霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一七章 水火垣(いきがき)〔二〇二一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第80巻 天祥地瑞 未の巻 篇:第3篇 天地変遷 よみ:てんちへんせん
章:第17章 第80巻 よみ:いきがき 通し章番号:2021
口述日:1934(昭和9)年07月30日(旧06月19日) 口述場所:関東別院南風閣 筆録者:林弥生 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年12月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
火炎山の爆発によってほとんどの猛獣毒蛇たちは全滅したが、鱗の固いはちゅう類は湖水の岸辺の水奔草の中にもぐりこんで、害をなしていた。
朝空男、国生男の二神が降った忍ヶ丘の付近は、湖水が一里近くまで迫っていたこともあり、これら生き残った猛獣や水奔鬼が登って来ようとするために、冬男たち精霊はその防御に苦心していた。
二神は精霊たちを安堵させると、攻めてくる猛獣や水奔鬼の群れに向かって代わる代わる生言霊を宣りあげた。すると、悪魔たちは言霊に妨げられて丘に登ってこれなくなった。
二神は、生言霊によって悪魔を清めるために自分たちは御樋代神によって使わされたのだ、と歌った。冬男たちは感謝の歌を捧げた。
国生男の神は、忍ヶ丘に館を作って住み、国土を治めようと歌った。朝空男の神は、しばらく国生男の神と一緒にここに止まって国を治めようと歌った。そして、火の湖が平穏に復する日を待つこととなった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm8017
愛善世界社版: 八幡書店版:第14輯 381頁 修補版: 校定版:333頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 火炎山(くわえんざん)爆発(ばくはつ)により、002附近(ふきん)百里(ひやくり)()(まつた)湖水(こすゐ)となり、003湖水(こすゐ)熱湯(ねつたう)(ごと)()えくり(かへ)り、004猛獣(まうじう)005毒蛇(どくじや)006イヂチ(とう)毒虫(どくむし)大半(たいはん)殲滅(せんめつ)(やく)()ひけるが、007(なか)にも(もつと)甲羅(かふら)(つよ)く、008(うろこ)(かた)爬虫族(はちうぞく)は、009湖水(こすゐ)岸辺(きしべ)(あつま)(きた)り、010汀辺(みぎはべ)水奔草(すゐほんさう)葭草(よしぐさ)(なか)にもぐり()み、011一層(いつそう)()害毒(がいどく)(はなはだ)しくなりゆくこそ(うた)てけれ。
012 朝空男(あさぞらを)013国生男(くにうみを)二神(にしん)天降(あまくだ)りたる(しのぶ)(をか)は、014陥落(かんらく)(なん)(まぬが)れたれども、015(やく)一里(いちり)附近(ふきん)まで湖水(こすゐ)展開(てんかい)せるより、016あらゆる曲津(まがつ)(しのぶ)(をか)(むか)つて、017幾百千(いくひやくせん)とも(かぎ)りなく(のぼ)(きた)物凄(ものすご)さ、018名状(めいじやう)すべからず。
019 冬男(ふゆを)020熊公(くまこう)021虎公(とらこう)022(やま)023(かは)024(うみ)精霊(せいれい)は、025(しのぶ)(をか)のわが住処(すみか)には一歩(いつぽ)()()れさせじと全力(ぜんりよく)(つく)(たたか)へども、026(かな)しきかな精霊(せいれい)()(うへ)なれば、027形体(けいたい)()てる悪魔(あくま)襲来(しふらい)()()むる(よし)もなく、028苦心(くしん)(きは)()たりける。029ここに、030(あま)鳥船(とりふね)()りて天降(あまくだ)りましたる二柱(ふたはしら)(かみ)神力(しんりき)(ちから)()て、031(やや)落着(おちつ)きながら御前(みまへ)(おそ)(おそ)(すす)()り、
032()(うみ)(あらは)れしより曲神(まがかみ)
033(ところ)(うしな)(つど)()むとす。
034二柱(ふたはしら)(かみ)天降(あも)りし()もあらず
035曲津(まがつ)此処(ここ)()()(きた)る。
036(ちから)(かぎ)(ふせ)げど精霊(せいれい)わが(ちから)
037如何(いか)(およ)ばむ(すく)はせ(たま)へ』
038 これを()くより二神(にしん)()(あが)り、039(しのぶ)(をか)常磐樹(ときはぎ)(みき)御身(おんみ)(ささ)へながら、
040 朝空男(あさぞらを)(かみ)(うた)ふ。
041葭原(よしはら)予讃(よさ)国原(くにはら)(をさ)むべく
042天降(あも)りしわれよ(こころ)(やす)かれ。
043如何(いか)ならむ曲鬼(まがおに)大蛇(をろち)()しよすも
044われはやらはむ生言霊(いくことたま)に』
045 国生男(くにうみを)(かみ)(うた)ふ。
046朝夕(あさゆふ)(かみ)(ちから)(ひと)つにし
047(しのぶ)(をか)(やす)(まも)らむ』
048 冬男(ふゆを)(うた)ふ。
049有難(ありがた)二柱神(ふたはしらがみ)御宣示(みことのり)
050()きてわれらは(よみがへ)りぬる』
051 朝空男(あさぞらを)(かみ)(うた)ふ。
052()(たち)精霊(せいれい)なれどわが()らむ
053生言霊(いくことたま)(おぎな)ひまつれ』
054 冬男(ふゆを)(うた)ふ。
055御宣示(みことのり)(うなじ)()けて(ちから)(かぎ)
056われ()()らむ生言霊(いくことたま)を』
057 かかる(をり)しも、058阿鼻叫喚(あびけうくわん)(こゑ)059(とき)(こゑ)060一時(いちじ)にドツと(おこ)り、061猛獣(まうじう)062毒蛇(どくじや)063水奔鬼(すゐほんき)(もつと)平安(へいあん)なる棲処(すみか)として(しのぶ)(をか)(ふもと)(あつま)(きた)り、064咆哮(ほうこう)怒号(どごう)するあり、065のたうちまはるあり、066(しのぶ)(をか)のまはりは水奔鬼(すゐほんき)矢叫(やさけび)(こゑ)かしましく、067一斉(いつせい)(のぼ)らむとせしも、068二神等(にしんら)生言霊(いくことたま)(さまた)げられて(のぼ)りあぐみたるぞ面白(おもしろ)き。069二神(にしん)(およ)冬男(ふゆを)以下(いか)精霊(せいれい)は、070(かは)(がは)生言霊(いくことたま)()る。
071 朝空男(あさぞらを)(かみ)音吐(おんど)朗々(らうらう)として(うた)ふ。
072()(かみ)御水火(みいき)()れにし言霊(ことたま)
073(くに)(しづ)めと(きよ)けく()らむ。
074アオウエイ天地(あめつち)(ところ)()ふるとも
075ただに(しづ)めむ(うづ)言霊(ことたま)に。
076幾万(いくまん)曲神(まがかみ)(おそ)(きた)るとも
077()りて(はふ)らむ言霊剣(ことたまつるぎ)に。
078(うるは)しき(いづ)言霊(ことたま)(さち)はひて
079この国原(くにはら)(まが)言向(ことむ)けむ。
080炎々(えんえん)()えたちし火口(くわこう)(たちま)ちに
081()えて湖水(こすゐ)となりにけらしな。
082(おに)大蛇(をろち)たとへ幾万(いくまん)()()とも
083(おそ)るべきかは天津神(あまつかみ)われは。
084火炎山(くわえんざん)(たちま)(うみ)となり()てぬ
085生言霊(いくことたま)(さち)はひによりて。
086()(くさ)()(みづうみ)(そこ)(ふか)
087(しづ)みけるかな(まが)(すさ)びに。
088国土(くに)()むと天降(あも)(きた)りしわれなれば
089(おに)大蛇(をろち)(もの)(かず)かは。
090(けが)れたるこの国原(くにはら)言霊(ことたま)
091水火(いき)(さち)はひて()(わた)るべし。
092(こころ)()しき曲鬼(まがおに)どもの()()ては
093ありあり()えぬ湖水(こすゐ)(なみ)に。
094()(わた)(つき)(ひかり)()えぬまで
095御空(みそら)(くも)りぬ曲津(まがつ)水火(いき)に。
096白雲(しらくも)(そら)(わた)りて天降(あも)りてし
097われ天津神(あまつかみ)曲等(まがら)(おそ)れじ。
098(せま)()(おに)大蛇(をろち)(おほ)くとも
099(しのぶ)(をか)には(ひか)(たま)あり。
100(そし)(ばば)(わら)(ばば)アの水奔鬼(すゐほんき)
101(いま)手向(てむか)(ちから)()からむ。
102高山(たかやま)火口(くわこう)(たちま)(みづうみ)
103(そこ)(しづ)みて()きたつ()(なみ)
104千早振(ちはやぶ)()大神(おほかみ)(たま)ひてし
105生言霊(いくことたま)刃向(はむか)()むや。
106(つき)()もかくれて()えぬ葭原(よしはら)
107国土(くに)()らして(やす)(をさ)めむ。
108(あめ)(つち)もわが言霊(ことたま)功績(いさをし)
109()れゆく(ちから)(まが)()らずや。
110常闇(とこやみ)のこの国原(くにはら)伊照(いて)らすと
111言霊鏡(ことたまかがみ)()ちて天降(あも)りし』
112 国生男(くにうみを)(かみ)(うた)ふ。
113(なみ)()をわが見渡(みわた)せば(おに)大蛇(をろち)
114(おぼ)るるさまの(あさ)ましきかな。
115()(かへ)湖水(こすゐ)(なみ)にもまれつつ
116大蛇(をろち)()()(もだ)()るかも。
117奴婆玉(ぬばたま)(やみ)(おそ)へり曲津見(まがつみ)
118(まが)()(いき)いや(かさ)なれば。
119(ねもごろ)生言霊(いくことたま)()りつれど
120(まが)(みみ)には()らざると()ゆ。
121()(やま)火炎(くわえん)(やま)爆発(ばくはつ)
122(をのの)きにけむ草木(くさき)()れたり。
123果敢(はか)なかる()(さま)なれや()(うへ)
124(まが)(ことごと)(ほろ)びむとすも。
125低山(ひきやま)(うみ)(ぼつ)して火炎山(くわえんざん)
126(いただき)(せま)(みづ)(うか)べり。
127()(あめ)(はげ)しかりけむ(みづうみ)
128低山(ひきやま)高山(たかやま)(みな)(ひた)しつつ。
129曲津見(まがつみ)火炎(くわえん)(やま)変動(へんどう)
130(おそ)(をのの)()()せけるかな。
131ほのぼのと(きり)(とほ)して()ゆる(うみ)
132(ゆふべ)(なが)めは(さび)しかりけり。
133曲神(まがかみ)生命(いのち)()てか(とき)(こゑ)
134この丘下(をかした)(きこ)()るなり。
135()(かぎ)醜草(しこぐさ)()ふる大野原(おほのはら)
136生言霊(いくことたま)(さち)(きよ)めむ。
137(むかし)より(ためし)もあらぬ天地(あめつち)
138変動(かはり)(かみ)(いまし)めなるらむ。
139()()けて()られぬまでにいぢらしき
140この国原(くにはら)(かみ)のいましめよ。
141濛々(もうもう)黒雲(くろくも)(ひく)葭原(よしはら)
142野空(のぞら)(つつ)みて月日(つきひ)()えず。
143八千尋(やちひろ)湖水(こすゐ)(そこ)曲津見(まがつみ)
144(また)(ひそ)みて(わざはひ)()すらむ。
145如何程(いかほど)曲津見(まがつみ)大蛇(をろち)(すさ)ぶとも
146(かみ)御稜威(みいづ)言向(ことむ)(やは)さむ。
147()(ごと)()(かへ)りたる(みづうみ)
148水面(みのも)湯気(ゆげ)()(のぼ)りつつ。
149遠近(をちこち)区別(けぢめ)もしらに(わざはひ)
150(かみ)のいましめ(かしこ)きろかも。
151()(すく)(まこと)(ちから)言霊(ことたま)
152(うづ)(いさを)()くものはなし。
153われこそは御樋代神(みひしろがみ)(つか)へたる
154生言霊(いくことたま)(つかさ)なるぞや。
155いち(はや)(しのぶ)(をか)天降(あも)()
156葭原国(よしはらぐに)(さま)()しかな。
157(うる)はしき(かみ)御国(みくに)()まむとて
158われは(くだ)れり神言(みこと)()びつつ。
159ゑらゑらに(ゑら)(にぎ)はふ神国(かみくに)
160()まで()くべき(ちから)(かぎ)りに。
161大蛇(をろち)()葭原国(よしはらぐに)もわがあれば
162いと(やす)からむ(いさ)みてあれよ』
163 冬男(ふゆを)(うた)ふ。
164二柱(ふたはしら)(かみ)天降(あも)らすこの(をか)
165われ(よみがへ)(まが)(ふせ)がむ。
166二柱(ふたはしら)(かみ)言霊(ことたま)(さち)はひて
167わがたましひの(ちから)()はりぬ。
168かくなれば精霊(せいれい)われも(いさ)ましく
169(おに)(とりで)(むか)(すす)まむ。
170現世(うつしよ)(ひと)(うま)れし心地(ここち)かな
171わが霊身(れいしん)(かがや)()むれば。
172永年(ながとせ)(しのぶ)(をか)(おに)となりて
173岐美(きみ)天降(あも)りを()ちわびにける。
174(あさ)ましきみたまのわれも今日(けふ)よりは
175(かみ)御後(みあと)(つか)へまつらむ。
176(よみがへ)()きの生命(いのち)(たも)ちつつ
177幽世(かみよ)(はな)となるぞ(うれ)しき。
178浮腰(うきごし)のわがたましひも落着(おちつ)きて
179(うご)かぬ(こころ)(いさ)みたつなり。
180(おに)大蛇(をろち)(しこ)鬼婆(おにばば)()()とも
181最早(もは)(おそ)れじ(かみ)なるわれは。
182矢叫(やさけ)びの(こゑ)(ふもと)にどよめけり
183(おに)大蛇(をろち)(のぼ)らむとして。
184言霊(ことたま)水火垣(いきがき)(たか)(きづ)きませば
185如何(いか)なる(まが)(のぼ)()ざらむ。
186神々(かみがみ)(うづ)(めぐ)みに(いだ)かれて
187(やす)()ぎなむ(しのぶ)(をか)に。
188狭霧(さぎり)たつ()(みづうみ)(おそ)れむや
189如何(いか)なる(まが)のよし(ひそ)むとも。
190水奔鬼(すゐほんき)魍魎(すだま)曲霊(まがたま)(かず)(かぎ)
191()せて(きた)るも(なに)(おそ)れむ』
192 熊公(くまこう)(うた)ふ。
193(おも)ひきや二柱神(ふたはしらがみ)()でまして
194国土(くに)災除(わざはひのぞ)かせ(たま)へり。
195われは(いま)(しのぶ)(をか)(おに)となれど
196元津(もとつ)みたまは(かみ)なりにけり。
197たましひは(もと)より(きよ)惟神(かむながら)
198(かみ)()けたる生命(いのち)なりせば。
199水奔鬼(すゐほんき)()ひたてられて(なが)()
200清水(しみづ)(をか)にひそみたりける。
201虎公(とらこう)二人(ふたり)(さび)しく(ひそ)みたる
202清水(しみづ)(をか)(おも)へば(かな)しき。
203わが(きみ)(わら)(ばば)アに(はか)られて
204清水(しみづ)(をか)()()(たま)ひぬ』
205 朝空男(あさぞらを)(かみ)(うた)ふ。
206種々(くさぐさ)()物語(ものがたり)()くにつけ
207(まが)(たけ)びの(つよ)きをさとる。
208葭原(よしはら)国土(くに)曲津(まがつ)(かげ)もなく
209(きよ)()まさむ(かみ)なるわれは』
210 虎公(とらこう)(うた)ふ。
211『ありがたし(うづ)御神(みかみ)御言葉(おんことば)
212われは(わす)れじ幾世(いくよ)()るとも』
213 (やま)(うた)ふ。
214(わらは)とて(おに)にはあらず惟神(かむながら)
215(かみ)(まこと)御子(みこ)なりしはや。
216(たび)ゆきて(しのぶ)(をか)()()りつ
217(わら)(ばば)アに生命(いのち)とられし。
218鬼婆(おにばば)(たま)生命(いのち)(うば)はれし
219(ひと)のみたまは数限(かずかぎ)りなし。
220二柱(ふたはしら)(かみ)御稜威(みいづ)水奔鬼(すゐほんき)
221(かげ)地上(ちじやう)()させ(たま)はれ』
222 国生男(くにうみを)(かみ)(うた)ふ。
223()てしなき(ひろ)国原(くにはら)(くま)もなく
224(きよ)()まして(まが)(ほろぼ)さむ。
225()にもあれ(かく)にもあれやこの(をか)
226(やかた)つくりて国土(くに)(をさ)めむ』
227 (かは)(うた)ふ。
228天地(あめつち)(かみ)(ひか)りのあれまして
229葭原(よしはら)(やみ)()れそめにけり。
230われとても(おな)運命(うんめい)をたどり()
231(おに)となりける乙女(をとめ)なるぞや。
232今日(けふ)よりは(くも)りし(こころ)()りあかし
233生言霊(いくことたま)()(つづ)くべし』
234 (うみ)(うた)ふ。
235海山(うみやま)(めぐ)みをうけてわれは(いま)
236(しのぶ)(をか)(やす)()るかも』
237 冬男(ふゆを)(うた)ふ。
238()てしなき葭原(よしはら)国土(くに)(くま)もなく
239()らさせ(たま)二柱神(ふたはしらがみ)
240(ちから)なきわれにはあれど御後(みしりへ)
241(したが)神業(みわざ)(つか)へまつらむ。
242(くま)(とら)(やま)(かは)(うみ)神業(かむわざ)
243使(つか)はせ(たま)へとこひのみまつる』
244 朝空男(あさぞらを)(かみ)(うた)ふ。
245()(ねが)(うべな)ひわれは国生男(くにうみを)
246暫時(しばし)此処(ここ)にとどまり(をさ)めむ』
247 かく(うた)(たま)ひて、248()(みづうみ)平穏(へいをん)(ふく)する()()たせ(たま)ひける。249(しのぶ)(をか)(ふもと)には数万(すうまん)猛獣(まうじう)250毒蛇(どくじや)251水奔鬼(すゐほんき)など、252逃場(にげば)(うしな)ひ、253右往左往(うわうさわう)にひしめきあへりけり。
254昭和九・七・三〇 旧六・一九 於関東別院南風閣 林弥生謹録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)