霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第九章 司令公館(しれいこうくわん)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 特別篇 山河草木 入蒙記 篇:第2篇 奉天より洮南へ よみ:ほうてんよりとうなんへ
章:第9章 入蒙記 よみ:しれいこうかん 通し章番号:
口述日:1925(大正14)年08月 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年2月14日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
日出雄は盧占魁の公館に滞在し、訪ねてくる中国の軍人に対し、通訳を介して神の道を説いていた。また、同道する日本人にシナ服をあつらえ、姓名も中国風に変えてしまった。
盧占魁は日出雄が服をあつらえるときに、密かに有名な観相学者を呼んできて、日出雄の相を仔細に調べさせていたのであった。その結果、三十三相を兼ね備えた天来の救世主であると結論づけられ、それがために盧占魁は日出雄を深く信頼することとなった。これは後になってわかったことである。
一方、張作霖の思惑は、盧占魁を利用して内外蒙古に自分の勢力を伸張することであった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rmnm09
愛善世界社版:82頁 八幡書店版:第14輯 577頁 修補版: 校定版:83頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 蒙古(もうこ)英雄(えいいう)盧中将(ろちうじやう)公館(こうくわん)には(みなもと)日出雄(ひでを)002守高(もりたか)003支那語(しなご)通訳(つうやく)王元祺(わうげんき)三名(さんめい)日夜(にちや)立籠(たてこも)り、004()副官(ふくくわん)温長興(をんちやうこう)005何全英(かぜんえい)006秦宣(しんせん)007盧重廷(ろぢうてい)幹部連(かんぶれん)日出雄(ひでを)接待役(せつたいやく)として、008()(めい)()つて懇切(こんせつ)なる忠勤振(ちうきんぶ)りを発揮(はつき)してゐた。009真澄別(ますみわけ)(その)()満州浪人連(まんしうらうにんれん)は、010水也商会(みづやしやうくわい)(その)()策源地(さくげんち)として種々(しゆじゆ)協議(けふぎ)をこらし、011張作霖(ちやうさくりん)諒解(れうかい)(もと)むる(こと)奔走(ほんそう)してゐた。012日出雄(ひでを)日々(ひび)(たづ)()支那(しな)軍人(ぐんじん)(たい)し、013通訳(つうやく)(かい)して(かみ)(みち)()き、014難病(なんびやう)(くる)しめる人等(ひとら)(すく)ふてゐた。015注意深(ちういぶか)盧占魁(ろせんくわい)(やや)迷信(めいしん)(ふか)(かたむ)きがあり、016日々(ひび)三回(さんくわい)(ばか)一厘銭(いちりんせん)六枚(ろくまい)(てのひら)にのせて素人流(しろうとりう)易占(えきせん)をやつて、017(その)吉凶(きつきよう)によりて自分(じぶん)行動(かうどう)決定(けつてい)するのだから、018何事(なにごと)にも緩慢(くわんまん)たるを(まぬが)れなかつた。019日本側(につぽんがは)同志(どうし)(くび)(あつ)めて()めておいた(こと)でも、020易占(うらない)面白(おもしろ)くないと(かれ)盧占魁(ろせんくわい)は、021(いち)()もなく否認(ひにん)して採用(さいよう)しない。022(これ)には一同(いちどう)大変(たいへん)迷惑(めいわく)(かん)じてゐた。023最後(さいご)解決(かいけつ)日出雄(ひでを)断定(だんてい)によるより(みち)はなかつた。
024 日出雄(ひでを)支那人(しなじん)近侍者(きんじしや)や、025日本側(につぽんがは)一々(いちいち)支那服(しなふく)調(しら)べて(これ)着用(ちやくよう)せしめ、026姓名(せいめい)支那風(しなふう)()へてしまつた。027日出雄(ひでを)王文祥(わうぶんしやう)028真澄別(ますみわけ)王文真(わうぶんしん)029守高(もりたか)王守高(わうしゆかう)030名田彦(なだひこ)趙徹(てうてつ)031岡崎(をかざき)侯成勲(こうせいくん)032大倉(おほくら)石大良(せきだいりやう)033萩原(はぎはら)王敏明(わうびんめい)034唐国別(からくにわけ)王天海(わうてんかい)035佐々木(ささき)王昌輝(わうしやうき)(とう)改名(かいめい)し、036支那人(しなじん)()()まして蒙古入(もうこいり)決行(けつかう)する準備(じゆんび)取掛(とりかか)つた。037盧占魁(ろせんくわい)日出雄(ひでを)支那服(しなふく)(あつら)へた(とき)038ソツと被服商(ひふくしやう)主人(しゆじん)()(ふく)め、039支那(しな)にて有名(いうめい)なる観相学者(くわんさうがくしや)()んで()古来(こらい)伝説(でんせつ)にある救世主(きうせいしゆ)資格(しかく)有無(うむ)調(しら)べむため、040日出雄(ひでを)骨格(こつかく)容貌(ようばう)や、041()042(くち)043(はな)044(みみ)(とう)(かたち)から(むね)のまはり、045手足(てあし)長短(ちやうたん)(とう)から、046(ゆび)節々(ふしぶし)047指紋(しもん)(とう)(いた)(まで)仔細(しさい)調(しら)べさせた結果(けつくわ)048所謂(いはゆる)三十三相(さんじふさんさう)具備(ぐび)した天来(てんらい)救世主(きうせいしゆ)だと()つた観相家(くわんさうか)(せつ)に、049随喜(ずゐき)(なみだ)をこぼし、050愈々(いよいよ)蒙古王国(もうこわうこく)建設(けんせつ)真柱(まはしら)(あふ)ぐに(いた)つたのである。051かかる注意(ちうい)(もと)盧占魁(ろせんくわい)日出雄(ひでを)身体(しんたい)調(しら)べてゐるに(かかは)らず、052日出雄(ひでを)索倫山(さうろんざん)本営(ほんえい)()つて盧占魁(ろせんくわい)自白(じはく)するまで、053そんな(こと)とは()()かなかつたのである。054観相者(くわんさうしや)(とく)日出雄(ひでを)掌中(しやうちう)四天紋(してんもん)指頭(しとう)皆流紋(かいりうもん)()()(ごと)断定(だんてい)(くだ)した。
055   掌中四天紋=乾為天
056大哉乾元万物資始乃統天雲行雨施品物流形大明終始六位時成時、057時乗六竜以御天乾道変化各正性命保合太和乃利貞出庶物万国咸寧。
058   指紋皆流=坤為地
059至哉坤元万物資生乃順承天、060坤厚載物徳合旡彊、061含弘光大品物亨牡馬地類行地旡彊柔順利貞君子攸行、062光迷失道、063後順得常西南得明乃与類行東北喪明乃終有慶安貞之吉応地旡彊。
064 盧占魁(ろせんくわい)(さら)日出雄(ひでを)掌中(しやうちう)(あら)はれたるキリストが十字架上(じふじかじやう)()ける(くぎ)聖痕(せいこん)や、065()(しる)せるオリオン星座(せいざ)(かたち)をなせる黒子(ほくろ)(とう)()非常(ひじやう)驚喜(きやうき)した。066そして(この)次第(しだい)哥老会(からうくわい)耆宿(きしゆく)揚成業(やうせいげふ)蒙古王(もうこわう)貝勒(ばいろく)067貝子鎮国公(ばいしちんこくこう)(はじ)め、068張彦三(ちやうけんさん)069張桂林(ちやうけいりん)070鄒秀明(すうしうめい)071何全孝(かぜんこう)072劉陞三(りうしようさん)073大英子児(タアインヅル)074賈孟卿(ジヤムチン)(とう)馬賊(ばぞく)頭目(とうもく)や、075張作霖(ちやうさくりん)部下(ぶか)将校連(しやうかうれん)にも(これ)(しめ)し、076天来(てんらい)救世主(きうせいしゆ)だ、077(この)救世主(きうせいしゆ)(かしら)(いただ)いて内外(ないぐわい)蒙古(もうこ)活躍(くわつやく)すれば成功(せいかう)(うたが)ひなしと、078確信(かくしん)してゐたのである。079それ(ゆゑ)日出雄(ひでを)蒙古(もうこ)(はい)つても(すべ)ての上下(じやうげ)人々(ひとびと)より、080非常(ひじやう)尊敬(そんけい)信用(しんよう)とを()けたのである。
081
082 ここに日出雄(ひでを)盧占魁(ろせんくわい)張作霖(ちやうさくりん)との関係(くわんけい)について(すこ)()べる必要(ひつえう)がある。083張作霖(ちやうさくりん)最近(さいきん)奉直戦(ほうちよくせん)によつて、084自分(じぶん)兵力(へいりよく)()らない(こと)非常(ひじやう)憂慮(いうりよ)してゐた。085万々一(まんまんいち)(ふたた)奉直戦(ほうちよくせん)(はじ)まらうものなら、086軍備(ぐんび)(ととの)はない東三省(とうさんしやう)(たちま)敗北(はいぼく)運命(うんめい)(おちい)り、087満州王(まんしうわう)として東三省(とうさんしやう)君臨(くんりん)する(こと)不可能(ふかのう)なるを()つてゐた。088そこで張作霖(ちやうさくりん)(なん)とかして、089自分(じぶん)勢力(せいりよく)内外(ないぐわい)蒙古(もうこ)()つて北京(ペキン)背面(はいめん)から圧迫(あつぱく)し、090脅威(けふゐ)し、091奉直戦(ほうちよくせん)勃発(ぼつぱつ)(ふせ)がうと内々(ないない)(おも)つてゐたのである。092そこで(かれ)盧占魁(ろせんくわい)利用(りよう)して、093内外(ないぐわい)蒙古(もうこ)進出(しんしゆつ)せしめ、094アワよくば内外(ないぐわい)蒙古(もうこ)完全(くわんぜん)(わが)()()れて()たいと(おも)野心(やしん)()つてゐた。095今回(こんくわい)()日出雄(ひでを)提携(ていけい)して蒙古(もうこ)大本王国(おほもとわうこく)建設(けんせつ)するについても、096宗教心(しうけうしん)(すくな)馬賊(ばぞく)(あが)りの張作霖(ちやうさくりん)日出雄(ひでを)(たい)しては、097あまり尊敬(そんけい)(はら)はなかつた。098(ただ)うまく()(かい)して自分(じぶん)目的(もくてき)のために利用(りよう)しようと(おも)つたのみである。099さうして狡猾(かうくわつ)張作霖(ちやうさくりん)盧占魁(ろせんくわい)自身(じしん)(かね)にて武器(ぶき)調達(てうたつ)せよと()つて、100自分(じぶん)()ぬらさずに内外(ないぐわい)蒙古(もうこ)()()れようとしたのである。101盧占魁(ろせんくわい)張作霖(ちやうさくりん)()(かた)(たい)しては、102内心(ないしん)非常(ひじやう)憤慨(ふんがい)し、103応援(おうゑん)をしてくれた日出雄(ひでを)(たい)し、104張作霖(ちやうさくりん)(たい)する尊敬(そんけい)帰依(きえ)とを(うつ)して傾注(けいちう)する(こと)となつた。105そして日出雄(ひでを)(むか)つて()一切万事(いつさいばんじ)その指揮(しき)服従(ふくじゆう)する(こと)(ちか)つたのである。106奉天管内(ほうてんくわんない)(おい)ては西北自治軍(せいほくじちぐん)()名称(めいしよう)旗印(はたじるし)となし、107(いよいよ)索倫山(さうろんざん)()つて陣営(ぢんえい)(ととの)つた(うへ)は、108内外(ないぐわい)蒙古(もうこ)救援軍(きうゑんぐん)改称(かいしよう)し、109日出雄(ひでを)総大将(そうだいしやう)として大経綸(だいけいりん)(おこな)計画(けいくわく)(もつ)て、110索倫(さうろん)進出(しんしゆつ)する(こと)(くはだ)てたのである。
111 日出雄(ひでを)()公館(こうくわん)滞在中(たいざいちう)112(また)もや数百(すうひやく)詩歌(しいか)()んだ。113(その)一部(いちぶ)
114路遠蜻蛉州
115企回天鴻業
116同志僅数名
117頭戴大神教
118
119部下十万兵
120皆是決死士
121志節簡直強
122神命奉頭進
123
 
124 (くに)のため世人(よびと)のために(われ)(いま)海外万里(かいぐわいばんり)(たび)にたつかな
125 言葉(ことのは)(かよ)はぬ(くに)(わた)()(うま)れもつかぬ(おし)となりぬる
126 聖地(せいち)にて()たる月影(つきかげ)奉天(ほうてん)(なが)むる(そら)(こと)にさやけし
127 大空(おほぞら)()(わた)りつつ高光(たかひか)奉天(ほうてん)(つき)(こと)にさやけし
128 小夜(さよ)()けて(つき)のみ(ひと)大空(おほぞら)()(わた)りつつ(しも)宿(やど)かる
129 ()みきりし(つき)(かがみ)(なが)めつつ(こころ)うつして(しば)(たたづ)
130 (わが)(とも)自転倒島(おのころじま)にあり(なが)(あふ)()るらむ瑞月(ずゐげつ)(そら)
131 (つき)()れば益々(ますます)(こころ)(いさ)()(きよ)姿(すがた)のたぐひなければ
132 東天(とうてん)(そら)(かがや)満月(まんげつ)(わが)行末(ゆくすゑ)(ひかり)とぞ(おも)
133 (あま)(はら)打仰(うちあふ)ぎつつ(なが)むれば日本(につぽん)(おな)(つき)のかかれる
134 東天(とうてん)大空(おほぞら)(たか)()(つき)(わが)(たましひ)(かがみ)なるらむ
135 ()(わた)今宵(こよひ)(つき)のさやけさに(わが)(たましひ)のささやきを()
136 (あき)らけき(きよ)けき今宵(こよひ)月影(つきかげ)(わが)()(ひと)姿(すがた)とや()
137 (わが)()ふる(ひと)姿(すがた)(うつ)れかしと(つき)(かがみ)打仰(うちあふ)()
138 (わが)(おも)(ひと)姿(すがた)のうつれるかと(つき)(なか)なる黒点(こくてん)()
139大正一四・八 筆録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)