霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二〇章 春軍完備(しゆんぐんくわんび)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 特別篇 山河草木 入蒙記 篇:第3篇 洮南より索倫へ よみ:とうなんよりそーろんへ
章:第20章 入蒙記 よみ:しゅんぐんかんび 通し章番号:
口述日:1925(大正14)年08月 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年2月14日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
四月二十四日午後、ようやく五台の台車に武器が満載されてやってきた。それにつれて仮司令部の中も活気付き、兵士たちの士気も上がってきた。日本人側もようやく安堵し愁眉を開いた。
奥地は難所が多いために荷物を軽くしていくことになった。日出雄も霊界物語や支那服・日本服は洮南に送り返し、ラマの法衣のみを着ていくことになった。また日出雄と真澄別は宗教家として武器は携帯しなかった。
あけて四月二十六日、公爺府を出発した。日出雄は蒙古救援軍の総督太上将として索倫山に出発することとなったのである。
公爺府を出て八十支里、見渡す限り目も届かない大原野に、風景よき四方の岩山、柳や楡の古木が密生している。トール側の清流を隔てて岩山に金鉱を掘った後があり、その横にラマ教の金廟の壁が白く輝いている。珍しい鳥がさえずり、牛馬、山羊の群れが愉快そうに遊んでいる。
日出雄はかつて霊界において見聞した第三天国の光景にそっくりだといって喜んだ。
公爺府より西北の日出雄が通過した地点は、たくさんの木材が天然のままに遺棄されてあり、水田に適当な肥沃な野が、手持ち無沙汰に際限もなく横たわっている。
日出雄と真澄別は、こんなところを開墾して穀類を植え付け、鉄路を敷いて樹木をきり出し鉱物を採掘したならば、実に大なる国家の富源を得られるであろうと話しつつ、進んでいった。
四月二十八日早朝、ヘルンウルホの宿営を出発し、下木局子まで進むことになった。午前九時二十分、無事に下木局子に安着した。盧占魁は司令部に一行を案内した。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rmnm20
愛善世界社版:180頁 八幡書店版:第14輯 614頁 修補版: 校定版:181頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 四月(しぐわつ)二十四日(にじふよつか)午後(ごご)洮南府(たうなんふ)第二十七師長(だいにじふしちしちやう)張海鵬(ちやうかいほう)副官(ふくくわん)二十二名(にじふにめい)騎馬兵(きばへい)(したが)へ、002五台(ごだい)大車(だいしや)武器(ぶき)満載(まんさい)(おく)(きた)る。003(また)轎車(けうしや)三台(さんだい)(つら)ねて奉天側(ほうてんがは)参謀(さんぼう)がやつて()た。
004王元祺(わうげんき)麻雀(マージヤン)(ふけ)り、005阿片(あへん)(くら)ひ、006ゴロゴロと()てばつかりゐよる。007()(やつ)仮司令部(かりしれいぶ)で、008此奴(こいつ)(また)武器(ぶき)到着(たうちやく)せないのに気楽相(きらくさう)阿片(あへん)(くら)つてゐる。009(その)(ほか)参謀(さんぼう)(やつ)ア、010(いつ)此奴(こいつ)阿片(あへん)(くら)(くらゐ)だから、011(ろく)(やつ)一匹(いつぴき)もけつからぬ。012こんな(こと)()うして軍隊(ぐんたい)操縦(さうじう)出来(でき)るか……』
013口角泡(こうかくあわ)()ばし真赤(まつか)(かほ)(おこ)つてゐた岡崎将軍(をかざきしやうぐん)も、014洮南府(たうなんふ)から武器(ぶき)()たのを()て、015(にはか)機嫌(きげん)(なほ)(ただち)仮司令部(かりしれいぶ)(はし)つて()つた。
016 (ここ)(おい)公爺府(コンエフ)滞在(たいざい)将卒(しやうそつ)(とみ)活気(くわつき)づき、017鼻息(はないき)(あら)くなつて、018(ある)(ぶり)(まで)(かは)つて()た。019(いづ)れの兵士(へいし)武器(ぶき)()たのを()て、020あゝ(ちから)()たのだ……と(よろこ)んだ。021岡崎(をかざき)笑壺(えつぼ)()(なが)ら、022ソロソロ鼻息(はないき)(たか)うなり、
023公爺府(コンエフ)餓鬼(がき)や、024老印君(らういんくん)(おやじ)()025ゴテゴテ(ぬか)すとモウ承知(しようち)せぬぞ。026今迄(いままで)吾々(われわれ)馬鹿(ばか)にしよつた』
027傍若無人(ばうじやくぶじん)言語(げんご)(はな)つてゐる。028日出雄(ひでを)029真澄別(ますみわけ)(その)()日本人側(につぽんじんがは)もヤツと安心(あんしん)して愁眉(しうび)(ひら)いた。
030 (よく)二十五日(にじふごにち)正午頃(しやうごごろ)盧占魁(ろせんくわい)(まね)いて奥地行(おくちゆき)相談(さうだん)をした。031曼陀汗(マンダハン)一緒(いつしよ)にやつて()て、
032奥地(おくち)大変(たいへん)難所(なんしよ)(おほ)いから、033沢山(たくさん)荷物(にもつ)到底(たうてい)携帯(けいたい)することは出来(でき)ませぬ。034それ(ゆゑ)必要品(ひつえうひん)のみを()つて()くこととし、035(その)()(もの)奉天(ほうてん)(おく)(かへ)(はう)安全(あんぜん)です』
036()つた。037そこで日出雄(ひでを)沢山(たくさん)霊界物語(れいかいものがたり)(はじ)め、038支那服(しなふく)日本服(につぽんふく)全部(ぜんぶ)轎車(けうしや)()んで、039()洮南(たうなん)長栄号(ちやうえいがう)(おく)(とど)け、040喇嘛(ラマ)法衣(ほふえ)のみを()()くことになつた。041盧占魁(ろせんくわい)索倫山(ソーロンざん)(おく)042興安嶺(こうあんれい)には七千人(しちせんにん)赤軍(せきぐん)割拠(かつきよ)してゐるから、043(かなら)衝突戦(しようとつせん)(おこ)るであらう、044それだから(すべ)ての荷物(にもつ)(かる)うしておかねばならぬのだ……と(くち)()へた。
045 (この)()午後(ごご)盧占魁(ろせんくわい)大事(だいじ)(もの)日出雄(ひでを)(あづ)けおき張桂林(ちやうけいりん)(こと)曼陀汗(マンダハン)先頭(せんとう)数十騎(すうじつき)(およ)二百(にひやく)歩兵(ほへい)(ひき)索倫(ソーロン)(むか)つて(すす)(こと)となつた。046守高(もりたか)047名田彦(なだひこ)両人(りやうにん)には十連発(じふれんぱつ)のモーゼル(じゆう)一挺(いつてう)づつ携帯(けいたい)せしめ、048坂本(さかもと)には軽機関銃(けいきくわんじゆう)とモーゼル(じゆう)携帯(けいたい)せしめ、049(その)()日本人(につぽんじん)にも一々(いちいち)武器(ぶき)(あた)へて出発(しゆつぱつ)用意(ようい)をなさしめた。050(ただ)日出雄(ひでを)051真澄別(ますみわけ)宗教家(しうけうか)として武器(ぶき)携帯(けいたい)しなかつたのである。052それから岡崎(をかざき)一先(ひとま)猪野(ゐの)(したが)奉天(ほうてん)(かへ)り、053(あと)準備(じゆんび)(ととの)へて(ふたた)索倫山(ソーロンざん)(むか)(こと)とした。
054 あくれば二十六日(にじふろくにち)055何全孝(かぜんかう)団長(だんちやう)となし、056馮虎臣(ひようこしん)護衛長(ごゑいちやう)となし、057二百(にひやく)将卒(しやうそつ)()きつれ、058日出雄(ひでを)059真澄別(ますみわけ)両人(りやうにん)二台(にだい)轎車(けうしや)分乗(ぶんじやう)し、060公爺府(コンエフ)出発(しゆつぱつ)した。061(この)()旧暦(きうれき)三月(さんぐわつ)二十三日(にじふさんにち)大本(おほもと)月並祭(つきなみさい)当日(たうじつ)である。062日出雄(ひでを)一行(いつかう)公爺府(コンエフ)()らむとする(とき)063数多(あまた)老若男女(らうにやくなんによ)見送(みおく)つて()て、064(わか)れを(をし)み、065(なか)には()()して涕泣(ていきふ)する(もの)さへあつた。066(へそ)()()つてから(はじ)めて軍隊(ぐんたい)引率(いんそつ)し、067蒙古救援軍(もうこきうゑんぐん)総督太上将(そうとくたいじやうしやう)()されて索倫山(ソーロンざん)(むか)日出雄(ひでを)感想(かんさう)は、068(はた)して()んなものであつたらう。069彼方(かなた)此方(こなた)楊柳(やなぎ)()は、070(あるひ)(あか)く、071(あるひ)(きいろ)く、072金赤(きんあか)水引(みづひ)きを()てた()うに(こずゑ)(かざ)つてゐる。073四十(しじふ)支里(しり)()たる桑噶爾巴(サンカルパ)()部落(ぶらく)の、074ウフンシークの(いへ)(やす)んで昼食(ちうしよく)(きつ)し、075一時間(いちじかん)(ばか)(いき)(やす)全部隊(ぜんぶたい)到着(たうちやく)()つた。076それより轎車(けうしや)(はし)らせて午後(ごご)五時(ごじ)三十分(さんじつぷん)阿布具伊拉(アフグイラ)安着(あんちやく)し、077農家(のうか)徴発(ちやうはつ)して宿営(しゆくえい)することとなつた。078四五名(しごめい)家族(かぞく)比較的(ひかくてき)富裕(ふいう)家庭(かてい)()えた。079家人(かじん)四五名(しごめい)(かは)(がは)日出雄(ひでを)真澄別(ますみわけ)(まへ)にやつて()て、080活仏(くわつぶつ)来臨(らいりん)崇敬(すうけい)し、081(つち)(ひざまづ)いて礼拝(れいはい)するのであつた。082当家(たうけ)宿泊(しゆくはく)した(もの)日出雄(ひでを)083真澄別(ますみわけ)084守高(もりたか)085名田彦(なだひこ)086秦宣(しんせん)087王元祺(わうげんき)088坂本(さかもと)089白凌閣(パイリンク)090温長興(をんちやうこう)091馮虎臣(ひようこしん)()である。092(その)()将卒(しやうそつ)附近(ふきん)部落(ぶらく)民家(みんか)徴発(ちやうはつ)して宿営(しゆくえい)することとなつた。093(この)()口令(こうれい)春軍(しゆんぐん)発布(はつぷ)した。094公爺府(コンエフ)()ること(まさ)八十(はちじふ)支里(しり)地点(ちてん)である。095見渡(みわた)(かぎ)()(とど)かぬ大原野(だいげんや)(めぐ)らす風景(ふうけい)よき四方(しはう)岩山(いはやま)楊柳(やなぎ)096(にれ)古木(こぼく)密生(みつせい)し、097(にれ)古木(こぼく)には(しろ)(はな)()きほこり、098(やなぎ)()(あか)()()はれぬ風情(ふぜい)である。099西北(せいほく)(あた)つて洮児河(トールがは)清流(せいりう)(へだ)て、100風光(ふうくわう)()古木(こぼく)(まじ)つた岩山(いはやま)金鉱(きんくわう)掘出(ほりだ)した(あと)があり、101(その)(やや)(よこ)(はう)には喇嘛教(ラマけう)金廟(アルタメウ)(かべ)(しろ)夕日(ゆふひ)(かがや)いてゐる。102(なん)とも()とも()はれない気分(きぶん)()(かぜ)()いて()て、103(めづ)らしい(とり)林間(りんかん)(さへづ)り、104牛馬(ぎうば)105山羊(やぎ)(むれ)(やす)らかに愉快(ゆくわい)(さう)(あそ)んでゐる。
106 古人(こじん)()つた『初春柳含烟(しよしゆんりうがんえん)』の()当地(たうち)(おい)ては適用(てきよう)しない(やう)である。107(すべ)ての(やなぎ)(あか)小枝(こえだ)真直(まつすぐ)(てん)(むか)つて()ばし、108遠目(とほめ)には(あき)紅葉(もみぢ)(はやし)()るやうである。109春来柳含火(しゆんらいりうがんくわ)』と()つた(はう)適当(てきたう)であらう。110日出雄(ひでを)(かつ)霊界(れいかい)(おい)見聞(けんぶん)したる第三天国(だいさんてんごく)光景(くわうけい)にそつくりだと()つて(よろこ)んだ。111(はる)山姫(やまひめ)(みどり)(くれなゐ)こき()ぜて(わが)神軍(しんぐん)(むか)(たま)ふ』と()つて真澄別(ますみわけ)(いさ)んでゐる。112日出雄(ひでを)はこの曠原(くわうげん)(あま)(はら)命名(めいめい)し、113裏山(うらやま)(だい)なる岩窟(がんくつ)(あま)岩戸(いはと)命名(めいめい)した。
114
115 翌日(よくじつ)午前(ごぜん)八時(はちじ)(あま)(はら)轎車(けうしや)()り、116二百(にひやく)兵士(へいし)引率(いんそつ)して出発(しゆつぱつ)した。117蒙古(もうこ)(かは)には(ひと)つも(はし)(かか)つてゐない。118それ(ゆゑ)119(ひろ)(ふか)(かは)騎馬(きば)にて(わた)らねばならぬ。120日出雄(ひでを)121真澄別(ますみわけ)()つた轎車(けうしや)浅瀬(あさせ)(かんが)へて、122やつとのことで(いく)つも(いく)つも(かは)(わた)り、123四十(しじふ)支里(しり)()たるヘルンウルホに宿営(しゆくえい)することとなつた。124()かる(ところ)洮南(たうなん)から(あと)()つて()轎車(けうしや)三台(さんだい)125(また)もや色々(いろいろ)食料品(しよくれうひん)()んで()たのに途中(とちう)()つた。126(この)(かん)道筋(みちすぢ)(じつ)(うるは)しく大公園(だいこうゑん)(なか)通過(つうくわ)する(やう)であつた。127途中(とちう)唐国別(からくにわけ)からの手紙(てがみ)五通(ごつう)受取(うけと)つて、128奉天(ほうてん)日本(につぽん)情報(じやうほう)(およ)新聞(しんぶん)切抜(きりぬ)きにて、129()130()131(もう)関係(くわんけい)()つた。
132 公爺府(コンエフ)以西北(いせいほく)日出雄(ひでを)通過(つうくわ)した地点(ちてん)は、133沢山(たくさん)木材(もくざい)天然(てんねん)(まま)遺棄(ゐき)されてあり、134水田(すいでん)適当(てきたう)沃野(よくや)開闢以来(かいびやくいらい)135手持無沙汰(てもちぶさた)際限(さいげん)もなく(よこた)はつてゐる。136こんな(ところ)開墾(かいこん)して穀類(こくるゐ)植付(うゑつ)け、137(また)鉄路(てつろ)()いて樹木(じゆもく)()()鉱物(くわうぶつ)採掘(さいくつ)したならば、138(じつ)(だい)なる国家(こくか)富源(ふげん)()られるであらうと、139日出雄(ひでを)140真澄別(ますみわけ)道々(みちみち)(はな)しつつ(すす)んで()つた。141(この)()都合(つがふ)によつて(わづ)四十(しじふ)支里(しり)行軍(かうぐん)にとどめ、142日出雄(ひでを)一行(いつかう)はヘルンウルホの公園(こうゑん)のごとき(うるは)しき原野(げんや)(なか)衛兵(ゑいへい)()先綱(さきづな)()らせ、143騎馬(きば)にて愉快気(ゆくわいげ)()(まは)りなどして、144半日(はんにち)(つひや)した。145山羊(やぎ)146(ぶた)147(いぬ)148牛馬(ぎうば)なども沢山(たくさん)()つてある。149此等(これら)家畜(かちく)(とも)として、150(あたた)かき(はる)()(おく)つた。151此処(ここ)には露人(ろじん)蒙古人(もうこじん)との(なか)(うま)れた十歳(じつさい)(ぐらゐ)(あい)らしい(いろ)(しろ)混血児(こんけつじ)一人(ひとり)あつた。152そして(その)母親(ははおや)といふのは、153(すこ)(ばか)垢抜(あかぬ)けのした(をんな)であつた。154(この)()口令(こうれい)完備(くわんび)発布(はつぷ)された。155東西南北(とうざいなんぼく)山々(やまやま)火事(くわじ)(おこ)し、156都合(つがふ)五ケ所(ごかしよ)から(てん)(こが)して()(あが)り、157(ほのほ)(さき)がチラチラと(くも)()めてゐるのが()える。158そして(この)()満天(まんてん)(すみ)(なが)した(ごと)(くも)り、159一点(いつてん)星影(ほしかげ)()えず、160(いぬ)()ゆる(こゑ)161殊更(ことさら)かしましく()こえて()る。162坂本氏(さかもとし)のオチコ、163ウツトコに(くわん)する無邪気(むじやき)(はなし)や、164名田彦(なだひこ)内地(ないち)にある(つま)追想(つゐさう)して、165オチコ、166ウツトコ、167ハテナの(はなし)面白(おもしろ)一夜(いちや)()かした。
168 あくれば四月(しぐわつ)二十八日(にじふはちにち)午前(ごぜん)五時(ごじ)(はん)169ヘルンウルホの宿営(しゆくえい)出発(しゆつぱつ)し、170幾度(いくど)(かは)横切(よこぎ)りて下木局子(しももくきよくし)(むか)つて(すす)むこととなつた。171世界(せかい)各国(かくこく)言語(げんご)(つう)じ、172柔術(じうじゆつ)達人(たつじん)173米国(べいこく)理髪学士(りはつがくし)174乗馬(じやうば)達人(たつじん)()ふてゐた名田彦(なだひこ)騎馬姿(きばすがた)(かへ)つて(あやふ)()え、175まだ一度(いちど)(うま)(またが)つた(こと)()真澄別(ますみわけ)176守高(もりたか)両人(りやうにん)は、177チヤンと姿勢(しせい)(そな)はつて今迄(いままで)乗馬(じやうば)練習(れんしふ)した(ひと)()えるなどと、178兵士(へいし)口々(くちぐち)(ひやう)(なが)ら、179(なが)行列(ぎやうれつ)(つく)つて西北(せいほく)(そら)目当(めあ)てに(すす)()く。180索倫山(ソーロンざん)(まで)()かねば乗馬(じやうば)(そろ)はないので、181徒歩(とほ)兵士(へいし)沢山(たくさん)あつた。182そこらに(あそ)んで()驢馬(ろば)()()つて()(これ)(またが)り、183木局子(もくきよくし)近辺(きんぺん)(まで)()つて驢馬(ろば)(くび)東南(とうなん)立直(たてなほ)し、184(しり)をポンと(たた)いて(はな)ちやつた。185驢馬(ろば)一目散(いちもくさん)元来(もとき)(みち)()(かへ)()く。186二十(にじふ)支里(しり)(ほど)此方(こつち)から索倫山(ソーロンざん)(いただき)()えて、187(しろ)(ゆき)(ひか)つてゐた。188護衛兵(ごゑいへい)馮虎臣(ひようこしん)日出雄(ひでを)山頂(さんちやう)(ゆき)(ゆびさ)し、
189『あの(やま)(ふもと)最早(もは)木局子(もくきよくし)(ござ)います。190モウ少時(しばらく)御座(ござ)いますから御安心(ごあんしん)なさいませ』
191()意味(いみ)支那語(しなご)(かた)()かせた。192日出雄(ひでを)一行(いつかう)勇気(ゆうき)(とみ)(くは)はり、193轎車(けうしや)()でて(こま)(むちう)ちつつ午前(ごぜん)九時(くじ)二十分(にじつぷん)無事(ぶじ)下木局子(しももくきよくし)安着(あんちやく)する(こと)()た。194総司令(そうしれい)盧占魁(ろせんくわい)二百(にひやく)(ばか)りの兵士(へいし)()きつれて(わが)一行(いつかう)(むか)へ、195(ただち)()()つて司令部(しれいぶ)案内(あんない)した。196()司令部(しれいぶ)広大(くわうだい)なる城廓構(じやうくわくかま)へで、197四五年前(しごねんまへ)(まで)露国兵(ろこくへい)駐屯(ちうとん)木材(もくざい)税金(ぜいきん)()つて()(ところ)だと()ふ。198普通(ふつう)蒙古(もうこ)家屋(かをく)(ことな)り、199建築物(けんちくぶつ)余程(よほど)宏荘(くわうさう)であり、200美麗(びれい)である。201(いま)黒竜江省(こくりうこうしやう)管轄(くわんかつ)(ぞく)し、202黒竜江(こくりうこう)から官吏(くわんり)出張(しゆつちやう)して事務(じむ)()つて()る。
203大正一四・八 筆録)