霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二五章 風雨叱咤(ふううしつた)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 特別篇 山河草木 入蒙記 篇:第4篇 神軍躍動 よみ:しんぐんやくどう
章:第25章 入蒙記 よみ:ふううしった 通し章番号:
口述日:1925(大正14)年08月 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年2月14日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
五月二十一日、盧占魁が幹部・参謀を引き連れて日出雄を訪問に来た。佐々木を介して盧が日出雄に懇願するには、だんだん蒙古兵も集まってきたので、救世主来迎のうわさを確実なものとするため、風雨を呼び起こして彼らの肝玉を奪ってもらいたい、とのことであった。
日出雄は、用もないのに勝手に風雨を起こして神界の規則に触れることを心配したが、真澄別が大事のためなら、自分が身代わりとなって行ってみたい、と申し出たので、許可した。盧占魁は、実はすでに奇跡を起こすと部隊に布告してしまっていた、と明かし、日出雄が了承してくれたことを喜んだ。
日出雄はトール河畔に自ら聖域を卜し、真澄別の修業を指導した。
五月二十三日、朝日は麗しい光を地上に投げ、青空には一点の雲もなかった。午前八時ごろに魏副官が日出雄一行を迎えに馬車でやってきた。日出雄に従って同行するはずだった温長興はにわかに頭痛が激しくなったため、車に乗せて下木局子へと向かった。
下木局子では、盧占魁の部隊が日出雄一行を待っていたが、このような蒙古晴れの空から雨を降らすなどは到底無理だろう、などと噂をしながら待機していた。
日出雄一行が下木局子に来着すると、小憩の後、日出雄の目配せを合図に真澄別が何事か黙祷するやいなや、たちまち司令部の上天は薄暗くなり、またたくまに全天雨雲に覆われ、一陣の怪風吹くとともに、激しい暴風雨が来襲した。
一同は驚きあわて、みなあっけに取られて言葉もなかった。しばらくして、今日は写真は駄目でしょう、という失望の声が聞こえてきた。真澄別は日出雄に、五分も経てば大丈夫、と言った。日出雄はやおら身を起こして雨中に降り立ち、点に向かって「ウー」と大喝した。
すると風勢は衰え、雨は次第に小降りとなり、真澄別の宣言のごとく、暴風雨は消え去って空は元のごとく晴朗に澄み切った。盧占魁は人々の間を立ち回り、自分の宣伝が誇大ではなかったことを誇って回った。
ここで幹部一同記念撮影をなし、卓を囲んで会食をしたときに、真澄別は温長興を指して、実は大先生(日出雄)が今日の役目を承った竜神を、温さんに懸けておいたので、温さんは朝から頭痛がしていたのだ、と説明すれば、一同はただ感嘆の言葉を漏らすほかはなかった。
夕方日の没するころに、再び天候が変わって雨模様となってきた。盧占魁らは今日はここに泊まっては、と言ったが、日出雄は自分の旅立ちに雨は止むでしょう、と微笑しつつ帰って行った。果たして、帰途には雨は降らず、日出雄が帰着と同時に強雨が降り注ぎ、地上の塵を一時に流し去るほどであった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2017-07-21 17:11:34 OBC :rmnm25
愛善世界社版:228頁 八幡書店版:第14輯 630頁 修補版: 校定版:231頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 五月(ごぐわつ)二十一日(にじふいちにち)陰暦(いんれき)四月(しぐわつ)十八日(じふはちにち)上木局収(かみもくきよくしう)仮殿(かりどの)に、002日出雄(ひでを)真澄別(ますみわけ)()西漸(せいぜん)時機(じき)(つい)種々(しゆじゆ)協議(けふぎ)(こら)してゐた。003折柄(をりから)護衛(ごゑい)温長興(をんちやうこう)は、004(おびただ)しき馬隊(ばたい)(ならび)轎車(けうしや)砂塵(さぢん)蹴立(けた)てて、005此方(こちら)(むか)つて()(こと)(はう)じた。006それは()司令(しれい)蒙古(もうこ)貝勒貝子(バイロクバイシ)007劉陞三(りうしようさん)008佐々木(ささき)009大倉(おほくら)010(その)()幹部(かんぶ)参謀連(さんぼうれん)引具(ひきぐ)し、011日出雄(ひでを)訪問(はうもん)(ため)()たのであつた。
012 ()佐々木(ささき)(かい)して日出雄(ひでを)()ふやう『だんだん蒙古兵(もうこへい)(あつ)まつて()るし、013救世主(きうせいしゆ)来降(らいかう)(うはさ)益々(ますます)(さかん)宣伝(せんでん)せられつつある(さい)なれば、014(この)(さい)彼等(かれら)肝玉(きもたま)(うば)(ため)015風雨(ふうう)()(おこ)して(もら)ひたい』といふのである。
016日出雄(ひでを)(わたし)風雨雷霆(ふううらいてい)叱咤(しつた)()自信(じしん)経験上(けいけんじやう)から()つてもありますが、017(しか)しそれは神界(しんかい)から()真実(しんじつ)必要(ひつえう)(みと)むる場合(ばあひ)以外(いぐわい)には(もち)ゆる(こと)出来(でき)ない(こと)になつてゐます。018必要(ひつえう)のない……()はば奇術(きじゆつ)かなぞの(やう)濫用(らんよう)するのは兇党界(きようたうかい)(ぞく)する仕事(しごと)であるので、019一寸(ちよつと)(こま)るなア』
020大倉(おほくら)(しか)先生(せんせい)021(みな)渇望(かつばう)してゐるし、022蒙古人(もうこじん)()(さら)信仰(しんかう)()(たか)める材料(ざいれう)になるのですから、023神界(しんかい)から()必要(ひつえう)場合(ばあひ)(みと)めてやつて(いただ)(わけ)にはいかぬでせうか』
024日出雄(ひでを)(こま)るなア、025鎮魂(ちんこん)各自相応(かくじさうおう)霊界(れいかい)でも()せてやればそれで()いぢやないか』
026大倉(おほくら)(しか)部分的(ぶぶんてき)でなく、027大勢(おほぜい)一緒(いつしよ)()られる(やう)不思議(ふしぎ)を、028(ひと)(あら)はして(いただ)きたいものですなア。029司令(しれい)熱心(ねつしん)にあゝ()ふてゐるのですから……』
030日出雄(ひでを)『キリストですら、031奇蹟(きせき)()はれて(いか)つたではないか……』
032真澄別(ますみわけ)奇蹟(きせき)()ずして(かみ)(しん)ずる(もの)(さいはひ)なり……といふ神言(しんげん)もありますけれど、033現今(げんこん)()はば、034朦昧(もうまい)人々(ひとびと)(あひだ)()かけて()てるのですから、035(なん)とか工夫(くふう)せねばなるまいと(おも)ひます。036(わたし)永久(えいきう)兇党界(きようたうかい)堕落(だらく)しても、037それがお(みち)(ため)になるなら(かま)ひませぬから、038先生(せんせい)さへ御許(おゆる)(くだ)されば、039(わたし)をお使(つか)(くだ)さつて彼等(かれら)肝玉(きもつたま)(ひし)いでおくのも満更(まんざら)無駄(むだ)ではありますまい。040奇蹟(きせき)()たがる(もの)(あなが)蒙古人(もうこじん)(ばか)りぢやありますまいから……』
041 日出雄(ひでを)少時(しばらく)沈思黙考(ちんしもくかう)して、
042『では、043潔斎修行(けつさいしうぎやう)して()るが()い、044真澄別(ますみわけ)()(こと)になれば(かま)はぬだらう』
045 盧占魁(ろせんくわい)は、
046(じつ)全隊(ぜんたい)布告(ふこく)して、047一同(いちどう)一週間(いつしうかん)精進(しやうじん)(めい)()き、048(この)二十三日(にじふさんにち)(もつ)(をは)ります。049(その)()には先生(せんせい)奇蹟(きせき)()せて(くだ)さると申渡(まをしわた)して(しま)つたのです。050(いづ)(あらた)めてお(むか)へに(まゐ)りますから、051是非(ぜひ)御願(おねが)(いた)します。052(ついで)記念(きねん)撮影(さつえい)(いた)したう御座(ござ)いますから』
053との()()べて、054雑談(ざつだん)(のち)嬉々(きき)として一同(いちどう)(こま)足並(あしなみ)(いさ)ましく、055下木局子(しももくきよくし)司令部(しれいぶ)()して(かへ)()く。
056 日出雄(ひでを)()むを()ず、057真澄別(ますみわけ)をして(その)(しよう)(あた)らしむべく、058洮児河畔(トールかはん)聖域(せいゐき)(ぼく)し、059(みづか)らも出張(しゆつちやう)して真澄別(ますみわけ)修業(しうげふ)指導(しだう)した。
060 五月(ごぐわつ)二十三日(にじふさんにち)陰暦(いんれき)四月(しぐわつ)二十日(はつか)朝暾(てうとん)(こと)(ほか)(うる)はしき(ひかり)地上(ちじやう)()げ、061蒼空(さうくう)一点(いつてん)雲翳(うんえい)なく、062樹々(きぎ)飛交(とびか)(とり)(こゑ)(あだか)天国(てんごく)(はる)(うた)ふが(ごと)く、063庭前(ていぜん)(やす)らふ(うま)(いなな)きも一層(いつそう)(いさ)ましさを(くは)へて(きこ)(きた)る。064午前(ごぜん)八時(はちじ)(ごろ)()副官(ふくくわん)日出雄(ひでを)065真澄別(ますみわけ)(むか)ふべく馬車(ばしや)(いそ)がしてやつて()た。066(をり)しも日出雄(ひでを)扈従(こじう)すべく準備(じゆんび)せし温長興(をんちやうこう)は、067(にはか)頭痛(づつう)(はげ)しく、068乗馬(じやうば)()へずと(うつた)ふ。069日出雄(ひでを)(おも)(ところ)ありと()え、070温長興(をんちやうこう)轎車(けうしや)()らしめ、071(みづか)らは真澄別(ますみわけ)(その)()護衛兵(ごゑいへい)(とも)(うま)(むちう)ち、072法衣(はふい)(かぜ)(なび)かせつつ下木局子(しももくきよくし)(むか)ひ、073仮殿(かりどの)出発(しゆつぱつ)した。074一方(いつぱう)下木局子(しももくきよくし)西北自治軍(せいほくじちぐん)司令部(しれいぶ)にては、075各分営(かくぶんえい)団長(だんちやう)以下(いか)(ことごと)来集(らいしふ)し、076()くの(ごと)蒙古晴(もうこばれ)(そら)より(あめ)()らすなど、077(いく)神様(かみさま)でも(さぞ)困難(こんなん)であらう』などと、078とりどりに(うはさ)をし(なが)ら、079日出雄(ひでを)一行(いつかう)来着(らいちやく)()()ねて()た。080(とき)しもあれ、081()副官(ふくくわん)先導(せんだう)にて日出雄(ひでを)一行(いつかう)総員(そうゐん)整列(せいれつ)出迎(でむか)への(なか)堂々(だうだう)乗込(のりこ)んで()た。082少憩(せうけい)(のち)083日出雄(ひでを)目配(めくば)せを合図(あひづ)に、084真澄別(ますみわけ)何事(なにごと)黙祷(もくたう)すると()るや、085司令部(しれいぶ)上天(じやうてん)(にはか)薄暗(うすぐら)くなり、086(またた)()全天(ぜんてん)雨雲(あまぐも)(おほ)われ一陣(いちぢん)怪風(くわいふう)()(きた)ると(とも)に、087(はげ)しき暴風雨(ばうふうう)(まど)(やぶ)らむず(ばか)りに襲来(しふらい)して()た。088一同(いちどう)(おどろ)きあわて、089(まど)()めるやら、090記念撮影(きねんさつえい)(ため)とて(には)(なら)べてあつた椅子(いす)持込(もちこ)むやら混雑(こんざつ)一方(ひとかた)ならず、091皆々(みなみな)呆気(あつけ)()られて、092(しば)言葉(ことば)もなかつたのである。093(やや)あつて『大先生(タアセンシヨン)094二先生(アルセンシヨン)095今日(けふ)写真(しやしん)駄目(だめ)でせう』と、096さも失望(しつばう)らしい(こゑ)(きこ)える。097真澄別(ますみわけ)日出雄(ひでを)(かほ)()て『ナアニ五分間(ごふんかん)()てば大丈夫(だいぢやうぶ)だ』と()へば、098日出雄(ひでを)はやおら()(おこ)して雨中(うちう)()()ち、099(てん)(むか)つて『ウー』と大喝(だいかつ)すれば、100風勢(ふうせい)(とみ)(おとろ)(あめ)漸次(ぜんじ)小降(こぶ)りとなり、101(はた)して(むか)五分間(ごふんかん)てふ真澄別(ますみわけ)宣言(せんげん)(たが)はず、102如何(いか)()()くかと(あん)ぜられし暴風雨(ばうふうう)は、103(ゆめ)(ごと)()()り、104(ふたた)()赫々(かくかく)(かがや)きわたり、105(そら)(もと)(ごと)晴朗(せいらう)()()つたのである。106盧占魁(ろせんくわい)(うれ)しさの(あま)り、107驚嘆自失(きやうたんじしつ)せる人々(ひとびと)(あひだ)立廻(たちまは)り、108自己(じこ)宣伝(せんでん)誇大(こだい)にも虚偽(きよぎ)にもあらざるを(ほこ)つたといふも(しん)無理(むり)ならぬ(こと)である。
109 (ここ)各営(かくえい)幹部(かんぶ)一同(いちどう)芽出度(めでたく)撮影(さつえい)(のち)110(たく)(かこ)んで会食(くわいしよく)し、111(はなし)徹頭徹尾(てつとうてつび)(この)()奇蹟(きせき)(くわん)する驚嘆(きやうたん)讃美(さんび)終始(しうし)し、112真澄別(ますみわけ)は、113(この)(とき)(すで)朝来(てうらい)頭痛(づつう)(わす)れた(やう)平癒(へいゆ)しニコニコして(なに)くれとなく斡旋(あつせん)(らう)()りつつありし温長興(をんちやうこう)()し、114(じつ)今朝(こんてう)出発(しゆつぱつ)(さい)大先生(だいせんせい)今日(けふ)役目(やくめ)(うけたまは)るべき竜神(りうじん)を、115(をん)さんに()()けられたので、116それで(をん)さんは(あたま)(いた)かつたのですよ。117つまりあの轎車(けうしや)竜神(りうじん)()つて()たのです』と()へば、118科学万能(くわがくばんのう)かぶれの(ひと)も、119虚妄(きよまう)(かん)ずる余裕(よゆう)もなく(おも)はず感嘆(かんたん)(ことば)()らす(ほか)はなかつたのである。
120 ()(やうや)西天(せいてん)(かたむ)き、121日出雄(ひでを)()()()らむとする(ころ)天候(てんこう)(かは)りて(また)もや雨模様(あめもやう)となり、122(いま)にも(そら)(ほころ)(さう)()えて()た。123盧占魁(ろせんくわい)()は『今晩(こんばん)此処(ここ)にお(とま)りになつては如何(いかが)です。124()つてお(かへ)りなさるなら、125こんな空模様(そらもやう)ですから、126雨具(あまぐ)差上(さしあ)げませう』といふのを、127日出雄(ひでを)は『ナアニ(おれ)旅立(たびだ)ちすれば()つてゐる(あめ)()むのだ』と微笑(びせう)(なが)ら、128上木局子(かみもくきよくし)仮殿(かりどの)()して(かへ)()く。129(はた)して日出雄(ひでを)一行(いつかう)帰着(きちやく)(まで)(あめ)神様(かみさま)遠慮(ゑんりよ)されたのか、130(その)帰着(きちやく)同時(どうじ)沛然(はいぜん)として、131地上(ちじやう)(ちり)一時(いちじ)(なが)()るかの(ごと)強雨(がうう)()(そそ)いだのである。
132大正一四・八 筆録)
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら
オニド関連サイト最新更新情報
9/15【霊界物語ネット】王仁文庫の第三篇「瑞能神歌」を掲載しました。