霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一二章 木田山颪(きたやまおろし)〔二〇三九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第81巻 天祥地瑞 申の巻 篇:第3篇 木田山城 よみ:きたやまじょう
章:第12章 第81巻 よみ:きたやまおろし 通し章番号:2039
口述日:1934(昭和9)年08月14日(旧07月5日) 口述場所:水明閣 筆録者:林弥生 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年12月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
チンリウ姫、乳母のアララギ、アララギの娘センリウの三人は敵城に囚われ、牢獄に入れられて互いに述懐の歌を歌って身の不孝を歎いていた。
三人はイドム国を忍び、王と王妃の行方を案じ、またサール国への恨みを歌っていた。
そこへ、エームス太子の侍従・朝月、夕月の両人が足音を忍ばせてやってきた。そして、エームス太子のチンリウ姫への思いを告げ、牢獄から出ようと思ったら、太子の思いを受け入れるよう説得をはじめた。
チンリウ姫は敵国の太子の情けを受けるくらいなら、生命を捨てた方がましだ、と憤慨した。
朝月、夕月は、姫と太子の結婚が成れば、イドム国も再興されて平和が訪れるだろう、と姫を口説くが、チンリウ姫は頑として二人の説得を拒みつづけた。
朝月、夕月はすごすごと立ち去り、こうなったら力づくで姫を従わせようか、と相談をめぐらしている。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm8112
愛善世界社版: 八幡書店版:第14輯 490頁 修補版: 校定版:254頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 アヅミ(わう)(むすめ)チンリウ(ひめ)は、002乳母(うば)のアララギ(およ)びアララギの(むすめ)センリウ(ぢよ)とともに敵城(てきじやう)(とら)はれ、003第一(だいいち)牢獄(らうごく)縄目(なはめ)(はぢ)(しの)びながら、004()をはかなみつつ(たがひ)述懐(じゆつくわい)(うた)ふ。
005 チンリウ(ひめ)(うた)
006『あぢきなき浮世(うきよ)なるかなわれは(いま)
007縄目(なはめ)(はぢ)にあひて(くる)しむ
008垂乳根(たらちね)如何(いかが)なりけむイドム(じやう)
009いづらに()きしか心許(こころもと)なや
010(おも)はざる(てき)(いくさ)()められて
011わが垂乳根(たらちね)(つゆ)()えしか
012諸々(もろもろ)家臣(いへのこ)軍人(いくさびと)あれど
013いひ甲斐(がひ)もなく(ほろ)()せけむ
014祖々(おやおや)(たま)ひし(くに)はエールスの
015暴虐(ぼうぎやく)()(うば)はれにけむ
016わが(ちから)()きて(かたき)にとらへられ
017(いま)(なみだ)(ふち)にただよふ
018(たま)()生命(いのち)もいつか(はか)られずと
019(おも)へば(かな)しき(わが)()なりけり
020如何(いか)にしてこの(くる)しみを(のが)れむと
021(かみ)(ちから)(とき)()()くる
022(のぞ)みなき(わが)()となりぬ水乃川(みなのがは)
023(つき)(した)しむ(すべ)もなければ
024(つみ)もなき人魚(にんぎよ)()りし(むく)いにて
025わが垂乳根(たらちね)国亡(くにほろ)びしか
026数百里(すひやくり)(みち)をナイトに(おく)られて
027(さむ)牢獄(ひとや)()(なげ)くなり
028天地(あめつち)(かみ)(この)()にいますならば
029(ふたた)()せよ水乃川(みなのがは)(つき)
030垂乳根(たらちね)(この)()生命(いのち)(おは)すならば
031(ゆめ)になりとも(かよ)はせ(たま)
032(のぞ)みなきわが()(おも)へば(かな)しけれ
033朝夕(あさゆふ)われは(さび)しさに()く』
034 アララギは(うた)ふ。
035姫君(ひめぎみ)(なげ)言葉(ことば)()くにつけ
036わが()置場(おきば)()きが(かな)しき
037姫君(ひめぎみ)御供(みとも)(つか)へて二十年(にじふねん)
038われは御側(みそば)(はな)れざりける
039はるばると(てき)(くに)まで(おく)られて
040(ひめ)憂目(うきめ)()るが(かな)しき
041(なさけ)(ふか)きイドムの(わう)()(わか)
042(くる)しき憂目(うきめ)敵城(てきじやう)()るも
043天地(あめつち)(かみ)(いの)りて今日(けふ)()
044わが姫君(ひめぎみ)のなやみを()らさむ
045姫君(ひめぎみ)(まも)()ながらかくの(ごと)
046憂目(うきめ)()せしわが(おろか)さよ
047姫君(ひめぎみ)(ゆる)させ(たま)何事(なにごと)
048(とき)(ちから)刃向(はむか)(すべ)()
049さりながら(こころ)(やす)けくおはしませ
050われには(ひと)つの計略(たくらみ)()ちぬ
051(わが)(むすめ)センリウも(また)(とら)はれの
052(くる)しき()ぞと(おも)へば(かな)しも
053如何(いか)にしてアヅミの(きみ)()びむかと
054(こころ)(くだ)(わが)()(かな)しさ
055水乃川(みなのがは)(みづ)無心(むしん)月光(つきかげ)
056(うか)べて(きよ)(なが)れゆくらむ
057エールスはイドムの(しろ)高殿(たかどの)
058(つき)()めつつ(さけ)()むらむ
059エールスのふるまひ(おも)へば(にく)らしし
060イドムの(くに)()もなく(うば)ひて
061エールスは()(ほこ)りたる(おも)もちに
062イドムの(しろ)横暴(はば)()るらむ
063(よこしま)(ただ)しきに()(みち)はなし
064(かなら)(ほろ)びむ(かみ)(いか)りに
065(いま)しばし縄目(なはめ)(はぢ)(しの)びつつ
066(はな)()(はる)()たせ(たま)はれ
067(かなら)ずやエールス(わう)(ほろ)ぶべし
068(みち)(そむ)ける曲業(まがわざ)なれば
069姫君(ひめぎみ)とともに牢獄(ひとや)(つな)がれて
070朝夕(あさゆふ)(うら)むはエールス(わう)なり
071わが(きみ)はいづらなるらむ()(きみ)
072御無事(ごぶじ)にますか便(たよ)()きたし
073(かりがね)便(たよ)りもがもと(ねが)へども
074(いま)(せん)なし時鳥(ほととぎす)()
075しとしとと五月雨(さみだ)るる(そら)時鳥(ほととぎす)
076()(わた)るなり一声(ひとこゑ)(おと)して
077時鳥(ほととぎす)()きつる(そら)(なが)むれば
078あやめもわかぬ五月闇(さつきやみ)なり
079姫君(ひめぎみ)はいふも(さら)なりわが(むすめ)
080われも闇夜(やみよ)時鳥(ほととぎす)なり
081(ちから)あらばこれの牢獄(ひとや)(やぶ)らむと
082(おも)へば(せん)なし(をみな)(うで)には
083(つみ)()きわが姫君(ひめぎみ)をかくの(ごと)
084牢獄(ひとや)(つな)ぐは(おに)大蛇(をろち)
085(おに)大蛇(をろち)伊猛(いたけ)(くる)()(なか)
086(かみ)(まこと)(ちから)なりける
087木田川(きたがは)(へだ)てしこれの牢獄(らうごく)
088(つな)がれし吾等(われら)(ふくろ)(ねずみ)
089(たま)()生命(いのち)(てき)(にぎ)られて
090(さび)しき(わが)()(あめ)(おと)()く』
091 センリウは(うた)ふ。
092姫君(ひめぎみ)(なげ)(うべ)なりわが(はは)
093(うら)みもうべよとわれも()くなり
094平安(へいあん)(しろ)(ほふ)りてエールスは
095悪魔(あくま)(さが)(あら)はしにけり
096悪神(あくがみ)伊猛(いたけ)(くる)()(なか)
097(おも)へど(かな)しき吾等(われら)ならずや
098如何(いか)にして今日(けふ)(うら)みを(はら)さむと
099(おも)へど(こころ)(くも)るのみなる
100(きも)(むか)(こころ)(やみ)にさまよひつ
101朝夕(あさゆふ)(かな)しく時鳥(ほととぎす)()
102姫君(ひめぎみ)生命(いのち)(たす)くるよしあらば
103われは生命(いのち)()しまざるべし
104姫君(ひめぎみ)(はは)(かは)りてわが生命(いのち)
105(ささ)げむわれは(かみ)(いの)りて
106わが生命(いのち)(かる)姫君(ひめぎみ)御生命(おんいのち)
107大山(たいざん)よりも(おも)くいませり
108イドム(こく)世継(よつぎ)といます姫君(ひめぎみ)
109今日(けふ)のなやみを(おも)へば(かな)しき
110如何(いか)にして(わが)姫君(ひめぎみ)(すく)はむと
111(あした)(ゆふ)べを(こころ)(くだ)きつ
112五月闇(さつきやみ)この牢獄(らうごく)(せま)()
113黒白(あやめ)もわかず(こころ)(くる)ふも』
114 チンリウ(ひめ)(うた)ふ。
115天地(あめつち)(かみ)はまさずや(おは)さずや
116かかる(なげ)きをみそなはさずや
117わが(ちち)雄々(をを)しくませば(かなら)ずや
118生命(いのち)(たも)ちて(ふたた)()たさむ
119わが(ちち)(かがや)きましてこの(くに)
120言向(ことむ)(やは)(たま)はむと(おも)
121わが(ちち)(いくさ)()ちなば五月闇(さつきやみ)
122()れて(ふたた)月日(つきひ)(をが)まむ
123あてもなき(のぞ)みながらも(なん)となく
124わが(たましひ)(ひか)()るなり
125(つみ)()(ちち)(くに)をば(ほろ)ぼして
126(とき)めき(わた)(まが)忌々(ゆゆ)しさ
127エールスの曲津(まがつ)(わう)天地(あめつち)
128(かみ)(ひかり)にふれて(ほろ)びむ
129天地(あめつち)(まこと)(かみ)のいますならば
130(かなら)(ちち)(たす)(たま)はむ
131(ほろ)ぶべき運命(うんめい)()つエールスの
132行末(ゆくすゑ)(おも)へば(あは)れなりけり
133(いま)われは縄目(なはめ)(はぢ)(さら)せども
134やがて(ひかり)()(あら)はれむ
135村肝(むらきも)(こころ)(おく)(なに)()らず
136われには(ひと)つの(ひかり)ありけり
137(きた)るべき()(たの)しみて今日(けふ)()
138(はぢ)となやみを(しの)びまつべし』
139 アララギは(うた)ふ。
140姫君(ひめぎみ)雄々(をを)しき御心(みこころ)()くにつけ
141わが(たましひ)(かがや)()めたり
142朝夕(あさゆふ)をなやみもだえしわが(たま)
143(ひめ)言葉(ことば)(いさ)()めたり
144(やみ)あれば(ひかり)ある()()りながら
145愚心(おろかごころ)朝夕(あさゆふ)なやみし』
146 センリウは(うた)ふ。
147姫君(ひめぎみ)御心(みこころ)()きてわれも(また)
148(こころ)(こま)(いさ)みたちけり
149われも(また)月日(つきひ)(こま)(またが)りて
150永久(とは)安所(やすど)(すす)まむと(おも)
151(とら)はれの(かな)しき()にも天地(あめつち)
152便(たよ)()くかな(かぜ)のまにまに
153身体(からたま)はよし(しば)るとも(たましひ)
154自由自在(じいうじざい)天地(てんち)()けるも
155(とら)はれの自由(じいう)()()(たましひ)
156自由(じいう)天地(てんち)()けめぐるなり』
157 かかるところへ、158朝月(あさづき)159夕月(ゆふづき)両人(りやうにん)足音(あしおと)(しの)ばせながら(しづ)かに()(きた)り、160朝月(あさづき)()(うた)ふ。
161『われこそはエームス(わう)御側(みそば)(ちか)
162(つか)ふる朝月(あさづき)夕月(ゆふづき)なるぞや
163これの()(しの)ばせ(たま)姫君(ひめぎみ)
164チンリウ(ひめ)におはしまさずや
165(しな)(たか)(よそほ)(すが)しき姫君(ひめぎみ)
166チンリウ(ひめ)(さつ)しまつりぬ
167ほの(ぐら)牢獄(ひとや)のうちになやみ(たま)
168(ひめ)をあはれみわれは()つるも
169魚心(うをごころ)あれば(かなら)水心(みづごころ)
170ありと(おぼ)せよわが(こと)()
171わが()らむ言葉(ことば)(したが)(たま)ひなば
172今日(けふ)憂目(うきめ)はさせまじものを
173(はて)しなく牢獄(ひとや)(くる)しみ(たま)ふよりも
174(はや)安所(やすど)(のぞ)(たま)はずや
175若王(わかぎみ)(ひめ)(こころ)()(たま)
176なびかせ(たま)へチンリウ(ひめ)(きみ)
177 チンリウ(ひめ)は、178朝月(あさづき)(うた)憤慨(ふんがい)しながら、179儼然(げんぜん)として(うた)ふ。
180(うら)みなき(ひと)(くに)をば(うば)ひてし
181(まが)言葉(ことば)(したが)ふべしやは
182(たま)()のよしや生命(いのち)はとらるとも
183如何(いか)(なび)かむ(まが)言葉(ことば)
184千秋(せんしう)(うらみ)(かさ)なるエールスに
185たとへ()すともまつろはざるべし
186いらざらむ()(ごと)()るないやしくも
187われはアヅミの(わう)御子(みこ)ぞや
188()(ごと)(いや)しき(つかさ)(こと)()
189(みみ)にするさへけがらはしと(おも)
190われは(いま)生命(いのち)()つる覚悟(かくご)なり
191(あだ)(こきし)にまつろふべしやは』
192 夕月(ゆふづき)(うた)ふ。
193姫君(ひめぎみ)言葉(ことば)うべよと(おも)へども
194此処(ここ)一先(ひとま)見直(みなほ)(たま)
195(たま)()生命(いのち)()すとも(およ)ぶまじ
196御身(おんみ)(ため)()(なほ)しませ
197アヅミ(わう)御子(みこ)とあれます(きみ)なれば
198われは真心(まごころ)(ささ)げて(つか)へむ
199わが若王(きみ)(きさき)となりて(さか)えませよ
200今日(けふ)のなやみは(ただ)にとけなむ』
201 チンリウ(ひめ)(うた)ふ。
202如何(いか)ほどに言葉(ことば)(つく)して(いざな)ふも
203われ承知(うけが)はじ(まが)言葉(ことば)
204エームスの王妃(わうひ)となりて(さか)ゆより
205われは牢獄(ひとや)(おに)となるべし
206(たま)()生命(いのち)()てて(おに)となり
207(ちち)のうらみを()らさむと(おも)
208わが(ちち)のなやみ(おも)へば如何(いか)にして
209(てき)王妃(わうひ)となるべきものかは
210わが(ちち)にイドムの(くに)奉還(ほうくわん)
211(しか)して(のち)にわれに(あた)れよ
212イドム(じやう)(ちち)御手(おんて)(かへ)るまでは
213(なれ)言葉(ことば)をわれ(みみ)にせじ
214(のぞ)みなきわれに言葉(ことば)をかくる(まへ)
215(ちち)御国(みくに)(かへ)しまつれよ
216わが(ちち)御許(みゆる)しあればわれとても
217王妃(わうひ)となるを(いな)まざるべし』
218 朝月(あさづき)(うた)ふ。
219姫君(ひめぎみ)御言(みこと)(かしこ)しさりながら
220(いま)暫時(しばらく)()たせ(たま)はれ
221姫君(ひめぎみ)はエームス(わう)()となりて
222和睦(わぼく)(みち)(はか)らせ(たま)
223姫君(ひめぎみ)王妃(わうひ)とならせ(たま)ひなば
224両国(りやうこく)平和(へいわ)(をさ)まるべきを』
225 チンリウ(ひめ)(うた)ふ。
226(いつは)りの(おほ)()なれば如何(いか)にしても
227(なれ)言葉(ことば)(したが)ふべしやは
228わが(ちち)御許(みゆる)しあれば何時(いつ)とても
229(なれ)(すす)めに(こた)へまつらむ
230わが(ちち)消息(せうそく)(いま)にわからねば
231エールス(わう)(うら)みこそすれ
232エールス(わう)わが(まへ)()詳細(まつぶさ)
233(ちち)消息(せうそく)(かた)れと(つた)へよ
234父母(ちちはは)(あだ)にわが()(まか)すべき
235われは(ひと)()(けもの)にあらず
236(たま)()生命(いのち)()しまぬわれなれば
237栄華(えいぐわ)(ゆめ)(のぞ)まざるべし
238ともかくもわが垂乳根(たらちね)本城(ほんじやう)
239(かへ)しまつりし()(うへ)にせよ
240われも(また)サールの(くに)には()まはまじ
241イドムの(くに)(おく)りとどけよ
242エームス(わう)われに(こひ)すと()きしより
243わが(たましひ)(くだ)けむとせり
244万斛(ばんこく)(なみだ)をのみてわれは(いま)
245これの牢獄(ひとや)父母(ふぼ)をしのぶも』
246 夕月(ゆふづき)(うた)ふ。
247姫君(ひめぎみ)(かた)(こころ)()くにつけ
248われは(なみだ)のとめどなきかな
249姫君(ひめぎみ)(ただ)しき言葉(ことば)()くよしも
250なきわれこそは(かな)しかりけり
251(たま)()生命(いのち)()しまぬ姫君(ひめぎみ)
252(かた)(こころ)(うご)かされたり
253さりながらエームス(わう)(おん)なやみ
254()らさむとしてわれは()つるも
255千秋(せんしう)(うらみ)しのびて(いま)(しば)
256エームス(わう)になびかせ(たま)
257姫君(ひめぎみ)御心(みこころ)()らぬにあらねども
258御国(みくに)(おも)ひてわれは(すす)むる
259(たま)()生命(いのち)(かぎ)りに姫君(ひめぎみ)
260()はすエームス(わう)(あは)れさ
261情心(なさけごころ)あらねば(ひと)木石(ぼくせき)
262(かは)らず(おも)ひて(なび)かせ(たま)へ』
263 チンリウ(ひめ)(うた)ふ。
264無理遣(むりやり)小暗(をぐら)牢獄(ひとや)()()めて
265(こひ)(かた)らふ不甲斐(ふがひ)なき若王(きみ)
266エームスに情心(なさけごころ)のあるならば
267なぜに(わが)()牢獄(ひとや)(くる)しむる
268第一(だいいち)にこの解決(かいけつ)をつけざれば
269われは(いな)やの(いら)へなすまじ
270わが(みみ)(けが)()てたりエームスの
271(かたき)(きみ)(こが)るると()きて』
272 朝月(あさづき)(うた)ふ。
273姫君(ひめぎみ)(こころ)(まこと)(さつ)すれど
274われは(すす)まむ(みち)さへもなし
275姫君(ひめぎみ)のやさしき言葉(ことば)()くまでは
276われは()()()らずと(おも)
277くやしさをしばし(しの)びて姫君(ひめぎみ)
278(すゑ)(ひか)りと(うべな)(たま)はれ』
279 チンリウ(ひめ)(うた)ふ。
280如何(いか)ならむ(あま)言葉(ことば)承知(うけが)はじ
281われは()すべき生命(いのち)なりせば
282エームスの(きみ)言葉(ことば)()くにつけ
283われは一入(ひとしほ)()にたくなりぬ』
284 朝月(あさづき)285夕月(ゆふづき)は、286(てこ)でも(ぼう)でも(うご)かぬチンリウ(ひめ)(つよ)(こころ)(かへ)言葉(ことば)()く、287すごすごとして()()()()り、288いろいろと相談(さうだん)結果(けつくわ)289水責(みづぜ)め、290食責(しよくぜ)め、291火責(ひぜ)めをもつて、292エームス(わう)恋心(こひごころ)(なび)かせむかと、293種々(しゆじゆ)(あさ)はかなる計画(けいくわく)をめぐらしつつありける。
294昭和九・八・一四 旧七・五 於水明閣 林弥生謹録)