霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四章 微燈(びとう)(かげ)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 特別篇 山河草木 入蒙記 篇:第1篇 日本より奉天まで よみ:にっぽんよりほうてんまで
章:第4章 微燈の影 よみ:びとうのかげ 通し章番号:
口述日:1925(大正14)年08月15日(旧06月26日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年2月14日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
大正十三年新暦二月十日は、大本の年中行事の節分祭に相当した。中国暦でいうと、正月元日に当たる。そして本年は甲子に当たり、中国暦によると、十二万年に一度循環するという稀有の日柄であった。甲子は音が「更始」に通じている。
二月五日の早朝より元朝祭を行い、各国各地より集まってきた役員信徒は、日出雄を囲んで夜のふけるまで神界の経綸談を聞いていた。やがて皆おいおい帰国の途につき、広い教主殿も洪水の引いた後のように閑寂の気が漂っていた。
午後八時ごろ、教主殿の奥の間、ランプの光がかすかな一室に、日出雄は真澄別、隆光彦、唐国別の三人と共に海外宣伝の評議を行っていた。
まず、真澄別が朝鮮普天教との提携や、北京行きの結果を総括した。朝鮮には唯夫別と共に普天教教主を訪ね、日出雄教主の来鮮と教主会談を要請された。唯夫別は普天教の役員各として残留することとなった。
また隆光彦はシナの道院との連携と、中国各地での道院訪問の様子を述べた。
日出雄は、現在は監察の身ながら一度シナ、朝鮮を旅行してその道の人々と語り合い、世界宗教統一の第一歩を踏み出してみたいと、意を現した。その際、真澄別、隆光彦両人の同道を乞うた。
日出雄は唐国別からは、奉天の水也商会という武器屋を通じたシナ事情を聞いた。すると、河南督軍の軍事顧問を務めている岡崎鉄首という者が、張作霖とのつながりを利用して、蒙古の大荒野を開拓して日本の大植民地を作りたい、そのためには宗教で人心を収攬する策が一番だが、大本の日出雄聖師にその役をお願いできないか、と打診してきた話を語りだした。
そして、盧占魁という馬賊の大巨頭が内外蒙古に勢力を保っているので、聖師と引き合わせたい、という計画を打ち明けた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:29頁 八幡書店版:第14輯 558頁 修補版: 校定版:29頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 大正(たいしやう)十三年(じふさんねん)(しん)二月(にぐわつ)四日(よつか)大本(おほもと)年中(ねんぢう)行事(ぎやうじ)(ひとつ)なる節分祭(せつぶんさい)相当(さうたう)し、002(よく)五日(いつか)旧暦(きうれき)甲子(きのえね)正月(しやうぐわつ)元日(ぐわんじつ)相当(さうたう)する吉辰(きちしん)である。003(しか)中国暦(ちうごくれき)(したが)へば二月(にぐわつ)四日(よつか)正月(しやうぐわつ)元日(ぐわんじつ)となつてゐる、004この(はう)正当(せいたう)らしい。005そして本年(ほんねん)甲子(きのえね)中国暦(ちうごくれき)によれば十二万年(じふにまんねん)只一度(ただいちど)循環(じゆんくわん)(きた)ると()稀有(けう)日柄(ひがら)であつた。006二月(にぐわつ)五日(いつか)(すなは)(きう)正月(しやうぐわつ)元日(ぐわんじつ)早朝(さうてう)より元朝祭(ぐわんてうさい)(おこな)ひ、007天地(てんち)四方(しはう)(はい)し、008聖天子(せいてんし)仁徳(じんとく)感謝(かんしや)するのを恒例(こうれい)としてゐる。009そして甲子(きのえね)(すなは)更始(かうし)国音(こくおん)相通(あひつう)じ、010百度(ひやくど)()(あらた)なる(とし)だと()はれてゐる。011この()各国(かくこく)各地(かくち)より(あつ)まり(きた)つた役員(やくゐん)信徒(しんと)元朝祭(ぐわんてうさい)()へ、012(ほとん)(ひと)(たい)障壁(しやうへき)のない日出雄(ひでを)身辺(しんぺん)を、013()()くる(まで)()りかこんで神界(しんかい)経綸談(けいりんだん)()いて()た。014(くだ)つて正月(しやうぐわつ)五日(いつか)信者(しんじや)追々(おひおひ)帰国(きこく)し、015さしもに(ひろ)教主殿(けうしゆでん)洪水(こうずゐ)のひいた(あと)のやうに閑寂(かんじやく)()(ただよ)うた。016午後(ごご)八時(はちじ)(ごろ)017教主殿(けうしゆでん)(おく)()018ランプの(ひか)(かす)かなる一室(いつしつ)金泰籃(きんたいらん)(つくゑ)をとりまいて真澄別(ますみわけ)019隆光彦(たかてるひこ)020唐国別(からくにわけ)三人(さんにん)(とも)にヒソヒソと海外(かいぐわい)宣伝(せんでん)評議(ひやうぎ)をやつてゐた。021明晃々(めいくわうくわう)たる三日月(みかづき)四尾山(よつをやま)(いただき)(しづ)んで、022何処(いづこ)ともなく膚寒(はださむ)(かぜ)裸木(はだかぎ)()(なら)んだ神苑(しんゑん)()(わた)つて()る。023唐国別(からくにわけ)(かつ)海軍(かいぐん)奉仕(ほうし)し、024その(くわん)大佐(たいさ)であつた。025日出雄(ひでを)陶器(たうき)火鉢(ひばち)()をあぶり(なが)ら、
026真澄別(ますみわけ)さん、027朝鮮(てうせん)普天教(ふてんけう)(はう)北京行(ペキンゆき)結果(けつくわ)は、028どうなりましたか()かして(もら)ひたいものですな』
029真澄別(ますみわけ)『ハイ、030御命令(ごめいれい)(いただ)きまして唯夫別(ただをわけ)(ともな)()朝鮮(てうせん)(かみ)使節(しせつ)として往来(わうらい)せる金勝玟(きんしようぶん)031田炳徳(でんへいとく)その()二三(にさん)普天教(ふてんけう)信徒(しんと)(むか)へられ、032朝鮮鉄道(てうせんてつだう)()つて大田駅(たいでんえき)につき、033ここにて普天教(ふてんけう)幹部(かんぶ)金正坤(きんしやうこん)()布教(ふけう)伝道(でんだう)(けん)につき懇々(こんこん)(だん)じ、034(きん)035(でん)二氏(にし)案内(あんない)にて井邑(せいいふ)なる同教(どうけう)本部(ほんぶ)参着(さんちやく)036教主(けうしゆ)車潤洪(しやじゆんこう)()徹夜(てつや)快談(くわいだん)(いた)しましたが、037(しや)()は、038かねて()(およ)びしに(たが)はざる立派(りつぱ)神柱(かむばしら)で、039同教(どうけう)動機(どうき)教理(けうり)(とう)は、040その活動舞台(くわつどうぶたい)朝鮮(てうせん)においた(まで)で、041(まつた)大国常立尊(おほくにとこたちのみこと)(さま)御経綸(ごけいりん)奉仕(ほうし)してゐる(ひと)ですから、042その教理(けうり)事情(じじやう)(おい)ては(いま)(あらた)めて御報告(ごはうこく)申上(まをしあ)げる(まで)もなく、043貴方(あなた)御存(ごぞん)じの(こと)(おも)ひます。044ただ(しや)()神界(しんかい)御都合(ごつがふ)により因縁上(いんねんじやう)関係(くわんけい)とでも(まを)すものか、045あつぱれ表面(へうめん)()つて社会的(しやくわいてき)活動(くわつどう)するは甲子(きのえね)(とし)同教(どうけう)神示(しんじ)(さだ)められてあるさうですが、046(これ)同時(どうじ)日出雄(ひでを)先生(せんせい)にお()にかかり御意見(ごいけん)()いた(うへ)でなくては、047公然(こうぜん)神業(しんげふ)完成(くわんせい)(むか)つて(すす)まれる(わけ)には()かない(こと)になつてゐるさうです。048その(すぢ)誤解(ごかい)俗人(ぞくじん)中傷(ちうしやう)(とう)もあつて、049朝鮮(てうせん)独立(どくりつ)陰謀団(いんぼうだん)のやうに見做(みな)され、050聖地(せいち)(ごと)数多(あまた)警官(けいくわん)()()まれ、051非常(ひじやう)迷惑(めいわく)(かん)じた経緯(いきさつ)もあり、052それ(ゆゑ)(しや)()時節(じせつ)到来(たうらい)する(まで)多数(たすう)信者(しんじや)にでも(かほ)()せないやうに、053(やま)(ふか)()()り、054世間(せけん)にかくれて神界(しんかい)経綸(けいりん)(すす)めつつあると()状態(じやうたい)でありますが、055(みぎ)次第(しだい)()(かく)当分(たうぶん)(ところ)056大本(おほもと)()普天(ふてん)()ふのも、057(おのおの)その出現地(しゆつげんち)(おい)ての(とな)へであつて畢竟(ひつきやう)同一(どういつ)(かみ)(をしへ)でありますから、058相互間(さうごかん)諒解(りやうかい)十分(じふぶん)出来(でき)たので精神的(せいしんてき)059内分的(ないぶんてき)提携(ていけい)聯合(れんがふ)して帰国(きこく)しました。060(また)北京(ペキン)では(しゆ)として大学(だいがく)教授(けうじゆ)やその()思想家(しさうか)(たち)交遊(かういう)し、061(たがひ)意見(いけん)交換(かうくわん)をなし大本(おほもと)教理(けうり)詳細(しやうさい)()べた(ところ)062彼等(かれら)非常(ひじやう)感服(かんぷく)し、063再会(さいくわい)(やく)して一旦(いつたん)(たもと)(わか)つて(かへ)りました。064五大教(ごだいけう)道院(だうゐん)065悟善社(ごぜんしや)その()宗教団体(しうけうだんたい)隆光彦(たかてるひこ)さまが交渉(かうせふ)(にん)(あた)つて()られるので、066(わたし)()をつけないで()きました。067(ただ)将来(しやうらい)参考(さんかう)()するために、068北京(ペキン)宮城(きうじやう)万寿山(まんじゆざん)ラマ(でら)(とう)興味(きようみ)(もつ)調(しら)べて(まゐ)りましたが、069(じつ)立派(りつぱ)なものでありました。070(また)唯夫別(ただをわけ)(しや)教主(けうしゆ)相談(さうだん)(うへ)普天教(ふてんけう)役員格(やくゐんかく)として姓名(せいめい)金仁沢(きんじんたく)(あらた)めて残留(ざんりう)させる(こと)(いた)し、071当分(たうぶん)(きん)()指導(しだう)のもとに朝鮮語(てうせんご)修得(しうとく)し、072交換的(かうくわんてき)にエスペラントを(をし)ふる(こと)取計(とりはか)つておきました。073(まを)しおくれましたが、074普天教々主(ふてんけうけうしゆ)(はう)から日本(にほん)(はう)(うかが)ひますのが神様(かみさま)経綸(けいりん)から()つても本意(ほんい)ですけれども、075当分(たうぶん)前陳(ぜんちん)(とほ)りの事情(じじやう)でございますから、076恐入(おそれい)りますが日出雄(ひでを)先生(せんせい)(なん)とか御都合(ごつがふ)をつけて、077一度(いちど)()しを(ねが)はれますやう、078(たの)んでは(くだ)さいませぬか。079さうせなくては表立(おもてだ)つて活動(くわつどう)するを(ゆる)されませぬですからと()つて、080鶴首(かくしゆ)して()つてゐます』
081日出雄(ひでを)自分(じぶん)一度(いちど)侍天教(じてんけう)教主(けうしゆ)宋秉駿伯(そうへいしゆんはく)大正(たいしやう)六年(ろくねん)(なつ)提携(ていけい)して以来(いらい)082()ふてゐないから機会(きくわい)()たら一度(いちど)()ふて今後(こんご)宗教的(しうけうてき)活動(くわつどう)方法(はうはふ)につき懇々(こんこん)相談(さうだん)して()たいと、083かねて(おも)つてゐた矢先(やさき)084朝鮮(てうせん)普天教(ふてんけう)提携(ていけい)出来(でき)たのを(さいは)ひ、085万障(ばんしやう)繰合(くりあは)して渡鮮(とせん)して()たいと(おも)つてゐるが、086何分(なにぶん)御承知(ごしようち)(とほ)りの()(うへ)だからその()()(いま)までグヅグヅしてゐたのだ。087乍然(しかしながら)人間(にんげん)には一日(いちにち)(いとま)()(こと)がないものだから、088(おも)ひきつて渡鮮(とせん)しようかとも(かんが)へてゐる。089支那(しな)五大教(ごだいけう)との提携(ていけい)完成(くわんせい)した(あかつき)だから、090済南母院(さいなんぼゐん)参拝(さんぱい)をかね悟善社(ごぜんしや)へも()つて()たいと(かんが)へてゐる。091(さいは)隆光彦(たかてるひこ)さんが(かへ)つて()たから同教(どうけう)内情(ないじやう)()いた(うへ)092断行(だんかう)してもいい』
093隆光彦(たかてるひこ)節分祭(せつぶんさい)をあてに倉皇(さうくわう)として支那(しな)から(かへ)つて以来(いらい)094節分祭(せつぶんさい)のため各地(かくち)信徒(しんと)来訪(らいほう)寸暇(いとま)()復命(ふくめい)をおくれてゐました。095昨冬(さくとう)十一月(じふいちぐわつ)参綾(さんりよう)した五大教(ごだいけう)代表者(だいへうしや)侯延爽(こうえんさう)()一緒(いつしよ)支那(しな)(わた)り、096()北京道院(ペキンだうゐん)(たづ)ねました。097道院(だうゐん)のすぐ(ちか)くのガーデンホテルで盛大(せいだい)歓迎会(くわんげいくわい)(ひら)いて()れ、098その(せき)(こう)()大本(おほもと)開祖様(かいそさま)(こと)から、099相共(あひとも)思想(しさう)善導(ぜんだう)大道(だいだう)相握手(あひあくしゆ)するに(いた)つた経緯(いきさつ)(かた)り、100(わたくし)(また)大本(おほもと)歴史(れきし)から聖師様(せいしさま)(こと)(かた)り、101日支(につし)親善(しんぜん)共存共栄(きようぞんきようえい)根本義(こんぽんぎ)精神的(せいしんてき)両国民(りやうこくみん)結合(けつがふ)()なければならぬと答辞(たふじ)をかねて()べておきました。102道院(だうゐん)御存(ごぞん)じの(とほ)仏教(ぶつけう)103儒教(じゆけう)104道教(だうけう)105基督教(キリストけう)106回回教(ふいふいけう)五大教(ごだいけう)統一(とういつ)親和(しんわ)(はか)るもので、107その宗旨(しうし)教義(けうぎ)(わが)大本(おほもと)全然(ぜんぜん)相似(あひに)たものでありますから、108(えう)するに(おな)()神様(かみさま)御経綸(ごけいりん)になつたものと(かんが)へます。109前国務総理(ぜんこくむそうり)たりし銭能訓(せんのうくん)()陸軍元帥(りくぐんげんすゐ)110国務総理代理(こくむそうりだいり)江朝宗(こうてうそう)()111王芝祥(わうししやう)()(とう)高官(かうくわん)(はじ)め、112(かく)方面(はうめん)人士(じんし)歓迎(くわんげい)()け、113(また)悟善総社(ごぜんそうしや)幹部(かんぶ)万教大同会(ばんけうだいどうくわい)袁華瀛(ゑんくわえい)()とも会見(くわいけん)した(ところ)114(いづ)れも(みな)是非(ぜひ)一度(いちど)聖師様(せいしさま)渡支(とし)(ねが)はれますまいか、115(さいはひ)にお(こし)(ねが)(こと)()れば道院(だうゐん)勿論(もちろん)悟善社(ごぜんしや)建物(たてもの)提供(ていきよう)()いからと()つて、116やみませぬでした。117どうか綾部(あやべ)御都合(ごつがふ)さへつきますれば、118一度(いちど)()しになれば、119(さぞ)120(みな)満足(まんぞく)される(こと)(ぞん)じます。121()ちしてゐるのは五大教(ごだいけう)(ばか)りぢやありませぬ。122済南(さいなん)123南京(ナンキン)124上海(シヤンハイ)(わたし)通過(つうくわ)した(ところ)どこも聖師(せいし)()()いて御渡支(ごとし)渇望(かつばう)して()ります。125(わたくし)(しゆ)として北京(ペキン)済南本部(さいなんほんぶ)滞在(たいざい)し、126支那(しな)五大霊山(ごだいれいざん)(いち)たる泰山(たいざん)(のぼ)り、127曲阜(きよくふ)孔子廟(こうしべう)(まう)でて帰国(きこく)(いた)しました。128北京道院(ペキンだうゐん)乩示(けいじ)によりますれば(きた)(きう)二月(にぐわつ)朔日(ついたち)神戸市外(かうべしぐわい)六甲村(ろくかふむら)開院式(かいゐんしき)(ひら)(こと)になつてゐますから、129その(まへ)聖師様(せいしさま)のお(とも)をして(ふたた)支那(しな)()()いと(おも)つてゐます』
130日出雄(ひでを)『それは非常(ひじやう)好都合(かうつがふ)だつた。131支那(しな)132朝鮮(てうせん)を、133それでは一度(いちど)旅行(りよかう)してその(みち)(おも)なる人々(ひとびと)世界(せかい)平和(へいわ)のため、134人類愛(じんるゐあい)のため、135(ふか)御神慮(ごしんりよ)のある(ところ)(かた)()ひ、136世界(せかい)宗教(しうけう)統一(とういつ)第一歩(だいいつぽ)()()すことにしよう、137その(とき)是非(ぜひ)真澄別(ますみわけ)138隆光彦(たかてるひこ)両氏(りやうし)同道(どうだう)して()しいものだ』
139真澄別(ますみわけ)普天教(ふてんけう)(はなし)もあり、140(また)(わたし)一度(いちど)道院(だうゐん)幹部連(かんぶれん)熟議(じゆくぎ)()らして()たいから是非(ぜひ)同行(どうかう)(ねが)ひませう』
141日出雄(ひでを)『これで教主輔(けうしゆほ)法学士(はふがくし)142支那語学者(しなごがくしや)三拍子(さんびやうし)(そろ)つた、143(おに)鉄棒(かなぼう)だ。144あゝ前途(ぜんと)光明(くわうみやう)(たしか)(かがや)いてゐる。145(とき)唐国別(からくにわけ)さん、146奉天(ほうてん)水也商会(みづやしやうくわい)()軍器店(ぐんきてん)()してゐられるさうですが、147支那(しな)事情(じじやう)余程(よほど)(くは)しいでせうな』
148唐国別(からくにわけ)海軍(かいぐん)退職(たいしよく)してから(なん)でも支那大陸(しなたいりく)一儲(ひとまうけ)をしようと(おも)ひ、149()上海(シヤンハイ)商館(しやうくわん)(ひら)いて()(ところ)150いろいろの事情(じじやう)があつて百万円(ひやくまんゑん)(かね)(まう)(そこな)ひ、151()もなく上海(シヤンハイ)商店(しやうてん)閉鎖(へいさ)し、152張作霖(ちやうさくりん)眤懇者(じつこんしや)(しよう)する(もの)よりすすめられ、153張作霖(ちやうさくりん)軍隊(ぐんたい)武器(ぶき)供給(きようきふ)するため奉天(ほうてん)平安通(へいあんどほ)りに水也商会(みづやしやうくわい)開設(かいせつ)する(こと)になりました。154(しか)(これ)も、155どうやら自分(じぶん)技術(ぎじゆつ)(ぬす)まれる(くらゐ)(おち)かも()れませぬ。156ついては聖師(せいし)がいよいよ渡支(とし)されるとなれば(ひと)つここに面白(おもしろ)事業(じげふ)(よこ)たはつてゐますが、157一応(いちおう)()いて(くだ)さいますまいか、158今晩(こんばん)(うかが)つたのはこの(けん)につき御意見(ごいけん)(うけたまは)()いと(おも)つたからです』
159日出雄(ひでを)(へそ)()きつて(はじ)めての海外旅行(かいぐわいりよかう)であり、160奉天市街(ほうてんしがい)日本人(にほんじん)()つてから非常(ひじやう)(ひら)けたやうに()いても()るし、161同地(どうち)支部(しぶ)へも立寄(たちよ)つて()たいとも(おも)つてゐる。162丁度(ちやうど)よい都合(つがふ)だ。163そして貴下(あなた)(はなし)()ふのは、164どう()ふことですか』
165唐国別(からくにわけ)(わたし)(この)大晦日(おほみそか)()聖師(せいし)()いて(いただ)いた、
 
166 日地月(につちげつ)(あは)せて(つく)串団子(くしだんご)(ほし)胡麻(ごま)かけ(くら)王仁口(わにぐち)
 
167()半折(はんせつ)(しよ)表装(へうさう)して商会(しやうくわい)(とこ)()にかけておいた(ところ)168河南督軍(かなんとくぐん)趙倜(てうてき)軍事(ぐんじ)顧問(こもん)をつとめてゐた岡崎(をかざき)鉄首(てつしゆ)()日本人(にほんじん)がやつて()て、169その掛物(かけもの)()をつけ、170大変(たいへん)(よろこ)び、171こんな(おほ)きな(こと)()(ひと)はよほど(かは)つてゐる。172この(うた)大変(たいへん)()()つた。173(いま)(わたし)張作霖(ちやうさくりん)内意(ないい)裕東印刷所(ゆうとういんさつじよ)開設(かいせつ)しその技師長(ぎしちやう)となつて(つと)めてゐるが、174印刷所(いんさつじよ)開設(かいせつ)された動機(どうき)は、175(じつ)注意深(ちういぶか)()にも蒟蒻(こんにやく)にも()かない張作霖(ちやうさくりん)大秘密(だいひみつ)(ぞく)するもので、176やがて雪解(ゆきど)けともなれば奉直戦(ほうちよくせん)(ふたた)(おこ)形勢(けいせい)だから、177その(とき)必要(ひつえう)なる軍票(ぐんぺう)三千万円(さんぜんまんゑん)ばかり印刷(いんさつ)するためです。178(しか)吾々(われわれ)奉直戦(ほうちよくせん)などは如何(どう)でもいいです。179日本(にほん)国威(こくい)(あが)満蒙(まんもう)流浪(るらう)してゐる不逞鮮人(ふていせんじん)安気(あんき)生活(せいくわつ)させてやりさへすればいいのです。180犬養先生(いぬかひせんせい)頭山先生(とうやませんせい)181内田先生(うちだせんせい)182末永節(すゑながせつ)その()名士連(めいしれん)(はか)肇国会(てうこくくわい)()高麗国(かうらいこく)建設(けんせつ)(はか)り、183末永(すゑなが)東京(とうきやう)方面(はうめん)での事務(じむ)をとり、184(わたし)満州(まんしう)(わた)つて内密(ないみつ)にその準備(じゆんび)をやつてゐるのです。185(この)(さい)蒙古(もうこ)大広野(だいくわうや)開拓(かいたく)日本(につぽん)大植民地(だいしよくみんち)(つく)つたら国家(こくか)(ため)になるだらうと(おも)ひます。186こんな大事業(だいじげふ)吾々(われわれ)凡夫(ぼんぷ)何程(なにほど)よつても到底(たうてい)着手(ちやくしゆ)することも出来(でき)ない。187そして(もつと)人心(じんしん)収攪(しうらん)するものは宗教(しうけう)より(ほか)ないと(かんが)へ、188内地(ないち)既成宗教家(きせいしうけうか)(かしら)()いたが、189何奴(どいつ)此奴(こいつ)口先(くちさき)ばかりで実行(じつかう)する勇気(ゆうき)のない糞坊主(くそばうず)(にせ)キリストばかりだ。190大谷(おほたに)光瑞(くわうずゐ)でも内地(ないち)では豪僧(がうそう)のやうに()はれてゐるが、191南洋(なんやう)()つては失敗(しつぱい)し、192印度(いんど)からは追払(おひはら)はれ、193本願寺(ほんぐわんじ)追出(おひだ)され、194(ふね)(つく)つて天津(てんしん)上海(シヤンハイ)(あひだ)往復(わうふく)してゐるが、195それも在留(ざいりう)日本人(につぽんじん)一部(いちぶ)信用(しんよう)(たも)つて()(だけ)で、196評判(ひやうばん)(ほど)(こと)もない(あは)至極(しごく)状態(じやうたい)です。197どうです唐国別(からくにわけ)さま、198貴下(あなた)大本信徒(おほもとしんと)一人(ひとり)でもあり幹部(かんぶ)(かた)でもあるやうですから、199(わたし)意図(いと)日出雄(ひでを)聖師(せいし)()つて相談(さうだん)しては()れませぬか(とう)と、200いろいろの面白(おもしろ)計画(けいくわく)(はな)しました。201さて聖師様(せいしさま)202()(かく)今度(こんど)渡支(とし)されたら水也商会(みづやしやうくわい)立寄(たちよ)つて鉄首(てつしゆ)()つて(もら)へますまいか』
203日出雄(ひでを)『ヤア()(かく)鉄首(てつしゆ)面白(おもしろ)(こと)()(をとこ)だ。204自分(じぶん)(じつ)紅卍字会(こうまんじくわい)()くとはホンのつけたりだ。205広袤千里(くわうぼうせんり)(つら)なる蒙古(もうこ)大原野(だいげんや)一大王国(いちだいわうこく)建設(けんせつ)()いと(おも)つてゐるのだ。206乍然(しかしながら)表面(へうめん)紅卍字会(こうまんじくわい)207普天教行(ふてんけうゆき)としておかう』
208唐国別(からくにわけ)鉄首(てつしゆ)(いま)のお言葉(ことば)()いたら(よろこ)ぶでせう。209蒙古(もうこ)大原野(だいげんや)新王国(しんわうこく)建設(けんせつ)するについては、210(いま)から十年(じふねん)以前(いぜん)七万(しちまん)精兵(せいへい)をつれて内外蒙古(ないぐわいもうこ)進出(しんしゆつ)し、211庫倫(クーロン)をついて一時(いちじ)驍名(げうめい)()せた盧占魁(ろせんくわい)()大英雄(だいえいゆう)一度(いちど)聖師(せいし)会見(くわいけん)し、212意見(いけん)()ふたら天下(てんか)のために大活動(だいくわつどう)をやつて(もら)()いものだと渇望(かつばう)してゐます。213大神(おほかみ)御経綸(ごけいりん)一端(いつたん)実行(じつかう)するには(じつ)絶好(ぜつかう)機会(きくわい)(おも)ひますが、214聖師(せいし)のお(かんが)へは如何(いかが)でせうかな』
215日出雄(ひでを)盧占魁(ろせんくわい)蒙古(もうこ)英雄(えいゆう)216馬賊(ばぞく)大巨頭(だいきよとう)()(こと)世間(せけん)周知(しうち)事実(じじつ)だ。217乍然(しかしながら)大本(おほもと)教主輔(けうしゆほ)218しかも無抵抗主義(むていかうしゆぎ)標榜(ひやうばう)して万有愛(ばんいうあい)実行(じつかう)天下(てんか)(しめ)さむとする自分(じぶん)としては、219馬賊(ばぞく)大巨頭(だいきよとう)提携(ていけい)するのは(かんが)(もの)だと(おも)ふ。220小胆(せうたん)なる大本信者(おほもとしんじや)誤解(ごかい)()け、221教団(けうだん)破壊者(はくわいしや)(にら)まれるかも()れない。222なるべくはそんな危険(きけん)方法(はうはふ)()らずに精神(せいしん)方面(はうめん)のみでやつて()ようと(おも)ふ。223第一(だいいち)馬賊(ばぞく)()()大変(たいへん)面白(おもしろ)くない(かん)じを(あた)へるぢやないか』
224大正一四・八・一五 北村隆光筆録)