霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一三章 洮南旅館(たうなんりよくわん)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 特別篇 山河草木 入蒙記 篇:第2篇 奉天より洮南へ よみ:ほうてんよりとうなんへ
章:第13章 入蒙記 よみ:とうなんりょかん 通し章番号:
口述日:1925(大正14)年08月 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年2月14日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
日出雄一行は三月八日の午後九時三十分にようやく洮南駅に到着した。そして洮南旅館で真澄別一行と合流した。洮南府は日本官憲の勢力がない場所であった。現在は特殊の関係のある者のみが二十五名逗留しているだけの地である。
ここは鄭家屯の北から鉄道で百四十マイル、東蒙古における唯一の大市街である。支那人が蒙古に発展する拠点となった街である。四方を城壁で囲み、門は官兵や巡警が控えていて護証の検査をなし、また税金を取り立てている。
蒙古の地にあって、その勢力も政治も支那の主権に属し、奉天省が管轄している。そして日本人排斥の思想が濃く、鄭家屯の日本領事館員でさえ、なかなか市内に入ることができない。
こういう場所に潜んで、一同は種々の計画を練っていたのである。その間に、満鉄の三井貫之助氏が訪ねてきたが、岡崎、大倉の両人が接見した。また、佐々木の手紙が届き、帰化城方面の支那人哥老会の揚成業氏が、一万の兵を率いて参加するという知らせがあった。
また、関東庁の陸軍三等主計正の日本人某が視察にやって来ていて、一泊した上で翌朝の汽車で帰って行った。また、有名な評論家・横山健道が日出雄と入れ違いにこのホテルを出て行ったという。横山が揮毫したという立派な書を、ホテルの支配人から見せてもらった。日出雄も請われて、日本人に書画を書き与えた。
またある日、鄭家屯の日本領事館書記生某氏が、視察のために洮南に来て、満鉄の三井氏が調査した書類を書き写し、四五日滞在して帰って行ったりした。日本官吏による調査は、すべてこのように行われていたのである。
この日、城内の猪野氏・平間氏宅に、日本人全員が移転することになった。名田彦があまり自分が選ばれた大本信者であると回りに吹聴し、計画を漏らすようなことを言うので、岡崎の機嫌は非常に悪くなった。日出雄がたしなめると、名田彦は黙り込んでしまった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rmnm13
愛善世界社版:113頁 八幡書店版:第14輯 589頁 修補版: 校定版:114頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 日出雄(ひでを)はやうやくにして三月(さんぐわつ)八日(やうか)陰暦(いんれき)二月(にぐわつ)三日(みつか)午後(ごご)九時(くじ)三十分(さんじつぷん)002洮南駅(たうなんえき)無事(ぶじ)安着(あんちやく)し、003乞食(こじき)(やう)支那兵(しなへい)(おく)られ、004ガタ馬車(ばしや)二台(にだい)分乗(ぶんじやう)して洮南旅館(たうなんりよくわん)()る。005真澄別(ますみわけ)006大倉(おほくら)007名田彦(なだひこ)三人(さんにん)鶴首(かくしゆ)して()つて()た。008さうして洮南府(たうなんふ)日本(につぽん)官憲(くわんけん)勢力(せいりよく)なく、009領事館員(りやうじくわんゐん)(いへど)護照(ごせう)がなければ入洮(にふたう)(ゆる)さないので、010日本人(につぽんじん)停車場(ていしやぢやう)(むか)へに()るのは(もつと)危険(きけん)だから失礼(しつれい)をしましたと、011三人(さんにん)弁解(べんかい)して()た。012王元祺(わうげんき)睾丸炎(かうぐわんえん)益々(ますます)激痛(げきつう)(かん)じ、013病床(びやうしやう)(はい)つたまま()きず、014(めし)()はず(よわ)りきつて()る。
015 ()くれば三月(さんぐわつ)九日(ここのか)016奉天(ほうてん)同志(どうし)安着(あんちやく)電報(でんぱう)(はつ)した。017(この)洮南旅館(たうなんりよくわん)満鉄(まんてつ)御用旅館(ごようりよくわん)()名義(めいぎ)で、018(から)うじて支那官憲(しなくわんけん)許可(きよか)()けて()るのである。019一時(いちじ)洮南府内(たうなんふない)百七八十人(ひやくしちはちじふにん)日本人(につぽんじん)滞留(たいりう)して()たが、020支那官憲(しなくわんけん)圧迫(あつぱく)により、021(いづ)れも退去(たいきよ)(めい)ぜられ、022特殊(とくしゆ)関係(くわんけい)あるもののみ二十五人(にじふごにん)在留(ざいりう)して()るだけである。023さうして、024日本人(につぽんじん)(をんな)()へば(わづ)かに五人(ごにん)()ふことで、025一行(いつかう)七人(しちにん)(この)旅館(りよくわん)宿泊(しゆくはく)して種々(しゆじゆ)計画(けいくわく)着手(ちやくしゆ)して()た。026平馬氏宅(へいましたく)から猪野(ゐの)027大川(おほかは)二人(ふたり)来訪(らいほう)して蒙古入(もうこい)りの壮挙(さうきよ)()き、028()国家(こくか)前途(ぜんと)(ため)慶賀(けいが)()へないと()ふて賛意(さんい)(へう)して()る。029(つぎ)満鉄(まんてつ)関係者(くわんけいしや)三井(みつゐ)貫之助(くわんのすけ)()来訪(らいほう)した。030(しか)(なが)日出雄(ひでを)真澄別(ますみわけ)一室(いつしつ)()(こも)り、031岡崎(をかざき)032大倉(おほくら)両人(りやうにん)接見(せつけん)する(こと)となつた。033大倉(おほくら)三井(みつゐ)(とも)城内(じやうない)支那料理店(しなれうりてん)()かけ、034種々(しゆじゆ)運動(うんどう)開始(かいし)した。035夜分(やぶん)になると東西南北(とうざいなんぼく)から銃砲(じゆうはう)(おと)(しき)りに(きこ)えて()る。036(これ)洮南府(たうなんふ)周囲(しうゐ)散在(さんざい)して()十数団(じふすうだん)馬賊(ばぞく)二千余名(にせんよめい)が、037何時(いつ)洮南府(たうなんふ)(おそ)ふかも()れないので、038()になると兵士(へいし)馬賊(ばぞく)威喝(ゐかつ)(ため)発砲(はつぱう)するのだと()(こと)である。039(じつ)官憲(くわんけん)威力(ゐりよく)(およ)ばず、040物騒(ぶつそう)千万(せんばん)土地(とち)である。
041 (この)洮南府(たうなんふ)鄭家屯(ていかとん)(きた)()鉄路(てつろ)百四十哩(ひやくよんじふマイル)地点(ちてん)にあつて、042東蒙古(ひがしもうこ)()ける唯一(ゆゐいつ)大市街(だいしがい)である。043支那人(しなじん)蒙古(もうこ)発展(はつてん)した根拠地(こんきよち)(すなは)()()である。044四方(しはう)(つち)城壁(じやうへき)をもつて(かこ)み、045東西南北(とうざいなんぼく)六個(ろくこ)通行門(つうかうもん)があつて、046住民(ぢゆうみん)此処(ここ)から出入(しゆつにふ)する。047(もん)入口(いりぐち)には支那(しな)官兵(くわんぺい)巡警(じゆんけい)(ひか)へて()て、048一々(いちいち)護照(ごせう)検査(けんさ)()し、049携帯品(けいたいひん)出入(しゆつにふ)荷物(にもつ)(たい)しては、050幾何(いくら)かの税金(ぜいきん)現場(げんぢやう)徴収(ちやうしう)する。051洮南(たうなん)市街(しがい)南北(なんぽく)()支里(しり)052東西(とうざい)()支里(しり)正方形(せいほうけい)面積(めんせき)(いう)し、053(この)城壁内(じやうへきない)には官公署(くわんこうしよ)各商店(かくしやうてん)(のき)(なら)べて()る。054純然(じゆんぜん)たる蒙古(もうこ)土地(とち)でありながら、055(その)勢力(せいりよく)も、056政治関係(せいぢくわんけい)(まつた)支那(しな)主権(しゆけん)(ぞく)し、057奉天省(ほうてんしやう)管轄(くわんかつ)して()る。058二十年(にじふねん)以前(いぜん)059(はじ)めて支那人(しなじん)(この)()市街(しがい)(きづ)いた(とき)は、060(わづ)かに三四十戸(さんしじつこ)()ぎなかつたが、061(その)(とき)から道尹衙門(だういんがもん)設置(せつち)して土地(とち)発展(はつてん)(つと)めて()る。062(その)()洮南(たうなん)道尹衙門(だういんがもん)鄭家屯(ていかとん)()(うつ)り、063現在(げんざい)官公署(くわんこうしよ)064県公署(けんこうしよ)065第二十九師司令部(だいにじふくししれいぶ)や、066監獄(かんごく)や、067警察署(けいさつしよ)068審判庁(しんぱんちやう)069捐務局(えんむきよく)070兵営(へいえい)071郵政局(いうせいきよく)072電報局(でんぱうきよく)073学校(がつかう)(とう)がある。074国民小学校(こくみんせうがくかう)三ケ所(さんかしよ)075国民女学校(こくみんぢよがくかう)二ケ所(にかしよ)県立高等小学校(けんりつかうとうせうがくかう)一ケ所(いつかしよ)ある。076当地(たうち)支那官憲(しなくわんけん)(すべ)ての日本人(につぽんじん)(たい)して極力(きよくりよく)圧迫(あつぱく)(くは)へ、077排日思想(はいにちしさう)(もつと)(さか)んな(ところ)である。078それ(ゆゑ)079鄭家屯(ていかとん)日本領事館(につぽんりやうじくわん)から館員(くわんゐん)視察(しさつ)()ても、080護照(ごせう)がなければ(とほ)さないと()つて、081入城(にふじやう)(こば)むと()有様(ありさま)である。
082 かういふ状況(じやうきやう)()洮南府(たうなんふ)日出雄(ひでを)一行(いつかう)()()んだから、083中々(なかなか)晏如(あんじよ)たる(わけ)には()かないのである。084洮南(たうなん)日出雄(ひでを)()いた三日目(みつかめ)に、085秦宣(しんせん)(およ)山田(やまだ)文治郎(ぶんぢらう)両人(りやうにん)佐々木(ささき)手紙(てがみ)()つてやつて()た。086それは帰化城(きくわじやう)方面(はうめん)支那人(しなじん)哥老会(からうくわい)耆宿(きしゆく)揚成業(やうせいげふ)が、087一万(いちまん)数千(すうせん)(へい)(ひき)ゐて参加(さんか)すると()(こと)であつた。088(この)(とき)関東庁(くわんとんちやう)陸軍三等主計正(りくぐんさんとうしゆけいせい)なる日本人(につぽんじん)(ぼう)洮南(たうなん)視察(しさつ)にやつて()一夜(いちや)宿泊(しゆくはく)した(うへ)089翌朝(よくてう)八時(はちじ)汽車(きしや)(かへ)つて()つた。
090 夜分(やぶん)になると、091(かね)太鼓(たいこ)(ふえ)などの楽器(がくき)賑々(にぎにぎ)しく葬式(さうしき)行列(ぎやうれつ)街道(かいだう)通過(つうくわ)する(おと)(きこ)えるかと(おも)へば、092今度(こんど)(また)嫁入(よめいり)行列(ぎやうれつ)(おな)じやうな鳴物(なりもの)(とほ)つて()く。093さうして爆竹(ばくちく)(おと)四方(しはう)から(きこ)えて()る。094室内(しつない)(おと)ばかり()いて()ると葬式(さうしき)嫁入(よめいり)(おな)じやうに(きこ)える。095有名(いうめい)論評家(ろんぴやうか)黒頭巾(くろづきん)横山(よこやま)健堂(けんだう)が、096日出雄(ひでを)()(ちが)ひに(この)ホテルを()(かへ)つて()つた。097此処(ここ)健堂(けんだう)揮毫(きがう)した立派(りつぱ)(しよ)をホテルの支配人(しはいにん)から(しめ)され、098()揮毫(きがう)依頼(いらい)されたので、099日出雄(ひでを)(これ)(おう)日本人(につぽんじん)書画(しよぐわ)()(あた)へた。
100 三月(さんぐわつ)十一日(じふいちにち)未明(みめい)から機関銃(きくわんじゆう)小銃(せうじゆう)(おと)(しき)りに(きこ)え、101(なん)となく不穏(ふをん)空気(くうき)(ただよ)うて()る。102洮南府(たうなんふ)一個(いつこ)旅団(りよだん)(やく)四千人(よんせんにん)常備兵(じやうびへい)があつて、103東三省(とうさんしやう)北門(ほくもん)(まも)つて()るのだが、104ホテルの支配人(しはいにん)()くと、105馬賊(ばぞく)一隊(いつたい)襲来(しふらい)したので応戦(おうせん)して()るものだとの(こと)であつた。
106 ()くれば三月(さんぐわつ)十二日(じふににち)107鄭家屯(ていかとん)日本領事館(につぽんりやうじくわん)書記生(しよきせい)(ぼう)108洮南(たうなん)視察(しさつ)(ため)()(きた)り、109ホテルに宿泊(しゆくはく)し、110満鉄(まんてつ)関係(くわんけい)三井(みつゐ)()調査(てうさ)した書類(しよるゐ)()(うつ)し、111四五日間(しごにちかん)滞在(たいざい)して(かへ)つて()く。112日本(につぽん)官吏(くわんり)調査(てうさ)はすべてこんな具合(ぐあひ)(おこな)はれて()るのだ。113(この)()城内(じやうない)春山医院(はるやまいゐん)猪野(ゐの)敏夫(としを)()(たく)114(およ)平馬(へいま)慎太郎(しんたらう)()(たく)日本人(につぽんじん)全部(ぜんぶ)移転(いてん)することとなつた。115岡崎(をかざき)大変(たいへん)不気嫌(ふきげん)傍人(ばうじん)()(あた)りの(てい)である。116それは名田彦(なだひこ)が──(ぼく)柔術(じうじゆつ)達人(たつじん)だとか、117米国(べいこく)理髪学士(りはつがくし)だとか、118(かたな)一本(いつぽん)あれば数十人(すうじふにん)相手(あひて)(またた)()()りなびけて()せるとか──大法螺(おほぼら)()いて威張(ゐば)()らすのが(しやく)(さは)つたのである。119支那(しな)では理髪師(りはつし)()へば下職(げしよく)とみなされて()るのに、120名田彦(なだひこ)得々(とくとく)として理髪(りはつ)妙技(めうぎ)(ほこ)つたり、121(また)ノコノコと城内(じやうない)理髪店(りはつてん)()かけて()つて、122剃刀(かみそり)使(つか)(かた)がどうだの、123かうだのと理窟(りくつ)()ひ、124支那(しな)理髪師(りはつし)(をし)へてやり、125いらざるお節介(せつかい)をやつたと()ふのである。
126 おまけに日本人(につぽんじん)洮南府(たうなんふ)()ると()(こと)秘密(ひみつ)にしておかねばならぬのに、127自分(じぶん)三五信者中(あななひしんじやちう)全体(ぜんたい)から(えら)ばれて()(かみ)寵児(ちようじ)だ』とか、128日出雄(ひでを)先生(せんせい)一番(いちばん)弟子(でし)だ』とか法螺(ほら)()くので、129岡崎(をかざき)憤慨(ふんがい)したのである。130そこへ秦宣(しんせん)山田(やまだ)とが佐々木(ささき)手紙(てがみ)をもつて使(つか)ひに()たので、131岡崎(をかざき)機嫌(きげん)益々(ますます)(わる)い。
132岡崎(をかざき)佐々木(ささき)133大倉(おほくら)(やつ)134乞食(こじき)のやうな人足(にんそく)使(つか)ひに()こしよつた。135あんなものが(なん)になるか、136大倉(おほくら)(やつ)137(なに)()自分(じぶん)一人(ひとり)出来(でき)るやうに()かしよつて……(なん)(おれ)()なければ(この)危険(きけん)洮南府(たうなんふ)()今日(けふ)のやうな(こと)があつたらどうするか、138マサカ三井(みつゐ)()つぽけな借家(しやくや)八人(はちにん)日本人(につぽんじん)宿(とま)(わけ)には()くまい。139それだから(おれ)が、140平馬君(へいまくん)()()れておいたのだ。141(なん)()つても佐々木(ささき)大倉(おほくら)では駄目(だめ)だ。142趙倜(てうてき)憑占元(ひようせんげん)(はう)から日出雄(ひでを)先生(せんせい)引張(ひつぱ)りに()()つたのに、143佐々木(ささき)(やつ)盧占魁(ろせんくわい)一緒(いつしよ)(たの)みやがるものだから先生(せんせい)御依頼(ごいらい)して盧占魁(ろせんくわい)(はう)援助(ゑんじよ)をして(もら)つたのだ。144本当(ほんたう)彼奴(あいつ)馬鹿(ばか)だからなア。145岡崎(をかざき)腹中(ふくちう)(わか)らぬのだから』
146大気焔(だいきえん)大憤慨(だいふんがい)呼吸(いき)室内(しつない)(つつ)むで仕舞(しま)つた。
147 名田彦(なだひこ)猪野(ゐの)148大川(おほかは)在留(ざいりう)日本人(につぽんじん)(むか)つて滔々(たうたう)自慢話(じまんばなし)()きかけて()る。
149自分(じぶん)沢山(たくさん)信者(しんじや)(なか)から選抜(せんばつ)せられて()純信者(じゆんしんじや)だが、150今回(こんくわい)先生(せんせい)のお(とも)にぬけ()けしてやつて()たのも、151今年(ことし)(なん)でも神勅(しんちよく)()つて一億円(いちおくゑん)財産(ざいさん)(こしら)へるつもりだからだ。152蒙古(もうこ)には金銀銅鉄(きんぎんどうてつ)鉱山(くわうざん)沢山(たくさん)にあると()(こと)だから、153()(とほ)検鉱器(けんくわうき)(まで)()つて()()るのだ。154(この)器械(きかい)さへあれば一目(ひとめ)(きん)か、155(てつ)か、156(どう)か、157(また)含有量(がんいうりやう)幾何(いくら)あるかと()(こと)即座(そくざ)(わか)る。158(この)検鉱器(けんくわうき)独逸製(どいつせい)で、159日本(につぽん)鉱山師(くわうざんし)(たれ)()つて()ない貴重品(きちようひん)だ。160それに先生(せんせい)(はなし)()くと大庫倫(だいクウロン)(まで)神軍(しんぐん)(すす)めると()ふお(はなし)だが、161大庫倫(だいクウロン)(まで)八千(はちせん)支里(しり)もあると()ふのぢやないか。162こんな(こと)なら()るのぢやなかつたに、163チエツ……もう(かへ)つてやらうか』
164なぞと不機嫌(ふきげん)(かほ)つきをして(つぶや)く。165かと(おも)へば、166(また)顔色(かほいろ)()へて、167大本(おほもと)信者(しんじや)(なか)でも(この)(たび)のお(とも)をするやうな精神(せいしん)(みが)けた人間(にんげん)は、168一万人(いちまんにん)(なか)一人(ひとり)もあるまい。169それを(おも)へば(この)(たび)のお(とも)不足(ふそく)ぢやない。170神様(かみさま)御命令(ごめいれい)だと(おも)へば(じつ)(わたし)幸福(かうふく)なものだ。171などと一人免許(ひとりめんきよ)(よろこ)んで()る。172其処(そこ)日出雄(ひでを)何気(なにげ)なくやつて()名田彦(なだひこ)法螺(ほら)()き、
173大本(おほもと)信者(しんじや)千人(せんにん)千人(せんにん)(なが)(みな)(ぼく)について()(もの)ばかりぢや。174さう自惚(うぬぼれ)するものぢやないよ』
175()つたので名田彦(なだひこ)(へん)(かほ)して黙言込(だまりこ)んで仕舞(しま)つた。
176大正一四・八 筆録)