霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一八章 大挙出発(たいきよしゆつぱつ)〔二〇二二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第80巻 天祥地瑞 未の巻 篇:第3篇 天地変遷 よみ:てんちへんせん
章:第18章 第80巻 よみ:たいきょしゅっぱつ 通し章番号:2022
口述日:1934(昭和9)年07月30日(旧06月19日) 口述場所:関東別院南風閣 筆録者:白石恵子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年12月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
水上山の執政・巌ヶ根は、高光山以西を視察するために派遣した四男の冬男、三男の秋男一行がいつまで待っても戻ってこないため、さらに自分の子を派遣して調査させようかと事を図っていた。
すると、東南の方に火炎山は轟然として爆発し、水上山まで振動が伝わってくるほどであった。
そのため、巌ヶ根は意を決して長男・春男、次男・夏男に命じ、執政の水音、瀬音を補佐に数多の従者を引き連れさせて、調査に向かうこととした。
巌ヶ根は出発に際して斎主となり、調査のたびの無事を祈念する祝詞を宣り上げた。
一同はそれぞれ出発の述懐歌を歌うと、木枯らしが吹きすさぶ野路を東南に向かって進んだ。それぞれ行軍歌を歌いながら進発し、茂みの森影で一夜を明かすことになった。
そのあたりは火炎山が陥落したために、猛獣や毒蛇が集まってきている場所であったため、辺りには怪しい鳴き声が響き、不快な空気が漂っていた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm8018
愛善世界社版: 八幡書店版:第14輯 386頁 修補版: 校定版:354頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 水上山(みなかみやま)神館(かむやかた)執政(しつせい)(つと)むる(いは)()は、002高光山(たかみつやま)以西(いせい)国形(くにがた)視察(しさつ)せしむべく、003第四男(だいよんなん)冬男(ふゆを)一人(ひとり)(つか)はしけるが、004数多(あまた)(つき)(けみ)して(なん)消息(せうそく)もなきままに、005(やや)不安(ふあん)(ねん)(おこ)し、006水音(みなおと)007瀬音(せおと)重臣(ぢゆうしん)(とも)に、008鳩首謀議(きうしゆぼうぎ)結果(けつくわ)009第三男(だいさんなん)秋男(あきを)に、010(まつ)011(たけ)012(うめ)013(さくら)四柱(よはしら)従者(じうしや)(したが)へ、014冬男(ふゆを)在処(ありか)国形(くにがた)視察(しさつ)()ねて出発(しゆつぱつ)(めい)じたりしが、015これまた弓弦(ゆづる)(はな)れし()(ごと)く、016()つたまま(なん)消息(せうそく)もなく、017(ふたた)水上山(みなかみやま)神館(かむやかた)(うれ)ひに(しづ)み、018三度(みたび)御子(みこ)()して調査(てうさ)せしめむと事議(ことはか)(をり)しもあれ、019東南(とうなん)(かた)(あた)つて、020(よる)火光(くわくわう)百里(ひやくり)地上(ちじやう)(てら)したる火炎山(くわえんざん)は、021轟然(がうぜん)として爆発(ばくはつ)したる(その)物音(ものおと)に、022水上山(みなかみやま)(やかた)まで地鳴(ぢなり)震動(しんどう)(はなは)だしく、023人心(じんしん)兢々(きやうきやう)たりける。
024 (ここ)(いは)()(はじ)重臣等(ぢゆうしんたち)は、025二人(ふたり)御子(みこ)安否(あんぴ)(うれ)ひ、026大挙(たいきよ)して(その)消息(せうそく)(さぐ)るべく、027春男(はるを)028夏男(なつを)(はじ)め、029水音(みなおと)030瀬音(せおと)(その)()供人(ともびと)数多(あまた)()()れ、031第三回目(だいさんくわいめ)調査(てうさ)(むか)ふべく決定(けつてい)したり。
032 出発(しゆつぱつ)(のぞ)み、033(いは)()斎主(さいしゆ)となり、034(その)()(しりへ)(したが)ひて、035天津神(あまつかみ)(まつ)りたる神殿(しんでん)(ぬか)づき、036種々(くさぐさ)美味物(うましもの)(たてまつ)太祝詞言(ふとのりとごと)()りける。037その祝詞(のりと)()ふ。
 
038掛巻(かけまく)(あや)(かしこ)き、039高日(たかひ)(みや)(しづ)まりいます()大御神(おほみかみ)040高鉾(たかほこ)(かみ)041神鉾(かむほこ)(かみ)三柱(みはしら)大御前(おほみまへ)に、042水上山(みなかみやま)(やかた)執政(しつせい)(いは)()は、043ここに(つつ)しみ(ゐやま)ひ、044(かしこ)(かしこ)みも()(まを)さく。
045(そもそ)(これ)葭原(よしはら)神国(みくに)は、046御樋代(みひしろ)(かみ)朝霧比女(あさぎりひめ)(かみ)永久(とこしへ)(しづ)まりまして(をさ)(たま)神国(みくに)にして、047(いや)しき吾等(われら)高光山(たかみつやま)(かぎ)りとして、048予讃(よさ)国原(くにはら)(をさ)むべく、049御樋代神(みひしろがみ)神言(みこと)かかぶりて、050()()(くに)(やす)かれと(こころ)(つく)()(つく)し、051(くに)政治(まつりごと)(つか)(まつ)りける。
052予讃(よさ)国土(くに)(つち)(いま)(わか)く、053種々(くさぐさ)(もの)(まつた)調(ととの)はず浮脂(うきあぶら)(ごと)くあれば、054国形(くにがた)()せしめむと第四(だいよん)御子(みこ)冬男(ふゆを)(つか)はしけるに、055数多(あまた)(つき)(けみ)すと(いへど)(いま)復命(かへりごと)(まを)さず、056()しや()大御神(おほみかみ)御心(みこころ)(かな)はずて、057(みち)隈手(くまで)にさやる曲津神(まがつかみ)()りて(そこな)ひたるにやと、0571(こころ)(こころ)ならず058各自(おのもおのも)司等(つかさたち)事議(ことはか)り、059神前(みまへ)()(まを)して、060第三男(だいさんなん)秋男(あきを)に、061(まつ)062(たけ)063(うめ)064(さくら)四柱(よはしら)()へ、065(ふたた)国形(くにがた)視極(みきは)め、066冬男(ふゆを)在処(ありか)(あき)らめむと、067()ぐる()(この)(やかた)()()でけるに、068(いま)におきて(なん)復命(かへりごと)もなさず、069司等(つかさたち)(こころ)(なや)(まつ)(をり)もあれ、070予讃(よさ)(くに)真秀良場(まほらば)(そばだ)てる火炎山(くわえんざん)は、071天地(あめつち)をどよもして、072(いただき)より(ふもと)まで()(やぶ)れけるにや、073(あさ)(ゆふ)なに(のぞ)みてし(その)(かげ)()えず、074(ひかり)()()せければ、075尋常(ただごと)ならじと(おも)(まつ)るが(ゆゑ)に、076三度(みたび)(ここ)事議(ことはか)りて、077二人(ふたり)御子(みこ)在処(ありか)(さが)(もと)め、078国形(くにがた)()るべく、079春男(はるを)080夏男(なつを)水音(みなおと)081瀬音(せおと)(つかさ)(したが)へさせ、082百神(ももがみ)たちを(ひき)ゐて、083今日(けふ)吉日(よきひ)吉時(よきとき)に、084神国(みくに)(ため)(たび)()かむとす。
085(あふ)(ねが)はくば、086()大御神(おほみかみ)087〓(うまら)委曲(つばら)聞食(きこしめ)(たま)ひて、088今日(けふ)出立(いでた)ちは(みち)隈手(くまで)(つつが)なく、089()なく(こと)なく、090最速(いとすみや)かに復命(かへりごと)(まを)させ(たま)へと、091海川山野(うみかはやまぬ)種々(くさぐさ)御幣帛(みてぐら)百取(ももとり)(つくゑ)横山(よこやま)(ごと)置足(おきたら)はして(たてまつ)るさまを、092(たひら)けく(やす)らけく聞食(きこしめ)せと、093鹿児自物(かこじもの)膝折伏(ひざをりふ)せ、094宇自物(うじもの)頸根突貫(うなねつきぬ)きて、095(かしこ)(かしこ)みも()(まつ)らくと(まを)す。096惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)097惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
 
098 ()奏上(そうじやう)(をは)り、099(うやうや)しく礼拝(れいはい)し、100神殿(しんでん)(くだ)り、101(ふたた)一同(いちどう)執政殿(しつせいでん)(あつま)り、102首途(かどで)(しゆく)(かつ)事議(ことはか)りける。
103 (いは)()(うた)ふ。
104二柱(ふたはしら)御子(みこ)(かへ)らずなりにけり
105(かみ)御旨(みむね)(かな)はざりしか。
106(おい)()(ちから)(たの)二人(ふたり)()
107行方(ゆくへ)(おも)へば(こころ)さわぐも。
108(おと)()水奔草(すゐほんさう)()(みち)
109(しげ)りて(ひと)(そこな)ふとかや。
110水奔草(すゐほんさう)(あた)りて()せし水奔鬼(すゐほんき)
111(わざはひ)なすと()くぞ忌々(ゆゆ)しき。
112一年(ひととせ)()ぐれど冬男(ふゆを)(かへ)()
113(こころ)もとなきわが(おも)ひかな。
114()ぐる(あき)(ふたた)秋男(あきを)言依(ことよ)さし
115国形(くにがた)()るべく旅立(たびだ)たせけり。
116(ふゆ)(ちか)木枯(こがらし)()けどわが御子(みこ)
117便(たよ)りのなきは()れたかりけり。
118(まつ)(たけ)(うめ)(さくら)四柱(よはしら)()ひながら
119(いま)便(たよ)りのなきはいぶかし。
120火炎山(くわえんざん)爆発(ばくはつ)したるか天地(あめつち)
121どよみて(やま)(かげ)()せたり。
122火炎山(くわえんざん)変動(へんどう)()るより一入(ひとしほ)
123わが(たましひ)はなやましきかな。
124かくならば春男(はるを)夏男(なつを)(はじ)めとし
125水音(みなおと)瀬音(せおと)()きて調(しら)べよ』
126 水音(みなおと)(うた)ふ。
127(うべ)ようべ巌根(いはね)(きみ)御言葉(みことば)
128如何(いか)(そむ)かむ(いそ)(たび)()かむ。
129(ふたた)びの使(つかひ)復命(かへりごと)あらず
130(こころ)もとなきこれの(やかた)よ。
131水奔鬼(すゐほんき)(ため)生命(いのち)果敢(はか)なくも
132()(たま)ひしか(こころ)もとなし。
133葭草(よしぐさ)(まじ)りて(しげ)水奔草(すゐほんさう)
134(わざはひ)(おほ)しと(われ)()きつる。
135湿(しめ)()(しげ)れる葭草(よしぐさ)醜草(しこぐさ)
136隙間(すきま)()めるイヂチの害虫(がいちう)
137草枕(くさまくら)(たび)()(ひと)(あし)()みて
138(たふ)すイヂチの(おほ)しとぞ()く。
139()(かく)もかくてあるべき(とき)ならず
140(いそ)(すす)まむ御後(みあと)たづねて』
141 瀬音(せおと)(うた)ふ。
142執政(しつせい)(きみ)(しば)しを()たせ(たま)
143国形(くにがた)()つつ御後(みあと)調(しら)べむ。
144(なに)かしら(こころ)()ちゐぬ今日(けふ)()
145(かみ)(いの)りて旅立(たびだ)ちせむかな。
146葭原(よしはら)彼方此方(あなたこなた)(をか)()
147水奔鬼(すゐほんき)()むと(つた)()()り。
148如何(いか)ならむ(なや)(きた)るも(この)(たび)
149(かみ)(めぐみ)()(やぶ)()かむ。
150わが()かば(さび)しかるべし(いは)()
151(かみ)(いの)りて(やす)()しませ』
152 春男(はるを)(うた)ふ。
153父上(ちちうへ)御言(みこと)(かしこ)()()かむ
154(もも)(つかさ)をわれ(ともな)ひて。
155火炎山(くわえんざん)跡形(あとかた)もなく()()せぬ
156予讃(よさ)国原(くにはら)さやぎてあらむ。
157()(かく)予讃(よさ)国原(くにはら)(をさ)むべき
158(つと)めを()てる水上(みなかみ)(やかた)よ。
159御樋代(みひしろ)(かみ)神言(みこと)(むく)ふべく
160如何(いか)なる(なや)みも(しの)(すす)まむ。
161(おとうと)水奔鬼(すゐほんき)または曲鬼(まがおに)
162生命(いのち)(うば)はれたるにあらずや。
163よしやよし(おとうと)生命(いのち)あらずとも
164(われ)(すす)まむ高光(たかみつ)(やま)まで。
165高光(たかみつ)(やま)(すす)みて(この)(さま)
166御樋代神(みひしろがみ)(つぶさ)(つた)へむ』
167 夏男(なつを)(うた)ふ。
168木枯(こがらし)()(すさ)()()けて()
169吾等(われら)(たび)(さち)あれと(いの)る。
170父君(ちちぎみ)(わか)れを()げて()でて()
171われも神国(みくに)(ため)なればなり。
172葭原(よしはら)国形(くにがた)()つつ(おとうと)
173行方(ゆくへ)(さが)今日(けふ)(たび)かな。
174水上山(みなかみやま)()()尾花(をばな)(なび)きつつ
175わが旅立(たびだ)ちを()しむがに()ゆ。
176山萩(やまはぎ)桔梗(ききやう)()りて(さび)しげに
177尾花(をばな)(かぜ)(なび)きけるかも。
178(むし)()もかすかになりて野路(のぢ)()
179(かぜ)(やうや)()(わた)りけり。
180いざさらば(かみ)(めぐみ)(まも)られて
181()()()かむこれの(やかた)を』
182 (いは)()両眼(りやうがん)(なみだ)(うか)べながら(うた)ふ。
183(いさ)ましや春男(はるを)夏男(なつを)旅立(たびだ)ちを
184国土(くに)(かた)めと(おも)へば(うれ)しき。
185水音(みなおと)瀬音(せおと)(つかさ)(はる)(なつ)
186二人(ふたり)(まも)(やす)()きませ。
187木枯(こがらし)(かぜ)(つめ)たき冬空(ふゆぞら)
188()けて(すす)ます(きみ)雄々(をを)しき。
189水上(みなかみ)(やかた)(こころ)かけずして
190(すす)ませ(たま)司々等(つかさつかさら)
191 水音(みなおと)(こゑ)(くも)らせながら、
192『いざさらば(きみ)(わか)れむ(くに)(ため)
193曲津(まがつ)(すさ)荒野(あらの)をさして』
194 瀬音(せおと)(うた)ふ。
195村肝(むらきも)(こころ)なやまし(たま)ふまじ
196大丈夫(ますらを)吾等(われら)行手(ゆくて)(さち)ならむ。
197御樋代(みひしろ)(かみ)神言(みこと)(むく)いむと
198()()(みち)曲津(まが)のあるべき』
199(うた)(をは)り、200一行(いつかう)四人(よにん)数多(あまた)供人(ともびと)(とも)に、201木枯(こがらし)()(すさ)野路(のぢ)を、202東南(とうなん)進路(しんろ)をとり(いさ)(すす)んで()()きぬ。
203 春男(はるを)木枯(こがらし)(すさ)葭原(よしはら)を、204(みぎ)(ひだり)()けながら、205折々(をりをり)水上山(みなかみやま)(やかた)()りかへり()りかへり行進歌(かうしんか)(うた)ふ。
206(あき)(やうや)()()てて
207(ふゆ)(はじ)めとなりにけり
208水上山(みなかみやま)屹然(きつぜん)
209(わが)()(しりへ)(かがや)けり
210(こひ)しき(ちち)如何(いか)にして
211いますか()らず吾々(われわれ)
212()()(あん)じわづらひつ
213天津御神(あまつみかみ)御前(おんまへ)
214(いの)らせ(たま)ふか(たふと)しや
215(あき)(やうや)くつきはてぬ
216木枯(こがらし)(さむ)(ふゆ)()
217(むか)へて(すす)(さび)しさよ
218秋男(あきを)冬男(ふゆを)()(うへ)
219(おも)へばなほも(さび)しけれ
220(てん)(そび)えて(かがや)きし
221火炎(くわえん)(やま)(かげ)もなく
222夜半(よは)(てら)せし大火光(だいくわくわう)
223(いま)(まつた)()えはてぬ
224葭草(よしぐさ)醜草(しこぐさ)()(しげ)
225野路(のぢ)()くわれは(つゆ)をだも
226(いと)心地(ここち)()でて()
227ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
228わが旅立(たびだ)ちに(さち)あれや
229わが()(みち)(ひかり)あれ
230如何(いか)悪魔(あくま)(たけ)るとも
231毒虫(どくむし)しげくさやるとも
232(かみ)(ひかり)(ちから)とし
233(たゆ)まず(くつ)せず(すす)むべし
234(ちち)御言(みこと)をかがふりて
235国形(くにがた)()むと()でて()
236高光山(たかみつやま)(さか)しくも
237葭原国(よしはらぐに)(ひろ)くとも
238月日(つきひ)(かさ)ねて(すす)みなば
239いと(やす)からむ惟神(かむながら)
240(かみ)のまにまに(すす)むべし
241吾等(われら)(かみ)()(かみ)(みや)
242如何(いか)(おそ)れむ大丈夫(ますらを)
243弥猛心(やたけごころ)一筋(ひとすぢ)
244初心(しよしん)(つらぬ)大前(おほまへ)
245復命(かへりごと)せむ(この)旅路(たびぢ)
246(まも)らせ(たま)天津神(あまつかみ)
247国津御神(くにつみかみ)御前(おんまへ)
248(かしこ)(かしこ)()(まつ)る』
249 夏男(なつを)(うた)ふ。
250秋男(あきを)冬男(ふゆを)(いま)何処(いづこ)
251一年(いちねん)(あま)りを()たる今日(けふ)
252(なん)便(たよ)りもなくばかり
253(たづ)()()はぼんやりと
254(ところ)(さだ)めぬ(さび)しさよ
255(ふゆ)(やうや)来向(きむか)ひて
256(もも)木草(きぐさ)紅葉(もみぢ)なし
257(むし)()さへも(ほそ)りけり
258(よし)枯葉(かれは)(くら)きまで
259大地(だいち)(つつ)毒草(どくさう)
260水奔草(すゐほんさう)()れはてて
261根元(ねもと)(ひそ)毒虫(どくむし)
262次第々々(しだいしだい)()えて()
263(ふゆ)(たび)こそ(さび)しけれ
264(かみ)(めぐみ)のあらざれば
265如何(いか)一歩(いつぽ)(すす)めむや
266(まも)らせ(たま)天地(あめつち)
267(かみ)御樋代神(みひしろかみ)(さま)
268神国(みくに)(ため)(すす)()
269われ()(みち)(くま)もなく
270()なく(すす)ませ(たま)へかし
271ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
272恩頼(みたまのふゆ)()(まつ)る』
273 水音(みなおと)(うた)ふ。
274(ふゆ)さり()れば山川(やまかは)
275水音(みなおと)さへも(こゑ)(ひそ)
276(あた)(さび)しく()()()
277裸木(はだかぎ)諸所(しよしよ)(ふる)ふなり
278御空(みそら)(つき)白々(しろじろ)
279(こほ)るが(ごと)(ふゆ)()
280(しも)()()けて(すす)()
281枯野ケ原(かれのがはら)物凄(ものすご)
282火炎(くわえん)(やま)()()せて
283あやめも()かぬ(よる)(みち)
284最早(もはや)一歩(いつぽ)(すす)()
285(さいは)ひこれの(もり)かげに
286一夜(いちや)(つゆ)宿(やど)りして
287豊栄(とよさか)のぼる天津(あまつ)()
288(ひか)りを(ちから)(すす)むべし
289猛獣(まうじう)毒蛇(どくじや)のはびこれる
290これの原野(げんや)殊更(ことさら)
291(あや)ふからむを方々(かたがた)
292御心(みこころ)如何(いか)にすくすくと
293(こた)へを()らせ(たま)へかし
294ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
295(かみ)御前(みまへ)()(まつ)る』
296 瀬音(せおと)(うた)ふ。
297水上(みなかみ)(やま)()()(ふゆ)()
298繁樹(しげき)(もり)にたそがれにけり。
299火炎山(くわえんざん)(ひか)りなければ()むを()
300(この)(もり)かげに一夜(いちや)(あか)さむ。
301(なん)となくうら(さわ)がしき(ゆふべ)なり
302如何(いか)なる曲津(まが)(おそ)()るにや。
303二柱(ふたはしら)御子(みこ)(たづ)ねて(すす)()
304今日(けふ)(かな)しき(たび)なりにけり。
305木枯(こがらし)()(わた)()(おと)()けば
306(ふゆ)(こころ)(さび)しかりけり。
307月舟(つきふね)御空(みそら)にふるひ(むし)()
308(くさ)()()(ふゆ)夕暮(ゆふぐれ)
309(さび)しきは(ふゆ)(ゆふべ)旅衣(たびごろも)
310(そで)()()(なみだ)(あめ)なり』
311 (ここ)一行(いつかう)(しげ)みの森蔭(もりかげ)()()り、312(さび)しき木枯(こがらし)()かれながら()一所(ひとところ)(あつ)め、313明日(あす)旅立(たびだ)ちの(こと)など(こころ)(うち)(おも)(なや)みながら、314(やうや)(しん)()きける。
315 (この)(あた)りは火炎山(くわえんざん)陥落(かんらく)により、316猛獣(まうじう)毒蛇(どくじや)(きず)つけるもの数多(あまた)(あつま)(きた)れる場所(ばしよ)なりければ、317()もすがら(いや)らしき呻吟声(うめきごゑ)と、318異様(いやう)不快(ふくわい)なる空気(くうき)(ただよ)ひにける。
319昭和九・七・三〇 旧六・一九 於関東別院南風閣 白石恵子謹録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/15【霊界物語ネット】王仁文庫の第三篇「瑞能神歌」を掲載しました。