霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

余白歌

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第81巻 天祥地瑞 申の巻 篇:余白歌 よみ:
章:第81巻 よみ:よはくか 通し章番号:
口述日: 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年12月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm818801
愛善世界社版: 八幡書店版: 修補版: 校定版: 普及版: 初版: ページ備考:
塗炭(トタン)屋根(やね)(ゆき)のなだるる(おと)すなり
陸奥路(むつぢ)を渡る風もゆるみて〈第3章(初)〉

みちのくの風は寒しも地の上を
ましろに(つつ)(ゆき)風景(ふうけい)
         (昭和九年十二月五日)〈第3章(初)〉

みちのくの(ゆき)(うづ)もれ獅子吼(ししく)するも
非常時(ひじやうじ)日本(につぽん)(おも)へばなりけり
         (昭和九年十二月五日)〈第4章(初)〉

非常時(ひじやうじ)日本(につぽん)(すく)()かさむと
いたづきの()陸奥(むつ)(はこ)べり〈第5章(初)〉

寒風(かんぷう)(はだへ)をつむざく真夜中(まよなか)
青森駅(あをもりえき)出迎(でむか)ふまめ(ひと)〈第5章(初)〉

今日(きょう)一日(ひとひ)青森分所(あおもりぶんしょ)安居(やすゐ)して
いたづきの()(やしな)ひにけり
         (昭和九年十二月五日)〈第5章(初)〉

()くとして()ならざるなき我旅(わがたび)
陸奥路(むつぢ)(ゆき)屁古垂(ヘこた)れにけり〈第6章(初)〉

屁古垂(ヘこた)れて我止(われや)むべきや(くに)(ため)
神聖運動(しんせいうんどう)邁進(まいしん)するのみ〈第6章(初)〉

蛙等(かはずら)日比谷ケ原(ひびやがはら)(あつ)まりて
ふところ(さむ)()()つるなり
         (昭和九年十二月五日)〈第6章(初)〉

みちのくの(ゆき)()ながら我魂(わがたま)
いやますますに(ふる)()つなり〈第7章(初)〉

()(わす)(いへ)(わす)れて(くに)(ため)
(ゆき)陸奥路(むつぢ)獅子吼(ししく)するなり〈第7章(初)〉

鉄瓶(てつびん)()のたぎる(おと)()きながら
心安(こころやす)けく(まど)雪見(ゆきみ)
         (昭和九年十二月五日)〈第7章(初)〉

陸奥(みちのく)(ゆき)大野(おほの)()ちながら
満洲派遣(まんしうはけん)宣伝使(せんでんし)(おも)〈第10章(初)〉

(とし)()早近(はやちか)づきてみちのくの
大野をわたる風は(はげ)しも〈第10章(初)〉

()もすがら御代(みよ)(おも)ひて(ねむ)られず
(わが)たましひは遠近(をちこち)にとぶ
        (昭和九年十二月五日)〈第10章(初)〉

右左雪(みぎひだりゆき)(ふすま)()ぢられて
御国生(みくにい)かすと(たび)(つづ)くる〈第10章(初)〉

教子(をしヘご)文見(ふみみ)(たび)(なみだ)しぬ
(わが)みちのくの(たび)(ゆふ)べを〈第10章(初)〉

非常時(ひじやうじ)御国(みくに)(さま)をながむれば
(こころ)(こま)足掻(あが)()まずも
        (昭和九年十二月五日)〈第10章(初)〉

風の音窓に()きつつ吾はいま
天祥地瑞(てんしやうちずゐ)校正(かうせい)()〈第11章(初)〉

()きつまりたる()(なか)
師走(しはす)陸奥(むつ)(ゆき)につまれり
        (昭和九年十二月五日)〈第11章(初)〉

雪雲(ゆきぐも)四方(よも)にふさがる陸奥(みちのく)
(ひる)電燈(でんとう)(てん)じて(しよ)()〈第12章(初)〉

一足(ひとあし)戸外(こがい)()でず(ゆふ)べまで
()のいたづきを(やしな)ひにけり〈第12章(初)〉

黄昏(たそが)れて大劇場(だいげきぢやう)出席(しゆつせき)
神聖(しんせい)発会式(はつくわいしき)にて獅子吼(ししく)
        (昭和九年十二月五日)〈第13章(初)〉

今日一日(ひとひ)風はなけれど(ゆふ)されば
(さむ)()にしむみちのくの(たび)〈第14章(初)〉

やがて(いま)発会式(はつかいしき)にのぞまむと
(おも)ふもさむしいたづきの()
        (昭和九年十二月五日)〈第14章(初)〉

いたづきをこらへてしのびて寒国(かんこく)
(たび)()つなり(くに)(おも)ひて〈第15章(初)〉

一日(いちにち)猶予(ゆうよ)もならじわが(くに)
現状(げんじやう)()つつ(やす)んずべきやは〈第15章(初)〉

(みち)()はおのもおのもに真心(まこころ)
つくして御国(みくに)(ため)(うご)けり〈第15章(初)〉

(かたち)ある(たから)()てて()(ため)
(はたら)(みち)()心愛(こころめぐ)しも〈第15章(初)〉

(われ)(いま)(をしへ)(みち)()(まも)られて
この雪国(ゆきぐに)(やす)(たび)すも〈第15章(初)〉

折々(おりおり)は風のまにまに聞え来る
北海(ほくかい)(なみ)(たか)陸奥(むつ)なり
        (昭和九年十二月五日)〈第15章(初)〉

百万(ひやくまん)(てき)もおそれぬ(われ)にして
(たび)になやむは足痛(そくつう)なりけり〈第16章(初)〉

(くさ)()にすだく(むし)()()()てて
(ふゆ)(きた)りつつゆきつまりたり〈第17章(初)〉

みはるかす陸奥(むつ)大野(おほの)白雪(しらゆき)
(ほか)()るものなかりかりけり〈第17章(初)〉

天地(あめつち)(めぐ)みはふかし雪国(ゆきぐに)
今日(けふ)(あたた)かく安居(やすゐ)するかも
        (昭和九年十二月五日)〈第17章(初)〉

神聖会(しんせいくわい)運動(うんどう)(われ)たちしより
たち(あが)りたり信徒(まめひと)ことごと〈第18章(初)〉

天国(てんごく)地上(ちじやう)()てむと朝夕(あさゆふ)
かけめぐるなり(くに)遠近(をちこち)
        (昭和九年十二月五日)〈第18章(初)〉

警笛(けいてき)(おと)(きこ)ゆなり夕庭(ゆふには)
神聖発会(しんせいはつくわい)(むか)へなるらむ
        (昭和九年十二月五日)〈第19章(初)〉

青森(あをもり)発会式(はつくわいしき)壇上(だんじやう)
(あら)はれさやぐ狂神(きやうしん)ありたり〈第20章(初)〉

大本(おほもと)大神(おほかみ)()ぐに取消(とりけ)せと
(わけ)(わか)らぬ(こと)()ふなり〈第20章(初)〉

壇上(だんじやう)()(あが)りたる反対者(はんたいしや)
傍観(ばうくわん)したる昭青(せうせい)(よわ)しも〈第20章(初)〉

妨害(ばうがい)(たい)して司会者(しくわいしや)一言(いちごん)
たしなめざりしは迂潤(うくわつ)ならずや〈第20章(初)〉

政党解消(せいたうかいせう)聯盟(れんめい)支部長(しぶちやう)名告(なの)りつつ
発会式(はつくわいしき)(さまた)げむとせり〈第20章(初)〉

天地神(てんちしん)(すべ)てを大本大神(おほもとおほかみ)
奉唱(ほうしやう)せるを()らざるたは(ごと)
         (昭和九年十二月五日)〈第20章(初)〉

[この余白歌は八幡書店版霊界物語収録の余白歌を参考に作成しました]