霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一八章 蠑螈(いもり)(せい)〔二〇四五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第81巻 天祥地瑞 申の巻 篇:第4篇 猛獣思想 よみ:もうじゅうしそう
章:第18章 第81巻 よみ:いもりのせい 通し章番号:2045
口述日:1934(昭和9)年08月15日(旧07月6日) 口述場所:水明閣 筆録者:白石恵子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年12月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
チンリウ姫になりすましたセンリウは、母のアララギとともに並ぶもの無き権勢を木田山城に奮っていた。
あるときセンリウは、木田山城内の森林を逍遥しつつ咲き乱れる花を愛でていた。すると、後ろから突然容姿端麗な美男子が現れ、次分はエームス王子の従兄弟・セームスであると名乗った。
この美男子セームスを一目見たセンリウはすっかり心を奪われてしまった。セームスがセンリウを誘惑すると、センリウは気のある心をほのめかす歌を返した。すると不思議にも、セームスの姿は煙のように消えてしまった。
あくる日、センリウは提言して城内の菖蒲池に舟を浮かべ、半日の清遊を試みた。舟にはエームス王子、センリウ、アララギのほかは二人の侍女が乗っているのみであった。
一同が歌を歌いつつ日を過ごしていると、突然池の水が煮えくり返り、水柱がいくつも立ち昇った。舟は転倒し、エームス王子は水中に落ちたままついに姿を現すことはなかった。
先日、センリウの前に姿を現したセームスという美男子は、実はこの池の主の巨大な蠑螈の精であった。蠑螈の精はエームスを亡き者にして、センリウの夫となって城を乗っ取ろうとしていたのである。
この騒ぎの中、一同はエームス王子が水死したことに気づかず、蠑螈の精セームスはまんまとエームス王子になりすましてしまった。
センリウはこの事件以来、エームス王子の様子が何とはなしにおかしなことに気づき、そのことを問い詰めた。蠑螈の精は、自分は先日会った従兄弟のセームスであり、エームスを亡き者にして王子になりすましたのは自分の計略だと明かした。そして、センリウがチンリウ姫になりすましていることに気づいているが、お互いに偽者として夫婦となり、国を乗っ取ろうとセンリウに持ちかけた。
センリウはエームスに同意し、二人は木田山城奥深くに身を置いて、快楽にふけることとなった。国政は日に日に乱れ、ついには収集できないほどに混乱が深まって行くことになる。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm8118
愛善世界社版: 八幡書店版:第14輯 527頁 修補版: 校定版:387頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 主人(しゆじん)のチンリウ(ひめ)計略(けいりやく)(もつ)退(しりぞ)け、002(みづか)らチンリウ(ひめ)名告(なの)りてエームス(わう)(きさき)となり、003(はは)のアララギと(とも)権勢(けんせい)(なら)ぶものなく、004数多(あまた)群臣(ぐんしん)(うへ)君臨(くんりん)して、005意気(いき)揚々(やうやう)たりしチンリウ(ひめ)は、006木田山城内(きたやまじやうない)森林(しんりん)徒然(つれづれ)のまま、007彼方此方(あなたこなた)()(にほ)(はな)()めつつ逍遥(せうえう)して()る。
008(さき)(あと)(みぎ)(ひだり)(かんば)しき
009(はな)(つつ)まれ(われ)(あそ)ぶも
010回天(くわいてん)(のぞ)みを()げて(われ)(いま)
011木田山城(きたやまじやう)(はな)(にほ)ふも
012百千花(ももちばな)()けど(にほ)へど如何(いか)にして
013わが(はな)()(およ)ぶべきかは
014燕子花(かきつばた)(はな)(むらさき)(みづ)()
015(うつ)るを()れば(なつ)さりにけり
016木田山(きたやま)(しろ)(ひろ)けし山水(さんすゐ)
017景色(けしき)あつめて(きよ)真秀良場(まほらば)
018()(しろ)(はな)世人(よびと)(たた)へられ
019(われ)(たの)しく()()くるかも
020天地(あめつち)(のこ)らず吾手(わがて)()りしかと
021(おも)へば(たの)しき(わが)()なるかも
022エールスの(きみ)はイドムの(くに)にあり
023われ若王(わかぎみ)(きさき)となりぬ
024(なに)ものの制縛(せいばく)もなく()(しろ)
025(とき)じくかをると(おも)へば(たの)
026国津神(くにつかみ)のあらむ(かぎ)りを()(をさ)
027(きみ)(つか)へて御代(みよ)()らさむ
028わが(はは)(さか)しくませばチンリウ(ひめ)
029わが()となして退(やら)ひましけり
030心地(ここち)よやチンリウ(ひめ)()(しま)
031(ただよ)ひながら(ほろ)()せけむ
032かくならば()(おそ)るべきものはなし
033エームス(わう)(ちから)とたのめば
034エームス(わう)われに()ふるを(さいは)ひに
035如何(いか)なる(こと)()げざるはなし
036朝風(あさかぜ)にゆらるる百合(ゆり)(はな)()れば
037(すが)しきわれの姿(すがた)なるかな
038(あか)(しろ)(にほ)へる(はな)()(ひと)
039あふひの(はな)(たた)()にけり
040チンリウ(ひめ)(にせ)にはあれど(われ)もまた
041あふひに(にほ)(はな)にあらずや
042(ゆき)といふ()黒々(くろぐろ)(すみ)()
043(ためし)ある()(なに)(おそ)れむ
044贋物(にせもの)看破(みやぶ)りたりし朝月(あさづき)
045(きみ)威勢(ゐせい)退(やら)はれにけり
046朝月(あさづき)千里(せんり)(うみ)島ケ根(しまがね)
047(なが)され生命(いのち)()せにけむかも
048(さまた)ぐる(なに)ものもなき(われ)なれば
049(こころ)のままに()にふれまはむ
050(みづ)(にご)木田山城(きたやまじやう)司等(つかさら)
051(わが)言霊(ことたま)()もなくまつろふ
052(わが)威勢(ゐせい)()()(たか)まりゆく()れば
053智慧(ちゑ)(ちから)(あら)はれなるべし
054イドム(じやう)(なが)(つか)へしわが(きみ)
055行方(ゆくへ)はいづく最早(もはや)(かげ)なし
056わが(きみ)(ほろ)びによりて(いま)ここに
057木田山城(きたやまじやう)(はな)(にほ)ふも
058よき(こと)曲事(まがこと)いつき曲事(まがこと)
059よき(こと)いつくは(われ)()にしる
060かくならば()(おそ)るべきものはなし
061エームス(わう)(あやつ)りゆきなば』
062 ()(うた)ひながら、063(ひと)もなげに逍遥(せうえう)して()る。064(うしろ)(はう)より容姿(ようし)端麗(たんれい)なる美男子(びだんし)065すつくと(あら)はれ、
066(ひめ)(さま)のみあと(した)ひて(きた)りけり
067エームス(わう)(われ)従弟(いとこ)
068御姿(みすがた)気高(けだか)美々(びび)しさに見惚(みと)れつつ
069(こころ)(こま)()かれ()しはや
070()姿(すがた)ふと見初(みそ)めてゆ朝夕(あさゆふ)
071うつつともなく()ぎにけらしな
072(かたはら)人影(ひとかげ)なければわが(おも)
073(きみ)御前(みまへ)(にほ)はせ(まつ)らむ』
074 ()(こゑ)(にせ)のチンリウ(ひめ)(おどろ)()(かへ)れば、075エームス(わう)幾倍(いくばい)とも()れぬ美男子(びだんし)076チンリウ(ひめ)(こひ)悪魔(あくま)にとらはれ、077恍惚(くわうこつ)として(をとこ)(そば)(すす)()り、078右手(みぎて)をしつかと(にぎ)りながら、079(ほほ)(あか)らめて(うた)ふ。
080(おも)ひきやかく(うる)はしき艶人(あでびと)
081()国原(くにはら)におはしますとは
082エームスの(きみ)(つか)へし(われ)なれば
083(なれ)(こた)ふる(こと)()もなし
084さりながら(なれ)(いと)しき心根(こころね)
085われ(かたじけ)なみて(むね)にしるさむ
086かかる()()のうるはしき大丈夫(ますらを)
087いますとは(ゆめ)にも()らざりにけり
088ままならば(きみ)千歳(ちとせ)(ちぎ)りつつ
089木田山城(きたやまじやう)()みたく(おも)ふ』
090 美男(びなん)(うた)ふ。
091(われ)こそはエームス(わう)従弟(いとこ)にて
092セームスといふ(かる)きものなり
093御心(みこころ)(かな)(まつ)らば今日(けふ)よりは
094人目(ひとめ)(しの)びて千代(ちよ)(かた)らむ
095われは(いま)エームス(わう)()(しの)
096(ひめ)()ひつつ此処(ここ)(きた)りし
097()(くら)生命(いのち)(われ)()しからじ
098(きみ)()()のありと(おも)へば』
099 チンリウ(ひめ)(うた)ふ。
100(なつ)かしの(きみ)()ひてゆわが(むね)
101高鳴(たかな)()まず(おも)ほてりけり
102明日(あす)さればこの森林(しんりん)(きみ)(われ)
103千代(ちよ)(ちぎ)りを(かた)らはむかも』
104 セームスは(うた)ふ。
105『ありがたき(なさけ)言葉(ことば)()くにつけ
106(こころ)(こま)雄猛(をたけ)びやまずも』
107 ()(うた)ひつつ、108何処(いづこ)へか(けむり)(ごと)()()せにける。
109 チンリウ(ひめ)茫然(ばうぜん)として(たたず)みながら(うた)ふ。
110『いぶかしき(こと)(かぎ)りよ(うるは)しき
111(こひ)のセームス(けむり)()えたり
112エームスの(きみ)にいやまし(うるは)しき
113セームスこそはわが生命(いのち)かも』
114 ()(うた)ひながら、115しづしづと殿内(でんない)(かへ)(きた)る。
116 アララギは玄関(げんくわん)(むか)へながら、
117(なれ)(いま)いづらにありし供人(ともびと)
118つれずひとり()(あや)ふからずや
119()姿(すがた)()えぬに(われ)(おどろ)きて
120千々(ちぢ)(こころ)(くだ)きたりしよ
121明日(あす)よりは御供(みとも)をつれて()でませよ
122一人(ひとり)(あゆ)みは(あや)ふかるらむ』
123 チンリウ(ひめ)(うた)ふ。
124百花(ももばな)(きよ)きかをりに(さそ)はれて
125()らず()らずに一人(ひとり)(あそ)びぬ
126(みづ)をもてめぐれる木田山城内(きたやまじやうない)
127(おそ)るべきもの如何(いか)であるべき
128()(しろ)吾等(われら)(こころ)のままなれば
129(こころ)(やす)んじ(あそ)ぶともよし』
130 ()(うた)へる(をり)しも、131エームス(わう)(ひめ)姿(すがた)なきに(やや)()ちかまへ気味(ぎみ)なりしが、132その()(あら)はれ(きた)りて、
133(なれ)(いま)(かへ)(きた)るか(わが)(こころ)
134いたくさやぎてありけるものを
135明日(あす)よりは侍女(じぢよ)(ともな)(あそ)ぶべし
136一人(ひとり)(あゆ)みは吾意(わがい)(かな)はじ』
137 チンリウ(ひめ)微笑(ほほゑ)みながら(うた)ふ。
138(わが)(きみ)(さち)(いの)ると裏庭(うらには)
139(たたず)神言(かみごと)(まを)()たりき』
140 ()くて()()黄昏(たそがれ)(やみ)(つつ)まれ、141夫婦(ふうふ)(むつ)まじく(しん)()きけるが、142その翌日(あくるひ)はチンリウ(ひめ)提言(ていげん)として、143城内(じやうない)菖蒲池(あやめいけ)(ふね)(うか)べ、144半日(はんにち)清遊(せいいう)(こころ)むる(こと)となりぬ。
145 菖蒲池(あやめいけ)舟遊(ふなあそ)びの準備(じゆんび)(ととの)ふた。146(しか)しながら(ふね)()つても大木(たいぼく)(みき)石鑿(いしのみ)(もつ)てゑぐりたるものなりければ、147(あま)(おほ)くの(ひと)()るべき余地(よち)なく、148エームス(わう)はじめ、149チンリウ(ひめ)150アララギ()()二人(ふたり)侍女(じぢよ)のみなりける。
151 (わう)菖蒲池(あやめいけ)(みぎは)(にほ)へる(むらさき)(はな)()()やりつつ愉快(ゆくわい)げに(うた)ふ。
152菖蒲(あやめ)()()池水(いけみづ)(さを)さして
153ものいふ(はな)(あそ)(たの)しさ
154水底(みなそこ)にうつろふ(はな)(むらさき)
155()つつ(ゆか)しき舟遊(ふなあそ)びかな
156八千尋(やちひろ)(ふか)池底(ちてい)にひそむなる
157真鯉(まごひ)緋鯉(ひごひ)(おどろ)きにけむ
158()(いけ)(はじ)めて(ふね)(うか)べつつ
159(あそ)ぶは(むかし)(ためし)なきかな
160()(いけ)魔神(まがみ)()むと(むかし)より
161(つた)(きた)れど今日(けふ)(やす)けさ
162アララギの雄々(をを)しき(をみな)諸共(もろとも)
163(あそ)御舟(みふね)(たの)しかりけり』
164 アララギは(うた)ふ。
165(わが)(きみ)言葉(ことば)(たく)みさあきれたり
166アララギならでチンリウならずや
167(とし)()いし()のアララギは(はな)()
168はや()せぬればかをらひもなし』
169 エームス(わう)(うた)ふ。
170(はる)(にほ)(はな)もよけれどまた(あき)
171(はな)のかをりも()(がた)(おも)
172五月雨(さみだれ)(そら)()れにつつ燕子花(かきつばた)
173菖蒲(あやめ)(にほ)へる(すが)しき今日(けふ)なり
174チンリウの(ひめ)(よそほ)(きよ)ければ
175菖蒲(あやめ)もかきつも(はぢ)らひ(がほ)なる』
176 チンリウ(ひめ)(うた)ふ。
177『わが(きみ)言葉(ことば)(うれ)しやたのもしや
178われは生命(いのち)(ささ)げて(つか)へむ
179わが(きみ)手活(ていけ)(はな)(にほ)ひつつ
180木田山城(きたやまじやう)(かなめ)(つか)へむ』
181 ()(うた)(をり)しも、182不思議(ふしぎ)池水(いけみづ)(にはか)()えくり(かへ)り、183水柱(みづばしら)各所(かくしよ)()狂乱怒濤(きやうらんどたう)のために独木舟(まるきぶね)(たちま)顛覆(てんぷく)し、184エームス(わう)真逆様(まつさかさま)水中(すいちう)()ちたるまま(つひ)姿(すがた)(あら)はさざりける。
185 (ここ)生命(いのち)からがら、186アララギ、187チンリウ()()侍女(じぢよ)汀辺(みぎはべ)()(あが)り、188(たま)生命(いのち)をつなぎける。
189 (さき)()チンリウ(ひめ)(まへ)(あら)はれし、190セームスといふ美男(びなん)()(いけ)(ぬし)にして、191巨大(きよだい)なる蠑螈(いもり)(せい)なりけるが、192(にはか)池水(いけみづ)(をど)らせて(ふね)顛覆(てんぷく)せしめ、193(わう)生命(いのち)(うば)ひとり、194チンリウ(ひめ)(をつと)となりて()(しろ)にはばらむとする計略(たくみ)なりける。
195 これより不思議(ふしぎ)やアララギ(およ)二人(ふたり)侍女(じぢよ)は、196生命(いのち)(たす)かりたれども、197(まなこ)(くら)(のど)(ふさ)がりて何一(なにひと)()(こと)()ず、198また(かた)らふ(こと)()ずなりにける。199それ(ゆゑ)(わう)水中(すいちう)(おちい)りて溺死(できし)したる(こと)()らずに()たりしなり。
200 (ここ)蠑螈(いもり)(せい)は、201エームス(わう)となりて奥殿(おくでん)端然(たんぜん)(ひか)へ、202チンリウ(ひめ)(そば)(ちか)(はべ)らせ不義(ふぎ)快楽(けらく)(ふけ)りつつ国政(こくせい)()(つき)(みだ)れゆくこそ(あさ)ましかりける。
203 チンリウ(ひめ)は、204どこともなくエームス(わう)()たれども、205(やや)様子(やうす)(こと)なれるに不審(ふしん)(まゆ)をひそめながら(うた)ふ。
206『エームスの(きみ)池中(ちちう)(おちい)りて
207生命(いのち)()せしと(おも)ひたりしを
208エームスの(きみ)(おも)へどどこやらに
209わが()()ちぬ(ふし)のあるかも
210(さき)()(われ)(かた)りし艶人(あでびと)
211()しあらずやと(うたが)はれぬる』
212 蠑螈(いもり)(せい)(うた)ふ。
213(おろか)なりチンリウ(ひめ)(われ)こそは
214(さき)()()ひしセームスなるぞや
215(さいは)ひにエームス(わう)(ほろ)びたり
216いざやこれより(なれ)()みなむ
217(なげ)くとも()きたる(ひと)(かへ)らまじ
218(われ)にいそひて(くら)させ(たま)へ』
219 チンリウ(ひめ)(うた)ふ。
220(おも)ひきや(なれ)はセームス優男(やさをとこ)
221わがたましひを(よみがへ)らせり
222われもまたエームス(わう)にあき()たり
223(なれ)姿(すがた)見初(みそ)めてしより
224(なれ)こそは常世(とこよ)(つま)(こひ)(つま)
225生命(いのち)(ささ)げて(われ)(つか)へむ』
226 蠑螈(いもり)(せい)(うた)ふ。
227(なれ)とても(まこと)のチンリウ(ひめ)ならず
228センリウ(ひめ)贋玉(にせだま)なりけむ
229(われ)もまた(まこと)のエームス(わう)ならず
230従弟(いとこ)のセームス優男(やさをとこ)なり
231贋物(にせもの)贋物(にせもの)二人(ふたり)()(しろ)
232二世(にせ)(ちぎ)るも面白(おもしろ)からずや
233アララギは(まなこ)(うしな)(おし)となり
234わがたくらみを(さと)らであるらし
235今日(けふ)よりは(なれ)(めん)じてアララギの
236(やまひ)(いや)永久(とは)(すく)はむ』
237 チンリウ(ひめ)(うた)ふ。
238(わが)(はは)(すく)(たま)ふかありがたし
239さすがは(わが)()(きみ)なりにけり
240よき(こと)のいやつぎつぎに(かさ)なりて
241(こひ)しき(なれ)にいそひ()るかも
242どこまでもエームス(わう)となりすまし
243木田山城(きたやまじやう)(のぞ)ませ(たま)へよ』
244 蠑螈(いもり)(せい)(うた)ふ。
245()言葉(ことば)(うべ)なり(われ)はどこまでも
246エームス(わう)となりて(のぞ)まむ
247面白(おもしろ)吾世(わがよ)なるかも木田山(きたやま)
248(しろ)(あるじ)となれる(おも)へば』
249 ()くして(にせ)のチンリウ(ひめ)と、250蠑螈(いもり)(せい)化身(けしん)なる(にせ)のエームス(わう)は、251木田山城内(きたやまじやうない)奥深(おくふか)()()みて、252国政(こくせい)()(つき)(みだ)(おとろ)へ、253(つひ)には収拾(しうしふ)すべからざるに(いた)りたるこそ是非(ぜひ)なけれ。
254昭和九・八・一五 旧七・六 於水明閣 白石恵子謹録)