霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二四章 木局(ムチ)(つき)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 特別篇 山河草木 入蒙記 篇:第4篇 神軍躍動 よみ:しんぐんやくどう
章:第24章 木局の月 よみ:むちのつき 通し章番号:
口述日:1925(大正14)年08月 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年2月14日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
五月十四日の午前十時半、盧占魁が兵営の出発を見送りにやってきた。日出雄の一隊は轎車二台、大車一台に荷物を積んで多くの兵士を前後に従え、何度も大原野を流れるトール河を渡り、午後三時半に無事上木局収の仮殿に安着した。
上木局収の仮殿を護衛するため、十五支里ほどの間に三箇所の兵営が設けられた。上木局収の日本人は気楽に日を送っていた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:216頁 八幡書店版:第14輯 626頁 修補版: 校定版:218頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 五月(ごぐわつ)十四日(じふよつか)(すなは)王日(わうじつ)午前(ごぜん)九時(くじ)上将(じやうしやう)盧占魁(ろせんくわい)太上将(たいじやうしやう)日出雄(ひでを)陣営(ぢんえい)(きた)り、002午前(ごぜん)十時(じふじ)(はん)003下木局収(しももくきよくしう)兵営(へいえい)出発(しゆつぱつ)見送(みおく)つた。004轎車(けうしや)二台(にだい)005大車(だいしや)一台(いちだい)荷物(にもつ)()数多(あまた)兵士(へいし)前後(ぜんご)(したが)へ、006蜒蜿(えんえん)として大原野(だいげんや)(なが)るる洮児河(トールがは)激流(げきりう)幾度(いくど)となく騎馬(きば)にて(わた)り、007午後(ごご)三時(さんじ)(はん)008無事(ぶじ)上木局収(かみもくきよくしう)仮殿(かりどの)安着(あんちやく)した。009蒙古(もうこ)(うま)体躯(たいく)日本(につぽん)乗馬(じようば)()して(やや)(せう)なれども極寒(ごくかん)極暑(ごくしよ)()()忍耐力(にんたいりよく)(つよ)柔順(じうじゆん)である。010河水(かすゐ)()れば(いづ)れの(うま)(かしら)()つて(いさ)()ち、011青味(あをみ)だつた激流(げきりう)平然(へいぜん)として(わた)(さま)(ほとん)平地(へいち)()くやうである。012井上(ゐのうへ)兼吉(かねきち)馬賊(ばぞく)頭目(とうもく)曼陀汗(マンダハン)()(ふる)くより交際(かうさい)して()ただけあつて、013満蒙(まんもう)事情(じじやう)によく(つう)じて()た。014(かれ)道々(みちみち)馬上(ばじやう)にて日本(につぽん)馬賊(ばぞく)(つく)つたと()(いさ)ましい(うた)(うた)ひつつ(すす)む。
015(あらし)()()けマーカツ(おろし)
016(ゆき)蒙古(もうこ)()()れて
017征鞍(せいあん)()らす月影(つきかげ)
018(あふ)げば(たか)(かり)(むれ)
019(われ)には(いへ)なし(つま)もなし
020(くに)(はな)れて十余年(じふよねん)
021(いへ)()(ども)(いは)(ほら)
022(したが)手下(てした)二千余騎(にせんよき)
023馬上(ばじやう)叱咤(しつた)(たはむ)れに
024(やり)をしごけばスルスルと
025()びて一丈(いちぢやう)()(ひか)
026電光(でんくわう)(ひらめ)(たま)()
027興安嶺(こうあんれい)のかくれ()
028(つるぎ)小尻(こじり)(むちう)ちて
029(やみ)をすかせば二千人(にせんにん)
030(くつわ)(なら)べて(しの)()
031殺気(さつき)()ちたる馬賊(ばぞく)(むれ)
032何処(どこ)()んだか(さけ)(くさ)
033無聊(むれう)(くる)しみ(さけ)()
034(やま)()みにし(とら)(にく)
035(はだ)()()げば一面(いちめん)
036日頃(ひごろ)自慢(じまん)刀傷(かたなきず)
037今日(けふ)獲物(えもの)五万両(ごまんりやう)
038明日(あす)(おそ)はむ蒙古(もうこ)()
039イザヤまどろまむ一時(ひととき)
040()()(まくら)髑髏(しやりかうべ)
041ホンニ(わす)らりよか古郷(ふるさと)
042可愛(かあい)稚児(ちご)さんが()(をど)る。
043 上木局収(かみもくきよくしう)仮殿(かりどの)なる日出雄(ひでを)護衛(ごゑい)()め、044(わづ)十五(じふご)支里(しり)(あひだ)三ケ所(さんかしよ)兵営(へいえい)(まう)けられた。045(その)配置(はいち)最前方(さいぜんぱう)(すなは)西北方(せいほくはう)には(すう)団長(だんちやう)二百(にひやく)(へい)()きつれ警護(けいご)し、046中央(ちうあう)には()団長(だんちやう)(また)百数十名(ひやくすうじふめい)にて警固(けいご)し、047最後(さいご)(すなは)東南方(とうなんはう)営所(えいしよ)には中将(ちうじやう)張彦三(ちやうげんさん)旅長(りよちやう)として(これ)警固(けいご)して()た。048日出雄(ひでを)(この)(かん)悠々(いういう)として(なん)(はばか)(ところ)もなく部下(ぶか)兵士(へいし)(とも)馳駆(ちく)して馬術(ばじゆつ)()つた。049日出雄(ひでを)各兵営(かくへいえい)(おと)づるるや、050(かく)団長(だんちやう)(へい)門外(もんぐわい)整列(せいれつ)させ、051一斉(いつせい)(ささ)(つつ)(れい)(ほど)こし、052先頭(せんとう)()つて兵営(へいえい)()るのが(つね)であつた。053(ちやう)旅長(りよちやう)はモーゼル(じゆう)(みづか)修繕(しうぜん)する(さい)054(あやま)つて自分(じぶん)(はぎ)()ち、055()弾丸(だんぐわん)(ほね)(あた)つて(にく)(ふか)残留(ざんりう)苦痛(くつう)(うつた)へた。056急報(きふはう)により日出雄(ひでを)医務処長(いむしよちやう)猪野大佐(ゐのたいさ)(およ)真澄別(ますみわけ)057守高(もりたか)(その)()()きつれ、058旅長(りよちやう)陣営(ぢんえい)()せつけ、059局所(きよくしよ)鎮魂(ちんこん)(ほどこ)激痛(げきつう)(その)()()め、060猪野大佐(ゐのたいさ)(ただ)ちに(とう)()つて弾丸(だんぐわん)抉出(けつしゆつ)尽瘁(じんすゐ)した。061されど弾丸(だんぐわん)(ほね)(ふか)くうち()んで()るので抉出(けつしゆつ)することは出来(でき)なかつたので、062()むを()日出雄(ひでを)(その)(まま)平癒(へいゆ)すべく(かみ)(いの)つた。063(ところ)不思議(ふしぎ)にも旅長(りよちやう)(にはか)苦痛(くつう)(わす)れ、064平然(へいぜん)として(うま)(またが)部下(ぶか)指揮(しき)するを()たので、065将卒(しやうそつ)一同(いちどう)()奇瑞(きずゐ)感歎(かんたん)(こゑ)(はな)つた。066日本人側(につぽんじんがは)数名(すうめい)白凌閣(パイリンク)067温長興(をんちやうこう)068大師文(たいしぶん)069康国宝(かうこくはう)()(ある)()兵営(へいえい)兵営(へいえい)との(あひだ)(うま)をかけて()(ところ)070(なに)(おどろ)いたか萩原(はぎはら)敏明(としあき)(うま)突然(とつぜん)直立(ちよくりつ)した刹那(せつな)071萩原(はぎはら)大地(だいち)真逆様(まつさかさま)(おと)され(だい)()になつて(たふ)れた。072萩原(はぎはら)乗馬(じやうば)(くも)(かすみ)()()して(しま)つた。073(あと)から()日出雄(ひでを)(わが)脚下(きやくか)萩原(はぎはら)(たふ)れてゐるのを()て、074(にはか)馬腹(ばふく)(むち)(くは)(その)(うへ)一足飛(いつそくと)びに()んで馬蹄蹂躙(ばていじうりん)(なん)をさけたが、075今度(こんど)(また)もや白凌閣(パイリンク)(うま)(パイ)地上(ちじやう)()げすて(くも)(かすみ)とかけ()す。076数多(あまた)騎馬兵(きばへい)四方(しはう)()して(さいは)両馬(りやうば)とも捕獲(ほくわく)することを()た。077二三日(にさんにち)すると奉天(ほうてん)軍使(ぐんし)()つた名田彦(なだひこ)が、078支那兵(しなへい)数名(すうめい)(とも)上木局収(かみもくきよくしう)仮殿(かりどの)無事(ぶじ)(かへ)つて()た。079名田彦(なだひこ)日出雄(ひでを)()るより(こゑ)をあげて(なつ)かしさに()いた。080(かれ)幾度(いくど)途中(とちう)危難(きなん)遭遇(さうぐう)し、081(やうや)くにして生命(せいめい)(まつた)うして(かへ)つて()(うれ)しさが一時(いちじ)()()げて()たのである。082守高(もりたか)名田彦(なだひこ)はそれより日々(ひび)乗馬(じやうば)練習(れんしふ)余念(よねん)がなかつた。083さうして守高(もりたか)(わう)連長(れんちやう)(わう)参謀(さんぼう)(ひま)ある(ごと)柔術(じうじゆつ)教授(けうじゆ)して()た。084守高(もりたか)柔術(じうじゆつ)(まな)ぶものは支那将校(しなしやうかう)(うち)四五名(しごめい)はあつた。085(しか)大部分(だいぶぶん)将卒(しやうそつ)柔術(じうじゆつ)蔑視(べつし)して()た。086彼等(かれら)()ふ『何程(いかほど)柔術(じうじゆつ)達者(たつしや)でも()道具(だうぐ)には(かな)ふまい、087今日(こんにち)戦争(せんそう)銃砲(じゆうはう)より(ほか)(ちから)になるものはない、088柔術(じうじゆつ)などと()ふものは一種(いつしゆ)遊芸(いうげい)だ』と。089守高(もりたか)或日(あるひ)騎馬(きば)にて郊外(かうぐわい)散策(さんさく)する(とき)090(れい)のシーゴーに()えつかれ、091乗馬(じやうば)(おどろ)いて()()途端(とたん)落馬(らくば)したが、092(かれ)落馬(らくば)したのではない無事(ぶじ)着陸(ちやくりく)したのだと不減口(へらずぐち)()つて(わら)つて()た。093名田彦(なだひこ)(みづか)乗馬(じやうば)達人(たつじん)(しよう)して()たが、094これもシーゴー数十頭(すうじつとう)取囲(とりかこ)まれ(うま)(おどろ)いて()()途端(とたん)地上(ちじやう)遺棄(ゐき)され、095(おどろ)いて()(あが)つた時分(じぶん)には、096乗馬(じやうば)(かげ)()えない(ところ)(まで)(とほ)()()つて()た。097日出雄(ひでを)(この)報告(はうこく)()くなり数名(すうめい)士官(しくわん)兵卒(へいそつ)(めい)遁馬(にげうま)捕獲(ほくわく)すべく(めい)じた。098(をん)少佐(せうさ)六名(ろくめい)兵士(へいし)(とも)際限(さいげん)なき荒野(くわうや)()(めぐ)り、099()()るる(ころ)(やうや)(うま)(とら)へて(かへ)つて()たので、100日出雄(ひでを)(をん)以下(いか)労苦(らうく)(しや)種々(しゆじゆ)菓子(くわし)煙草(たばこ)などを(あた)へて(なぐさ)めた。101さうして名田彦(なだひこ)(むか)ひ、
102『オイ、103名田彦(なだひこ)104乗馬(じやうば)達人(たつじん)落馬(らくば)するとは(なん)(こと)だい』
105一本(いつぽん)(まゐ)つた。106すると名田彦(なだひこ)(あたま)をガシガシ()(なが)ら、
107『ハイ、108弘法(かうぼふ)(ふで)(あやま)りです』
109相変(あひかは)らずの()(をし)みである。110上木局収(かみもくきよくしう)仮殿(かりどの)にゐる日本人(につぽんじん)(いづ)れも気楽(きらく)なもので、
111『オチココテノ、112ウツトコハテナ、113ボホラヌボ、114オンクスアルテチ、115ウンヌルテ、116オホノトルテ、117ピーシヤムツトルテ、118マラカウンスナ、119コトラアンテイナ、120パサパーナ、121シエスシエーナ』
122などと他愛(たあい)もない(しも)がかつた(はなし)(ばか)りして(くら)して()た。123日出雄(ひでを)上木局収(かみもくきよくしう)仮殿(かりどの)起臥(きぐわ)して()(うち)124沢山(たくさん)(うた)俳句(はいく)()んだが(その)(なか)一部(いちぶ)(ここ)紹介(せうかい)する。
 
125 (くに)()()つの(つき)をば(かさ)ねつつ(わが)(うま)れたる月夜(つきよ)()ふかな
126 夕暮(ゆふぐれ)(ひがし)(そら)(なが)むれば神島(かみしま)()(くも)(うか)べる
127 昨夜(よべ)()りし(あめ)大空(おほぞら)()(わた)十二日(じふににち)(つき)(ひかり)目出度(めでた)
128 東方(とうはう)(そら)のみ村雲(むらくも)()(のぼ)るいかなる(かみ)(しめ)しなるらむ
129 野雪隠(のせつちん)()りて日々(にちにち)パサパーナ()さむ()守高(もりたか)(くは)()にする
130 温突(オンドル)暖気(だんき)()けむと(には)()今日(けふ)(あらた)めて久土(くど)()きにけり
131 山火事(やまくわじ)(わが)出発(しゆつぱつ)写真(しやしん)をば仕上(しあ)げの(さい)(こが)せし()しさよ
132 (しづか)なる(つき)姿(すがた)()(ごと)にナラヌオロスの信徒(まめひと)(おも)
133 ホイモール(まなこ)弥々(いよいよ)(まる)くなりて夕日(ゆふひ)(そら)(つき)(かがや)
134 (まど)()けて(つき)(おも)をば(なが)めつつ(こころ)(しづ)かに行末(ゆくすゑ)おもふ
135 バラモンの(しこ)鋭鋒(えいほう)()けながら蒙古(もうこ)(そら)(つき)(なが)むる
136 十二夜(じふにや)(つき)(ひかり)()らされて(かば)(みき)のみ(やま)(ひか)れる
137 司令部(しれいぶ)(こま)(むちう)()()でて今日(けふ)上木局収(かみムチヅ)(つき)()るかな
138 (たちま)ちに魚鱗(ぎよりん)(くも)(ふさ)がりて可惜(あたら)月影(つきかげ)()まむとぞする
139 ()(なか)(はな)ちやりたる(うま)()寝屋(ねや)(かへ)るを(いと)ひて(はし)
140 ()()づる(くに)にて()たる(つき)よりも蒙古(もうこ)(そら)(めづ)らしく()
141 雨雲(あまぐも)(そら)一面(いちめん)(ふさ)がりぬ今宵(こよひ)(つき)(わか)れをしさよ
142 瑞月(ずゐげつ)(くも)かくれせしを(まも)らむと十二夜(じふにや)(つき)かくれしならむ
143 浮雲(うきぐも)(うす)(きぬ)をば(とほ)してゆほのかに()えし(いま)(つき)かげ
144 すがすがし祝詞(のりと)(こゑ)(きこ)えけり守高(もりたか)のホラの()たけびならむ
145 河辺(かはべり)立出(たちい)団長(だんちやう)()(とも)騎馬(きば)照相(せうさう)(うつ)()りけり
146 暫時(しばらく)(この)()にありて外蒙(ぐわいもう)(すす)まむ(とき)英気(えいき)(やしな)
147 林間(りんかん)(こま)(なら)べて(いさ)ましく(すず)しき(かぜ)()けつつすすむ
148 (われ)(いま)万里(ばんり)原野(げんや)()()えて草野(くさの)小村(こむら)経綸(けいりん)()
149 九十六(くじふろく)()(かさ)ねつつ(われ)(いま)蒙古(もうこ)(おく)(こま)鞭打(むちう)
150 時々(ときどき)(くに)(こと)など(おも)()でて今日(けふ)(わが)()(さち)をよろこぶ
151 蒙古語(もうこご)(まな)ばむとして今日(けふ)(また)(かた)こらしつつペンを(はし)らす
152 窓障子(まどしやうじ)(やぶ)れて(かぜ)のあたるたび(なほ)ペラペラと()ひさやぐかな
153 桃太郎(ももたらう)誕生(たんじやう)したる照相(せうさう)馬飼(うまかひ)(はら)()りし今日(けふ)かな
154 大空(おほぞら)(くも)()()けて三五(あななひ)(つき)(ひかり)もあきらかに()
155 (くも)()()けて今宵(こよひ)月影(つきかげ)(わが)(しづ)()(てら)したまひぬ
156 (かた)(いた)(こし)()頭痛(づつう)鉢巻(はちまき)でペンを()りつつ(まど)(つき)()
157 トルコノロホルまで(いた)今宵(こよひ)こそ曲神(まがみ)(われ)(うかが)ふなるらむ
158 ナルンオロス(まが)関所(せきしよ)(くぐ)()(また)もや蒙古(もうこ)(まが)(おそ)はる
159 (せな)(かた)(あし)(うで)までも(いた)みてゆ()むを()ずして昼寝(ひるね)せし(かな)
160
161 木局(ムチ)()(こま)(いなな)きて(くさ)()ゆる
162 木局(ムチ)()初夏(しよか)(ゆふ)べや杜鵑(ほととぎす)()
163 人心(ひとごころ)(あら)木局収(ムチヅ)宿営(しゆくえい)かな
164 無頼(ぶらい)()(あつ)まりて()木局収(もくきよくしう)
165 ()(きよ)(かぜ)(あたた)かに(くさ)()ゆる
166 (ぶた)()(いし)()げつつ野遊(やいう)かな
167 食物(しよくもつ)(とぼ)しき木局収(ムチヅ)仮寝(かりね)かな
168 ハタハタと白旗(しらはた)()初夏(しよか)(かぜ)
169 (やま)(ひく)(くも)また(ひく)木局(ムチ)野辺(のべ)
170 牧草(ぼくさう)(とぼ)しき木局収(ムチヅ)(こま)(ほそ)
171 (こま)()めて少時(しばし)見入(みい)りぬ(かは)(おも)
172 河水(かはみづ)(おと)高々(たかだか)(ゆめ)()
173 ()(しの)気力(きりよく)(やしな)(とき)()
174 コルギーホワラ、チチクさへ()上木局収(かみムチヅ)
175 オンクスアルテチ、ウンヌルテと(はな)(つま)
176 来客(らいきやく)にモンタラパンナと(せき)(ゆづ)
177 ()()なに()杜鵑(ほととぎす)()(かか)
178 雨雲(あまぐも)(またた)(うち)(そら)(ふさ)
179 (そら)(くも)(おほ)ひて(たちま)(かぜ)(さむ)
180 イリチーカ(いと)(かな)しげな(こゑ)(しぼ)
181 ガーガーとガーハイの(こゑ)(みみ)()
182 喇嘛服(ラマふく)着替(きか)へて馬上(ばじやう)照相(すがた)()
183 千万里(せんまんり)荒野(くわうや)(おく)馬遊(ばいう)かな
184 ()そべりつ(まど)(そば)にてペンを()
185 ペン(さき)(はや)くも坊主(ばうず)となりにけり
186 (やま)()(われ)坊主(ばうず)蒙古(もうこ)かな
187 ポロハナの(ちから)(うす)蒙古喇嘛(もうこラマ)
188 どの(やま)金字形(きんじがた)なり上木局収(かみムチヅ)
189 (こま)()べて(いくさ)(つかさ)(きた)りけり
190 (くれなゐ)夕日(ゆふひ)(そら)(つき)(きよ)
191 夕日影(ゆふひかげ)山野(さんや)をボルに()めにけり
192 (むらさき)(くも)たなびきて入日(いりひ)(ちか)
193 十四夜(いざよひ)(つき)()(うち)(かがや)けり
194 (まど)()けて初夏(しよか)満月(まんげつ)(をが)みけり
195 初夏(しよか)(つき)(はじ)めて()たり蒙古地(もうこち)
196 (つき)(きよ)(ほし)(まれ)にして(かぜ)(さむ)
197 (わが)(とも)今宵(こよひ)(つき)(われ)()
198 月次(つきなみ)今日(けふ)(まつ)りや(つき)(まる)
199 (ゆき)()けて河水(かはみず)日々(ひび)(まさ)りけり
200 (くさ)()(あを)()でけり初夏(しよか)(あめ)
201 大空(おほぞら)(つき)(つつ)みし(くも)()りぬ
202 (ゆき)()けて三五(あななひ)(つき)(そら)()
203 日人(にちじん)(ゆめ)にも()らぬ(わが)神業(しんげふ)
 
204大正一四・八 筆録)