霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二三章 野火(のび)壮観(さうくわん)〔二〇二七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第80巻 天祥地瑞 未の巻 篇:第3篇 天地変遷 よみ:てんちへんせん
章:第23章 第80巻 よみ:のびのそうかん 通し章番号:2027
口述日:1934(昭和9)年07月31日(旧06月20日) 口述場所:関東別院南風閣 筆録者:白石恵子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年12月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
高光山の聖場は、朝香比女の神の降臨によって輝きがみなぎり、瑞雲たなびき新生の気があたりにただよった。
朝霧比女の神は、八尋殿に朝香比女の神一行を招き、心限りの歓待をした。朝霧比女の神は、朝香比女の神の来着を喜ぶ歌を歌い、朝香比女の神は感謝の辞を歌った。そして、各従者神たちも互いに歓迎と感謝の辞を述べ終わると、朝香比女の神は、葭原の国の原野を焼き清めるために、燧石を国土の宝として進呈しようと提案した。
朝霧比女の神はいたく喜び、朝香比女の神に感謝の歌を歌うとさっそく、大御照の神以下の神々に命じて地上に降らしめ、真火の燧石で葭原に火を放たせた。すると、折からの旋風にたちまち原野は火の海となり、水奔草や猛獣毒蛇は火に包まれた。
この様を見て、朝香比女の神、朝霧比女の神以下高光山の神々は歓び、歓声を上げた。大御照の神は高光山に復命し、焼き清めの様子を詳細に報告した。朝霧比女の神は改めて、真火の神徳に感謝の歌を歌った。
ここに山上の宴会は終了した。朝霧比女の神以下高光山の神々は、朝香比女の神一行に感謝の辞を述べ、松浦の港まで、朝空男の神、国生男の神が鳥船で一行を送っていった。
半日をかけて松浦の港に着くと、朝空男の神は、国生男の神を残して去っていった。これは、朝霧比女の神が朝香比女の神の好意に報いようと、天の鳥船の製造技術を持つ国生男の神を、朝香比女の神の供として仕えるように遣わしたのであった。
朝香比女の神一行は、国生男の神を新しい供に加えて、西方の国土を指して出航していった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm8023
愛善世界社版: 八幡書店版:第14輯 412頁 修補版: 校定版:450頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 高光山(たかみつやま)聖場(せいぢやう)は、002御樋代神(みひしろがみ)朝香比女(あさかひめ)(かみ)降臨(かうりん)(には)かに(かがや)(みなぎ)り、003青木(あをき)(はら)神苑(みその)瑞雲(ずゐうん)棚引(たなび)き、004新生(しんせい)()四辺(しへん)(ただよ)ふ。
005 朝霧比女(あさぎりひめ)(かみ)は、006八尋殿(やひろどの)朝香比女(あさかひめ)(かみ)一行(いつかう)(せう)じ、007(こころ)(かぎ)歓待(くわんたい)(つく)し、008高光山(たかみつやま)名物(めいぶつ)たる、009(つゆ)(したた)らむばかりの()れたる(あんず)()(やま)(ごと)()み、010木瓜(ぼけ)もて(つく)りたる美酒(びしゆ)(たてまつ)り、011ここに大御照(おほみてらし)(かみ)以下(いか)重臣(ぢゆうしん)はじめ(もも)神々(かみがみ)(あつま)りて、012大宴会(だいえんくわい)(ひら)かれにける。
013 朝霧比女(あさぎりひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
014八柱(やはしら)御樋代神(みひしろがみ)()でましに
015これの神苑(みその)(よみがへ)りたり。
016はろばろと波路(なみぢ)(わた)(くも)()けて
017朝香(あさか)比女(ひめ)()でましにけり。
018高光(たかみつ)(やかた)(つか)ふる神々(かみがみ)
019朝香(あさか)比女(ひめ)御稜威(みいづ)(たた)へよ。
020八柱(やはしら)御樋代神(みひしろがみ)(なか)にして
021(すぐ)(たま)へる朝香比女神(あさかひめがみ)よ。
022朝香比女(あさかひめ)(かみ)神言(みこと)物白(ものまを)
023美味果物(うましくだもの)御酒(みき)()しませ。
024(この)(さけ)木瓜(ぼけ)にて(つく)りこの(もも)
025高光山(たかみつやま)(ほまれ)なりけり。
026(やま)(たか)清水(しみづ)とぼしき(この)(やま)
027(たふと)きものは果物(くだもの)なりけり』
028 朝香比女(あさかひめ)(かみ)はこれに(こた)へて、
029『いろいろの心尽(こころづく)しのうましもの
030(かたじけ)なみてよろこび()まむ。
031草枕(くさまくら)(たび)(かさ)ねてうるはしき
032今日(けふ)(うたげ)にあひにけらしな。
033神々(かみがみ)(きよ)(こころ)(あぢ)はひと
034(よろこ)(われ)(いただ)かむかも。
035四方(よも)(くに)見晴(みは)らすこれの聖所(すがどこ)
036(うたげ)(のぞ)(われ)(うれ)しき。
037鳥船(とりふね)のいさをによりて(とほ)(みち)
038(さか)しき(やま)(やす)()つるも』
039 大御照(おほみてらし)(かみ)(うた)ふ。
040御樋代(みひしろ)(かみ)(つか)へて朝夕(あさゆふ)
041言霊(ことたま)()れる大御照(おほみてらし)われは。
042大御照(おほみてらし)(かみ)名告(なの)りはありながら
043(こころ)のくらき(われ)(はづ)かしも。
044百日日(ももかひ)(みそぎ)(かさ)ねて(やうや)くに
045(こころ)(ひかり)()()めにけり』
046 初頭比古(うぶがみひこ)(かみ)(うた)ふ。
047(おも)ひきや高光(たかみつ)(やま)尾根(をね)(たか)
048かかる(うたげ)にわれあはむとは。
049神々(かみがみ)(こころ)づくしの御酒(みき)()ひて
050(わが)身体(からたま)(あか)らみにけり。
051身体(からたま)もみたまも(きよ)(よみがへ)
052(この)御酒(みき)御饌(みけ)(かみ)賜物(たまもの)
053豊御酒(とよみき)赤丹(あかに)()にと聞食(きこしめ)
054(いさ)(たま)へよ朝香比女(あさかひめ)(かみ)
055 朝空男(あさぞらを)(かみ)(うた)ふ。
056『はろばろと雲路(くもぢ)()けて(むか)へてし
057朝香(あさか)比女(ひめ)(ひか)(たふと)し。
058御光(みひかり)(かみ)神苑(みその)天降(あも)りましぬ
059(いま)より葭原(よしはら)(やみ)()れなむ。
060四柱(よはしら)御供(みとも)(かみ)(この)(その)
061天降(あも)りいまして御酒(みき)()しますも。
062今日(けふ)(ごと)めでたき()()なかるらむ
063御樋代神(みひしろがみ)(むか)(まつ)りて』
064 起立比古(おきたつひこ)(かみ)(うた)ふ。
065()はるかす四方(よも)国原(くにはら)天津(あまつ)()
066(かがや)きにけり(にしき)()えつつ。
067葭草(よしぐさ)水奔草(すゐほんさう)()らねども
068()()より()野辺(のべ)(にしき)よ。
069()(かく)にめでたき(こと)(かぎ)りかな
070御樋代神(みひしろがみ)二神(ふたり)いませば。
071(かむ)ばしき御酒(みき)御饌(みけ)()きて(われ)(いま)
072(よみがへ)りけり身体(からたま)みたまも』
073 国生男(くにうみを)(かみ)(うた)ふ。
074『かかる()にかかるめでたき(ためし)ありと
075(われ)(ゆめ)にも(おも)はざりしよ。
076雲路(くもぢ)()けて(むか)(まつ)りし神々(かみがみ)
077これの清殿(すがどの)にいむかひ()るかも。
078今日(けふ)よりは葭原(よしはら)国土(くに)(くま)もなく
079御樋代神(みひしろがみ)のいさをに(ひら)けむ。
080神々(かみがみ)御酒(みき)聞食(きこしめ)御饌(みけ)()
081(おも)ほてるまで(はら)ふとるまで』
082 立世比女(たつよひめ)(かみ)(うた)ふ。
083女神(めがみ)(われ)御供(みとも)(つか)へて高光(たかみつ)
084(やま)()()にのぼりけるかな。
085高光(たかみつ)(やま)聖所(すがど)(みちび)かれ
086(うづ)(なが)めに()()りにけり。
087()てしなき(とほ)広野(ひろの)見渡(みわた)せば
088(かみ)(ちから)のいみじきを(おも)ふ』
089 子心比女(こごころひめ)(かみ)(うた)ふ。
090(ふところ)御子(みこ)(いだ)ける(われ)なれど
091(ゆる)させ(たま)子心比女(こごころひめ)(かみ)を。
092(この)御子(みこ)水上(みなかみ)(やま)国津神(くにつかみ)
093(うま)御子(みこ)なりわれ(はぐ)くみつ。
094めでたかる今日(けふ)(いは)ひの狭蓆(さむしろ)
095(つか)へて(たの)女神(めがみ)(われ)も』
096 (ふたた)朝香比女(あさかひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
097朝霧比女(あさぎりひめ)(あつ)(こころ)のもてなしに
098ゐやひの言葉(ことば)(われ)なかりける。
099葭原(よしはら)国土(くに)(たから)とまゐらせむ
100火種(ひだね)(たも)(この)燧石(ひうちいし)を。
101(この)(たから)(ひと)つありせば葭原(よしはら)
102国土(くに)(きよ)まりて永久(とは)(ひら)けむ』
103 朝霧比女(あさぎりひめ)(かみ)雀踊(こをど)りしながら満面(まんめん)()みを(たた)へ、104御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
105『ありがたし国土(くに)(たから)燧石(ひうちいし)
106(われ)(たま)ふか朝香比女(あさかひめ)(かみ)
107火炎山(くわえんざん)火種(ひだね)()むと村肝(むらきも)
108(こころ)(なが)(くだ)()にけり。
109(おに)大蛇(をろち)火炎(くわえん)火口(くわこう)(まも)りつつ
110(くに)火種(ひだね)()らせざりけり。
111火炎山(くわえんざん)陥没(かんぼつ)なして(うみ)となり
112火種(ひだね)()せし(さび)しき(くに)なりき。
113朝香比女(あさかひめ)(かみ)(たま)ひし燧石(ひうちいし)
114(この)葭原(よしはら)永久(とは)(たから)ぞ』
115 (ここ)朝霧比女(あさぎりひめ)(かみ)は、116燧石(ひうち)(めぐ)まれたる(うれ)しさに、117大御照(おほみてらし)(かみ)(めい)じ、118諸々(もろもろ)神等(かみたち)(したが)へ、119(あま)鳥船(とりふね)搭乗(たうじやう)させ、120燧石(ひうち)をもちて地上(ちじやう)(くだ)らしめ、121(かぜ)(じやう)じて葭原(よしはら)()(はな)たしめ(たま)ひければ、122(をり)から()(きた)旋風(せんぷう)に、123()四方(しはう)八方(はつぱう)()(ひろ)がり、124猛獣(まうじう)毒蛇(どくじや)125水奔草(すゐほんさう)126葭草(よしぐさ)などの原野(はらの)(たちま)()(うみ)となり、127(その)壮観(さうくわん)(たと)ふるに(もの)なかりけり。
128 朝霧比女(あさぎりひめ)(かみ)は、129高光山(たかみつやま)高殿(たかどの)より(この)光景(くわうけい)をみそなはし、130御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
131朝香比女(あさかひめ)(かみ)(めぐみ)燧石(ひうちいし)
132わが国原(くにはら)はあらたまりゆく。
133炎々(えんえん)四方(よも)(ひろ)ごる野火(のび)(けむり)
134(あか)きを()れば(たの)しかりけり。
135曲鬼(まがおに)(しこ)大蛇(をろち)醜草(しこぐさ)
136真火(まひ)(ちから)(ほろ)()くかも。
137今日(けふ)よりは真火(まひ)(ちから)葭原(よしはら)
138国土(くに)(うま)しき聖所(すがど)となさむ』
139 朝香比女(あさかひめ)(かみ)(この)光景(くわうけい)()140(うれ)しげに(うた)(たま)ふ。
141(とし)()()(しげ)りたる葭原(よしはら)
142(よし)はもろくも()かれけるかな。
143濛々(もうもう)()ちたつ(けむり)()てあれば
144国土(くに)(わざはひ)()ゆる(たの)しさ』
145 ()(うた)ひ、146(たがひ)野火(のび)()(ひろ)がる光景(くわうけい)()て、147神々(かみがみ)はウオーウオーと歓声(くわんせい)をあげ(たま)ひける。
148 (ところ)数多(あまた)従神(じうしん)(のこ)()きて、149大御照(おほみてらし)(かみ)は、150(ふたた)鳥船(とりふね)()(この)()(かへ)らせ(たま)ひ、151真火(まひ)のいさをしのいやちこなる(こと)〓(うまら)委曲(つばら)奏上(そうじやう)(たま)ふ。
152葭原(よしはら)真火(まひ)(はな)てば(かぜ)()ちて
153()()醜草(しこぐさ)()()せにけり。
154醜草(しこぐさ)(なか)(ひそ)みし曲鬼(まがおに)
155(けもの)大蛇(をろち)(あつ)さに(もだ)えし。
156かくならば(たけ)(けもの)曲鬼(まがおに)
157大蛇(をろち)()まず(やす)(ひら)けむ。
158神々(かみがみ)四方(よも)(つか)はし松明(たいまつ)
159つくりて真火(まひ)(はな)たしめしはや。
160()るうちに醜草原(しこぐさはら)()()きて
161目路(めぢ)(かぎ)りは(はひ)()となりぬ』
162 朝霧比女(あさぎりひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
163『ありがたし真火(まひ)のいさをに葭原(よしはら)
164国土(くに)(あた)らしく()きて(さか)えむ。
165この燧石(ひうち)(くに)(たから)永久(とこしへ)
166()大神(おほかみ)御殿(みとの)(まつ)らむ。
167土阿(とあ)国土(くに)予讃(よさ)国原(くにはら)今日(けふ)よりは
168曲神(まがみ)のかげを(とど)めざるべし』
169 (ここ)山上(さんじやう)宴会(えんくわい)終了(しうれう)し、170朝香比女(あさかひめ)(かみ)一行(いつかう)(あつ)感謝(かんしや)()()べ、171松浦(まつうら)(みなと)まで朝空男(あさぞらを)(かみ)172国生男(くにうみを)(かみ)をして鳥船(とりふね)(あやつ)らせ、173御樋代神(みひしろがみ)一行(いつかう)(やす)(おく)りける。
174 朝香比女(あさかひめ)(かみ)は、175雲路(くもぢ)()けて半日(はんにち)のコースを()て、176安々(やすやす)松浦(まつうら)(みなと)()(たま)ひ、177御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
178(めづ)らしき(ふね)()せられ雲路(くもぢ)はるか
179(わた)りて(やす)此処(ここ)()つるも。
180御樋代(みひしろ)朝霧比女(あさぎりひめ)にわが言葉(ことば)
181(つた)(たま)へよ(やす)()きぬと』
182御樋代(みひしろ)(かみ)御言葉(みことば)まつぶさに
183朝霧比女(あさぎりひめ)(かみ)(つた)へむ』
184朝空男(あさぞらを)(かみ)は、185国生男(くにうみを)(かみ)(あと)(のこ)し、186鳥船(とりふね)()中空(ちうくう)(たか)(かへ)りける。
187 ここに朝霧比女(あさぎりひめ)(かみ)は、188朝香比女(あさかひめ)(かみ)好意(かうい)(むく)いむとして、189鳥船造(とりふねつく)りに(いさを)ある国生男(くにうみを)(かみ)御供(みとも)(つか)ふべく(つか)はし(たま)ひたるなり。
190 これより一行(いつかう)六神(ろくしん)191(こま)諸共(もろとも)御舟(みふね)(うか)びて、192西方(にしかた)国土(くに)さして()(たま)ひける。
193昭和九・七・三一 旧六・二〇 於関東別院南風閣 白石恵子謹録)