霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第七章 奉天(ほうてん)(ゆふべ)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 特別篇 山河草木 入蒙記 篇:第1篇 日本より奉天まで よみ:にっぽんよりほうてんまで
章:第7章 入蒙記 よみ:ほうてんのゆうべ 通し章番号:
口述日:1925(大正14)年08月15日(旧06月26日) 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年2月14日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
日出雄は真澄別とただ二人、二月十三日午前三時二十八分の綾部発列車の車上の人となった。見送りは湯浅研三、奥村某のただ二人のみであった。
亀岡で名田彦、守高の両人が合流し、四人連れとなって京都に着いた。ここで唐国別と合流し、西行き列車に乗り込んだ。
十三日午後八時、関釜連絡線に登場した。十四日の午前八時、釜山に上陸し、十時発の朝鮮鉄道にて奉天に向かった。
二月十五日午後六時三十分、奉天平安通りの水也商会に入った。そこでは先発していた隆光彦をはじめ、萩原敏明、岡崎鉄首、佐々木弥市、大倉伍一ら水也商会の店員が迎え出た。
岡崎鉄首はとうとうと、中国を押さえるためには蒙古に進出する以外にない、と自説を開陳した。そして、何とか日出雄を盧占魁に同道させて蒙古に展開させようとした。
日出雄は蒙古入りの意思を一同に明らかにし、盧占魁との面会に同意した。その夜の八時半に二台の自動車を連ねて奉天郊外の盧占魁公館へ乗りつけた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rmnm07
愛善世界社版:57頁 八幡書店版:第14輯 569頁 修補版: 校定版:58頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 東魚(とうぎよ)(きた)つて西海(せいかい)()む。002()西天(せいてん)(ぼつ)すること三百七十余日(さんびやくしちじふよじつ)003西鳥(せいてう)(きた)りて東魚(とうぎよ)()む。
004 (みぎ)言葉(ことば)は、005聖徳太子(しやうとくたいし)当初(たうしよ)百王治天(ひやくわうぢてん)安危(あんき)鑒考(かんかう)されて()日本一州(につぽんいつしう)未来記(みらいき)()きおかれたのだと(しよう)せられ、006我国(わがくに)古来(こらい)聖哲(せいてつ)千古(せんこ)疑問(ぎもん)として(この)解決(かいけつ)(くるし)みて()たのである。007日出雄(ひでを)(みぎ)言葉(ことば)(たい)し、008(わが)国家(こくか)前途(ぜんと)(よこ)たはれる或物(あるもの)(みと)めて、009(これ)対応策(たいおうさく)(かう)ぜねばならぬことを(ふか)(おもんぱか)つた。
010 (かれ)真澄別(ますみわけ)(ただ)二人(ふたり)011二月(にぐわつ)十三日(じふさんにち)午前(ごぜん)三時(さんじ)二十八分(にじふはちふん)聖地発(せいちはつ)列車上(れつしやじやう)(ひと)となつた。012(えき)見送(みおく)るものは湯浅(ゆあさ)研三(けんざう)013奥村(おくむら)(ぼう)二人(ふたり)のみであつた。014いつも(かれ)旅行(りよかう)には大本(おほもと)役員(やくゐん)信徒(しんと)数十人(すうじふにん)(あるひ)数百人(すうひやくにん)(おく)(むか)へのあるのを(つね)として()た。015(しか)るに(この)()(ただ)二人(ふたり)信徒(しんと)(おく)られて()つた(こと)は、016(この)計画(けいくわく)暫時(ざんじ)()()れむ(こと)躊躇(ちうちよ)したからであらう。017列車(れつしや)容赦(ようしや)なく亀岡駅(かめをかえき)()いた。018前日(ぜんじつ)から亀岡(かめをか)大道場(だいだうぢやう)瑞祥閣(ずゐしやうかく)出張(しゆつちやう)諸般(しよはん)準備(じゆんび)調(ととの)へて()名田彦(なだひこ)019守高(もりたか)両氏(りやうし)は、020此処(ここ)搭乗(たふじよう)して同行(どうかう)四人(よにん)相携(あひたづさ)へて京都駅(きやうとえき)()いた。021(しか)して米倉(よねくら)嘉兵衛(かへゑ)022米倉(よねくら)範治(はんぢ)列車(れつしや)乗込(のりこ)んで()た。023京都駅(きやうとえき)()いて朝飯(あさはん)(きつ)し、024吹雪(ふぶき)(さら)されて一時間(いちじかん)(あま)西行(にしゆき)列車(れつしや)()つた。025(ここ)には唐国別(からくにわけ)夫妻(ふさい)先着(せんちやく)して()た。026(かく)望遠鏡(ばうゑんきやう)一個宛(いつこづつ)携帯(けいたい)し、027手荷物(てにもつ)(だい)トランクに(をさ)め、028(ここ)一行(いつかう)五人(ごにん)唐国別(からくにわけ)夫人(ふじん)や、029米倉(よねくら)嘉兵衛(かへゑ)030範治(はんぢ)(たもと)(わか)ち、031汽笛(きてき)(こゑ)(いさ)ましく西下(せいか)する(こと)となつた。
032 十三日(じふさんにち)午後(ごご)八時(はちじ)関釜連絡船(くわんぷれんらくせん)昌慶丸(しやうけいまる)搭乗(たふじよう)した。033天地(てんち)神明(しんめい)はこの一行(いつかう)壮図(さうと)擁護(えうご)するものの(ごと)く、034関釜間(くわんぷかん)航海(かうかい)(きは)めて平穏(へいおん)であつた。035(よく)十四日(じふよつか)午前(ごぜん)八時(はちじ)釜山港(ふざんかう)無事(ぶじ)上陸(じやうりく)し、036十時(じふじ)(はつ)朝鮮鉄道(てうせんてつだう)一等室(いつとうしつ)(をさ)まりかへつて奉天(ほうてん)(むか)(こと)となつた。037車中(しやちう)には本荘少将(ほんじやうせうしやう)(およ)日出雄(ひでを)038真澄別(ますみわけ)039唐国別(からくにわけ)三人(さんにん)であつた。040(しか)して名田彦(なだひこ)041守高(もりたか)両人(りやうにん)二等室(にとうしつ)(きやく)となつた。042二月(にぐわつ)十五日(じふごにち)安東県(あんとうけん)税関(ぜいくわん)無事(ぶじ)通過(つうくわ)して、043午後(ごご)六時(ろくじ)三十分(さんじつぷん)奉天(ほうてん)平安通(へいあんどほ)りの水也商会(みづやしやうくわい)()(こと)()た。044(かれ)車中(しやちう)()ける和歌(わか)一二首(いちにしゆ)紹介(せうかい)する。
 
045 蓬来(ほうらい)(しま)をやうやく立出(たちい)でて()なれぬ(くに)(たび)をなすかな
 
046 水也商会(みづやしやうくわい)到着(たうちやく)すると、047先着(せんちやく)隆光彦(たかてるひこ)048萩原(はぎはら)敏明(びんめい)(およ)数名(すうめい)店員(てんゐん)停車場(ていしやぢやう)出迎(でむか)へた。049待設(まちまう)けて()満州浪人(まんしうらうにん)岡崎(をかざき)鉄首(てつしゆ)佐々木(ささき)弥市(やいち)050大倉(おほくら)伍一(ごいち)三名(さんめい)と、051揚萃廷(やうすゐてい)()(ひと)(たづ)ねて()た。052三人(さんにん)日出雄(ひでを)(たい)し、053()(はつ)対面(たいめん)挨拶(あいさつ)()はり、054十年(じふねん)知己(ちき)(ごと)()()けた態度(たいど)にて、055満蒙(まんもう)現状(げんじやう)や、056肇国会(てうこくくわい)主意(しゆい)蒙古(もうこ)事情(じじやう)などを滔々(たうたう)(べん)()てたのである。
057岡崎(をかざき)(わたし)日露戦争(にちろせんそう)従軍(じゆうぐん)したきり支那(しな)(とど)まつて、058第一革命(だいいちかくめい)から引続(ひきつづ)東亜(とうあ)(ため)に、059革命(かくめい)事業(じげふ)にのみ熱中(ねつちゆう)して()(もの)です。060(しか)支那人(しなじん)個人(こじん)としては生活(せいくわつ)して()くだけの(ちから)()つて()るが、061国家(こくか)とか国体(こくたい)とかとして生存(せいぞん)する資質(ししつ)(そな)はつて()りませぬ。062それ(ゆゑ)幾度(いくど)革命(かくめい)()つても、063骨折損(ほねをりぞん)疲労儲(くたびれまう)けとなつて(しま)ひ、064実効(じつかう)(をさ)むる(こと)出来(でき)ないのであります。065支那(しな)()(くに)(あたま)から日本(につぽん)馬鹿(ばか)にして()る、066さうして自分(じぶん)利益(りえき)のある事業(じげふ)()れば(のど)()らして()びつくが、067(その)利益(りえき)相反(あひはん)する場合(ばあひ)義理(ぎり)人情(にんじやう)()てて()(はな)()つて(しま)ひます。068(しか)しながら日本(につぽん)支那(しな)唇歯輔車(しんしほしや)関係(くわんけい)があり、069()うしても(たがひ)()(たづさ)へて国運(こくうん)発展(はつてん)(はか)らねばならないのです。070日本(につぽん)為政者(ゐせいしや)(なか)では日支親善(につししんぜん)とか、071共存共栄(きようぞんきようえい)とか種々(しゆじゆ)支那(しな)御機嫌取(ごきげんと)りの文句(もんく)(なら)べて()るものがありますが、072支那人(しなじん)(かへ)つて(この)言葉(ことば)(たい)嫌忌(けんき)(じやう)(いだ)()侮辱(ぶじよく)するやうな傾向(けいかう)()つて()ります。073()うしても支那人(しなじん)()()まし、074日本(につぽん)相提携(あひていけい)して()かねばならぬと()理由(りいう)徹底的(てつていてき)(さと)らしむるには、075普通(ふつう)計画(けいくわく)では駄目(だめ)です。076東三省(とうさんしやう)張作霖(ちやうさくりん)だつて、077直隷(ちよくれい)呉佩孚(ごはいふ)だつて、078(おもて)親日派(しんにちは)標榜(へうばう)して()るが、079(その)内心(ないしん)(けつ)して()うではない、080政治上(せいぢじやう)便宜(べんぎ)(ため)(ある)時機(じき)(まで)親日(しんにち)(よそほ)ふて()るのです。081(げん)張作霖(ちやうさくりん)顧問(こもん)となつて()日本人(につぽんじん)沢山(たくさん)ありますが、082肝腎(かんじん)相談事(さうだんごと)日本人(につぽんじん)以外(いぐわい)顧問(こもん)密議(みつぎ)し、083義理一遍(ぎりいつぺん)報告(はうこく)日本(につぽん)顧問(こもん)にする(くらゐ)のものであります。084(これ)()ても(しやく)(さは)るのは支那(しな)日本(につぽん)(たい)する()(かた)であります。
085 それだから支那人(しなじん)心底(しんてい)より(わが)帝国(ていこく)()らしむるには、086(かれ)(もつと)難治(なんぢ)として()蒙古(もうこ)(おい)一大(いちだい)新王国(しんわうこく)建設(けんせつ)日本(につぽん)威力(ゐりよく)(あら)はしてからでなくては、087何時(いつ)までかかつても支那(しな)日本(につぽん)信頼(しんらい)しないだらうと(おも)ひます。
088 それ(ゆゑ)自分等(じぶんら)犬養先生(いぬがひせんせい)や、089頭山先生(とうやませんせい)090内田先生(うちだせんせい)091末永(すゑなが)(せつ)(とう)国士(こくし)(はか)つて、092肇国会(てうこくくわい)なるものを創立(さうりつ)し、093肇国会(てうこくくわい)徽章(きしやう)二十万個(にじふまんこ)(ばか)朝鮮(てうせん)094満州(まんしう)095西比利亜(シベリア)方面(はうめん)にバラ()いて(おほい)画策(くわくさく)して()るのです。096大体(だいたい)日本政府(につぽんせいふ)(こと)外務省(ぐわいむしやう)(こし)(よわ)いものだから、097到底(とうてい)吾々(われわれ)計画(けいくわく)成功(せいこう)しない。098そこで()うしても東亜(とうあ)聯盟(れんめい)(はか)るには蒙古(もうこ)根拠(こんきよ)()かねばならぬ。099蒙古(もうこ)(もつと)(ふる)(くに)喇嘛教(らまけう)(さか)んな土地(とち)です。100()して蒙古人(もうこじん)支那人(しなじん)露西亜人(ろしあじん)非常(ひじやう)(きら)つて()る。101彼等(かれら)日本人(につぽんじん)()うかして完全(くわんぜん)提携(ていけい)をなし、102(ほと)んど亡国(ばうこく)(ひん)せる蒙古(もうこ)再興(さいこう)せむと焦慮(せうりよ)して()るのです。103吾々(われわれ)満州浪人(まんしうらうにん)生命(せいめい)とする(ところ)は、104蒙古(もうこ)大平野(だいへいや)新王国(しんわうこく)建設(けんせつ)するにあるのです。105慓悍(へうかん)なる蒙古人(もうこじん)心服(しんぷく)させるには()うしても宗教(しうけう)()くては駄目(だめ)です。106()うか先生(せんせい)済南(さいなん)()きも結構(けつこう)でせうが、107それは(あと)(まは)して()(かく)蒙古(もうこ)一部(いちぶ)なりとも探検(たんけん)して(もら)(わけ)には()きますまいか。108(けつ)して(これ)一個人(いつこじん)()めではない、109(わが)同胞(どうはう)一般(いつぱん)安全(あんぜん)()め、110東亜(とうあ)民衆(みんしう)()めですから』
111日出雄(ひでを)『お(せつ)(うけたま)はつて(わたし)益々(ますます)入蒙(にふもう)決心(けつしん)(かた)まつたやうです。112(しか)(なが)五大教(ごだいけう)道院(だうゐん)紅卍字会(こうまんじくわい)や、113悟善社(ごぜんしや)から(むか)ひに()()ますので、114隆光彦(たかてるひこ)さんに一歩先(ひとあしさき)()つて(もら)ひ、115準備(じゆんび)(ととの)つた(うへ)()北京(ペキン)済南(さいなん)出張(しゆつちやう)したいのです。116()して()うしても神戸道院(かうべどうゐん)開院式(かいゐんしき)には(かへ)らなくてはなりませぬ。117(わづ)半月(はんつき)(ばか)りの(あひだ)蒙古(もうこ)にも()き、118北京(ペキン)119済南(さいなん)にも()くと()(こと)到底(たうてい)出来(でき)ますまい。120今回(こんくわい)蒙古(もうこ)のお(はなし)()いただけに()めておいて、121最初(さいしよ)目的(もくてき)たる北京(ペキン)122済南(さいなん)旅行(りよかう)したいと(おも)います』
123隆光彦(たかてるひこ)先生(せんせい)124是非(ぜひ)北京(ペキン)済南(さいなん)(かた)から片附(かたづ)けて(もら)ひたいものです。125侯延爽(こうえんさう)先生(せんせい)のお(いで)になる(こと)を、126前以(まへもつ)発電(はつでん)しておきました、127此処(ここ)貴方(あなた)()()がし蒙古(もうこ)にやつては、128紅卍字会(こうまんじくわい)諸氏(しよし)(たい)(わたくし)(かほ)()ちませぬから、129蒙古(もうこ)(あと)(まは)して(もら)ひたいものです。130道院(だうゐん)開院式(かいゐんしき)には先生(せんせい)(かへ)つて()られねば遠近(ゑんきん)信者(しんじや)非常(ひじやう)(ちから)(おと)しますから』
131日出雄(ひでを)『それもさうだな。132乩示(けいじ)によつて神戸道院(かうべだうゐん)責任統掌(せきにんとうしやう)(にん)ぜられて()るのだから、133此方(こつち)(あと)にする(こと)出来(でき)ないだらう』
134岡崎(をかざき)『それもさうでせうが、135北村(きたむら)さまは副統掌(ふくとうしやう)ぢやありませぬか、136統掌(とうしやう)差支(さしつかへ)のあつた(とき)事務(じむ)代弁(だいべん)するための副統掌(ふくとうしやう)でせう。137国家(こくか)一大事(いちだいじ)には()へられますまい、138まげて蒙古入(もうこいり)(ねが)ひたいのです。139そして蒙古(もうこ)英雄(えいゆう)140馬賊(ばぞく)大頭目(だいとうもく)たる盧占魁(ろせんくわい)が、141もう(すで)(すで)先生(せんせい)のお(いで)()つて()ますから、142是非(ぜひ)(とも)今晩(こんばん)(うち)面会(めんくわい)して(いただ)きたいものです。143此処(ここ)()られる揚萃廷(やうすいてい)()(もと)某県(ぼうけん)知事(ちじ)(つと)めて()(ひと)で、144(いま)某新聞記者(ぼうしんぶんきしや)です。145(この)(ひと)盧占魁(ろせんくわい)代理(だいり)として()えたのですから、146()()(こころ)()()つて()げて入蒙(にふもう)して(いただ)きたいものです』
147日出雄(ひでを)()蒙古(もうこ)英雄(えいゆう)だと()(こと)()ねて()いて()ますが、148満蒙(まんもう)()ける()勢力(せいりよく)()んなものでせうか』
149岡崎(をかざき)()位置(ゐち)日本人(につぽんじん)()へば伊藤(いとう)博文(はくぶん)(やう)名望家(めいばうか)です。150そして蒙古(もうこ)王族(わうぞく)や、151住民(ぢゆうみん)や、152馬賊(ばぞく)などは盧占魁(ろせんくわい)救世主(きうせいしゆ)(ごと)尊敬(そんけい)して()ます。153子供(こども)()いた(とき)154()()ると()へば子供(こども)()きやむと()(ごと)勢力(せいりよく)で、155沢山(たくさん)部下(ぶか)(いう)し、156(その)部下(ぶか)()()めには(ひと)つよりない(いのち)()てても(かま)はないと()(くらゐ)ですから、157(かれ)をお使(つか)ひになつて、158マホメツト(しき)蒙古(もうこ)大本王国(おほもとわうこく)建設(けんせつ)し、159帝国(ていこく)新植民地(しんしよくみんち)(ひら)(こと)努力(どりよく)せられたならば屹度(きつと)成功(せいこう)するでせう。160肇国会(てうこくくわい)(おい)ても(この)事業(じげふ)()いては全力(ぜんりよく)傾注(けいちう)して()ますが、161何分(なにぶん)中堅(ちうけん)となつて蒙古(もうこ)進出(しんしゆつ)する人物(じんぶつ)()いので(こま)つて()るのです』
162日出雄(ひでを)(わたし)(たん)なる宗教家(しうけうか)であつて政治(せいぢ)(うと)く、163()軍隊(ぐんたい)(くわん)する知識(ちしき)はゼロですから駄目(だめ)だらうと(おも)ひます』
164岡崎(をかざき)先生(せんせい)そんな御心配(ごしんぱい)はいりますまい。165(なん)()つても数万(すうまん)部下(ぶか)(いう)する蒙古(もうこ)英雄(えいゆう)(した)がへて()くのですから、166屹度(きつと)目的(もくてき)成就(じやうじゆ)するでせう。167()大庫倫(だいクウロン)根拠(こんきよ)とし新彊(しんきやう)()()赤軍(せきぐん)言向(ことむ)()はすには、168盧占魁(ろせんくわい)(ぐらゐ)適当(てきたう)人物(じんぶつ)はありますまい。169ナア佐々木(ささき)170大倉(おほくら)171さうぢやないか』
172二人(ふたり)満州浪人(まんしうらうにん)(かへり)みた。
173 佐々木(ささき)174大倉(おほくら)両人(りやうにん)は、
175成程(なるほど)(きみ)()(とほ)りだ。176是非(ぜひ)(とも)先生(せんせい)盧占魁(ろせんくわい)との提携(ていけい)(ねが)ひたいものだ。177世間(せけん)(やつ)吾々(われわれ)先生(せんせい)(とも)行動(かうどう)するのを()て、178満州浪人(まんしうらうにん)(また)日本(につぽん)宗教家(しうけうか)喰物(くひもの)にしよると()連中(れんぢう)があるかも()れないが、179吾々(われわれ)(けつ)して左様(さやう)人物(じんぶつ)ではありませぬ。180其処等(そこら)にゴロついて()満州(まんしう)ゴロとは(すこ)(ちが)つた(かんが)へを()つて()ます。181()うか岡崎(をかざき)(せつ)賛成(さんせい)して(もら)へますまいか』
182 日出雄(ひでを)(しばら)(かんが)へた(のち)183(おもて)(かがや)かし(なが)ら、
184(じつ)(わたし)日本(につぽん)官憲(くわんけん)有識階級(いうしきかいきふ)(およ)日本人(につぽんじん)大多数(だいたすう)から、185大本事件(おほもとじけん)突発(とつぱつ)によつて(おほい)なる誤解(ごかい)()()圧迫(あつぱく)(くは)へられて()るのです。186()(ゆゑ)是非(ぜひ)(とも)(わたし)(この)(さい)(ひと)国家(こくか)()めになる大事業(だいじげふ)完成(くわんせい)して、187日頃(ひごろ)主張(しゆちやう)せる愛神(あいしん)188勤王(きんわう)189報国(はうこく)至誠(しせい)天下(てんか)発表(はつぺう)し、190今迄(いままで)疑惑(ぎわく)()くべき必要(ひつえう)(せま)られて()ります。191現代(げんだい)内憂(ないいう)外患(ぐわいくわん)交々(こもごも)(いた)り、192国難来(こくなんらい)(こゑ)(かま)びすしき(わが)皇国(くわうこく)()め、193東亜(とうあ)平和的聯盟(へいわてきれんめい)実現(じつげん)する()め、194神様(かみさま)御経綸(ごけいりん)遂行(すゐかう)せなくてはならないのです。195(いま)(とき)(あた)つて帝国(ていこく)()め、196一身一家(いつしんいつか)()して大経綸(だいけいりん)(おこな)はねば、197(わが)国家(こくか)前途(ぜんと)(じつ)(うれ)ふべき運命(うんめい)見舞(みま)はれはしないかと憂慮(いうりよ)して()るのです。198()(かく)(その)盧占魁(ろせんくわい)(たく)(まゐ)同氏(どうし)意見(いけん)()いた(うへ)決定(けつてい)する(こと)(いた)しませう』
199 一同(いちどう)同夜(どうや)八時半(はちじはん)二台(にだい)自動車(じどうしや)(つら)ねて奉天城(ほうてんじやう)小南辺門外(せうなんへんもんぐわい)200()公館(こうくわん)へと()せつけた。
201大正一四・八・一五 筆録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)