霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三章 金剛心(こんがうしん)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 特別篇 山河草木 入蒙記 篇:第1篇 日本より奉天まで よみ:にっぽんよりほうてんまで
章:第3章 金剛心 よみ:こんごうしん 通し章番号:
口述日:1925(大正14)年08月15日(旧06月26日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年2月14日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
熱烈なる信仰と燃えるがごとき希望と抱負は、日出雄の肉体を駆ってついに大本という殻を破って脱出せざるを得ないほどになってきた。日出雄の心中の一端は、ここに蒙古入りとなって現れた。
当時日出雄は、司法の誤認によって最高五年の懲役を言い渡され、そのため大阪控訴院に控訴し、裁判中の身であった。その間、厳正なる当局の監視を受けていたのである。
この間、日出雄が大本の指揮をとるようになってから、エスペラント語を採用し、ブラバーサに普及を命じ、日支親善のために五大教道院を神戸に開き、隆光彦を主任者に任じ、蒙古の開発には真澄別を参謀長として時代進展の事業を進めていた。
蒙古入りについては、王仁蒙古入記として霊界物語六十七巻に編入した。しかしながら様々な障害のために事実を明らかにする便を得ないため、上野公園著として、別に天下に発表した。
本巻は六十七巻の代著として口述し、もっぱら内面的方面の事情を詳細に記した。そのため、文中には変名を用いたものである。読者の諒を得られんことを。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:23頁 八幡書店版:第14輯 556頁 修補版: 校定版:23頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 (きり)襄中(のうちう)にあれば(かなら)頴脱(えいだつ)し、002空気球(くうきまり)(ねつ)(くは)ふれば膨張(ばうちよう)して破裂(はれつ)せざれば()まず、003熱烈(ねつれつ)なる信仰(しんかう)()ゆるが(ごと)希望(きばう)抱負(はうふ)は、004日出雄(ひでを)肉体(にくたい)をかつて(つひ)大本(おほもと)()(から)打破(うちやぶ)つて脱出(だつしゆつ)せざるを()ざらしめた。
005 ポンプも強力(きやうりよく)なる圧迫(あつぱく)によつて(たき)(ごと)空中(くうちう)水柱(みづばしら)()て、006(あぶら)圧搾器(あつさくき)(おさ)へつけられて()()る、007(わづ)かに五尺(ごしやく)空殻(くうがい)宇宙(うちう)(われ)にあり(てき)精魂(せいこん)宿(やど)しその放出(はうしゆつ)(ふせ)ぐに苦心(くしん)すること、008ここに五十年(ごじふねん)009(やま)()けよ、010(いは)()べよ、011(てん)()となし、012()(てん)となす日出雄(ひでを)心中(しんちう)抱負(はうふ)一端(いつたん)は、013ここに蒙古入(もうこいり)となつて(あら)はれたのである。
014 明治(めいぢ)三十一年(さんじふいちねん)以来(いらい)015教養(けうやう)して()役員(やくゐん)信徒(しんと)霊性(れいせい)一々(いちいち)点検(てんけん)すれば、016愚直(ぐちよく)因循(いんじゆん)固陋(ころう)排他(はいた)誇大妄想狂(こだいまうさうきやう)罵詈讒謗(ばりざんばう)(とう)017あらゆる悪徳(あくとく)暗影(あんえい)(あら)はすのみにて、018(しん)(ゆう)なく()なく(あい)なく(しん)なし。019あゝ斯如(かくのごとく)ならば蜆貝(しじみがひ)()つて大海(だいかい)(みづ)()()し、020その()るを()つが(ごと)く、021駱駝(らくだ)(はり)(あな)(とほ)すが(ごと)く、022たとへ数万年(すうまんねん)(つひや)すと(いへど)も、023その獲得(くわくとく)する(ところ)苦労(くらう)失敗(しつぱい)とにして寸効(すんかう)なきを看破(かんぱ)した日出雄(ひでを)は、024()第一(だいいち)(かみ)(しま)(きこ)えたる筑紫島(つくしじま)(わた)りて阿蘇(あそ)噴火口(ふんくわこう)(さぐ)り、025三韓征伐(さんかんせいばつ)由緒(ゆいしよ)ある息長帯比女命(おきながたらしひめのみこと)入浴(にふよく)されしと(つた)ふる杖立(つゑたて)霊泉(れいせん)心魂(しんこん)(きよ)め、026志賀瀬川(しがせがは)清流(せいりう)(みそぎ)をなし、027(かがみ)(いけ)清泉(せいせん)(おのれ)姿(すがた)(うつ)(なが)め、028阿蘇(あそ)噴煙(ふんえん)(ごと)大気焔(だいきえん)()(なが)九州一(きうしういち)都会(とくわい)熊本城外(くまもとじやうぐわい)立帰(たちかへ)るや(いな)や、029山本権兵衛(やまもとごんべゑ)内閣(ないかく)出現(しゆつげん)030東都(とうと)大震災(だいしんさい)大火災(だいくわさい)のいたるに()ふ。031あゝ世界(せかい)改善(かいぜん)狼火(のろし)天地(てんち)神霊(しんれい)によりて()げられたり。032奮起(ふんき)すべきは(いま)なり。033重大(ぢうだい)なる天命(てんめい)()(なが)ら、034(なに)躊躇(ちうちよ)逡巡(しゆんじゆん)するか、035日本男子(やまとをのこ)生命(せいめい)何処(いづこ)にあるかと、036日出雄(ひでを)精霊(せいれい)(かれ)肉体(にくたい)叱咤(しつた)するのであつた。037日出雄(ひでを)匆々(さうさう)として従者(じゆうしや)(とも)聖地(せいち)(かへ)り、038世上(せじやう)毀誉褒貶(きよはうへん)度外(どぐわい)におき、039一切(いつさい)(とらは)れより(はな)れ、040人界(じんかい)超越(てうゑつ)して(いよいよ)神業遂行(しんげふすゐかう)(はら)をきめた。041その結果(けつくわ)042支那(しな)五大教(ごだいけう)提携(ていけい)となり、043朝鮮(てうせん)普天教(ふてんけう)との提携(ていけい)となり、044国際語(こくさいご)エスペラントの宣伝(せんでん)となり、045精神的(せいしんてき)世界統一(せかいとういつ)一歩(いつぽ)(はし)()した。046旧習(きうしふ)(とら)はれ不徹底(ふてつてい)なる信仰上(しんかうじやう)よつぱらつた役員(やくゐん)信徒(しんと)(なか)には、047(をとこ)らしくもない、048(かげ)(ひそ)んで、049ブツブツ小言(こごと)()つてゐるものも沢山(たくさん)(あら)はれた。050今迄(いままで)独断的(どくだんてき)排他的(はいたてき)気分(きぶん)(ただよ)ひ、051(たか)障壁(しやうへき)(ふか)溝渠(こうきよ)(めぐ)らしてゐた大本(おほもと)信徒(しんと)団体(だんたい)も、052(この)(とき)よりやや解放(かいはう)気分(きぶん)となり、053圏外(けんぐわい)空気(くうき)多少(たせう)吸収(きふしう)することとなつたのも、054(まつた)日出雄(ひでを)英断的(えいだんてき)行動(かうどう)によるものであつた。055開祖(かいそ)神諭(しんゆ)(いは)く、
056三千世界(さんぜんせかい)立替立直(たてかへたてなほ)し、057(あま)岩戸(いはと)(びら)き、058(かみ)(ちひ)さい(こと)(きら)ひである、059(おほ)きな(こと)(いた)(かみ)であるぞよ。060役員(やくゐん)信者(しんじや)(どう)()ゑ、061(おほ)きな(はら)()らねば到底(たうてい)(かみ)思惑(おもわく)()たぬぞよ。062サツパリ()洗替(あらひかへ)であるから、063(ちひ)さい(こと)(まう)して()つては、064いつ(まで)()(ひら)けぬぞよ。065(この)ものと(おも)ふて(かみ)(つな)かけて引寄(ひきよ)して()ても、066(こころ)(ちひ)さいから、067肝腎(かんじん)御用(ごよう)()()はぬぞよ。068(まこと)のものが三人(さんにん)あつたならば、069三千世界(さんぜんせかい)大望(たいまう)成就(じやうじゆ)いたすぞよ』
070(しめ)されてある。071あゝ偉大(ゐだい)なるかな、072高遠(かうゑん)なるかな、073(かみ)宣示(せんじ)よ。074大神(おほかみ)神示(しんじ)徹底的(てつていてき)理解(りかい)したる日出雄(ひでを)()は、075有司(いうし)誤認(ごにん)によつて極刑(きよくけい)五年(ごねん)懲役(ちようえき)()(わた)され、076大阪控訴院(おほさかこうそゐん)控訴(こうそ)し、077厳正(げんせい)なる裁判(さいばん)()け、078厳重(げんぢう)なるその(すぢ)監視(かんし)()けてゐた。079新聞(しんぶん)雑誌(ざつし)日々(ひび)銃先(つつさき)(そろ)へての大攻撃(だいこうげき)080世間(せけん)非難(ひなん)081役員(やくゐん)信者(しんじや)反抗(はんかう)離背(りはい)082(くは)ふるに財政(ざいせい)圧迫(あつぱく)083かてて(くは)へて大国賊(だいこくぞく)084乱臣賊子(らんしんぞくし)085大山師(おほやまし)086大馬鹿者(おほばかもの)087(いは)(なに)088(いは)(なに)089あらゆる悪名(あくめい)附与(ふよ)せられ天下(てんか)(みな)()(てき)たるの境涯(きやうがい)にあつた。090されど日出雄(ひでを)肉体(にくたい)(せう)なりと(いへど)091(かれ)心中(しんちう)にかかへたる天下(てんか)救済(きうさい)抱負(はうふ)信念(しんねん)()()(あた)はず、092(みづ)(おぼ)らす(あた)はず、093巨砲(きよはう)(これ)粉砕(ふんさい)()ず、094(おに)095大蛇(だいぢや)096(とら)097(くま)098唐獅子(からじし)099(こま)100数百千(すうひやくせん)攻撃(こうげき)()(かい)するに()らなかつた。101現代人(げんだいじん)より()如何(いか)なる悲運(ひうん)(ゐき)沈淪(ちんりん)するとも大困難(だいこんなん)(おちい)るとも、102その精神(せいしん)(ひるがへ)さず、103(つよ)(もの)には強敵(きやうてき)あり、104(だい)なる(うつは)には(だい)なる(かげ)のさすの見地(けんち)()ち、105(むし)(これ)壮快(さうくわい)となし天下(てんか)睥睨(へいげい)してゐた。
106 (すべ)ての人間(にんげん)には、107(いづ)れも長所(ちやうしよ)短所(たんしよ)とがある。108各人(かくじん)(おのおの)(ひと)短所(たんしよ)()(くち)(きは)めて非難(ひなん)攻撃(こうげき)し、109(わが)()()はざるを()罵詈(ばり)排斥(はいせき)するものである。110(ひと)はその面貌(めんばう)(こと)なる(ごと)愛善(あいぜん)(とく)信真(しんしん)(ひかり)もその度合(どあひ)がある。111(したが)つて智慧証覚(ちゑしようかく)優劣等差(いうれつとうさ)がある。112おのが(ちひ)さき意志(いし)(したが)はしめむとして、113(これ)()するものを善人(ぜんにん)となし、114()せざるものを悪人(あくにん)()なすのは凡人(ぼんじん)(つね)である。115大本(おほもと)役員(やくゐん)信者(しんじや)にも、116世間(せけん)御多分(ごたぶん)()れず(この)(しゆ)人物(じんぶつ)蝟集(ゐしふ)して()た。117日出雄(ひでを)各人(かくじん)特有(とくいう)長所(ちやうしよ)短所(たんしよ)知悉(ちしつ)してゐる。118(ゆゑ)にその長所(ちやうしよ)()適材(てきざい)適所(てきしよ)(もち)ゐむとした。119頑迷固陋(ぐわんめいころう)にして小心翼々(せうしんよくよく)たる凡俗的(ぼんぞくてき)役員(やくゐん)信者(しんじや)()には、120日出雄(ひでを)(ひと)(もち)ゆる(てん)(おい)(おほ)いに不平(ふへい)(もら)してゐる。121(ゆゑ)日出雄(ひでを)(ちか)(よう)(めい)ずる役員(やくゐん)一般(いつぱん)()より不正者(ふせいしや)(あるひ)悪人(あくにん)()えたのである。122乍然(しかしながら)神界(しんかい)御用(ごよう)人間(にんげん)意志(いし)(したが)ふべきものでない。123(かみ)(めい)(たま)人物(じんぶつ)こそ(かみ)御用(ごよう)をつとむるに(てき)したものである。124因襲(いんしう)情実(じやうじつ)外形的(ぐわいけいてき)行為(かうゐ)()(ひと)左右(さいう)すべきものでない、125敢然(かんぜん)として所信(しよしん)遂行(すゐかう)してこそ(はじ)めて神業(しんげふ)一端(いつたん)奉仕(ほうし)()らるるのである。
126 多数者(たすうしや)非難(ひなん)(しりぞ)け、127エス()採用(さいよう)しブラバーサを(もつ)(これ)普及(ふきふ)主任(しゆにん)(にん)日支(につし)親善(しんぜん)(くさび)たる五大教(ごだいけう)道院(だうゐん)神戸(かうべ)(ひら)き、128隆光彦(たかてるひこ)(もつ)主任者(しゆにんしや)となし、129蒙古(もうこ)開発(かいはつ)には真澄別(ますみわけ)参謀長(さんぼうちやう)となして時代(じだい)進展(しんてん)(きよ)(すす)めたのである。
130 ()蒙古入(もうこいり)()いては、131昨冬(さくとう)王仁蒙古入記(おにもうこにふき)(だい)霊界物語(れいかいものがたり)第六十七巻(だいろくじふしちくわん)編入(へんにふ)した。132乍然(しかしながら)(ひるがへ)つて(かんがへ)ふれば種々(しゆじゆ)障害(しやうがい)のため、133事実(じじつ)闡明(せんめい)するの便(べん)()ず、134不得已(やむをえず)上野公園(うへのこうゑん)(ちよ)として天下(てんか)発表(はつぺう)する(こと)としたのである。135(ゆゑ)本巻(ほんくわん)六十七巻(ろくじふしちくわん)代著(だいちよ)として口述(こうじゆつ)(もつぱ)内面的(ないめんてき)方面(はうめん)事情(じじやう)詳記(しやうき)する(かんが)へである。136文中(ぶんちう)変名(へんめい)(もち)ゐたのも(おも)(ところ)あつての(ゆゑ)である。
137 読者(どくしや)(さいはひ)(れう)せられむ(こと)を。
138大正一四・八・一五 北村隆光筆録)