霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一四章 洮南(たうなん)(くも)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 特別篇 山河草木 入蒙記 篇:第2篇 奉天より洮南へ よみ:ほうてんよりとうなんへ
章:第14章 入蒙記 よみ:とうなんのくも 通し章番号:
口述日:1925(大正14)年08月 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年2月14日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
当地の家屋は馬賊の襲来に備えて、塀高く壁厚い構造になっている。オンドルで昼夜暖かいが、屋外の寒気は厳しく、うっかりするとすぐに喉を痛めてしまう。城内の兵士や巡警にも馬賊上がりの者が多く、治安は良いとはいえない。
東蒙古地方の宗教的権威であるラマ教の活仏の名望は地に落ちている。支那人に麻雀で負けて十万余の借金が出来て広大な土地を奪われ、自身梅毒に苦しむ身であるという。
岡崎は日出雄から運動費を受け取ると、それを元手に当地の支那官吏に取り入って、彼らの歓心を買って便宜を図ろうとしていた。そのうち、洮南府の将校である某連長を懇意になり、兄弟分となってしまった。
気が緩んだ岡崎は大言壮語し、あたりかまわず洮南府を○○しようなどと主張し始めるものだから、ある日四平街の奥村氏がやってきて、ついに岡崎の言動が日本・支那の官憲の耳に入って疑いを受けつつあることを知らせて来た。しかし岡崎は、洮南府の将校連を買収しておいたから大丈夫だと、平気の様子である。
一行はいよいよ奥蒙古に入るに当たって、便宜のために家屋を借り、軍器や食料の中継場とした。
平馬氏宅に日本領事館員の月川左門氏がやってきて、猪野敏夫氏を長い間談義を交換していた。結局日本と支那との関係を円滑にするためには、日本の実力を示すより仕様がないと、満蒙経営談にふけっていた。
満鉄の山崎某という社員が、日出雄一行が洮南府へ来ていることを、四平街の日本憲兵隊へ密告したので、支那側の官憲が活動を始め出したという噂が耳に入った。日本領事館の月川書記生や満鉄の佐藤某が、平馬氏宅を窺うようになった。
日出雄は天下万民のために正々堂々と天地にはじない行動をとっているにもかかわらず、身を忍ばせて秘密の行動を採らなければならないというのは、要するに上に卑怯な為政者がいるからである。
警戒線を破って神界の経綸を行うべくはるばるやってきたのを、上下狼狽して懸賞付で捜索を始めたという。実に気の毒なものだ。世界平和の共栄の大理想を実行実現するために、日出雄はやってきたのだ。不義と罪悪の淵源である官憲・為政者たちから目を覚ましてくれなければ、到底東洋に国を安全に建てていくことは不可能である。
張作霖については、自分は金を出さずに人に苦労させて甘い汁を吸おうというとんでもない男だ。しかし、果たして盧占魁が張の思い通りに動くだろうか、という感想を持っている。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rmnm14
愛善世界社版:121頁 八幡書店版:第14輯 592頁 修補版: 校定版:121頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 当地(たうち)家屋(かをく)内地(ないち)()して非常(ひじやう)(かは)つてゐる。002(いづ)れの民家(みんか)(みな)(いへ)周囲(しうゐ)(たか)土塀(どべい)をめぐらし、003馬賊(ばぞく)襲来(しふらい)(そな)へ、004屋内(をくない)(へや)(ごと)入口(いりぐち)のみあつて一方口(いつぱうぐち)である。005(なか)から(かぎ)をかけて()構造(こうざう)となつてゐる。006一尺(いつしやく)以上(いじやう)もある(やう)(あつ)(かべ)()仕切(しき)り、007そして(うなぎ)寝所(ねどこ)のやうな細長(ほそなが)間取(まどり)になつてゐる。008冬季(とうき)昼夜(ちうや)温突(をんどる)()()れてあるから室内(しつない)(あたた)かい。009(これ)(はん)一歩(いつぽ)屋外(をくぐわい)()づれば寒気(かんき)(きび)しく()(せま)り、010うつかりしてゐると、011()ぐに咽喉(いんこう)(がい)して(しま)ふ。012それから(みち)()車馬(ばしや)()ると、013(れい)支那式(しなしき)(とこ)(ひく)梶棒(かぢぼう)篦棒(べらぼう)(なが)人力車(じんりきしや)()られないが、014不恰好(ぶかつかう)牛車(ぎうしや)馬車(ばしや)(はひ)(やう)道路(だうろ)()(めぐ)り、015防砂眼鏡(ばうしやめがね)をかけねば一歩(いつぽ)(さき)通行(つうかう)することが出来(でき)ない。016(いづ)れの(いへ)入口(いりぐち)(あか)(かみ)()り、017富貴(ふうき)だとか幸福(かうふく)だとか、018瑞祥(ずゐしやう)だとか、019目出度(めでた)さうな文字(もじ)(しる)してゐる。020そして夕方(ゆふがた)から城門(じやうもん)(かた)(とざ)し、021夜分(やぶん)()地方(ちはう)()られない(こと)になつてゐる。022当城内(たうじやうない)にいる数千(すうせん)兵士(へいし)数多(あまた)巡警(じゆんけい)大部分(だいぶぶん)馬賊上(ばぞくあが)りだから、023()(とばり)がおりると同時(どうじ)に、024平気(へいき)平左(へいざ)で、025軍服(ぐんぷく)(まま)泥棒(どろばう)をやると()ふのだから、026生命(せいめい)財産(ざいさん)保証(ほしよう)などは到底(たうてい)駄目(だめ)である。027そして城内(じやうない)三分(さんぶ)(いち)(まで)馬賊(ばぞく)頭目(たうもく)小盗児連(せうトルれん)大小各店(だいせうかくてん)(ひら)いてそ()らぬ(かほ)してゐるのだからこれ(ほど)危険(きけん)(きは)まる(はなし)はない。028(この)附近(ふきん)馬賊(ばぞく)団体(だんたい)三十人(さんじふにん)(あるひ)五十人(ごじふにん)小勢(せいぜい)村落(そんらく)()(きた)り、029三日間(みつかかん)(ぐらゐ)()(むら)逗留(とうりう)して、030()()ひ、031()()み、032(をんな)()れば老若(らうにやく)(べつ)なく強姦(がうかん)をなし、033飲食物(いんしよくぶつ)がなくなると、034悠々(いういう)として(また)(つぎ)(むら)()つて(おな)じことを繰返(くりかへ)すといふ呑気(のんき)千万(せんばん)泥棒団(どろばうだん)横行(わうかう)し、035蒙古(もうこ)住民(ぢゆうみん)(じつ)(まくら)(たか)くする(こと)出来(でき)ないと()有様(ありさま)である。036それから東蒙古地方(ひがしもうこちはう)俗称(ぞくしよう)活仏(くわつぶつ)名望(めいばう)信用(しんよう)全然(ぜんぜん)()()ち、037蒙古人(もうこじん)信仰(しんかう)(うご)()したといふ。038(げん)にパインタラの活仏(くわつぶつ)麻雀(マージヤン)()けて、039十万余(じふまんよ)負債(ふさい)出来(でき)040広大(くわうだい)土地(とち)支那人(しなじん)にボツたくられ、041()婦女子(ふぢよし)小口(こぐち)から()つかけて、042(いま)梅毒(ばいどく)(かか)(くる)しんでゐるといふ有様(ありさま)だ。043王爺廟(ワンイエメウ)活仏(くわつぶつ)(また)いろいろ面白(おもしろ)からぬ評判(ひやうばん)()つてゐる。044昨年(さくねん)三月(さんぐわつ)十四日(じふよつか)満鉄(まんてつ)上村(かみむら)(ぼう)当地(たうち)にて馬賊(ばぞく)(なぐ)(ころ)された一周忌(いつしうき)(あた)るといふので、045(その)追悼会(つゐたうゑ)日本人間(につぽんじんかん)(おこな)はれた。046上村(かみむら)剣道(けんだう)達人(たつじん)であつたが、047暗夜(やみよ)(うしろ)から棍棒(こんぼう)脳天(なうてん)(なぐ)りつけられて一堪(ひとたま)りもなく(たほ)れたとの(こと)である。
048 寒風(かんぷう)(はげ)しく()きまくり、049黄塵万丈(くわうぢんばんじやう)(ちまた)をいろいろの鳴物入(なりものい)りで葬式(さうしき)行列(ぎやうれつ)(とほ)つて()く。050窓内(さうない)より(なが)むれば喇嘛僧(らまそう)二十人(にじふにん)(ばか)り、051()(あか)(ころも)()け、052面白(おもしろ)(はた)沢山(たくさん)押立(おした)て、053死骸(しがい)輿(こし)()せ、054五六間(ごろくけん)もあるやうな(なが)(ぼう)でかついで、055チワチワさせ(なが)ら、056馬車(ばしや)数台(すうだい)(ぶた)(ひつじ)などを(しば)りつけて(なが)行列(ぎやうれつ)(つく)つて(とほ)る。057(あたか)氏神(うぢがみ)祭礼(さいれい)神輿渡御(みこしとぎよ)(やう)光景(くわうけい)である。058(かか)立派(りつぱ)葬式(さうしき)(この)土地(とち)でも余程(よほど)()()れた人士(じんし)だと()ふことだ。
059 岡崎(をかざき)日出雄(ひでを)()から運動費(うんどうひ)受取(うけと)りニコニコし(なが)ら、060洮南府知事(たうなんふちじ)縁類(えんるゐ)なる将校(しやうかう)(とも)五六人(ごろくにん)支那官吏(しなくわんり)(まね)底抜散財(そこぬけさんざい)をやり、061()小遣(こづかひ)(あた)へて彼等(かれら)歓心(くわんしん)()ひ、062まさかの(とき)用意(ようい)にと極力(きよくりよく)運動(うんどう)をやつてゐた。063日出雄(ひでを)宿泊(しゆくはく)してゐる平馬氏(へいまし)(おな)邸内(ていない)洮南府(たうなんふ)将校(しやうかう)某連長(ぼうれんちやう)()んでゐる。064岡崎(をかざき)(この)連長(れんちやう)懇意(こんい)になり、065(たがひ)往復(わうふく)してゐた。066連長(れんちやう)夫婦(ふうふ)大喧嘩(おほけんくわ)をおつ(ぱじ)め、067()ぬの(はし)るの、068(ひま)くれの、069(ころ)すの(ころ)せのと、070悋気喧嘩(りんきげんくわ)(おこ)(たび)(ごと)に、071下女(げぢよ)(おどろ)いて岡崎(をかざき)()びに()るといふ(ふか)(なか)になり、072(つひ)には兄弟分(きやうだいぶん)となつて(しま)つた。073岡崎(をかざき)得意然(とくいぜん)として(おほ)きな(こゑ)(あた)(かま)はず、074(つひ)には洮南府(たうなんふ)を○○しようと()ふやうな(こと)まで主張(しゆちやう)()し、075それが支那官憲(しなくわんけん)(みみ)(はい)つたとか、076日本官憲(につぽんくわんけん)(みみ)這入(はい)つたとか()ふので、077日本人側(につぽんじんがは)非常(ひじやう)()()んだ。078それでなくても排日思想(はいにちしさう)(はげ)しい洮南府(たうなんふ)潜伏(せんぷく)してゐるのだから、079こんな(こと)仮令(たとへ)冗談(じようだん)にもせよ、080日本人(につぽんじん)(くち)から()たと()(こと)支那官憲(しなくわんけん)(きこ)えようものなら、081()んな(こと)になるかも()れないと、082岡崎(をかざき)失言(しつげん)奉天(ほうてん)同志(どうし)(つた)はつたので、083唐国別(からくにわけ)084佐々木(ささき)085大倉(おほくら)顔色(かほいろ)()へ、086狼狽(らうばい)し、087岡崎君(をかざきくん)奉天(ほうてん)(かへ)さないやうにして(もら)ひたい。088そして一日(いちにち)(はや)日出雄(ひでを)先生(せんせい)岡崎(をかざき)引張(ひつぱ)つて公爺府(コンエフ)()つて(もら)ひたいなどと()手紙(てがみ)坂本(さかもと)広一(くわういち)()たせて依頼(いらい)して()た。089岡崎(をかざき)はそんな(こと)には(すこ)しも頓着(とんちやく)なく……国家(こくか)(ため)090社会(しやくわい)(ため)吾々(われわれ)最善(さいぜん)方法(はうはふ)(かう)じてゐるのだ。091大体(だいたい)佐々木(ささき)092大倉(おほくら)(やつ)肝玉(きもたま)(ちひ)さい腰抜(こしぬ)けだから、093(なん)でもない(こと)心配(しんぱい)しよつて、094そんな(こと)で、095こんな大事(だいじ)成就(じやうじゆ)するものか、096ヘン、097馬鹿(ばか)馬鹿(ばか)しい……と(はな)(さき)()()らしてゐる。098日出雄(ひでを)岡崎(をかざき)(むか)つて……『(いま)場合(ばあひ)可成(なるべく)秘密(ひみつ)(まも)り、099(あま)大事(だいじ)なことは口外(こうぐわい)せないよう』……と注意(ちうい)すると、100(たれ)のいふことも()かない岡崎(をかざき)二三日間(にさんにちかん)神妙(しんめう)沈黙(ちんもく)(まも)つてゐた。101すると一日(いちにち)四平街(しへいがい)奥村(おくむら)幹造(かんざう)()倉皇(さうくわう)としてやつて()た。102岡崎(をかざき)大言壮語(たいげんさうご)(たた)り、103日支官憲(につしくわんけん)(みみ)這入(はい)つた(やう)なので日出雄(ひでを)一行(いつかう)()(うへ)(あん)じ、104親切(しんせつ)見舞(みまひ)()たのである。105其処(そこ)岡崎(をかざき)這入(はい)つて()て、106支那(しな)各将校(かくしやうかう)前夜(ぜんや)青楼(せいろう)(あが)一緒(いつしよ)麻雀(マージヤン)散財(さんざい)をして彼等(かれら)(まつた)買収(ばいしう)しておいたからモウ安心(あんしん)だと、107意気(いき)揚々(やうやう)として(かた)る。108奥村(おくむら)岡崎(をかざき)平気(へいき)(かほ)()意外(いぐわい)(かん)()たれてゐた。
109 日出雄(ひでを)一行(いつかう)(いよいよ)蒙古(もうこ)奥地(おくち)()るに(つい)て、110万事(ばんじ)便宜(べんぎ)(ため)支那(しな)家屋(かをく)王元祺(わうげんき)名義(めいぎ)にて一ケ年(いつかねん)百五十円(ひやくごじふゑん)家賃(やちん)借入(かりい)るることとなつた。111温突付(をんどるつき)四間(よま)家屋(かをく)で、112長栄号(ちやうえいがう)命名(めいめい)表面(へうめん)貿易商(ぼうえきしやう)といふことになし、113軍器(ぐんき)糧食(りやうしよく)中継場(ちうけいぢやう)とした。
114 日出雄(ひでを)守高(もりたか)(とも)平馬氏(へいまし)(たく)書見(しよけん)をしてゐると、115日本領事館員(につぽんりやうじくわんゐん)月川(つきかは)左門(さもん)()がやつて()た。116そして猪野(ゐの)敏夫(としを)(なが)(あひだ)種々(しゆじゆ)談話(だんわ)交換(かうくわん)し、117結局(けつきよく)日本(につぽん)支那(しな)との関係(くわんけい)円滑(ゑんくわつ)ならしむるには日本(につぽん)実力(じつりよく)(しめ)すより仕様(しやう)がないと、118満蒙(まんもう)経営談(けいえいだん)(ふけ)つてゐた。119日出雄(ひでを)(つぎ)()から両人(りやうにん)談話(だんわ)()いてゐた。120暫時(しばらく)すると支那将校(しなしやうかう)がやつて()て、121(ひと)つの卓子(テーブル)(かこ)み、122(うれ)(さう)(わら)(なが)ら、123麻雀(マーヂヤン)()博奕(ばくち)深更(しんかう)(まで)やつてゐる。124平馬氏(へいまし)夫人(ふじん)二葉子(ふたばこ)一緒(いつしよ)麻雀(マーヂヤン)(ふけ)つてゐた。125文学(ぶんがく)趣味(しゆみ)()つた日出雄(ひでを)幾日間(いくにちかん)一室(いつしつ)閉籠(とじこも)つてゐても(すこ)しも苦痛(くつう)(かん)じないのみならず、126いろいろな思想(しさう)(いづみ)()いて()ると()つて、127面白(おもしろ)(たの)しく()(おく)詩歌(しいか)などに(ふけ)つてゐる。128(その)(なか)数首(すうしゆ)()に、
 
129 十二夜(じふにや)(つき)()(たび)(おも)ふかな(わが)(うま)れたる夜半(よは)はいかにと
130 ()(もと)立出(たちい)(ふたた)十二夜(じふにや)(つき)蒙古(もうこ)(そら)()るかな
131 大空(おほぞら)(つき)(ふる)ひて(かぜ)(さむ)しされど(わが)()(かみ)(ふところ)
132 (すず)(おと)いと(にぎ)はしく(きこ)えけり(また)もや馬車(ばしや)(みち)()くらむ
133 潜竜(せんりう)(ひそ)(この)()神界(しんかい)(ふか)仕組(しぐみ)(やかた)なるらむ
 
134 三月(さんぐわつ)十六日(じふろくにち)(きう)二月(にぐわつ)十三日(じふさんにち)満鉄(まんてつ)社員(しやゐん)山崎(やまざき)(ぼう)四平街(しへいがい)日本(につぽん)憲兵隊(けんぺいたい)へ、135日出雄(ひでを)一行(いつかう)洮南府(たうなんふ)()(こと)密告(みつこく)したので、136支那側(しながは)官憲(くわんけん)活動(くわつどう)(はじ)()したと()(うはさ)(みみ)()り、137一行(いつかう)薄氷(はくひよう)()むが(ごと)(おも)ひに(なや)んでゐた。138そして月川(つきかは)書記生(しよきせい)満鉄(まんてつ)佐藤(さとう)(ぼう)(かは)(がは)平馬氏(へいまし)(たく)(うかが)つてゐた。
 
139 洮南(たうなん)(きた)りて安心(あんしん)する()もなく(また)もや(ふか)(なや)みするかな
 
140 と日出雄(ひでを)口誦(くちずさ)んだ。141(しか)(かれ)は、142危険(きけん)なる(いへ)(とど)まり()るも(かへ)つて安全(あんぜん)なるべし、143窮鳥(きうてふ)(ふところ)()れば猟夫(れふふ)(これ)(ころ)さずとの金言(きんげん)神力(しんりき)とを(たの)みとして()(おく)つて()たのである。144(その)当時(たうじ)日出雄(ひでを)述懐(じゆつくわい)()(ごと)一節(いつせつ)がある。
145日出雄(ひでを)天下万民(てんかばんみん)(ため)正々堂々(せいせいだうだう)天地(てんち)()ぢざる行動(かうどう)()つて()ながらも、146()くの(ごと)()(しの)ばせ、147秘密(ひみつ)行動(かうどう)()らねばならないといふのは、148(えう)するに(うへ)卑怯(ひけふ)なる為政者(ゐせいしや)()るからである。149内強外弱(ないきやうぐわいじやく)唯々諾々(ゐゐだくだく)として外人(ぐわいじん)鼻息(はないき)のみを(うかが)つて()日本(につぽん)外交官(ぐわいかうくわん)(および)内閣員(ないかくゐん)(すこ)しでも心配(しんぱい)せない(やう)との(おもんぱか)りからである。150(その)(くせ)日本(につぽん)官憲(くわんけん)支那(しな)朝鮮(てうせん)151露国(ろこく)(たい)しては、152随分(ずゐぶん)鼻意気(はないき)(あら)(すべ)てが威圧的(ゐあつてき)であるに(かかは)らず、153英米(えいべい)(たい)しては、154(あたま)から青痰(あをたん)()きかけられても小言(こごと)(ひと)()()ない腰抜(こしぬ)けばかりだ。155皇道大本(くわうだうおほもと)勢力(せいりよく)(おほ)きいと()つて、156所在(あらゆる)圧迫(あつぱく)(くは)(つひ)には純忠無二(じゆんちうむに)大思想家(だいしさうか)に、157無理槍(むりやり)冤罪(ゑんざい)(かむ)らせたり、158天地(てんち)大神(おほかみ)(みや)(こぼ)つたり、159色々(いろいろ)雑多(ざつた)悪政暴虐(あくせいばうぎやく)(くは)へ、160正義(せいぎ)団体(だんたい)()るに悪逆(あくぎやく)無道(むだう)(もつ)てする、161(じつ)(あき)()てたるものである。162(しか)東洋(とうやう)君子国(くんしこく)163浦安国(うらやすくに)自惚(うぬぼ)れて()るのだから(たま)らない。164自分(じぶん)警戒線(けいかいせん)悠々(いういう)(やぶ)つて、165神界(しんかい)経綸(けいりん)(おこな)ふべく遥々(はるばる)やつて()たのに(たい)して、166上下狼狽(しやうからうばい)167一千円(いつせんゑん)懸賞附(けんしやうつき)捜索(そうさく)(はじ)めかけたと()ふ、168(じつ)()(どく)なものだ。169(しか)(けつ)して心配(しんぱい)(くだ)さるな、170滅多(めつた)諸君(しよくん)()(ため)にならない(やう)拙劣(へた)(こと)はせないから、171世界(せかい)平和(へいわ)共栄(きようえい)大理想(だいりさう)実行(じつかう)実現(じつげん)(ため)だ。172君等(きみら)(やう)(しり)(あな)睾丸(かうぐわん)で、173一体(いつたい)今日(こんにち)()(なか)(おい)(なに)出来(でき)ると(おも)ふか、174どうして万世一系(ばんせいいつけい)国家(こくか)(まも)つて()けるか、175不義(ふぎ)罪悪(ざいあく)との淵源(えんげん)たる君等(きみら)から、176(すこ)しは()()まして()れねば、177東洋(とうやう)(くに)安全(あんぜん)()てて()(こと)不可能(ふかのう)だ、178(げん)今日(こんにち)状態(じやうたい)()んだい……』
179 (また)張作霖(ちやうさくりん)(くわん)しては()(ごと)(ひやう)してゐた。
180東三省(とうさんしやう)張作霖(ちやうさくりん)随分(ずゐぶん)支那人(しなじん)としては(えら)(をとこ)だ、181コソコソと画策(くわくさく)(めぐ)らすのも中々(なかなか)上手(じやうず)だ。182そして自分(じぶん)肝心(かんじん)(かね)()さず、183(ひと)苦労(くらう)さして自分(じぶん)がそつと(あま)(しる)()はふといふのだから(たま)らぬ。184(しか)資本(しほん)なしの商売(しやうばい)結局(けつきよく)駄目(だめ)(をは)るだらう。185()(もと)にありだ。186資本主(しほんぬし)最後(さいご)勝利(しようり)だ。187()()(はた)して永遠(ゑいゑん)(ちやう)頤使(いし)(あま)んずるで()らうか、188直奉間(ちよくほうかん)引掛合(ひきかけあひ)(ひさ)しいものだが、189(いづ)(とほ)からぬ(うち)(なん)とか一幕(ひとまく)芝居(しばゐ)()たれるだらう。190云々(うんぬん)
191大正一四・八 筆録)