霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一二章 夜見還(よみがへり)〔二〇一六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第80巻 天祥地瑞 未の巻 篇:第2篇 秋夜の月 よみ:しゅうやのつき
章:第12章 第80巻 よみ:よみがえり 通し章番号:2016
口述日:1934(昭和9)年07月28日(旧06月17日) 口述場所:関東別院南風閣 筆録者:林弥生 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年12月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
四辺は暗く雲が立ち込め、風一つない蒸し暑い空気がみなぎる中、苦しみの中でよし草と水奔草が生い茂る荒野が原を進み行く一人の男があった。
笑い婆、謗り婆の計略によって穴に落とされ、命を奪われた秋男は、幽冥の中をさまよいながら、これまでの事件を述懐していた。
すると、血のような色をした濁水が流れる大川に行き当たった。秋男はどうやってこの川を渡ろうかと思案に暮れていた。
すると、傍らのよし草をそよがせて、痩せこけた老婆が杖をつきながら秋男の前に現れた。
婆は、自分は秋男の命を奪った笑い婆・謗り婆の姉妹、瘧婆であると名乗り、秋男の霊の生命を奪おうと襲い掛かってきた。
秋男は身体きわまってどうすることもできなくなったが、そこに松、竹、梅、桜の従者の精霊たちが助けに現れ、婆を取り囲んだ。
4人は一度に瘧婆に殴りかかったが、一同のこぶしが傷ついただけで、婆は平然とあざ笑っていた。
そこへ突如、空をどよもして進んできた一柱の火団が轟然と川辺に落下した。と、瘧婆の影は雲霧と消えて跡形もなく、よく見ると5人一同は、まだ落とし穴の底に横たわっているのみであった。
5人はまだ自分たちが生命があることに気づき、何とかして穴から脱出しようと思案した。そして、秋男が言霊歌を歌い終わると、地底は次第にふくれあがり、辺りの景色は以前の樹蔭に戻った。
秋男は天地の神の恵みに生き返ったことを感謝し、曲津の砦に攻め込む意気を歌った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm8012
愛善世界社版: 八幡書店版:第14輯 353頁 修補版: 校定版:233頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 四辺(しへん)黯澹(あんたん)として(こゑ)もなく、002(てん)(ひく)妖雲(えううん)()(さが)りて一陣(いちぢん)(かぜ)もなし。003()(あつ)(こと)釜中(ふちう)()くが(ごと)く、004陰鬱(いんうつ)空気(くうき)(みなぎ)り、005全身(ぜんしん)脂汗(あぶらあせ)にじみ、006形容(けいよう)(がた)(くる)しき(なか)を、007葭草(よしぐさ)水奔草(すゐほんさう)()(しげ)荒野ケ原(あらのがはら)(すす)みゆく一人(ひとり)(をとこ)ありけり。
008『ああいぶかしやいぶかしや
009水上山(みなかみやま)()()でて
010幾夜(いくよ)(かさ)ぬる草枕(くさまくら)
011(あや)しき(こと)数々(かずかず)
012目撃(もくげき)しつつ黄昏(たそがれ)
013火炎(くわえん)(やま)(ふもと)まで
014(すす)(きた)れる(をり)もあれ
015(てん)(ちう)する大噴火(だいふんくわ)
016(たちま)ちとどまり暗黒(あんこく)
017(まく)四辺(しへん)(つつ)むよと
018()るまもあらず(そし)(ばば)
019(わら)(ばば)アの水奔鬼(すゐほんき)
020(やみ)(まく)をば(へだ)てつつ
021(あや)しき(こと)数々(かずかず)
022(わら)(ののし)るにくらしさ
023われ()(はら)()ゑかねて
024(やみ)(むか)つてつき()めば
025(おも)ひがけなや八千尋(やちひろ)
026地底(ちそこ)(あな)(おちい)りて
027(くる)しみもだゆる(をり)もあれ
028(つづ)いて()()(まつ)(たけ)(うめ)
029(さくら)四人(よにん)現世(うつしよ)
030生命(いのち)(むな)しくなりにけり
031此処(ここ)にも(あや)しき(ばば)(こゑ)
032いぶかしさよと(おも)(をり)
033わが言霊(ことたま)はいち(はや)
034この()()りしと(おも)ひきや
035かかる(あや)しき大野原(おほのはら)
036(かな)しく(さび)しく一人(ひとり)ゆく
037ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
038(かみ)(この)()にましまさば
039わが()(さき)(あき)らかに
040天地(てんち)妖気(えうき)()(はら)
041(しめ)させ(たま)へと()ぎまつる
042天地(てんち)(しづ)かに(かぜ)()して
043わが身体(からたま)全部(ぜんぶ)より
044熱湯(ねつたう)(あせ)はにじみ()
045(かゆ)(くる)しさ()へがたし
046ここは地獄(ぢごく)八衢(やちまた)
047合点(がてん)()かぬ(こと)ばかり
048(まさ)しく幽冥(いうめい)(みち)ならば
049わが(おとうと)出会(であ)ふならむ
050冬男(ふゆを)(こひ)しや、なつかしや
051精霊(みたま)となりて()くるなら
052われの(かな)しき心根(こころね)
053(おも)(はか)りて(きた)れかし
054(なんぢ)(あだ)()たむとて
055悪魔(あくま)(ばば)(はか)らはれ
056(たふと)生命(いのち)()てにけり
057(おも)へば(おも)へば(にく)らしや
058(そし)(ばば)アに(わら)(ばば)
059たとへ幽界(かくりよ)なればとて
060これの悪魔(あくま)殲滅(せんめつ)
061精霊界(せいれいかい)(ことごと)
062(きよ)()まして天国(てんごく)
063(うづ)門戸(もんこ)となさしめむ
064ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
065恩頼(みたまのふゆ)()ぎまつる
066高光山(たかみつやま)(とほ)くとも
067火炎(くわえん)(やま)はさかしとも
068如何(いか)でひるまむ霊魂(たましひ)
069生命(いのち)のあらむ(その)(かぎ)
070(のぼ)らなおかぬ大丈夫(ますらを)
071弥猛心(やたけごころ)をみそなはし
072天地(てんち)(かみ)のいますなら
073わが()(ごと)詳細(まつぶさ)
074(きこ)()さへと()ぎまつる』
075 ()くうたひつつ前進(ぜんしん)すれば、076()(ごと)(いろ)()せる濁水(だくすゐ)(なが)るる大川(おほかは)につと()(あた)りたり。077秋男(あきを)如何(いか)にしてこの濁水(だくすゐ)(わた)らむかと、078岸辺(きしべ)(たたず)み、079(かしら)(かたむ)け、080(うで)()み、081(ふと)溜息(ためいき)()きながら、082(かすか)(うた)ふ。
083幽界(いうかい)(さび)しき(みち)をたどり()
084血潮(ちしほ)(なが)るる川辺(かはべ)(きた)りぬ。
085滔々(たうたう)(なが)るる(みづ)(ことごと)
086悪臭(あくしう)(まじ)りて(むね)ふさがりぬ。
087(けが)れたる()()(かは)(わた)らむと
088われは(おも)はじ如何(いか)になるとも。
089(ひと)()宿世(すぐせ)(おも)へば(かな)しけれ
090わがたつ(なみだ)(かは)(なが)れつ』
091 ()(うた)(をり)しも、092(かたはら)葭草(よしぐさ)枯葉(かれは)をそよがせながら、093()せこけた老婆(らうば)094(あかざ)(つゑ)をつき海老腰(えびごし)になりながら、095秋男(あきを)(まへ)(あら)はれ(きた)り、096全身(ぜんしん)見上(みあ)見下(みおろ)し、097「ゲラゲラ」と()(わら)ひ、
098『この(ばば)はそちが生命(いのち)(うば)ひたる
099(そし)(ばば)アの()けみたまぞや。
100よくもまあ(まよ)()しよなこの(かは)
101膿血(うみち)(たん)(あつま)りなるぞや』
102 秋男(あきを)(うた)ふ。
103(おも)ひきや紫微天界(しびてんかい)真秀良場(まほらば)
104この葭草(よしぐさ)地獄(ぢごく)ありとは。
105よしやよし地獄(ぢごく)(たび)(つづ)くるとも
106われは(すす)まむ高光山(たかみつやま)へ』
107 (ばば)アは(あご)をしやくりながら、
108『この(ばば)(おこり)(まを)水奔鬼(すゐほんき)
109此処(ここ)()(やつ)なやめて(たの)しむ。
110()(やつ)一人(ひとり)(のこ)らずわが()めに
111(おこり)()みて()ぬる(うれ)しさ。
112(その)(はう)精霊(せいれい)なれどこの(ばば)
113(めぐ)みによりて(おこり)をふるへよ』
114 秋男(あきを)冷然(れいぜん)として、
115『かくなればわれは(おそ)れじ瘧婆(おこりばば)
116(たま)生命(いのち)()(はふ)るべし』
117 (ばば)アはこの(うた)()()()げ、118(くち)(とが)らし、119秋男(あきを)(そば)(ちか)()()ひ、120(こほり)(ごと)(つめた)()にて、121秋男(あきを)左右(さいう)()をグツと(にぎ)り、122憎々(にくにく)しげに、
123『こりや秋男(あきを)餓鬼(がき)124(おれ)何方(どなた)(こころ)()てゐるか。125()(かは)(ぬし)126水奔鬼(すゐほんき)瘧婆(おこりばば)アといふは(この)(はう)(こと)だ。127さア、128これからは其方(そち)(たま)生命(いのち)をとり、129()(かは)水葬(すいさう)してやらう。130有難(ありがた)(おも)へ』
131 秋男(あきを)は、
132(なに)をするか(こほり)(ごと)痩腕(やせうで)
133われの両手(もろて)(はな)さぬ鬼婆(おにばば)
134鬼婆(おにばば)(みにく)姿(すがた)一目(ひとめ)()
135われは()()(もよほ)しにけり』
136 (ばば)アは、
137(なに)をこしやくな、138(おれ)(かほ)()吐気(はきけ)(もよほ)すとはよくも()へたものだ。139やい糞袋(くそぶくろ)140痰壺(たんつぼ)141小便(しよんべん)のタンク()142左様(さやう)太平楽(たいへいらく)()(おに)さんぢやないぞ。143サアこれから(その)(はう)皮衣(かはごろも)をはぎ、144(うで)をぬき、145(ほね)()()り、146川瀬(かはせ)乱杭(らんぐひ)使(つか)つてやらうぞ。147それがせめても貴様(きさま)にとつての(さいは)ひ、148罪滅(つみほろぼ)しといふものだ。149ギヤハハハハー、150あのまあむづかしい、151青黒(あをぐろ)い、152(かな)しさうな(かほ)わいのう、153イヒヒヒヒ』
154 秋男(あきを)進退(しんたい)これ(きは)まりて如何(いかん)ともする(すべ)なく、155途方(とはう)にくれたる(をり)もあれ、156(まつ)157(たけ)158(うめ)159(さくら)四人(よにん)精霊(せいれい)(この)()(あらは)(きた)り、160秋男(あきを)瘧婆(おこりばば)アに(くる)しめられてゐる(てい)()て、161(おどろ)きながらバラバラと(ばば)アを()りかこみ、
162『はて不思議(ふしぎ)(そし)(ばば)アによく()たる
163ここにも(おに)(あらは)れしぞや。
164よく()れば秋男(あきを)(きみ)()をつかみ
165(くる)しめ()るか(あく)たれ(ばば)()
166 秋男(あきを)(ほそ)(こゑ)にて(かほ)をしかめながら、
167『この(ばば)(くる)しめられてゐるところ
168汝等(なれら)四人(よにん)はわれを(すく)へよ』
169 (まつ)(こた)へて、
170若君(わかぎみ)(なや)みを()つつ如何(いか)にして
171われ()四人(よつたり)もだし()るべき。
172わが(ちから)あらむ(かぎ)りをこの(ばば)
173頭上(づじやう)にくはへて()()ゑて()む。
174(たけ)(うめ)(さくら)(きた)()(ばば)
175只一息(ただひといき)()ちなやまさむ』
176 四人(よにん)一度(いちど)(こぶし)(かた)め、177(ばば)アの面部(めんぶ)をめがけて()()ゆれば、178如何(いかが)はしけむ、179(ばば)アはビクともせず、180四人(よにん)(こぶし)よりは血潮(ちしほ)タラタラと(なが)()で、181(いた)(こと)()(がた)し。182瘧婆(おこりばば)冷笑(れいせう)し、
183『ギヤハハハハ、184この(はう)何方様(どなたさま)心得(こころえ)てゐるか。185(いは)より(かた)水奔草(すゐほんさう)(つかさ)186この(かは)()棲処(すみか)(かた)め、187(さき)(まは)つて汝等(なんぢら)(まよ)()るを()つてゐた。188(わら)(ばば)アや(そし)(ばば)アの一味(いちみ)(もの)だよ。189もうかうなる(うへ)覚悟(かくご)(いた)せ。190往生(わうじやう)(いた)さねば(この)(うへ)(つら)()()せてくれむ。191さあ返答(へんたふ)はどうぢや。192イヒヒヒヒ、193てもさても心地(ここち)よやな』
194 五人(ごにん)はここに進退(しんたい)維谷(これきは)まり、195如何(いかが)はせむと(あん)じわづらふ(をり)もあれ、196(たちま)(そら)をどよもして(すす)(きた)一炷(いつしゆ)火団(くわだん)197轟然(がうぜん)たる(ひびき)とともにこの(かは)()落下(らくか)したり。198この出来事(できごと)に、199瘧婆(おこりばば)アの(かげ)雲霧(くもきり)()えて跡形(あとかた)もなく、200よくよく()れば、201依然(いぜん)として火炎山(くわえんざん)(ふもと)(そし)(ばば)(つく)()きたる陥穽(おとしあな)(そこ)主従(しうじう)五人(ごにん)(よこ)たはり()たるなりけり。
202 秋男(あきを)(うた)ふ。
203『いぶかしや悪魔(あくま)(わな)(おちい)りて
204()せしと()ひしは(あやまち)なりしよ。
205身体(からたま)生命(いのち)ありせばこれよりは
206この陥穽(おとしあな)(つた)(あが)らむ』
207 (まつ)(うた)ふ。
208有難(ありがた)(かみ)(めぐみ)(さち)はひに
209われは(まか)らずありにけらしな。
210常磐木(ときはぎ)(まつ)(こころ)をはげまして
211冬男(ふゆを)(きみ)(あだ)(むく)はむ。
212(たま)()生命(いのち)()せしと(おも)ひしを
213(かみ)(めぐ)みに()きてありけり』
214 (たけ)(うた)ふ。
215大丈夫(ますらを)われ()きてありけり(あな)(そこ)
216(つた)(あが)りて(ふたた)活動(はたら)かむ。
217(たま)()()きの生命(いのち)のある(かぎ)
218(わざはひ)をなす(おに)をやらはむ。
219()くまでも初心(しよしん)貫徹(くわんてつ)なさざれば
220益荒猛男(ますらたけを)(むね)()るべき』
221 (うめ)(うた)ふ。
222()(かく)(よみがへ)りたる(うれ)しさに
223われは言葉(ことば)()()てにけり』
224 (さくら)(うた)ふ。
225火炎山(くわえんざん)(ふもと)にすめる(そし)(ばば)アの
226たくみ果敢(はか)なく(やぶ)れけるかな。
227曲鬼(まがおに)(やみ)陥穽(かんせい)(つく)()
228わが一行(いつかう)をなやまさむとせり。
229()()われ()きの生命(いのち)(つづ)(かぎ)
230神国(みくに)()めに(まが)(ほろ)ぼさむ』
231 秋男(あきを)(うた)ふ。
232『いざさらば生言霊(いくことたま)()りながら
233(のぼ)りゆかなむこの深穴(ふかあな)を。
234 (ひと)(ふた)()()(いつ)(むゆ)(なな)()(ここの)(たり)
235 (もも)()(よろづ)八百万(やほよろづ)(かみ)
236 (まも)らせ(たま)へ』
 
237と、238()(をは)るや、239地底(ちてい)次第(しだい)にふくれ(あが)り、240以前(いぜん)樹蔭(じゆいん)にたちかへりける。
241 秋男(あきを)(うた)ふ。
242天地(あめつち)(かみ)(めぐ)みの(ふか)ければ
243元津場所(もとつばしよ)()きかへりたり。
244これからは五人(ごにん)(こころ)(あは)せつつ
245(まが)(とりで)()めて(のぼ)らむ』
246昭和九・七・二八 旧六・一七 於関東別院南風閣 林弥生謹録)