霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート実施中! こちらからどうぞ。〆切りは7月17日です。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一五章 公爺府入(コンイエフいり)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 特別篇 山河草木 入蒙記 篇:第3篇 洮南より索倫へ よみ:とうなんよりそーろんへ
章:第15章 入蒙記 よみ:こんいえふいり 通し章番号:
口述日:1925(大正14)年08月 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年2月14日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
いよいよ公爺府に入ることが決まり、地図を手に入れたりと準備が始まった。三月二十二日には王天海、張貴林、公爺府の協理である老印君らが到着した。
三月二十五日の早朝、一行は三台の轎車に分乗し、トール河を渡って北を目指して進んでいった。その日は洮南から百二十支里離れた牛馬宿に一泊した。
翌朝出立し、正午に王爺廟の張文海の宅に着いた。王爺廟はラマ僧が三百人ほど居る。日本のラマ僧が来たからといって、一人残らず日出雄に挨拶に来た。日出雄は人々に携帯してきた飴を一粒ずつ与えた。
大ラマは部下に命じて鯉をとらせ、日出雄に献上した。午後二時、日出雄が王爺廟を出ようとすると、大ラマは牛乳のせんべいを日出雄に送った。
日出雄は釈迦が出立のときに、若い女に牛乳をもらって飲んだ故事を思い出し、奇縁として喜んだ。このとき、日出雄の左の手のひらから釘の聖痕が現れ、盛んに出血して腕にしたたるほどであった。しかし日出雄はまったく痛さを感じなかった。
日出雄一行は公爺府の老印君の館に午後六時ごろ、無事に到着した。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rmnm15
愛善世界社版:133頁 八幡書店版:第14輯 596頁 修補版: 校定版:133頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 日出雄(ひでを)守高(もりたか)平馬氏(へいまし)(たく)暴風(ばうふう)()け、002真澄別(ますみわけ)以下(いか)五人(ごにん)猪野(ゐの)敏夫(としを)()春山医院(はるやまいゐん)陣取(ぢんど)つていろいろの豪傑話(がうけつばなし)(ふけ)り、003守高(もりたか)柔術(じうじゆつ)実習(じつしふ)講演(かうえん)をやつて、004(おほい)にメートルを()げてゐる。005そして守高(もりたか)摩利支天(まりしてん)006名田彦(なだひこ)一億円(いちおくゑん)007真澄別(ますみわけ)泰然自若(たいぜんじじやく)008岡崎(をかざき)霞ケ関(かすみがせき)()仇名(あだな)をつけられた。009猪野(ゐの)鄭家屯(ていかとん)日本坊主(につぽんばうづ)(なぐ)つた(はなし)や、010大川(おほかは)金作(きんさく)のローマンスの追懐談(つゐくわいだん)(はな)()いて()る。011そして東三省一(とうさんしやういち)美人(びじん)()支那芸者(しなげいしや)猪野(ゐの)秋波(しうは)(おく)つた(こと)などを気楽(きらく)さうに喋舌(しやべ)()て、012(はる)陽気(やうき)(ただよ)はしてゐる。013(あさ)から(ばん)まで摩利支天(まりしてん)一億円(いちおくゑん)014山田(やまだ)王元祺(わうげんき)(とう)豪傑連(がうけつれん)柔道(じうだう)練習(れんしふ)をやつてゐたが、015日出雄(ひでを)()くと()ぐに中止(ちゆうし)して(しま)つた。016副官(ふくくわん)秦宣(しんせん)オチコ(ぼう)吹出物(ふきでもの)発生(はつせい)し、017膿汁(うみ)()いた()(あら)はずに食器(しよくき)をいぢるので病毒(びやうどく)感染(かんせん)する(など)()つて日本人側(につぽんじんがは)(きら)はれてゐた。
018 (いよいよ)公爺府(コンエフ)()りが()まり、019順路(じゆんろ)地図(ちづ)を、020支那(しな)某将校(ぼうしやうかう)から()(きた)り、021王府(わうふ)まで二百(にひやく)支里(しり)022最高山(さいかうざん)(きた)だなどと、023(しき)りに地図(ちづ)()(そそ)いだ。024眼鬼将軍(がんきしやうぐん)岡崎(をかざき)佐々木(ささき)大倉(おほくら)のやり(かた)について大変(たいへん)不平(ふへい)()らし、
025先生(せんせい)中途(ちうと)まで(おく)りとどけた(うへ)026一度(いちど)奉天(ほうてん)(かへ)つて彼等(かれら)二人(ふたり)のやり(かた)調査(てうさ)する(つも)りだ。027万一(まんいち)彼奴等(あいつら)がようやらぬのなら、028自分(じぶん)北京(ペキン)()つて呉佩孚(ごはいふ)趙倜(てうてき)()つて(この)大事業(だいじげふ)成功(せいこう)させる……』
029(など)捨鉢(すてばち)()つてゐる。030時々(ときどき)(かぜ)吹廻(ふきまは)しが(わる)いと(へん)(こと)()ふので日出雄(ひでを)(こま)つてゐた。
031 葛根廟(かつこんめう)には馬賊(ばぞく)根拠地(こんきよち)があつて大集団(だいしふだん)をなしてゐるさうだ。032近日(きんじつ)(うち)(をんな)隊長(たいちやう)洮南(たうなん)(むか)つて襲来(しふらい)するとの急報(きふはう)に、033支那(しな)官憲(くわんけん)駐屯軍(ちうとんぐん)(おどろ)いて、034騒々(さうざう)しく動揺(どうえう)(はじ)めた。
035 三月(さんぐわつ)二十二日(にじふににち)午後(ごご)四時(よじ)(ごろ)036王天海(わうてんかい)蒙古(もうこ)隊長(たいちやう)張貴林(チヤンクイリン)公爺府(コンエフ)協理(けふり)老印君(らういんくん)(とも)着洮(ちやくたう)した。037そして(いよいよ)奥地入(おくちい)りの準備(じゆんび)にとりかかつた。038張貴林(チヤンクイリン)日出雄(ひでを)(むか)つて()ふ。
039(この)(さき)には数千(すうせん)馬賊団(ばぞくだん)横行(わうかう)してゐますが、040(いづ)れも自分(じぶん)部下(ぶか)(ばか)りだから、041(けつ)して先生(せんせい)(がい)(あた)へませぬ。042(わたし)今回(こんくわい)自治軍(じちぐん)旅団長(りよだんちやう)(えら)まれましたから、043安心(あんしん)して(くだ)さい。044蒙古男子(もうこだんし)一言(いちごん)金鉄(きんてつ)より(かた)御座(ござ)います。045先生(せんせい)(ため)には(ひと)つよりない生命(いのち)(なげ)うつてゐるのですから』
046(など)()つて(いさ)ましく(うで)()してゐる。
047 (しば)らくすると佐々木(ささき)048大倉(おほくら)両人(りやうにん)日出雄(ひでを)奥地入(おくちい)りを(おく)るべく、049遥々(はるばる)奉天(ほうてん)からやつて()た。050さうして岡崎(をかざき)議論(ぎろん)衝突(しようとつ)()たし、051岡崎(をかざき)機嫌(きげん)がグレツと一変(いつぺん)し、
052(おれ)はこれから奉天(ほうてん)(かへ)つて張作霖(ちやうさくりん)(しか)りつけ、053自由行動(じいうかうどう)()つて()せる……』
054頑張(ぐわんば)り、055サツサと停車場(ていしやぢやう)()して()()つた。056佐々木(ささき)(おどろ)いて停車場(ていしやぢやう)()けつけ、057危機一発(ききいつぱつ)発車(はつしや)間隙(まぎは)(やうや)岡崎(をかざき)(なだ)め、058()れて(かへ)つて()たので一同(いちどう)(やうや)安心(あんしん)した。
059乾坤一擲(けんこんいつてき)大事業(だいじげふ)(さく)(なが)ら、060(いま)から内輪揉(うちわも)めが出来(でき)ては到底(たうてい)駄目(だめ)だ。061満州浪人(まんしうらうにん)大和魂(やまとだましひ)()けてゐる。062あゝ自転倒島(おのころじま)では思慮浅(しりよあさ)きものの(ため)(あやま)られて()置所(おきどころ)なき破目(はめ)(おちゐ)り、063(いま)(また)蒙古(もうこ)()()日本人(につぽんじん)(ため)(あやま)られ、064千仭(せんじん)(こう)一簣(いつき)()くやうな形勢(けいせい)になつて()たのも、065小人物(せうじんぶつ)小胆(せうたん)高慢心(かうまんしん)自己(じこ)本位(ほんゐ)衝突(しようとつ)からである。066(すこ)(ぐらゐ)残念(ざんねん)口惜(くや)しさが隠忍(いんにん)出来得(できえ)ない(やう)(こと)で、067()うして(この)大事業(だいじげふ)成功(せいこう)するか。068真澄別(ますみわけ)もあまり泰然自若(たいぜんじじやく)すぎはせぬか。069(この)(さい)両方(りやうはう)調停(てうてい)(はか)らねばなるまい……』
070日出雄(ひでを)吾知(われし)らず(つぶや)いた。071真澄別(ますみわけ)仲裁(ちうさい)によつて同志(どうし)(あひだ)は、072もとの平和(へいわ)()し、073岡崎(をかざき)(ふたた)(こま)(くび)立直(たてなほ)し、074奉天帰(ほうてんがへ)りを(おも)()蒙古(もうこ)奥地(おくち)侵入(しんにふ)する(こと)をやつと承諾(しようだく)したのである。
 
075 ()()びし()()(いま)(きた)りけりいざ()()かむ蒙古(もうこ)(おく)
 
076 日出雄(ひでを)洮南(たうなん)在留中(ざいりうちう)沢山(たくさん)詩歌(しいか)()んだ。077その(なか)数首(すうしゆ)()に、
 
078 十二日(じふににち)()ぎてゆ陽気(やうき)一変(いつぺん)(はる)()()めし心地(ここち)しにけり
079 洮南(たうなん)安全地帯(あんぜんちたい)(おも)ひきや馬賊(ばぞく)横行(わうかう)いとも(はげ)しき
080 総司令(そうしれい)一日(ひとひ)(はや)(きた)れかし(なれ)()()(われ)(さび)しき
081 十四夜(いざよひ)(つき)()(した)蒙古野(もうこの)(ゑん)(ゑが)いて小便(せうべん)をひる
082 国人(くにびと)一目(ひとめ)()せばや蒙古地(もうこち)()らす御空(みそら)(うづ)月影(つきかげ)
083 (やま)(うみ)()えねど蒙古(もうこ)大野原(おほのはら)()()(ひと)(たましひ)(をど)
084 (てん)()(うみ)かとばかり(うたが)はる蒙古(もうこ)広野(くわうや)にひとり(つき)()
085 (つき)()れば(こころ)(そら)()(わた)天国(てんごく)にある心地(ここち)こそすれ
086 スバル(ぼし)西(にし)(かたむ)()めてより()()(うへ)(しも)()りける
087 ドンヨリと(くも)りし(そら)()(にぶ)小鳥(ことり)(こゑ)(とみ)(しづ)まる
088 支那(しな)蒙古(もうこ)日本(につぽん)(ひと)(わが)(ため)(こころ)(くだ)きて(まも)(うれ)しさ
 
089 三月(さんぐわつ)二十五日(にじふごにち)早朝(さうてう)090支那旅宿(しなりよしゆく)義和粮棧(ぎわりやうさん)から老印君(らういんくん)091日出雄(ひでを)092岡崎(をかざき)093守高(もりたか)094王通訳(わうつうやく)三台(さんだい)轎車(けうしや)分乗(ぶんじやう)洮南北門(たうなんほくもん)より馳走(ちそう)し、095洮児河(トールがは)(はし)(わた)つて(きた)(きた)へと(すす)()く。096寒風(かんぷう)(はげ)しく()(きた)轎車(けうしや)顛覆(てんぷく)しさうな危険(きけん)(かん)じて()た。097副官(ふくくわん)温長興(をんちやうこう)数名(すうめい)兵士(へいし)(とも)騎馬(きば)にて前後(ぜんご)(まも)()く。098途中(とちう)守高(もりたか)()つてゐる轎車(けうしや)路傍(ろばう)(みぞ)(なか)顛覆(てんぷく)し、099守高(もりたか)100王通訳(わうつうやく)(みぞ)(なか)()(おと)され、101馬夫(ばふ)(とも)轎車(けうしや)道路(だうろ)()()げてゐる。102(その)()午前(ごぜん)十一時(じふいちじ)六十(ろくじふ)支里(しり)()三十戸村(さんじつこそん)()き、103此処(ここ)にて昼飯(ちうはん)()(こと)とした。104ここには支那(しな)警察(けいさつ)もあり、105兵営(へいえい)()つてゐる。106旅宿(りよしゆく)(いへ)(はしら)には「莫談国政(ばくだんこくせい)」と()赤紙(あかがみ)()りつけてある。107(これ)専制政治(せんせいせいぢ)遺物(ゐぶつ)だらう……。108此処(ここ)まで()途上(とじやう)109轎車(けうしや)(なか)日出雄(ひでを)はセスセーナ(放尿(はうねう))を煙草(たばこ)空罐(あきくわん)になし、110車外(しやぐわい)()てようとして、111岡崎(をかざき)支那服(しなふく)(うへ)(こぼ)した。112あまり寒気(かんき)(はげ)しいので、113(たちま)(ひざ)(うへ)(こほ)つて(しま)つた。114岡崎(をかざき)小便(せうべん)(こほり)()(つか)んでゲラゲラ(わら)(なが)道路(だうろ)()()てた。115旅宿(りよしゆく)()いて雲天井(くもてんじやう)大便所(だいべんじよ)()くと、116()(あら)(きたな)(ぶた)()(はん)ダース(ばか)りも(あつ)まつて()肥取人足(こえとりにんそく)(やく)をつとめ、117(つひ)には(しり)まで()めあげる。118その可笑(をか)しさに日出雄(ひでを)はゲラゲラ()()してゐる。119午後(ごご)十二時(じふにじ)四十分(よんじつぷん)(ふたた)乗車(じやうしや)120何十間(なんじつけん)とも()れぬ(ひろ)(はば)大道(だいだう)愉快(ゆくわい)さうに(すす)んで()くと、121茫漠(ばうばく)たる大荒原(だいくわうげん)前方(ぜんぱう)(あた)つて(くろ)ずんだ(ひとつ)(やま)()えた。122(これ)北清山(ほくしんざん)()ふ、123さうして(この)(へん)には半坪(はんつぼ)一坪(ひとつぼ)(ばか)りの神仏(しんぶつ)(やかた)が、124彼方此方(あつちこつち)()つてゐる。125(これ)蒙古人(もうこじん)信仰(しんかう)表徴(へうちよう)となつてゐるのだと()ふ。
126 同日(どうじつ)午後(ごご)五時(ごじ)127七十戸村(しちじつこそん)催家店(さいかてん)()牛馬宿(ぎうばやど)(あし)()めた。128洮南(たうなん)からは百二十(ひやくにじふ)支里(しり)(はな)れてゐる。129沢山(たくさん)支那人(しなじん)合客(あひきやく)(とま)つてゐて喋々喃々(てふてふなんなん)として賭博(とばく)をやつて()る。130(よく)三月(さんぐわつ)二十六日(にじふろくにち)(あさ)五時(ごじ)出発(しゆつぱつ)予定(よてい)であつたが、131二十(にじふ)支里(しり)ほど前方(ぜんぱう)(あた)つて官兵(くわんぺい)馬賊(ばぞく)との(たたか)ひがあり、132連長(れんちやう)戦死(せんし)した場所(ばしよ)であるから、133(あさ)(はや)出立(しゆつたつ)するのは(きは)めて危険(きけん)だとの宿(やど)主人(しゆじん)注意(ちうい)()つて、134八時(はちじ)此処(ここ)出発(しゆつぱつ)する(こと)とした。
135 正午前(しやうごまへ)八十(はちじふ)支里(しり)馳駆(ちく)して王爺廟(ワンイエメウ)張文海(ちやうぶんかい)(たく)()いた。136王爺廟(ワンイエメウ)喇嘛僧(らまそう)三百人(さんびやくにん)(ばか)()る。137(めづ)らしき日本(につぽん)喇嘛僧(らまそう)(きた)れりとて三百(さんびやく)喇嘛(らま)が、138一人(ひとり)(のこ)らず日出雄(ひでを)挨拶(あいさつ)()()る。139そして里人(さとびと)子供(こども)(めづ)らしげに(あつ)まつて()た。140日出雄(ひでを)携帯(けいたい)して()(あめ)一粒(ひとつぶ)づつ(あた)へた。141喇嘛(らま)里人(さとびと)地上(ちじやう)(ひざまづ)いて(これ)()けた。142大喇嘛(だいらま)部下(ぶか)(めい)洮児河(トールがは)(こひ)()らせ、143七八寸(しちはちすん)から一尺(いつしやく)五六寸(ごろくすん)(ぐらゐ)のものを八尾(はちび)(ばか)()つて()日出雄(ひでを)進呈(しんてい)した。144()れが本年(ほんねん)(はい)つて(はじ)めての漁獲(ぎよくわく)だと()(こと)である。
145 午後(ごご)二時(にじ)日出雄(ひでを)王爺廟(ワンイエメウ)出発(しゆつぱつ)せむと轎車(けうしや)()つてゐると、146大喇嘛(だいらま)牛乳(ぎうにう)煎餅(せんべい)十枚(じふまい)(ばか)()つて()日出雄(ひでを)(おく)つた。147釈迦(しやか)出立(しゆつたつ)(とき)148(わか)(をんな)牛乳(ぎうにう)(もら)つて()んだ(こと)(おも)()し、149日出雄(ひでを)蒙古(もうこ)奥地(おくち)()()ぐに喇嘛(らま)から牛乳(ぎうにう)煎餅(せんべい)(もら)つた(こと)非常(ひじやう)奇縁(きえん)として(よろこ)んだ。150(この)(とき)日出雄(ひでを)(ひだり)(てのひら)から(くぎ)聖痕(せいこん)(あら)はれ、151(さか)んに出血(しゆつけつ)淋漓(りんり)として(かひな)(したた)つた。152(しか)日出雄(ひでを)(すこ)しの痛痒(つうやう)(かん)じなかつた。
153 洮児河(トールがは)(こほり)処々(ところどころ)()(はじ)め、154()(うへ)轎車(けうしや)通過(つうくわ)する危険(きけん)さは(じつ)名状(めいじやう)すべからざるものがあつたが、155(なん)故障(こしやう)もなく天佑(てんいう)(もと)無事(ぶじ)通過(つうくわ)し、156王爺廟(ワンイエメウ)兵士(へいし)張桂林(ちやうけいりん)馬隊(ばたい)(おく)られ()張文海(ちやうぶんかい)(おとうと)部下(ぶか)騎馬(きば)にて公爺府(コンエフ)まで見送(みおく)られた。157王爺廟(ワンイエメウ)以東(いとう)赤旗(あかはた)戸々(ここ)()て、158以西(いせい)白旗(しろはた)戸々(ここ)()ててゐる。159公爺府(コンエフ)(すで)白旗(しろはた)区域(くゐき)である。160ここは鎮国公(ちんこくこう)161巴彦那木爾(パエンナムル)()王様(わうさま)二百名(にひやくめい)兵士(へいし)(かか)へて(まも)つてゐる(ところ)である。162日出雄(ひでを)一行(いつかう)公爺府(コンエフ)(ちか)(まで)()くと、163公爺府(コンエフ)兵士(へいし)二十人(にじふにん)(ばか)(ささ)(つつ)(れい)をして慇懃(いんぎん)(むか)へてゐた。164日出雄(ひでを)一行(いつかう)公爺府(コンエフ)(かたはら)なる老印君(らういんくん)(やかた)午後(ごご)六時(ろくじ)(ごろ)無事(ぶじ)()いた。
165大正一四・八 筆録)