霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一〇章 奉天(ほうてん)出発(しゆつぱつ)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 特別篇 山河草木 入蒙記 篇:第2篇 奉天より洮南へ よみ:ほうてんよりとうなんへ
章:第10章 入蒙記 よみ:ほうてんしゅっぱつ 通し章番号:
口述日:1925(大正14)年08月 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年2月14日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
三月一日に日本人一同が盧占魁の公館にそろって、計画談義に花を咲かせていた。
大倉伍一によると、張作霖から盧占魁に対し、西北自治軍総司令の内命が下り、索倫山において募兵して活動するようにとの命令があったとのことであった。
張作霖が盧占魁の内外蒙古出征を許可するに当たっては、日本軍からの張軍閥内へのはたらきかけがあった。
日出雄は、さっそく一行より先に蒙古入りをしようと提案した。佐々木は準備が整ってから奉天から列車で行くようにと反対するが、岡崎は日出雄に賛成し、次分は東三省の高等官だから護照もいらない、自動車を雇って疾走すればよい、と言って聞かない。
他の満州浪人たちは安全を慮って反対するが、結局日出雄が岡崎の案を是としたので、奉天から鄭家屯まで自動車で行くことになった。
三月三日の午後四時から、二台の自動車に日出雄、岡崎、守高、通訳の王元祺の四名が分乗して出発した。道路は極めて険悪で、ときどき機関が損傷し、一時間ばかり走るとまた一時間ばかり停車して修理する、という有様だった。
馬賊が横行する区域とて、停車中はヘッドライトを消して懐中電灯で修理を行い、水が切れると氷を取って来て機関につめるなどの苦労をしながら北へ北へと進んでいった。
また、氷結した遼河を渡ろうとした際、氷が溶けた部分に危うく落ちそうになって危機一髪自動車が停止したこともあった。
翌四日午前七時、開原の城内で朝食を取り、また自動車を修理した後に出発した。午後一時ごろに昌図府の手前まで到着したが、一台の自動車が大破してしまったため、昌図府の安宿に宿泊し、奉天へ人をやって機械を取り寄せることになった。
二百四十支里の前人未踏の高原を自動車で冒険的に旅行してのけたのは、開闢以来の壮挙、離れ業だと、岡崎は怪気炎を上げていた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rmnm10
愛善世界社版:89頁 八幡書店版:第14輯 580頁 修補版: 校定版:90頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 三月(さんぐわつ)一日(いちじつ)中国暦(ちうごくれき)正月(しやうぐわつ)二十六日(にじふろくにち)盧公館(ろこうくわん)(おい)て、002日出雄(ひでを)003盧占魁(ろせんくわい)004真澄別(ますみわけ)005岡崎(をかざき)006揚巨芳(やうきよはう)007佐々木(ささき)008大倉(おほくら)009唐国別(からくにわけ)010守高(もりたか)(とう)面々(めんめん)()(そろ)蒙古経営談(もうこけいえいだん)(はな)()かした。
011大倉(おほくら)先生(せんせい)012弥々(いよいよ)張作霖(ちやうさくりん)から()さんに(たい)して西北自治軍(せいほくじちぐん)総司令(そうしれい)内命(ないめい)(くだ)りました。013張作霖(ちやうさくりん)意見(いけん)()れば先生(せんせい)御計画(ごけいくわく)(とほ)り、014()索倫山(そうろんざん)(おい)(へい)募集(ぼしふ)し、015司令部(しれいぶ)(まう)けて活動(くわつどう)せよとのことです。016(これ)(つい)ては岸少将(きしせうしやう)非常(ひじやう)(ほね)()つて()れました。017()れで一先(ひとま)安心(あんしん)です。018佐々木(ささき)さんも大変(たいへん)心配(しんぱい)しましたが、019愈々(いよいよ)大願(たいぐわん)成就(じやうじゆ)曙光(しよくわう)(みと)めましたから安心(あんしん)して(くだ)さい』
020日出雄(ひでを)『それは大変(たいへん)にお骨折(ほねを)りでした。021御神助(ごしんじよ)()つて意外(いぐわい)にも(はや)(はなし)(まとま)つた(こと)(よろこ)びます。022(しか)佐々木(ささき)さん、023随分(ずゐぶん)()交渉(かうせふ)困難(こんなん)でしただらう』
024佐々木(ささき)『ハイ、025(なん)()つても支那(しな)()(ところ)(かね)(うご)(ところ)ですから、026張作霖(ちやうさくりん)側近(そばちか)(つか)へて()連中(れんちう)に、027金銭(きんせん)(くつわ)をはめて反対(はんたい)しない(やう)にして()きました。028()れから(わたし)軍備(ぐんび)着手(ちやくしゆ)(いた)します。029そして輸送(ゆそう)大連(だいれん)から洮南(たうなん)(まで)非常(ひじやう)(らく)になりました。030武器(ぶき)輸送(ゆそう)張作霖(ちやうさくりん)()()けて(おく)つて()れる(こと)になりましたから安心(あんしん)して(くだ)さい』
031日出雄(ひでを)『さうなれば(わたし)一歩先(ひとあしさ)きに蒙古入(もうこい)りをして()ようと(おも)ふ。032君等(きみら)(すべ)ての準備(じゆんび)(ととの)へて(あと)からやつて()(もら)ひたい。033王爺廟(ワンイエメウ)から三百(さんびやく)(ばか)りの喇嘛僧(らまそう)(むか)へに()ると()(こと)だから、034グヅグヅしては()られますまいから』
035佐々木(ささき)『まあ二三日(にさんにち)()つて(くだ)さい、036さうすれば喇嘛服(らまふく)(あつら)へに()つた揚萃廷(やうすゐてい)さんも北京(ペキン)から(かへ)つて()ませうし、037張作霖(ちやうさくりん)護照(ごせう)()れますから、038(その)(うへ)になさつた(はう)安全(あんぜん)でせう』
039岡崎(をかざき)(なに)040護照(ごせう)(なん)になるか。041(ぼく)東三省(とうさんしやう)高等官(かうとうくわん)だ、042(ぼく)先生(せんせい)のお(とも)すれば護照(ごせう)もヘツタクレも()るものか。043何事(なにごと)神命(しんめい)(したが)つてやるのが吾等(われら)趣旨(しゆし)だ。044先生(せんせい)言葉(ことば)神様(かみさま)言葉(ことば)だ。045(この)(あひだ)から洮南府(たうなんふ)(まで)沿道(えんだう)視察(しさつ)をして()たが、046行先々(ゆくさきざき)日本人(につぽんじん)()つて何彼(なにか)世話(せわ)をして()れる(こと)約束(やくそく)して()いたから、047君達(きみたち)(あと)(のこ)つて準備(じゆんび)をしたがよい。048(ぼく)是非(ぜひ)二三日(にさんにち)(うち)自動車(じどうしや)(やと)つて鄭家屯(ていかとん)(まで)疾走(しつそう)する(つも)りだ』
049佐々木(ささき)奉天(ほうてん)から汽車(きしや)(つう)じて()るのに(たか)(かね)()して自動車(じどうしや)()必要(ひつえう)があるか、050三十人(さんじふにん)(ばか)りの護衛兵(ごゑいへい)をつけるから、051先生(せんせい)奉天駅(ほうてんえき)から御苦労(ごくらう)になつたらどうだ、052(それ)安全(あんぜん)でよからうと(おも)ふ』
053岡崎(をかざき)『それもさうだが、054神様(かみさま)護衛兵(ごゑいへい)などが()るものか、055(ぼく)がお(とも)すれば大盤石(だいばんじやく)だ。056(いま)(かつ)奉天(ほうてん)から鄭家屯(ていかとん)まで自動車(じどうしや)()ばした(もの)()いのだから、057自動車(じどうしや)旅行(りよかう)地理(ちり)()(うへ)(おい)面白(おもしろ)からう。058日本人(につぽんじん)はいつも満蒙(まんもう)視察(しさつ)をして()たと(えら)さうに()つて()るが、059(ただ)汽車(きしや)()つて沿道(えんだう)視察(しさつ)した(ぐらゐ)では駄目(だめ)だ、060是非(ぜひ)(とも)自動車(じどうしや)()つた(はう)面白(おもしろ)いだらう』
061佐々木(ささき)()(みち)(わる)いのに、062(やま)(はた)突破(とつぱ)し、063遼河(れうが)(わた)らねばならぬ大危険(だいきけん)がある。064そんな危険(きけん)(みち)(とほ)必要(ひつえう)がどこにあるか。065(わる)(こと)()はないから、066是非(ぜひ)汽車旅行(きしやりよかう)にして()しいものだ。067吾々(われわれ)心配(しんぱい)でならないからなあ』
068日出雄(ひでを)満州(まんしう)事情(じじやう)調(しら)べたいから、069(べつ)(いそ)(たび)でもなし、070自動車(じどうしや)旅行(りよかう)(こころ)みたいものだ。071(ひと)(とほ)らない(ところ)(とほ)つて()るのも面白(おもしろ)いだらう』
072岡崎(をかざき)佐々木(ささき)大倉(おほくら)臆病(おくびやう)だから、073そんな(こと)()ふが、074(なに)075心配(しんぱい)()るものか、076自動車(じどうしや)旅行(りよかう)決定(けつてい)しようぢやないか』
077佐々木(ささき)先生(せんせい)(その)御意見(ごいけん)なら仕方(しかた)()い、078(これ)から自動車屋(じどうしやや)照会(せうくわい)して()よう』
079揚巨芳(やうきよはう)(わたし)知己(ちき)()さんの恩顧(おんこ)()けて()王樹棠(わうじゆだう)()ふ、080(むかし)直隷軍(ちよくれいぐん)連長(れんちやう)をして()(をとこ)が、081城内(じやうない)自動車(じどうしや)会社(くわいしや)をやつて()るから、082それに()ひつけませう。083(かれ)義侠心(ぎけふしん)(つよ)剛胆(がうたん)(をとこ)ですから、084少々(せうせう)馬賊(ばぞく)(ぐらゐ)()(ところ)でこたえない(やつ)ですから』
085日出雄(ひでを)『それは好都合(かうつがふ)だ、086そんならそれに()めて仕舞(しま)はう。087愈々(いよいよ)三月(さんぐわつ)三日(みつか)(この)()出立(しゆつたつ)しよう』
088()一切万事(いつさいばんじ)先生(せんせい)御意志(ごいし)(したが)決心(けつしん)だからお(のぞ)みの(とほ)自動車(じどうしや)(あつら)へませう』
089 かくの(ごと)相談(さうだん)(まとま)つたので、090日出雄(ひでを)愈々(いよいよ)奉天(ほうてん)から鄭家屯(ていかとん)(むか)つて自動車(じどうしや)()(こと)となつた。091さうして真澄別(ますみわけ)092大倉(おほくら)093名田彦(なだひこ)三名(さんめい)奉天(ほうてん)より汽車(きしや)()つて蒙古(もうこ)洮南府(たうなんふ)先着(せんちやく)し、094洮南(たうなん)ホテルに(おい)諸般(しよはん)準備(じゆんび)調(ととの)へて()(こと)相談(さうだん)がまとまつた。
095 愈々(いよいよ)三月(さんぐわつ)三日(みつか)(きう)正月(しやうぐわつ)廿八日(にじふはちにち)午後(ごご)四時(よじ)から王樹棠(わうじゆだう)自動車(じどうしや)二台(にだい)日出雄(ひでを)096岡崎(をかざき)097守高(もりたか)098王元祺(わうげんき)四名(よめい)分乗(ぶんじやう)して奉天(ほうてん)出発(しゆつぱつ)する(こと)となつた。099自動車屋(じどうしやや)主人(しゆじん)王樹棠(わうじゆだう)道路(だうろ)険悪(けんあく)なるを()づかひ(みづか)運転手(うんてんしゆ)となり三人(さんにん)部下(ぶか)(とも)(したが)(こと)となつた。100道路(だうろ)(きは)めて険悪(けんあく)にして運転(うんてん)()(ごと)くならず、101時々(ときどき)機関(きくわん)損障(そんしやう)(きた)し、102一時間(いちじかん)(ばか)(はし)ると(また)一時間(いちじかん)(ばか)停車(ていしや)して(くるま)修繕(しうぜん)()し、103昼夜(ちうや)区別(くべつ)なく(かは)(なか)(はた)(なか)104小山(こやま)などを無理(むり)やりに(すす)(こと)となつた。105寒気(かんき)凛烈(りんれつ)にして、106()(あし)(ほと)んど知覚(ちかく)(うしな)つて()る。107奉天(ほうてん)から鄭家屯(ていかとん)(まで)(あひだ)馬賊(ばぞく)横行(わうかう)(とく)(はなは)だしいので、108自動車(じどうしや)停車中(ていしやちう)はヘツドライトを()し、109懐中電燈(くわいちゆうでんとう)()つて修繕(しうぜん)着手(ちやくしゆ)する(こと)とした。110(みづ)()れると其処辺(そこらへん)(こほり)()つて機関(きくわん)()()むなど、111いろいろの難苦(なんく)ををかし、112(きた)(きた)へと(ほし)(ひかり)(ちから)(すす)んで()く。
113 (さいはひ)官兵(くわんぺい)巡警(じゆんけい)114馬賊(ばぞく)(あみ)突破(とつぱ)して、115鉄嶺(てつれい)前方(ぜんぱう)竜首山(りうしゆざん)(ふもと)なる遼河畔(れうがはん)(すす)んだ。116河辺(かはべ)急坂(きふはん)(くだ)つて自動車(じどうしや)(まさ)遼河(れうが)(よこ)ぎらうとした(とき)117運転手(うんてんしゆ)は『アツ』と(おどろ)きの(こゑ)(はつ)した。118(その)刹那(せつな)不思議(ふしぎ)にも自動車(じどうしや)(とま)つた。119よくよく()れば、120一二尺(いちにしやく)前方(ぜんぱう)には、121さしもに(あつ)(こほり)()けて蒼味(あをみ)だつた(みづ)(ただよ)うて()る、122(じつ)危険(きけん)場合(ばあひ)であつた。123()自動車(じどうしや)には通訳(つうやく)王元祺(わうげんき)守高(もりたか)()つて()たが、124(いづ)れも神明(しんめい)御加護(ごかご)として神恩(しんおん)(しや)した。125(この)地点(ちてん)西北(せいほく)竜首山(りうしゆざん)(たか)(そび)え、126()(かは)(つつみ)非常(ひじやう)(たか)かつた()め、127西北(せいほく)寒風(かんぷう)(さへぎ)り、128氷結(ひようけつ)して()なかつたためである。129是非(ぜひ)なく二三(にさん)支里(しり)(あと)(もど)つて人家(じんか)(たた)(おこ)し、130案内者(あんないしや)(やと)うて、131小山(こやま)(うへ)(はた)(なか)(あやふ)くも馳駆(ちく)して大道(だいだう)()た。132満州広野(まんしうくわうや)(はし)列車(れつしや)は、133(はるか)遠方(ゑんぱう)細長(ほそなが)(うす)(ひかり)(はな)つて(はし)つて()た。134(よく)四日(よつか)午前(ごぜん)七時(しちじ)開原(かいげん)城内(じやうない)()いた。135飲食店(いんしよくてん)(はい)つて油濃(あぶらこ)支那食(しなしよく)(きつ)し、136此処(ここ)一時間(いちじかん)(ばか)りも車体(しやたい)修繕(しうぜん)をした。137(この)地方(ちはう)では自動車(じどうしや)通行(つうかう)した(こと)()いので、138(めう)(くるま)()たと()ふので(つぎ)から(つぎ)()(つた)へ、139老若男女(らうにやくなんによ)真黒(まつくろ)蝟集(ゐしふ)してワイワイと(さわ)()てて()る。140(その)(あひだ)(うし)驢馬(ろば)などが四頭曳(しとうひ)き、141五頭曳(ごとうひ)きで大車(おほぐるま)()いて(とほ)る。142(その)混雑(こんざつ)到底(たうてい)筆紙(ひつし)(つく)(がた)い。143(やうや)修繕(しうぜん)()んだので、144二台(にだい)自動車(じどうしや)は、145ブウブウと警笛(けいてき)()らし、146群集(ぐんしふ)()しわけ、147大速力(だいそくりよく)でかけ()し、148午後(ごご)一時(いちじ)(ごろ)には昌図府(しやうとふ)手前(てまへ)(まで)安着(あんちやく)した。149一台(いちだい)自動車(じどうしや)大破損(だいはそん)()たし運転(うんてん)不能(ふのう)となつて仕舞(しま)つたので、150是非(ぜひ)なく昌図府(しやうとふ)木賃(もくちん)ホテル三号店(さんがうてん)宿泊(しゆくはく)し、151奉天(ほうてん)(ひと)()して機械(きかい)()()せる(こと)にした。152二百四十(にひやくしじふ)支里(しり)高原(かうげん)(いま)何人(なんびと)(こころ)みし(こと)なき冒険的(ばうけんてき)旅行(りよかう)をやつたのは、153開闢以来(かいびやくいらい)壮挙(さうきよ)だ。154(みなもと)義経(よしつね)都落(みやこおち)にも()して偉大(ゐだい)なる(はな)(わざ)だと、155岡崎(をかざき)気焔(きえん)(あた)るべからざるものがあつた。
156大正一四・八 筆録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)