霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第六章 秋野(あきの)(たび)〔二〇一〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第80巻 天祥地瑞 未の巻 篇:第1篇 忍ケ丘 よみ:しのぶがおか
章:第6章 第80巻 よみ:あきののたび 通し章番号:2010
口述日:1934(昭和9)年07月27日(旧06月16日) 口述場所:関東別院南風閣 筆録者:谷前清子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年12月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm8006
愛善世界社版: 八幡書店版:第14輯 319頁 修補版: 校定版:105頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 高光山(たかみつやま)以西(いせい)国形(くにがた)視察(しさつ)すべく(つか)はしたる冬男(ふゆを)は、002(ふゆ)()春夏(はるなつ)()(あき)(はじ)めとなりけれども、003(なん)消息(せうそく)もなきままに、004(いは)()(やや)不安(ふあん)空気(くうき)(みた)され、005重臣(ぢゆうしん)水音(みなおと)006瀬音(せおと)(まね)き、007()春男(はるを)008夏男(なつを)009秋男(あきを)三人(さんにん)(とも)に、010執政所(しつせいしよ)(あつま)鳩首謀議(きうしゆぼうぎ)()らした。
011 (いは)()(うた)もて(かた)る。
012高光山(たかみつやま)以西(いせい)国形(くにがた)調査(しら)ぶべく
013()でにし冬男(ふゆを)(いま)(かへ)らず。
014もしやもし水奔草(すゐほんさう)中毒(ちうどく)
015冬男(ふゆを)()()せたるにあらずや。
016()()なにあやしき(ゆめ)(われ)()たり
017(こころ)にかかる冬男(ふゆを)()(うへ)
018()くならば(ふたた)(ひと)(つか)はして
019冬男(ふゆを)所在(ありか)(さが)させむと(おも)ふ』
020 水音(みなおと)(こた)へて、
021執政(しつせい)()(ごと)(うべ)(われ)(また)
022朝夕(あさゆふ)(こころ)にかかりけらしな。
023(おと)()(しのぶ)(をか)水奔鬼(すゐほんき)
024(たび)()(ひと)(そこな)ふと()く。
025水奔鬼(すゐほんき)(わら)(ばば)アは(みち)()
026()ちて旅人(たびびと)(いざな)(ころ)すと』
027 瀬音(せおと)(うた)ふ。
028葭原(よしはら)水奔草(すゐほんさう)()にひそむ
029湿虫(いぢち)(がい)(おそ)ろしと()く。
030(あん)ずるに湿虫(いぢち)その()毒虫(どくむし)
031冬男(ふゆを)(きみ)(そこな)はれけむ。
032()(かく)高光山(たかみつやま)(ひと)()
033冬男(ふゆを)安否(あんぴ)(さぐ)るにしかず』
034 ここに三人(さんにん)協議(けふぎ)により、035(いは)()第三男(だいさんなん)秋男(あきを)首領(しゆりやう)とし、036四人(よにん)従者(じうしや)(したが)へて、037高光山(たかみつやま)(いた)大原野(だいげんや)(さが)させしむべく、038水上山(みなかみやま)(やかた)出立(しゆつたつ)せしむる(こと)となりぬ。
039 秋男(あきを)(まつ)040(たけ)041(うめ)042(さくら)四人(よにん)従者(じうしや)(したが)へ、043水上山(みなかみやま)立出(たちい)で、044(おとうと)冬男(ふゆを)のとりし(みち)()け、045南方(なんばう)(むか)ひ、046高光山(たかみつやま)方面(はうめん)(すす)まむと決心(けつしん)(ほぞ)(かた)め、047神殿(しんでん)出立(しゆつたつ)祈願(きぐわん)をこめ、048(ちち)(いは)()(むか)つて言葉(ことば)(しづか)(うた)もて()る。
049『ちちのみの(ちち)御言(みこと)(かがふ)りて
050(われ)高光山(たかみつやま)(すす)まむ。
051いかならむ(なや)みありとも(くに)(ため)
052(われ)(おそ)れじたとへ()すとも。
053(おとうと)所在(ありか)(たづ)ねあくまでも
054父母(ふぼ)(こころ)(やす)んじ(まつ)らむ。
055葭原(よしはら)国土(くに)(とざ)せる葭草(よしぐさ)
056水奔草(すゐほんさう)()りて(はふ)らむ。
057悪神(あくがみ)水奔草(すゐほんさう)野辺(のべ)(ひそ)
058行手(ゆくて)(ひと)(わざはひ)すといふ。
059さりながら(われ)には(かみ)(まも)りあり
060如何(いか)なる曲津(まが)(おそ)れず(すす)まむ。
061父上(ちちうへ)(はは)(こころ)(やす)んじませ
062(われ)一人(ひとり)(たび)にあらねば』
063 (いは)()(なみだ)をふるひながら、064表面(うはべ)元気(げんき)さうに(うた)ふ。
065(おとうと)冬男(ふゆを)行方(ゆくへ)わかるまで
066(なれ)(かへ)らず国見(くにみ)して()よ。
067(おとうと)消息(せうそく)(わか)ればすみやかに
068()らせ(きた)れよ(さくら)(あふ)せて』
069 秋男(あきを)(また)(うた)ふ。
070父上(ちちうへ)(いづ)御言葉(みことば)(つつし)みて
071(われ)はあくまで力つくさむ』
072 水音(みなおと)(うた)ふ。
073(いさ)ましき秋男(あきを)(きみ)()()ちを
074(おく)水音(みなおと)(こころ)はかなしも。
075(みづ)(おと)(かぜ)(ひびき)気遣(きづか)はる
076(きみ)旅路(たびぢ)(やす)くあれよと。
077野路(のぢ)()(かは)(わた)りて()でてゆく
078(きみ)雄々(をを)しき姿(すがた)(おく)らむ』
079 瀬音(せおと)(うた)ふ。
080(われ)(また)(ちち)御言(みこと)(したが)ひて
081神国(みくに)(まも)れば(やす)()でませ。
082御館(みやかた)(こころ)(のこ)さずとくとくと
083神国(みくに)(ため)()でませ(きみ)よ。
084(きみ)()かばこの御館(みやかた)(さび)しけれど
085神国(みくに)(ため)(おも)へば(せん)なし。
086曲津神(まがかみ)伊猛(いたけ)(くる)大野原(おほのはら)
087(すす)ませ(たま)(かみ)(ちから)に』
088 秋男(あきを)(うた)ふ。
089『ありがたし(きみ)(まこと)はどこまでも
090(わす)れず(ちから)(すす)()くべし。
091いざさらば(われ)(すす)まむ四柱(よはしら)
092(とも)(ちから)組合(くみあは)せつつ。
093(あき)さりて野辺(のべ)百草(ももくさ)()(にほ)
094(たび)ゆく(われ)(むか)(おく)りす。
095(はな)()(つつ)まれてゆく(あき)()
096(わが)旅立(たびだ)ちは(すが)しかるべし。
097(おとうと)所在(ありか)(さぐ)れば直様(すぐさま)
098(さくら)(かへ)して()らせ(まつ)らむ。
099(あたら)しき国土(くに)(ひら)かむと()でてゆく
100(われ)(ちから)()へさせ(たま)へ。
101()みなれし水上山(みなかみやま)聖場(せいぢやう)
102()らむと(おも)へば(なみだ)ぐまるる。
103(わが)(なみだ)(なげ)きの(なみだ)にあらずして
104(たび)ゆく(うれ)(なみだ)なるぞや。
105女郎花(をみなへし)桔梗(ききやう)刈萱(かるかや)(にほ)()
106(まつ)(たけ)(うめ)(さくら)(ともな)ひてゆく』
107 ()(うた)(をは)り、108秋男(あきを)(いさ)ましく四人(よにん)供人(ともびと)(とも)に、109(いは)()(ちち)(やかた)()()でにける。
110水上山(みなかみやま)()()でて
111国形(くにがた)()むと(すす)()
112(わが)旅立(たびだ)ちのいさましさ
113大川(おほかは)小川(をがは)()()えて
114(すす)めば(ゆか)百草(ももぐさ)桔梗(ききやう)
115(えん)(きそ)ひて()(にほ)
116吾等(われら)行手(ゆくて)(にぎ)はせり
117(おとうと)冬男(ふゆを)(いま)いづこ
118(ところ)せきまで(しげ)りたる
119水奔草(すゐほんさう)(わざはひ)
120生命(いのち)()てしにあらざるか
121(なん)とはなしに()にかかる
122約一年(やくいちねん)のその(あひだ)
123(なん)便(たよ)りも(なつ)(かぜ)
124(やうや)(あき)来向(きむか)ひて
125野辺(のべ)千花(ちばな)はプンプンと
126あたりに芳香(はうかう)(はな)つなり
127(しのぶ)(をか)(わら)(ばば)
128ありとほのかに()きつれど
129(われ)(みち)をば(みなみ)して
130(しのぶ)(をか)東面(とうめん)
131(めぐ)りて(おとうと)消息(せうそく)
132(さぐ)(しら)べむその(うへ)
133(わが)方針(はうしん)(さだ)むべし
134(すす)めよ(すす)めよ、いざ(すす)
135悪竜(あくりう)毒蛇(どくじや)(しげ)くとも
136(かみ)(たま)ひし言霊(ことたま)
137言向(ことむ)けやはし()ちきため
138(みち)隈手(くまで)(つつが)なく
139いと安々(やすやす)(すす)むべし
140ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
141(かみ)()さしのこの旅出(たびで)
142さやらむものは()にあらじ
143(まつ)(たけ)(うめ)(はじ)めとし
144(さくら)名告(なの)供人(ともびと)
145(かなら)(おそ)るること(なか)
146吾等(われら)(かみ)()(かみ)(みや)
147(かみ)にまかせし(うへ)からは
148いかなる曲津(まが)(おそ)れむや
149(すす)めよ(すす)め、いざ(すす)め』
150 従神(じうしん)(まつ)(うた)ふ。
151『ああ(いさ)ましや(いさ)ましや
152秋男(あきを)(きみ)武者振(むしやぶ)りに
153吾等(われら)(こころ)(いさ)()
154無人(むじん)野辺(のべ)をゆく(ごと)
155(さや)らむ曲津(まが)(ことごと)
156()()()()驀地(まつしぐら)
157高光山(たかみつやま)聖場(せいぢやう)
158(かみ)(ちから)をいただきて
159(すす)みゆくこそ(たの)しけれ
160秋男(あきを)(きみ)(したが)ひて
161百花(ももばな)千花(ちばな)()(にほ)
162(やま)()野中(のなか)()ひてゆく
163今日(けふ)()()(いさ)ましし
164ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
165吾等(われら)(たび)御幸(みさち)あれ』
166 従神(じうしん)(たけ)(うた)ふ。
167水上山(みなかみやま)()()でて
168(はな)()(にほ)(あき)()
169秋男(あきを)(きみ)(したが)ひて
170(すす)みゆくこそ(たの)しけれ
171吾等(われら)(かみ)()(かみ)(みや)
172いかなる曲津(まが)のさやるとも
173(なに)(おそ)れむ大丈夫(ますらを)
174(かた)(こころ)(いは)()
175(きみ)(あふ)せを(まも)りつつ
176悪魔(あくま)征途(きため)(のぼ)るなり
177水奔草(すゐほんさう)(しげ)くとも
178悪魔(あくま)(ちから)(つよ)くとも
179勇猛心(ゆうまうしん)発揮(はつき)して
180(たゆ)まず(おそ)れず(すす)みゆく
181吾等(われら)一行(いつかう)(さち)あれや
182火炎(くわえん)(やま)もほの()えぬ
183いざや(すす)まむ大野原(おほのはら)
184百草(ももぐさ)(にほ)(やま)()
185(わた)りて()けば(あき)(かぜ)
186吾等(われら)(おも)()きつけて
187(すず)しさ()ふる(ゆふ)まぐれ
188(あふ)御空(みそら)(なが)むれば
189白々(しろじろ)かかる昼月(ひるづき)
190御顔(みかほ)かすかに()ませたり
191(わが)一行(いつかう)(さち)ありと
192()らせ(たま)ふかありがたし
193ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
194生言霊(いくことたま)(ちから)あれ
195(わが)一行(いつかう)(さち)あれよ』
196 従神(じうしん)(うめ)(うた)ふ。
197『ああ(たの)もしや(たの)もしや
198秋男(あきを)(きみ)(したが)ひて
199(すす)むも(うれ)大野原(おほのはら)
200火炎(くわえん)(やま)(ちか)づきて
201(なに)(こころ)(いさ)むなり
202草葉(くさば)(かげ)()(むし)
203(こずゑ)(さへづ)百鳥(ももどり)
204(こゑ)(すが)しくなりぬれど
205()()西(にし)黄昏(たそが)れて
206()()()えずなりにけり
207さはさりながら君命(くんめい)
208(たふと)(おも)(そむ)かれず
209火炎(くわえん)(やま)(ふもと)まで
210()にも(かく)にも(すす)むべし
211ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
212(わが)一行(いつかう)(さち)あれや』
213 従神(じうしん)(さくら)(うた)ふ。
214(むし)()(すが)しき(あき)(そら)
215()西山(せいざん)にかたむきて
216いよいよ()ゆる(つき)(かげ)
217(ほし)満天(まんてん)にきらめきて
218わが足下(あしもと)(あか)くなりぬ
219悪鬼(あくき)毒獣(どくじう)せめるとも
220(われ)(おそ)れじ言霊(ことたま)
221(つるぎ)(たか)くかざしつつ
222御樋代神(みひしろがみ)()れませる
223高光山(たかみつやま)()あてとし
224真心(まごころ)もちて(すす)むべし
225ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
226恩頼(みたまのふゆ)(たま)へかし』
227 ()(うた)ひつつ前進(ぜんしん)する(こと)一時(ひととき)ばかり、228ふと()(あた)りたる(ちひ)さき(をか)あり。229一行(いつかう)五人(ごにん)はこの(をか)()(のぼ)り、230()()(つき)(なが)めながら、231しばらく(たび)疲労(つかれ)(やす)()る。
232昭和九・七・二七 旧六・一六 於関東別院南風閣 谷前清子謹録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/24【霊界物語ネット】『出口王仁三郎全集』の「第二篇 皇道我観」(第一~第十章)を校正しました。
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。