霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一二章 焦頭爛額(せうとうらんがく)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 特別篇 山河草木 入蒙記 篇:第2篇 奉天より洮南へ よみ:ほうてんよりとうなんへ
章:第12章 焦頭爛額 よみ:しょうとうらんがく 通し章番号:
口述日:1925(大正14)年08月 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年2月14日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
昌図府で役人からいらぬ詮索を受けたため、日出雄と岡崎は、先に大四家子まで進んだ。
その間に奉天から、故障した自動車の修理部品が届いたので修理にかかっていたが、破損がはなはだしいために、時間がかかっていた。
ちょうど自動車の修理を終わったところへ、日本領事館員が官憲をつれて、宿に臨検に来たところであったので、残りの者は急いで荷物を積み込むと、逃げるように大四家子まで自動車を駆って来た。
大四家子で王昌紳氏宅に一泊して饗応を受けた。次の日には一行はまた自動車で茫漠たる大平原を疾走した。
途中、支那兵の一隊にであったり、またもや自動車が故障して修理にかかったりなどして道を進んでいった。道なき道を行く道中は苦労の連続で、車の動揺のたびに頭を打ち、尻を打ち、後の車が前の車に衝突したりした。守高は車体のガラスが破壊して破片を浴び、眼のあたりを負傷した。
ようやく旧四平街に到着したのは、午後三時半ごろであった。自動車は再び大破損し、もはや動くことができなくなったので、やむを得ず荷馬車二台を雇った。
新四平街の貿易商・奥村幹造氏宅に到着したのは午後五時三十分ごろであった。一行はここで久しぶりに日本食を供せられ、日本風呂を振舞われた。この後は四平街駅から列車で鄭家屯に向かうことに決まった。
列車は途中で何度も故障し、修理に何時間も費やしながらゆっくりと進んでいった。その間に、奉天から列車で出発していた真澄別一行は、三月六日の午前零時二十分ごろに洮南駅に到着していた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:105頁 八幡書店版:第14輯 586頁 修補版: 校定版:106頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 (よく)五日(いつか)午前(ごぜん)三時(さんじ)(ごろ)奉天(ほうてん)から機械(きかい)()つて(かへ)つて()たので、002直様(すぐさま)自動車(じどうしや)修繕(しうぜん)着手(ちやくしゆ)した。003何分(なにぶん)破損(はそん)(はなは)だしいので容易(ようい)修繕(しうぜん)出来(でき)なかつた。004日出雄(ひでを)岡崎(をかざき)とは七時半(しちじはん)一台(いちだい)自動車(じどうしや)王樹棠(わうじゆだう)操縦(さうじう)させ(なが)ら、005二十(にじふ)支里(しり)地点(ちてん)なる昌図(しやうと)(きた)006大四家子(だいしかし)王昌紳(わうしやうしん)(たく)安着(あんちやく)し、007自動車(じどうしや)門内(もんない)(ふか)()れおき、008守高(もりたか)()自動車(じどうしや)一時間(いちじかん)(ばか)()つてゐた。009あまり(おそ)いので自動車(じどうしや)荷物(にもつ)全部(ぜんぶ)(おろ)し、010王樹棠(わうじゆだう)一名(いちめい)運転手(うんてんしゆ)をつれて(ふたた)昌図(しやうと)三号(さんがう)木賃(もくちん)ホテルに引返(ひきかへ)した。011恰度(ちやうど)大破損(だいはそん)した自動車(じどうしや)修繕(しうぜん)(まつた)(をは)り、012荷物(にもつ)()()んだ(ところ)日本(につぽん)領事館員(りやうじくわんゐん)警官(けいくわん)二三名(にさんめい)引連(ひきつ)れて臨検(りんけん)()た。013そして王樹棠(わうじゆだう)自動車(じどうしや)(とも)三号店(さんがうてん)(もん)這入(はい)つた。014日本(につぽん)官吏(くわんり)(ただ)ちに三号店内(さんがうてんない)(すす)()り、015調査(てうさ)して()(あひだ)に、016王樹棠(わうじゆだう)全速力(ぜんそくりよく)()して自動車(じどうしや)()()し、017日出雄(ひでを)()つてゐる大四家子(だいしかし)(やかた)()して驀地(まつしぐら)二台(にだい)ともやつて()た。
018 王昌紳(わうしやうしん)(たく)十数人(じふすうにん)大家族(だいかぞく)何処(どこ)となく気品(きひん)(たか)風貌(ふうばう)をしてゐた。019此処(ここ)家族(かぞく)日本(につぽん)救世主(きうせいしゆ)(きた)れりと()つて、020(おほ)いに歓待(くわんたい)し、021高粱(かうりやう)支那米(しなまい)のお(かゆ)鶏卵(けいらん)(とう)()饗応(きやうおう)した。022一同(いちどう)(たがひ)無事(ぶじ)(よろこ)当家(たうけ)(わか)れを()げ、023茫漠(ばうばく)たる大荒原(だいくわうげん)(じふ)支里(しり)(ばか)疾走(しつそう)すると、024二百名(にひやくめい)(ばか)りの支那兵(しなへい)一隊(いつたい)出会(でつくは)した。025王樹棠(わうじゆだう)一切(いつさい)(かま)はず兵隊(へいたい)(れつ)()あてに、026一目散(いちもくさん)(かけ)()く。027(ほと)んど三十分(さんじつぷん)(ばか)()()した(とき)に、028(また)もや機械(きかい)損傷(そんしやう)(きた)し、029一時間(いちじかん)(ばか)時間(じかん)(つひや)して修繕(しうぜん)取掛(とりかか)かつた。
030 丘陵(きうりよう)(はた)(かは)区別(くべつ)なく、031西北(せいほく)(そら)()あてに難路(なんろ)(すす)()豪胆不敵(がうたんふてき)行動(かうどう)に、032旅行(たびゆ)人馬(じんば)(おどろ)いて右往左往(うわうさわう)()(まは)る。033大車(だいしや)()いてゐる(うま)(むれ)(おどろ)いて(みぞ)(なか)顛倒(てんたう)する。034(その)(うち)(つぎ)から(つぎ)()牛車(ぎうしや)馬車(ばしや)折重(をりかさ)なつて顛倒(てんたう)する有様(ありさま)は、035(じつ)可笑(をか)しくもあれば()(どく)でもある。036(くるま)動揺(どうえう)につれて日出雄(ひでを)()幾度(いくど)となく(あたま)()(しり)()ち、037時々(ときどき)(あと)自動車(じどうしや)が、038(まへ)自動車(じどうしや)衝突(しようとつ)したり、039車体(しやたい)のガラスが破壊(はくわい)して守高(もりたか)破片(はへん)(あめ)全面(ぜんめん)()び、040眼辺(がんぺん)負傷(ふしやう)し、041ダラダラと()(なが)してゐる。042かくして(やうや)旧四平街(きうしへいがい)安着(あんちやく)したのは午後(ごご)三時(さんじ)(はん)(ごろ)であつた。043自動車(じどうしや)(ふたた)大破損(だいはそん)()し、044最早(もは)(うご)(こと)出来(でき)ぬので、045()むを()荷馬車(にばしや)二台(にだい)(やと)寒風(かんぷう)(さら)され(なが)新四平街(しんしへいがい)貿易商(ぼうえきしやう)奥村(おくむら)幹造(かんざう)()(たく)安着(あんちやく)したのは午後(ごご)五時(ごじ)三十分(さんじつぷん)(ごろ)であつた。
046 此処(ここ)(たく)日出雄(ひでを)()(ひさ)()りで日本食(につぽんしよく)(きやう)せられ、047鶏肉(とりにく)(なべ)(かこ)んで舌鼓(したつづみ)()つた。048途中(とちう)開原(かいげん)朝飯(てうはん)()つたきり今日(けふ)まで日出雄(ひでを)一行(いつかう)車掌(しやしやう)四人(よにん)昼夜(ちうや)区別(くべつ)なく、049(ろく)(めし)()はなかつたが元気(げんき)益々(ますます)旺盛(わうせい)であつた。050当夜(たうや)奥村方(おくむらかた)一泊(いつぱく)洮南府(たうなんふ)日本居留民会長(につぽんきよりうみんくわいちやう)平馬(へいま)慎太郎(しんたらう)()案内(あんない)で、051四平街駅(しへいがいえき)から鄭家屯(ていかとん)(むか)(こと)(きま)つた。052当家(たうけ)にて久々(ひさびさ)にて日本風呂(につぽんぶろ)入浴(にふよく)し、053(あせ)(あか)(おと)翌早朝(よくさうてう)四平街(しへいがい)より列車(れつしや)(きやく)となつた。054(この)()非常(ひじやう)陽気(やうき)(あたた)かく支那服(しなふく)上着(うはぎ)一枚(いちまい)二枚(にまい)次々(つぎつぎ)()ぎ、055(まど)()けて茫々(ばうばう)たる大原野(だいげんや)(かぜ)(あた)りつつ(すす)んで()く。056午後(ごご)六時(ろくじ)五十分(ごじつぷん)鄭家屯駅(ていかとんえき)下車(げしや)057山本(やまもと)熊之(くまゆき)()(かた)一泊(いつぱく)する(こと)となつた。058岡崎(をかざき)059平馬(へいま)060守高(もりたか)061王元祺(わうげんき)四人(よにん)は、062日本(につぽん)東屋(あづまや)()料理店(れうりてん)(おい)て、063牛飲馬食会(ぎういんばしよくくわい)(ひら)大変(たいへん)なメートルを()げ、064多福仲居(たふくなかゐ)や、065豚芸者(ぶたげいしや)盃盤(はいばん)(あひだ)斡旋(あつせん)し、066(おほ)いに豪傑振(がうけつぶ)りを発揮(はつき)したが、067翌早朝(よくさうてう)日出雄(ひでを)(とま)つて()山本方(やまもとかた)()(きた)(ただ)ちに停車場(ていしやぢやう)へと()けつけた。068(まさ)午前(ごぜん)六時(ろくじ)三十分(さんじつぷん)である。
069 臥虎屯駅(がことんえき)西北(せいほく)(はう)土饅頭形(つちまんぢうがた)宝裏山(ほうりざん)が、070大原野(だいげんや)寂寞(じやくばく)(やぶ)つて端然(たんぜん)として()つて()る。071饅頭(まんぢう)()せた(やう)(やま)蒙古七山(もうこしちざん)(いち)なりと()(こと)である。072(この)洮南鉄道(たうなんてつだう)()一月(いちぐわつ)(はじ)めて試運転(しうんてん)(おこな)(やうや)鉄路(てつろ)(かた)まつた(ところ)で、073(こと)にその汽車(きしや)満鉄(まんてつ)古物(ふるもの)(ばか)りで途中(とちう)機関(きくわん)損傷(そんしやう)()たし、074茂林駅(もりんえき)手前(てまへ)七時間(しちじかん)(ばか)りも立往生(たちわうじやう)をした。075岡崎(をかざき)支那(しな)将校(しやうかう)四人(よにん)相手(あひて)談論風発(だんろんふうはつ)(さか)んにメートルを()げ、076三蔵法師(さんざうほふし)について()つた猪八戒式(ちよはつかいしき)発揮(はつき)し、077日出雄(ひでを)(けむ)()いた。078蒙古(もうこ)名物(めいぶつ)黄塵万丈(くわうぢんばんぢやう)岡崎(をかざき)鼻息(はないき)には跣足(はだし)()()しさうであつた。
079 汽車(きしや)途中(とちう)停車(ていしや)(あや)しんで、080附近(ふきん)村落(そんらく)より蒙古人(もうこじん)老若男女(らうにやくなんによ)数十人(すうじふにん)(ばか)物珍(ものめづ)しさうに(あつ)まつて()た。081そして呑気(のんき)さうに(なが)煙管(きせる)煙草(たばこ)をパクついて()た。082(これ)()ても日本(につぽん)神代(かみよ)()くの(ごと)呑気(のんき)であつたらう(など)と、083歴史(れきし)(さかのぼ)つて日出雄(ひでを)冥想(めいさう)(ふけ)つた。084日出雄(ひでを)車中(しやちう)(おい)数十首(すうじつしゆ)和歌(わか)(えい)じた。085その(うち)一部(いちぶ)()(ろく)する。
 
086 (はて)しなき大野ケ原(おほのがはら)(すす)()(わが)(たましひ)(いさ)みけるかな
087 (あめ)(つち)(ひと)つになりて国津神(くにつかみ)広野(ひろの)(むしろ)()きて(われ)()
088 (やうや)くに安宅(あたか)(せき)をくぐり()(いま)蒙古(もうこ)広野(くわうや)(はし)
089 ()(すで)蒙古(もうこ)(くに)(にぎ)りたる(ごと)心地(ここち)意気(いき)(てん)()
090 (かぜ)(きよ)()はうららかに枯野原(かれのはら)(はる)めき()ちて陽炎(かげろふ)()ゆる
091 (こと)ならば(わが)同胞(はらから)(まね)()新楽園(しんらくゑん)(すく)(たす)けむ
092 五五(ごご)()日数(ひかず)(かさ)ねて(やうや)くに(たから)(くに)()りし(われ)かな
093 際限(さいげん)()らぬ原野(げんや)真中(まんなか)蒙古(もうこ)人家(じんか)チラチラ()ゆる
094 一点(いつてん)(くも)りさへなき大空(おほぞら)地平線上(ちへいせんじやう)(くだ)りて()ゆる
095 ()(くさ)()(こと)()蒙古人(もうこじん)(そら)月星(つきほし)(はな)()るらむ
096 ()(ゆき)(こほ)れる(うへ)()()りて大野ケ原(おほのがはら)大海(だいかい)()
097 (うみ)(しほ)(ひか)ると(ばか)(うたが)はる大野ケ原(おほのがはら)(ゆき)()()
 
098 際限(さいげん)もなき大荒原(だいくわうげん)(なか)土室(つちむろ)(ごと)人家(じんか)がポツリポツリと建並(たちなら)び、099車窓(しやさう)より(ながむ)れば(りく)大洋(たいやう)(ふね)(うか)んだ(やう)である。100(とほ)()(はな)てば楊柳(やうりう)立木(たちき)大原野(だいげんや)単調(たんてう)(やぶ)つて、101コンモリと(くろ)ずんだ(もり)をなしてゐる。102大平川駅(たいへいせんえき)にて(また)もや汽車(きしや)停車(ていしや)し、103給水(きふすゐ)やなんかでゴテゴテと(やく)一時間(いちじかん)()(つひや)した。104岡崎(をかざき)は、
105『エー、106(この)ボロ汽車(きしや)()107まるで蛞蝓(なめくぢら)江戸行(えどゆき)()たやうだ』
108口角(こうかく)(あわ)()ばして(おこ)()した。109日出雄(ひでを)(わら)(なが)ら、
110岡崎(をかざき)さん、111汽車(きしや)(うご)かなけりや仕方(しかた)がないから()()かして徒歩(かち)出掛(でか)け、112(つぎ)(えき)汽車(きしや)()つて()()へたら、113それ()(はや)洮南駅(たうなんえき)()くだらう。114アハヽヽヽ』
115馬鹿口(ばかぐち)をたたく。116支那(しな)商人(せうにん)岡崎(をかざき)()て、
117貴下(きか)何処(どこ)まで()かるるか、118(なん)(よう)があつて旅行(りよかう)されるか』
119不思議(ふしぎ)さうに()ふ。
120岡崎(をかざき)馬鹿(ばか)()ふな、121(よう)のない(もの)汽車(きしや)()つて(たび)をするか、122余計(よけい)世話(せわ)()くと()りとばすぞ、123貴様(きさま)のやうな(おれ)商人(せうにん)ではないぞ、124金箔付(きんぱくつき)東三省(とうさんしやう)高等官(かうとうくわん)だ』
125とエライ馬力(ばりき)(しか)()ばす。
126日本人(につぽんじん)支那人(しなじん)(たい)し、127(すべ)てがこんな調子(てうし)だから何程(なにほど)日支親善(につししんぜん)(さけ)んでも駄目(だめ)だなア』
128日出雄(ひでを)独語(どくご)した。
129 洮南(たうなん)(ちやく)時間(じかん)午後(ごご)四時(よじ)二十分(にじふぶん)である。130(しか)るに汽車(きしや)はまだ大平川駅(たいへいせんえき)()げついてゐる。
131真澄別(ますみわけ)一行(いつかう)(さむ)停車場(ていしやぢやう)自分等(じぶんら)阿呆待(あはうま)ちしてゐるだらう。132(ぼく)洮南(たうなん)(ちやく)(はじ)めて三日月(みかづき)()(つも)りだから、133一寸(ちよつと)まじないをして汽車(きしや)()めてゐるのだ、134アハヽヽヽ』
135阿呆口(あはうぐち)()つてゐるのは守高(もりたか)であつた。
136 通訳(つうやく)王元祺(わうげんき)何処(どこ)ともなく元気(げんき)がない。137青白(あをじろ)(かほ)して(よこ)になり、138(はな)()()でてはウンウンと大声(おほごゑ)(うな)り、139(しばら)くしては(また)キヨロリと()()け、140窓外(さうぐわい)不足相(ふそくさう)(かほ)をして(なが)めてゐる。141持病(ぢびやう)睾丸炎(かうぐわんえん)再発(さいはつ)したからであつた。
 
142 太陽(たいやう)地平線上(ちへいせんじやう)(ちか)づけどまだ洮南(たうなん)(はる)かなりけり
143 ぐづ汽車(きしや)()りて荒原(くわうげん)()()けば欠伸(あくび)(たま)連発(れんぱつ)となる
 
144車上(しやじやう)懐古(くわいこ)
145汽車破壊昌図街(きしやははくわいすしやうとがい)
146危険刻々我隊迫(こくこくわがたいにせまる)
147巡警兵士日警官(じゆんけいへいしにちけいくわん)
148窺間一行急遁晦(かんをうかがひていつかうきふにとんくわいす)
149 (ちなみ)真澄別(ますみわけ)一行(いつかう)は、150三月(さんぐわつ)三日(みつか)午後(ごご)十一時(じふいちじ)十分(じふぶん)奉天駅(ほうてんえき)(はつ)長春(ちやうしゆん)(ゆき)列車(れつしや)搭乗(たふじよう)し、151四日(よつか)午前(ごぜん)五時(ごじ)(はん)四平街(しへいがい)(ちやく)152植半旅館(うゑはんりよくわん)にて朝餐(てうさん)(きつ)し、153同日(どうじつ)午前(ごぜん)八時(はちじ)(はん)四平街(しへいがい)(はつ)154正午前(しやうごまへ)鄭家屯(ていかとん)(ちやく)155ホテルに投宿(とうしゆく)した。156そして三月(さんぐわつ)五日(いつか)午前(ごぜん)六時(ろくじ)(はん)(はつ)列車(れつしや)にて洮南(たうなん)(むか)つた。157中途(ちうと)三林駅(さんりんえき)(はつ)()もなく、158機関車(きくわんしや)故障(こしやう)(おこ)し、159列車(れつしや)荒野(くわうや)真中(まんなか)立往生(たちわうじやう)した。160係員(かかりゐん)東奔西走(とうほんせいそう)して(つひ)鄭家屯(ていかとん)より救援(きうゑん)機関車(きくわんしや)引張(ひつぱ)つて()(やうや)進行(しんかう)(はじ)めた。161(とき)午後(ごご)四時(よじ)162沿道(えんだう)馬賊(ばぞく)襲来(しふらい)(たい)する警戒(けいかい)物々(ものもの)しき(なか)列車(れつしや)遅々(ちち)として運転(うんてん)し、163()十二時(じふにじ)()ぐる二十分(にじふぶん)洮南駅(たうなんえき)到着(たうちやく)した。164一行(いつかう)洮南旅館(たうなんりよくわん)のボーイに(むか)へられ支那(しな)馬車(ばしや)二台(にだい)分乗(ぶんじやう)し、165銃剣(じゆうけん)をつけたる兵隊(へいたい)(まも)られつつ(とく)(ひら)かれたる城門(じやうもん)(くぐ)つて洮南旅館(たうなんりよくわん)(とう)じた。
166大正一四・八 筆録)