をののしり、今こそ婆を滅ぼそうと歌を歌うが、婆は苦しみ冷や汗をかきながらも、しぶとく一同をののりし返している。
一同は心を合わせて、今こそ婆を征伐して滅ぼそうとする折しも、表戸を静かに開いて入ってきたごま塩頭の中婆があった。中婆は一同に目礼し、自分は「譏り(そしり)」であると名乗った。そして、里人の代表として、怪我をした笑い婆を見舞いに来たのだ、と述べた。
譏り婆は笑い婆に近寄って抱き起こすと、すっくと背に負ってまっしぐらに表を指して駆け出した。そして沖天の雲に乗り、遠い南の空に向かって、雲を霞と逃げ去ってしまった。この婆は笑い婆の妹で、間断なく人を譏っている悪魔であった。
残された六人は後を追うすべもなく、互いに顔を見合わせてしばらく呆然としていた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm8004
愛善世界社版: 八幡書店版:第14輯 310頁 修補版: 校定版:70頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 (しのぶ)(をか)(わら)(ばば)(やぶ)()(そと)()ちて、002様子(やうす)をうかがひ()たる冬男(ふゆを)003熊公(くまこう)004虎公(とらこう)()つの精霊(せいれい)は、005(とき)こそよしと(すす)()れば、006やや(おどろ)きの(いろ)()せながら、007身動(みうご)きならぬ(くる)しさに、008アハハハハ、009イヒヒヒヒとかすかに(わら)ひ、010()(いか)らせ、011三男三女(さんなんさんぢよ)(かほ)見上(みあ)げて()る。
012 冬男(ふゆを)はこの(てい)()て、
013『さきの()(われ)(くる)しめし(むく)いにて
014このありさまは何事(なにごと)なるかも。
015(わら)(ばば)(おも)()りしや天地(あめつち)
016(かみ)のいましめ(いま)あらはれぬ。
017神々(かみがみ)(くま)(とら)との(うで)をかり
018(なれ)両手(りやうて)()()かせたり。
019両腕(りやううで)(からだ)につける(ごと)()ゆるとも
020その関節(くわんせつ)()けてありけり。
021いぢらしと(おも)へど(せん)なし(わら)(ばば)
022霊魂(たま)生命(いのち)()たねばおかじ。
023国津神(くにつかみ)数多(あまた)生命(いのち)(うば)ひたる
024(ばば)アの最後(さいご)のあはれなるかな。
025精霊(せいれい)生命(いのち)すてたる()(のち)
026()くべき(ところ)あらじと(おも)ふ。
027この(をか)毒茶(どくちや)(すす)めし鬼婆(おにばば)
028みたまの()てぞあはれなるかな。
029しつこくも清水(しみづ)(をか)まで()(きた)
030(くま)(とら)とにいためられける。
031()くならば(ばば)(こころ)をあらためて
032(かみ)(たす)けを(ただ)にうくべし』
033 (ばば)呻吟(うめ)きながら、034しわがれ(ごゑ)をしぼりて、
035(まよ)()(なれ)毒茶(どくちや)(すす)めしも
036生命(いのち)(うば)ふと(おも)へばなりけり。
037現世(うつしよ)のもだえ(くる)しみ(たす)けむと
038(われ)毒湯(どくゆ)(あた)へたるなり。
039感謝(かんしや)することを(わす)れてこの(ばば)
040(うら)むは(なん)(こころ)ぞやそも。
041この(ばば)(しのぶ)(をか)氏子(うぢこ)をば
042(ふや)すが(ため)(どく)(すす)めし。
043かぎりある(うつつ)生命(いのち)()きとりて
044永久(とは)生命(いのち)(あた)ふる真心(まごころ)
045わが(ため)生命(いのち)うばはれ(すく)はれし
046(もの)ばかりなる(しのぶ)(をか)ぞや』
047 冬男(ふゆを)憤然(ふんぜん)として、
048国土(くに)つくる(つと)めある()(ころ)したる
049この鬼婆(おにばば)魍魎(すだま)なるらむ。
050御前(おんまへ)にかへりごとせむ(よし)もなし
051(うつつ)生命(いのち)(うば)はれし(われ)
052精霊(せいれい)となりて故郷(こきやう)にかへるべき
053かむばせもなきわが()なりけり。
054この(うへ)(ばば)アのみたまを(ほろ)ぼして
055(しのぶ)(をか)(つかさ)とならむ。
056あきらめて(はや)(ほろ)びよ鬼婆(おにばば)
057(なれ)がみたまの生命(いのち)はわがもの』
058 熊公(くまこう)は、
059鬼婆(おにばば)のたくみの(わな)におちいりて
060われは果敢(はか)なくなりしみたまぞ。
061この(うらみ)いつか()らすと只二人(ただふたり)
062清水(しみづ)(をか)(とき)()ちしよ。
063()くならば最早(もはや)(ちから)(およ)ぶまじ
064この鬼婆(おにばば)()りて(はふ)らな。
065(うれ)しさと(たの)しさ一度(いちど)()()でて
066(ばば)アの生命(いのち)今日(けふ)()つなり』
067 (ばば)アは()ながら(くる)しき(いき)の下より、
068『へらず(ぐち)たたくな熊公(くまこう)精霊(せいれい)
069(われ)のたくみにかかりし馬鹿者(ばかもの)
070精霊(せいれい)生命(いのち)()すると(おも)(やつ)
071幽冥(いうめい)()らぬたぶれなりけり。
072この(ばば)生命(いのち)如何(いか)(せま)るとも
073ひるまずたゆまず(あだ)をかへさむ。
074肉体(にくたい)()すことあるも精霊(せいれい)
075幾千代(いくちよ)までも(ほろ)びざるなり。
076どこまでも()きながらへて()生命(いのち)
077千変万化(せんぺんばんくわ)(なや)ましくれなむ。
078貴様等(きさまら)()たれてひるむ(ばば)ならず
079しばしの(あひだ)をやすむのみなる』
080 虎公(とらこう)は、
081執念(しふねん)(ふか)(ばば)かも(いま)となりて
082へらず(ぐち)のみたたき()るなり。
083両腕(りやううで)()()かれながら知死期(ちしご)まで
084ののしる(ばば)アの(こころ)にくきも。
085一打(ひとう)ちに(いき)とめてみむこの(ばば)
086頭骸骨(づがいこつ)をば()ちくだきつつ。
087わが(うら)()らさむときは(きた)りけり
088(おも)ひしれ(ばば)今日(けふ)(あした)を』
089 (ばば)アは(なが)(した)をベロリと()し、090冷汗(ひやあせ)をかきながら(なほ)もしぶとく、
091虎公(とらこう)馬鹿(ばか)をほざくなこの(ばば)
092()つても()れぬ(ほろ)びぬつはものぞ。
093よしやよし幾万人(いくまんにん)()()とも
094ひるまぬ(わら)ひの(ばば)アを()らずや。
095如何(いか)ならむ(なや)みにあふもアハハハハ
096イヒヒヒヒヒと(わら)(すご)さむ。
097難局(なんきよく)(しよ)しても(われ)(わら)ふなり
098(わら)へば生命(いのち)永久(とは)(ほろ)びず。
099(わら)ふこと()らぬ(やから)のあはれさよ
100いつも(おこ)りつ()きつ()るなり。
101三人(さんにん)乙女(をとめ)弱味(よわみ)をつけこみて
102そろそろ生地(きぢ)をあらはしにけり。
103この(ばば)のみたまは(ほろ)びず何時(いつ)までも
104()きて乙女(をとめ)(あだ)(かへ)さむ。
105(やま)(かは)(うみ)もおぼえて()れよかし
106(いま)(むく)いむ今日(けふ)(うら)みを』
107 (やま)(すこ)しく柳眉(りうび)逆立(さかだ)(こゑ)をふるはせ、
108『まだ(はな)(つぼみ)生命(いのち)とりし(ばば)
109(われ)(むく)いむ(うら)みのかずかず。
110今日(けふ)まではすきを(うかが)ひにこやかに
111(ばば)(つか)へて(きた)りし(われ)なり。
112わが(こころ)()らずに(むね)(やす)んじて
113()ぎにし(ばば)のうかつなるかも。
114故郷(ふるさと)のわが垂乳根(たらちね)夜昼(よるひる)
115(かな)しみ(たま)はむ(おも)へばにくらし。
116この(ばば)のたまの生命(いのち)(ほろ)ぼして
117()(わざはひ)をのぞかむと(おも)ふ』
118 (ばば)アは(いか)りの面相(めんさう)すさまじく、
119『アハハハハあはれなるかな乙女(をとめ)(やま)
120(なれ)()(ほど)()らぬ馬鹿者(ばかもの)
121わが(ゆる)しなくてみたまの生命(いのち)をば
122(たも)つと(おも)ふかうつけ(もの)()が。
123この(ばば)閻魔(えんま)(つま)(いま)ここに
124(やかた)(かま)へて生命(いのち)()つなり。
125見苦(みぐる)しき姿(すがた)(ばば)とさげすむな
126大王様(だいわうさま)奥方(おくがた)なるぞや』
127 (かは)(うた)ふ。
128大王(だいわう)奥方(おくがた)なるか()らねども
129()しきことのみいたす(ばば)なり。
130この(ばば)幽冥界(いうめいかい)にある(かぎ)
131精霊等(せいれいたち)(うか)ばざるべし。
132如何(いか)ならむ(なや)みにあふもいとはまじ
133(ばば)アの生命(いのち)をとらねばやまじ。
134(かは)()(どく)(なが)してこの(ばば)
135(ひと)生命(いのち)をとりし(まが)なり』
136 (ばば)アは、
137(なれ)乙女(をとめ)(わけ)()らずに(なに)()
138(ばば)(ひかり)()らぬ(めくら)が』
139 (うみ)は、
140()くなれば如何(いか)にもがくも(およ)ぶまじ
141(ばば)(むく)いむ日頃(ひごろ)(うら)みを。
142(たま)()()しき生命(いのち)(うば)はれて
143(もだ)すべきやは(はな)なる乙女(をとめ)は』
144 (ばば)アは、
145(なん)なりと勝手(かつて)にほざけこの(ばば)
146(ゆる)しなければ()()なからむ』
147()ひながら、148うんうんと(また)もや冷汗(ひやあせ)(たき)(ごと)(なが)しながら呻吟(うめ)いて()る。149ここに冬男(ふゆを)乙女(をとめ)(むか)ひ、
150『さきの()(われ)毒茶(どくちや)(すす)めたる
151(なれ)はいやしき乙女(をとめ)ならずや。
152鬼婆(おにばば)手下(てした)(おも)ひし(なれ)乙女(をとめ)
153今日(けふ)(ばば)アの(かたき)となりけるよ』
154 (やま)はこれに(こた)へて、
155鬼婆(おにばば)のきびしき(をしへ)にそむかれず
156水奔草(すゐほんさう)(ちや)(すす)めける。
157()(どく)(おも)へどやむを()ざりけり
158(ゆる)させ(たま)へわが曲業(まがわざ)を』
159 (かは)(うた)ふ。
160(きみ)こそはあたら大丈夫(ますらを)精霊(せいれい)
161なして(ちから)をからむと(おも)へり。
162大丈夫(ますらを)(きみ)なるが(ゆゑ)この(ばば)
163征討(きた)むと(おも)ひて(どく)たてまつりき。
164大丈夫(ますらを)(きみ)精霊(せいれい)となりまさば
165(われ)(ちから)(おも)ひゐたりしよ。
166精霊(せいれい)(きみ)にしあれば(われ)もまた
167精霊(せいれい)(ゆゑ)(ちから)とたのまむ』
168 (やま)(うた)ふ。
169『ともかくも男女六柱(だんぢよむはしら)精霊(せいれい)
170(ちから)(あは)せて(ばば)征討(きた)めむ。
171鬼婆(おにばば)(こころ)しづかに(めい)せよや
172いよいよ(うん)のつきにしあれば』
173 (わら)(ばば)アは絶体絶命(ぜつたいぜつめい)()えける(をり)しも、174表戸(おもてど)(しづ)かに(ひら)きて()(きた)胡麻塩(ごましほ)(かみ)(うしろ)()らしたる中婆(ちうばば)アありけり。175中婆(ちうばば)アは言葉(ことば)(しと)やかに六人(ろくにん)男女(だんぢよ)黙礼(もくれい)しながら、
176(この)()(あるじ)(わら)ひさんは、177きついお怪我(けが)をなさつたと()きました。178(わたし)はこの(むら)の「(そし)り」と()(もの)でありますが、179里人(さとびと)代理(だいり)として(まゐ)りました。180()れば(やま)181(かは)182(うみ)(やさ)しき三人様(さんにんさま)(あつ)御介抱(ごかいはう)御礼(おれい)(まを)します。183また(ほか)(をとこ)三人様(さんにんさま)まで御見舞(おみま)ひにお()(くだ)さいましたやうですが、184(なん)とも御礼(おれい)(まを)しやうもございませぬ。185どれ、186(わたし)一寸(ちよつと)御容態(ごようたい)()させていただきませう』
187()ひつつ、188(わら)(ばば)アを()(おこ)し、189すつくと()()ひ、190ホホホホホと(あと)()りむき、191(わら)ひながら驀地(まつしぐら)(おもて)をさして()(いだ)し、192冲天(ちうてん)(くも)()り、193(とほ)(みなみ)(そら)(むか)つて(くも)(かすみ)()()りぬ。194この(ばば)アは(わら)(ばば)(いもうと)にして、195間断(かんだん)なく(ひと)(そし)(たの)しみとせる悪魔(あくま)なりける。
196 (わら)(ばば)アは(いもうと)(たす)けられ急場(きふば)()がれ、197行方(ゆくへ)をくらましたるより、198六人(ろくにん)(あと)()はむ(すべ)もなく、199(たが)ひに(かほ)見合(みあ)はして、200(しば)しが(ほど)呆然(ばうぜん)たりける。
201昭和九・七・二六 旧六・一五 於関東別院南風閣 内崎照代謹録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/24【霊界物語ネット】『出口王仁三郎全集』の「第二篇 皇道我観」(第一~第十章)を校正しました。
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。