霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一三章 樹下(じゆか)(ささや)き〔二〇一七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第80巻 天祥地瑞 未の巻 篇:第2篇 秋夜の月 よみ:しゅうやのつき
章:第13章 第80巻 よみ:じゅかのささやき 通し章番号:2017
口述日:1934(昭和9)年07月28日(旧06月17日) 口述場所:関東別院南風閣 筆録者:白石恵子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年12月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
よみがえった5人一行は、火炎山の麓の樹の陰に息を休ませながら、これまでの述懐を歌に歌った。
秋男は、一同の勇気を鼓舞し、松、竹を先頭に、壁の切り立ったうねうねとした坂道を一足刻みに上っていった。
秋男一行は歌いながら進んでいくが、一向に火炎の山が近づいてこないことに気づき、悪魔の仕業ではないかと秋男は天之数歌を歌い始めた。
すると、こもり樹のこずえの方から、笑い婆が秋男たちを罵り笑う声が聞こえてきた。秋男は婆に歌い返すが、今度は譏り婆の声が秋男たちを脅し、身の毛もよだつ恐ろしい声で降伏の勧告をしてきた。
一行五人はここぞと一生懸命に天之数歌を奏上していた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm8013
愛善世界社版: 八幡書店版:第14輯 358頁 修補版: 校定版:251頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 (よみがへ)りたる五人(ごにん)一行(いつかう)は、002火炎山(くわえんざん)(ふもと)(こも)()(かげ)(いき)(やす)ませながら、003(あた)りの風光(ふうくわう)()やりつつ、004朝明(あさあ)けの(そら)秋男(あきを)(うた)ふ。
005(あき)()(たび)(かさ)ねて(いま)此処(ここ)
006あしたの(つゆ)(ひか)れるを()つ。
007いろいろの鬼婆(おにばば)たちにさやられて
008わが(たましひ)雄猛(をたけ)びやまずも。
009うるはしき(あさ)(なが)めに(わが)(たま)
010よみがへりつつ雄猛(をたけ)びするも。
011鬼婆(おにばば)(しこ)のたくみも(なに)かあらむ
012(のぼ)朝日(あさひ)()()せぬれば。
013曲津見(まがつみ)(ひかり)(おそ)(やみ)()
014たのみて伊猛(いたけ)るはあはれなるかな。
015赫々(かくかく)(かがや)(たま)朝津日(あさつひ)
016(かげ)(ほろ)びぬ水奔鬼(すゐほんき)(むれ)
017木々(きぎ)(うれ)(つゆ)()びつつ瑠璃光(るりくわう)
018(ひかり)(たも)てり朝日(あさひ)のかげに。
019黒雲(くろくも)(おこ)してわれを(なや)めてし
020(そし)(ばば)アのかげいづらなる。
021(かみ)()もよだつばかりの(いや)らしさ
022(そし)(ごゑ)()(しこ)鬼婆(おにばば)
023心地(ここち)よき(あき)のあしたの山風(やまかぜ)
024()みつつ(たの)曲津(まが)棲処(すみか)も。
025さやさやに千花百花(ちばなももばな)()きて()
026(かぜ)()(きよ)くわが(たま)(さか)ゆる。
027白萩(しらはぎ)(ところ)せきまで()(にほ)
028(この)(やま)もとに不思議(ふしぎ)(おに)()む。
029()みきらふ(そら)(いろ)かも山肌(やまはだ)
030草木(くさき)(いろ)(あを)みだちたり。
031()(きた)(しこ)曲津(まがつ)(ことごと)
032生言霊(いくことたま)言向(ことむ)(やは)さむ。
033大空(おほぞら)黒雲(くろくも)(おこ)(すさ)びたる
034(そし)(ばば)アのはてあはれなる。
035(たか)くとも(のぼ)(おほ)せむ(やま)()
036火種(ひだね)をとりて国土(くに)(さだ)めむ。
037()(かは)(そば)()ちたる(ゆめ)()
038(おに)のたくみの(ふか)きを(さと)りぬ。
039(つき)()御空(みそら)(きよ)()(わた)
040今朝(けさ)(やす)らひ(すが)しきろかも。
041()(わた)天津(あまつ)()のかげ()びながら
042われは(すす)まむ(いただき)さして。
043(とり)(こゑ)(すが)しくなりて(やま)(そで)
044()秋風(あきかぜ)(すず)しかりけり。
045何事(なにごと)(かみ)御旨(みむね)(したが)ひて
046(のぼ)らむ(やま)曲津(まが)のあるべき。
047西(にし)()(かぜ)にあふられ山袖(やまそで)
048尾花(をばな)(つち)(なび)()したり。
049奴婆玉(ぬばたま)(やみ)伊猛(いたけ)鬼婆(おにばば)
050生言霊(いくことたま)(つるぎ)(はふ)らむ』
051 (まつ)(うた)ふ。
052()(やま)()白萩(しらはぎ)(はな)()れば
053(おに)(こころ)(かぜ)にみだるる。
054(やさ)しかる姿(すがた)ながらも白萩(しらはぎ)
055(はな)(みだ)れを()るは()れたし。
056()(かぜ)にもろく()りゆく白萩(しらはぎ)
057(はな)にも()たる(そし)(ばば)かも。
058秋山(あきやま)草木(くさき)はいづれも紅葉(もみぢ)して
059(きた)()(かぜ)()ちふるふなり。
060果敢(はか)なきは(かぜ)()()病葉(わくらば)
061すがたに()たる鬼婆(おにばば)なるかも。
062穂薄(ほすすき)(なに)(まね)くか(ちから)(よわ)
063(あき)()(かぜ)(たふ)されにつつ』
064 (たけ)(うた)ふ。
065鬼婆(おにばば)(やかた)()ひし五人乙女(ごにんをとめ)
066行方(ゆくへ)はいづこ()かまほしけれ。
067精霊(せいれい)()にしあれどもわが旅路(たびぢ)
068(まも)ると()ひし(こと)(わす)れじ。
069火炎山(くわえんざん)(ほのほ)(てん)(ちう)すれど
070(この)山裾(やますそ)秋風(あきかぜ)そよぐ。
071時々(ときどき)(うな)りをたてて焼石(やけいし)
072四方(よも)()らせる火炎(くわえん)(やま)かな。
073()(たね)()()るまでは(この)(やま)
074われ()五人(ごにん)(はな)れじと(おも)ふ。
075(この)(やま)(いただき)(くも)(つつ)まれぬ
076悪獣(あくじう)毒蛇(どくじや)(つど)()るにや』
077 (うめ)(うた)ふ。
078女郎花(をみなへし)(かぜ)にゆらげるさま()れば
079(うづ)乙女(をとめ)のよそほひ(おも)ふ。
080(はぎ)桔梗(ききやう)(むらさき)(にほ)山裾(やますそ)
081朝日(あさひ)をあびて(いこ)(たの)しさ。
082()てみれば火炎(くわえん)(やま)(いただき)
083いよいよ(はろ)けくいよいよ(たか)し。
084もろもろの曲神(まがかみ)(つど)(この)(やま)
085(こころ)して()言霊(ことたま)()りつつ』
086 (さくら)(うた)ふ。
087鬼婆(おにばば)縄張(なはばり)といふこの(やま)
088()しき(こと)のみ次々(つぎつぎ)(おこ)るも。
089さはあれど誠心(まことごころ)(すす)みなば
090如何(いか)なる(なや)みも(やす)くのぼらむ。
091火炎山(くわえんざん)火種(ひだね)(ひと)()つならば
092(この)国原(くにはら)(やす)けかるべし。
093はろばろと水上(みなかみ)(やま)()()でて
094今日(けふ)魔神(まがみ)(いくさ)(むか)ふも。
095(わら)(ばば)(そし)(ばば)アのその(うへ)
096瘧婆(おこりばば)アの(ゆめ)()しかな。
097(ばば)といふ()()くさへも(いま)はしく
098(けが)らはしくも(おも)はれにける』
099 秋男(あきを)(うた)ふ。
100大丈夫(ますらを)弥猛心(やたけごころ)()()てて
101いざや(のぼ)らむ火炎(くわえん)山頂(さんちやう)
102(うた)ひながら、103(まつ)104(たけ)先頭(せんとう)に、105(うめ)106(さくら)殿(しんがり)とし、107壁立(かべた)羊腸(やうちやう)坂道(さかみち)を、108一歩(ひとあし)々々(ひとあし)(きざ)みつつ(のぼ)()く。
109 秋男(あきを)(うた)ふ。
110『ウントコドツコイ、ドツコイシヨ
111火炎(くわえん)(やま)はさかしとも
112悪魔(あくま)(たけ)びは(つよ)くとも
113如何(いか)(おそ)れむ大丈夫(ますらを)
114(かた)(こころ)発揮(はつき)して
115(この)急坂(きふはん)(のぼ)るなり
116尾花(をばな)(なび)百花(ももばな)
117わが()(あし)(みぎ)(ひだり)
118(きよ)(にほ)ひて(むし)()
119いとさやさやに(きこ)ゆなり
120ああ(いさ)ましや(いさ)ましや
121天地(あめつち)(ひら)けし(はじ)めより
122(ためし)もあらぬ山登(やまのぼ)
123魍魎毒蛇(まうりやうどくじや)(ひそ)むとも
124生言霊(いくことたま)(つるぎ)もて
125()(はふ)らひつ葭原(よしはら)
126神国(みくに)基礎(きそ)(かた)むべく
127(やま)()()火口(くわこう)まで
128(すす)まにやおかぬ大和魂(やまとだま)
129(すす)めよ(すす)め、いざ(すす)
130天津御空(あまつみそら)はいや(たか)
131地上(ちじやう)()して(なが)むれば
132黄金(こがね)野辺(のべ)天津(あまつ)()
133(ひか)りを()びてきらきらと
134目路(めぢ)(かぎ)りを(ひか)るなり
135わが()(みち)(とほ)けれど
136いつかは(のぼ)らむ火炎山(くわえんざん)
137その(いただき)(かがや)ける
138火種(ひだね)(ひと)(いただ)きて
139世人(よびと)(あまね)(すく)ふべし
140ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
141わが一行(いつかう)(さち)あれや
142天津神(あまつかみ)たち国津神(くにつかみ)
143(もも)(かみ)たち(きこ)()
144ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
145(かみ)のまにまに(すす)()
146ウントコドツコイ、ドツコイシヨ』
147(うた)ひながら秋男(あきを)急坂(きふはん)をものともせず、148雄々(をを)しく(のぼ)()く。
149 (まつ)(うた)ふ。
150(のぼ)()けば(いただき)ますます(とほ)()えて
151(こころ)もとなき火炎(くわえん)(やま)かも。
152不思議(ふしぎ)なる(やま)にもあるか()けど()けど
153はてしも()らぬ(たか)(みね)なり。
154悪神(あくがみ)(さまた)げなせるか(わが)(あし)
155(おも)たくなりて(ひら)きかねつつ。
156()(かく)此処(ここ)(いき)をば(やす)めつつ
157(のぼ)()かむか秋男若君(あきをわかぎみ)
158()ひつつ、159地上(ちじやう)より一尺(いつしやく)ばかり(あたま)()()(のぞ)ける(いは)にどつかと(こし)()け、160ハアハアと(いき)をはづませ()る。161一行(いつかう)はこれに(なら)ひて、162萱草(かやぐさ)(うへ)にどつかと(こし)(おろ)し、163(あら)鼻息(はないき)()めむとして()る。
164 秋男(あきを)(うた)ふ。
165()けど()けど(はて)しも()らぬ(この)(やま)
166不思議(ふしぎ)なるかな追々(おひおひ)(とほ)のく。
167()(やま)地獄(ぢごく)(やま)()らねども
168次第(しだい)(とほ)のくいぶかしの(やま)
169曲神(まがかみ)のまたもや(わな)にかかりしか
170(こころ)もとなきこの山登(やまのぼ)り』
171 (たけ)(うた)ふ。
172若君(わかぎみ)(あふ)(うべ)なり(この)(やま)
173(そし)(ばば)アの棲処(すみか)なりせば。
174(あや)しきは(この)山登(やまのぼ)りいつまでも
175(おな)(ところ)()きつ(もど)りつ。
176まなかひは(くら)みたるらし村肝(むらきも)
177(こころ)(いら)てど(みち)(はかど)らず』
178 (うめ)(うた)ふ。
179『わが(まなこ)こすりこすりてよく()れば
180わが()位置(ゐち)(すこ)しも(かは)らず。
181(こも)()のかげに(たたず)(あし)ばかり
182われらは(うご)かし()たりけむかも』
183 (さくら)(うた)ふ。
184如何(いか)にしてわれ(のぼ)らむと(おも)へども
185曲津(まが)(たけ)びの(さまた)(つよ)し。
186皇神(すめかみ)のわれにたまひし数歌(かずうた)
187うたひうたひて(のぼ)りたく(おも)ふ。
188数歌(かずうた)にうたれて()げし鬼婆(おにばば)
189これに(まさ)りし武器(ぶき)はあらじな』
190 秋男(あきを)(うた)ふ。
191『さもあらむ(われ)はこれより言霊(ことたま)
192(あま)数歌(かずうた)うたひ(のぼ)らむ。
193(ひと)(ふた)()()(いつ)(むゆ)(なな)()(ここの)(たり)(もも)()(よろづ)
194八千万(やちよろづ)(かみ)(まも)らせ(たま)へ。
195言霊(ことたま)(いづ)(ちから)(たす)けられ
196(のぼ)(おほ)せむ(やま)(いただき)
197 ()(うた)(をり)しも、198(こも)()(こずゑ)(はう)より、
199『アツハハハハハ
200 イツヒヒヒヒヒ
201 ウツフフフフフ
202 うつけ(もの)203(おも)()りたか、204(われ)こそは(しのぶ)(をか)(とし)(ふる)()みし水奔鬼(すゐほんき)(つかさ)205(わら)(ばば)アぞや、206よくものめのめと(わが)棲処(すみか)(まよ)うてうせたな。207もう()くなればこつちのもの、208てもさてもいぢらしいものだワイ。
209 イツヒヒヒヒヒ
210 (いか)めしい姿(すがた)(いた)して、211(えら)さうに(おに)征服(せいふく)するなどとは、212をこがましや、213あた阿呆(あほ)らしや、214とても(かな)はずきつぱりと降参(かうさん)(いた)すか、215(くび)でも()つて往生(わうじやう)するか、216返答(へんたふ)如何(いか)に。
217 ウツフフフフフ
218かねてわがたくみ()きたる計略(けいりやく)
219(わな)にかかりし愚者(おろかもの)かな。
220さてもさても(あは)れな(もの)(この)餓鬼(がき)
221火炎(くわえん)(やま)(つゆ)()ゆべし。
222(たま)()生命(いのち)霊魂(たま)生命(いのち)をば
223(とも)(くだ)きて(くる)しめ(なや)めむ。
224今日(けふ)(ごと)心地(ここち)よき()はなかるべし
225冬男(ふゆを)餓鬼(がき)(うら)()らせば』
226 秋男(あきを)(うた)ふ。
227『どこまでもわれに(あだ)なす曲津見(まがつみ)
228征討(きた)めでやむべき大丈夫(ますらを)われは。
229かくならば一歩(いつぽ)退()かじ(いは)()
230(かみ)(つかさ)御子(みこ)にしあれば。
231祖先(おやおや)(はぢ)(おも)へば一歩(ひとあし)
232曲津(まが)棲処(すみか)退(しりぞ)かざらむ。
233曲神(まがかみ)(つかさ)()へる(わら)(ばば)
234(そし)(ばば)アを征討(きた)めて()まむ』
235 樹上(じゆじやう)より(あや)しき(こゑ)(ふたた)(きこ)えて、
236『ギヤツハハハハハ
237 (この)(はう)月見(つきみ)(をか)にて、238其方(そち)たちを(なや)めし水奔鬼(すゐほんき)(つかさ)239(わら)(ばば)アが(いもうと)善事(よごと)曲事(まがこと)一切(いつさい)(そし)(ばば)アの曲鬼様(まがおにさま)だ。240しつかりと(みみ)(さら)へて()け。
241 もうかうなる(うへ)(のが)しはせぬ、242覚悟(かくご)(きは)めて(ばば)アが軍門(ぐんもん)(くだ)れ。243いづれ(たも)てぬ(この)()生命(いのち)244綺麗(きれい)さつぱり(この)(はう)(たてまつ)り、245わが幕下(ばくか)となつて忠実(ちうじつ)(あく)(はたら)け。246それに(そむ)くとあれば()むを()ず、247(なんぢ)身体(からたま)霊魂(みたま)(ひね)(つぶ)し、248()(くだ)き、249無限(むげん)憂目(うきめ)()せて()れむ、250ワツハハハハハ、251ワツハハハハハ』
252(くだ)ける(ごと)(ばば)アの(こゑ)(いや)らしさ、253身体(からだ)一面(いちめん)(あは)(しやう)ずるばかりなりける。
254 秋男(あきを)不審(ふしん)(ねん)()れやらず、255ふと大空(おほぞら)(あふ)げば、256(いま)まで煌々(くわうくわう)たる天津(あまつ)()(かげ)跡形(あとかた)もなく、257満天(まんてん)黒雲(くろくも)(ふさ)がり、258陰鬱(いんうつ)()四方(よも)(とざ)し、259次々(つぎつぎ)(あや)しき物音(ものおと)(たか)まり(きた)る。
260 一行(いつかう)五人(ごにん)はここぞ一生懸命(いつしやうけんめい)と、261(ちから)(かぎ)りに(あま)数歌(かずうた)奏上(そうじやう)しつつありける。
262曲神(まがかみ)のまたもや(わな)(おちい)りて
263あはれ五人(ごにん)(やみ)(つつ)まる。
264悪神(あくがみ)計略(たくみ)(ふか)七重(ななへ)八重(やへ)
265黒雲(くろくも)(まく)(つつ)みて()()る。
266急坂(きふはん)(のぼ)心地(ここち)()のかげの
267(おな)(ところ)にうろつき()たりし。
268昭和九・七・二八 旧六・一七 於関東別院南風閣 白石恵子謹録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/24【霊界物語ネット】『出口王仁三郎全集』の「第二篇 皇道我観」(第一~第十章)を校正しました。
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。