霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二七章 奉天(ほうてん)(うづ)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 特別篇 山河草木 入蒙記 篇:第4篇 神軍躍動 よみ:しんぐんやくどう
章:第27章 入蒙記 よみ:ほうてんのうず 通し章番号:
口述日:1925(大正14)年08月 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年2月14日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
日本で軍資金の調達にあたっていた加藤明子は、日出雄から密書を受け取った。これと思う数名を同道して、滞在場所まで来るように、というものであった。
そこで一同は準備に入ったが、先に奉天に入っていた横尾敬義が戻ってきて、唐国別が言うには、「すでに日出雄先生は蒙古入りしたので、後から来る人々は、先生が大庫倫に到着してから来るように」とのことであったと伝えた。
加藤、国分義一、藤田武寿の三人は予期に反したが、すでに準備が整っていたこともあり、二代教主と相談の上、ともかく日出雄一行の後を追うことにした。
しかし水也商会に着くと、唐国別はこれ以上奥地に日本人を送るなどとんでもない、いくら大先生、二代様の頼みでも、自分の考えに反したことは聞き入れるわけにはいかない、という態度であった。
奥地より日出雄の消息を伝えに来た大倉は、三人に同情し、日出雄先生より来いとのことであれば、万難を排して協力しましょう、と言ってくれたが、唐国別は態度を硬化させ、絶対に反対する旨通告してきた。
仕方なく三人は大連、旅順などを巡覧しながら連絡を待っていた。結局、日出雄よりは「女子の入蒙は困難なので、日本・奉天間を往復して連絡の用務を勤めるように」との連絡があった。また、大倉の協力の言は単なる気休めだと判明した。
仕方なく三人は一度そろって日本に帰った。そして加藤はかつて満蒙に名をとどろかせた緑川貞司に師事して準備を練っていた最中、パインタラの変の報に接したのであった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rmnm27
愛善世界社版:241頁 八幡書店版:第14輯 635頁 修補版: 校定版:244頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 日出雄(ひでを)大志(たいし)(いだ)いて(あや)聖地(せいち)出発(しゆつぱつ)して以来(いらい)002満蒙(まんもう)(そら)(なが)めては、003日夜(にちや)憧憬(どうけい)(おも)ひを(いだ)きつつ、004軍資金(ぐんしきん)調達(てうたつ)苦労(くらう)してゐた加藤(かとう)明子(はるこ)は、005日出雄(ひでを)出発後(しゆつぱつご)三週間(さんしうかん)()(ころ)006日出雄(ひでを)よりの密書(みつしよ)受取(うけと)つた。007それには(きう)三月(さんぐわつ)三日(みつか)(まで)横尾(よこを)敬義(ゆきよし)008西村(にしむら)輝雄(てるを)009国分(こくぶ)義一(ぎいち)010藤田(ふぢた)武寿(たけとし)011佐藤(さとう)六合雄(くにを)(その)()()れを(おも)人々(ひとびと)(うち)012四五名(しごめい)同道(どうだう)して(わが)滞在(たいざい)場所(ばしよ)(まで)(きた)れとの命令(めいれい)(したた)めてあつた。013加藤(かとう)(てん)にも(のぼ)心地(ここち)(よろこ)(いさ)んで(みぎ)人々(ひとびと)(その)(むね)(つた)へた。014(この)(うち)佐藤(さとう)用務(ようむ)()め、015内地(ないち)残留(ざんりう)し、016西村(にしむら)大庫倫(だいクーロン)一行(いつかう)到着(たうちやく)(まで)()つと()ひ、017横尾(よこを)()要件(えうけん)があるので(さき)んじて奉天(ほうてん)(むか)ひ、018国分(こくぶ)019藤田(ふぢた)両人(りやうにん)早速(さつそく)関係(くわんけい)事業(じげふ)整理(せいり)取掛(とりかか)つた。020(なほ)加藤(かとう)通告(つうこく)()是非(ぜひ)(この)一行(いつかう)(くは)はらむと決心(けつしん)した広瀬(ひろせ)義邦(よしくに)は、021万難(ばんなん)(はい)して渡満(とまん)し、022場合(ばあひ)()つては大連(だいれん)()しくは奉天(ほうてん)(しよく)(もと)めて時機(じき)(いた)るを()(こと)とした。
023 加藤(かとう)蝟集(ゐしふ)(きた)故障(こしやう)(しの)いで出発準備(しゆつぱつじゆんび)(いそ)いでゐる折柄(をりから)024(さき)渡満(とまん)した横尾(よこを)帰来(きらい)し、
025日出雄(ひでを)先生(せんせい)(すで)入蒙(にふもう)せしこと、026唐国別(からくにわけ)(げん)()れば(あと)連中(れんちう)大庫倫(だいクーロン)到着後(たうちやくご)027()(やう)に』
028との(こと)などを(つた)へた。029加藤(かとう)予期(よき)(はん)したので、030取敢(とりあ)へず国分(こくぶ)031藤田(ふぢた)(その)(むね)(つう)ずると、032二人(ふたり)(すで)準備(じゆんび)(まつた)くなり、033今更(いまさら)如何(どう)することも出来(でき)ぬといふ始末(しまつ)なので、034()むなく(その)処置(しよち)大本二代教主(おほもとにだいけうしゆ)(はか)り、035(つひ)国分(こくぶ)036藤田(ふぢた)037加藤(かとう)三人(さんにん)は、038一命(いちめい)()して日出雄(ひでを)一行(いつかう)(あと)()(こと)決定(けつてい)したのである。
039 四月(しぐわつ)十六日(じふろくにち)奉天(ほうてん)なる唐国別(からくにわけ)より西王母(せいわうぼ)服装(ふくさう)携行(けいかう)せよとの来電(らいでん)があつたので、040()用務(ようむ)をも()ね、041(みぎ)三人(さんにん)四月(しぐわつ)十八日(じふはちにち)奉天(ほうてん)(むか)つて出発(しゆつぱつ)し、042門司(もじ)よりは偶々(たまたま)満韓視察(まんかんしさつ)途次(とじ)にありし大谷(おほたに)恭平(きようへい)(くは)はつて一行(いつかう)四人(よにん)となり、043(こころ)(すで)蒙古(もうこ)大原野(だいげんや)()せ、044汽船(きせん)汽車(きしや)()ドロキ心地(ここち)二十日(はつか)(ゆふ)奉天駅(ほうてんえき)(ちやく)した。045(かね)打電(だでん)してあつたので、046萩原(はぎはら)047西島(にしじま)(ならび)折柄(をりから)在奉中(ざいほうちう)唐国別夫人(からくにわけふじん)(とう)一行(いつかう)出迎(でむか)へ、048(その)(すぢ)警戒(けいかい)(げん)なればとて、049四辺(あたり)(はばか)(なが)稲葉町(いなばちやう)中野(なかの)といふ(たく)案内(あんない)された。050(よく)二十一日(にじふいちにち)一行(いつかう)水也商会(みづやしやうくわい)(おもむ)き、051王天海(わうてんかい)なる唐国別(からくにわけ)会見(くわいけん)したところが、052(わう)不機嫌(ふきげん)面色(おももち)で、053藤田(ふぢた)(むか)ひ、
054唐国別(からくにわけ)君等(きみら)一体(いつたい)奥地(おくち)(はい)(つも)りで()られたのですか』
055藤田(ふぢた)左様(さやう)です、056勿論(もちろん)
057唐国別(からくにわけ)左様(さやう)です……なんて……冗談(じようだん)ぢやないよ。058君等(きみら)はさう容易々々(やすやす)奥地(おくち)這入(はい)れると(おも)はれるのか。059そりや(たれ)だつて先生(せんせい)(そば)()きたいのは当然(たうぜん)だよ、060君等(きみら)だけぢやない。061しかし張作霖(ちやうさくりん)との複雑(ふくざつ)関係(くわんけい)()りもしないで、062ヤレ(われ)もソレ(わし)もとやつて()られて(たま)るものか、063(ぼく)苦心(くしん)並大抵(なみたいてい)ぢやないよ』
064前置(まへおき)して日出雄(ひでを)来奉(らいほう)以後(いご)事情(じじやう)縷々(るる)(べん)じ、065(この)(さい)日本人(につぽんじん)入蒙(にふもう)することは絶対(ぜつたい)(ことわ)ると()ふ、066(はなは)意外(いぐわい)言葉(ことば)であつた。
067加藤(かとう)妾達(わたしたち)(けつ)して自分勝手(じぶんかつて)先生(せんせい)のお(そば)()かうと()ふのではありませぬ。068先生(せんせい)御命令(ごめいれい)(まゐ)りましたのです。069貴方(あなた)御存(ごぞん)じの(はず)ですが……』
070とて日出雄(ひでを)より()親展書(しんてんしよ)と、071二代教主(にだいけうしゆ)よりの三人(さんにん)入蒙依頼書(にふもういらいしよ)差出(さしだ)した。072唐国別(からくにわけ)は、
073『あゝさうですか、074(わたし)()つとも()らなかつた。075さうすると(また)(あらた)三人(さんにん)大先生(だいせんせい)引受(ひきう)けた(やう)なものだ。076中々(なかなか)大任(たいにん)だ。077先生(せんせい)入蒙(にふもう)(つい)ては、078どんな苦心(くしん)をしたか(わか)りやしない』
079とてこれから入蒙苦心談(にふもうくしんだん)()()かし、080(かう)()けてから一行(いつかう)宿(やど)引取(ひきと)つた。081(しか)るに(その)()第二回(だいにくわい)会見(くわいけん)(おい)ては唐国別(からくにわけ)態度(たいど)激変(げきへん)し、
082先生(せんせい)現在(げんざい)御在所(ございしよ)自分(じぶん)には(わか)りませぬ。083また仮令(たとへ)大先生(だいせんせい)084二代様(にだいさま)のお言葉(ことば)でも、085自分(じぶん)(かんが)へに(はん)した(こと)()()れる(わけ)には()きませぬ』
086とて断乎(だんこ)として三人(さんにん)入蒙(にふもう)拒絶(きよぜつ)した。087三人(さんにん)(その)傍若無人(ばうじやくぶじん)言辞(げんじ)(おどろ)(あき)れ、088(かつ)憤慨(ふんがい)したが、089(さて)(なん)詮術(せんすべ)もないので、090スゴスゴと引取(ひきと)(ほか)はなかつた。
091 四月(しぐわつ)二十六日(にじふろくにち)(いた)り、092大倉(おほくら)奥地(おくち)より日出雄(ひでを)消息(せうそく)(もた)らし(かへ)れりとの報告(はうこく)唐国別(からくにわけ)より()けたので、093一縷(いちる)(のぞ)みもやと、094三人(さんにん)(いそ)いで唐国別(からくにわけ)店舗(てんぽ)(おとづ)大倉(おほくら)面会(めんくわい)した。095大倉(おほくら)愛想(あいそ)よく(くち)(ひら)いて(かた)る。
096先生(せんせい)非常(ひじやう)御元気(おげんき)ですから御安心(ごあんしん)なさい。097(しか)現在(げんざい)入蒙(にふもう)余程(よほど)困難(こんなん)ですが、098先生(せんせい)より()いとのお言葉(ことば)なれば、099万難(ばんなん)(はい)して奥地(おくち)へお(おく)(まを)しませう。100(また)先生(せんせい)のお言葉(ことば)なく(とも)101()ひて入蒙(にふもう)せられると()ふのなら、102同胞(どうはう)(よしみ)として()ておく(わけ)にも()きませぬでなア』
103 加藤(かとう)()三人(さんにん)大倉(おほくら)(この)言葉(ことば)(やや)(こころ)(いさ)み、104(さき)唐国別夫人(からくにわけふじん)が『()ひて入蒙(にふもう)する(もの)途中(とちう)()つて(しま)ふと某浪人(ぼうらうにん)()つてますよ』との(はなし)裏切(うらぎ)られた(うれ)しさと、105先生(せんせい)のお言葉(ことば)なら万難(ばんなん)(はい)して云々(うんぬん)』といふ信者(しんじや)ならでは()(こと)出来(でき)言葉(ことば)大倉(おほくら)(くち)から(はつ)せられた(うれ)しさに、106()()(はづ)してはと(おも)矢先(やさき)107唐国別(からくにわけ)は、
108当地(たうち)()一切(いつさい)事情(じじやう)精通(せいつう)してゐる吾輩(わがはい)(げん)(したが)はず、109まだ入蒙(にふもう)主張(しゆちやう)するのは不都合(ふつがふ)だ』
110(なじ)る。111今迄(いままで)(くち)(つぐ)んで一言(いちごん)(はさ)まなかつた国分(こくぶ)(この)(とき)(はじ)めて(くち)(ひら)き、
112(この)先生(せんせい)からの御手紙(おてがみ)貴方(あなた)()()()たのなら貴方(あなた)のお言葉(ことば)(したが)ひもしませうが、113()れはさうぢやないのですから、114一応(いちおう)先生(せんせい)御照会(ごせうくわい)(ねが)ひたいものですな』
115()へば唐国別(からくにわけ)(すこぶ)昂奮(かうふん)態度(たいど)であつたが、116翌日(よくじつ)自分(じぶん)訪問(はうもん)した藤田(ふぢた)(かい)し、117()(ごと)意味(いみ)通告(つうこく)三人(さんにん)(あた)へたのである。
118三人(さんにん)入蒙(にふもう)絶対(ぜつたい)拒絶(きよぜつ)する。119自分(じぶん)から手紙(てがみ)先生(せんせい)(はう)へ……来奉者(らいほうしや)()(かへ)しますから御承知(ごしようち)ありたし……と申遣(まうしつか)はし、120盧占魁(ろせんくわい)には……(ぐん)行動(かうどう)邪魔(じやま)になる(こと)先生(せんせい)(げん)(いへど)聴従(ちやうじゆう)するな……と(つた)へ、121(なほ)使者(ししや)(たい)しては……万一(まんいち)先生(せんせい)から自分(じぶん)(かんが)へと(ちが)つた御返辞(ごへんじ)のある場合(ばあひ)には途中(とちう)(にぎ)(つぶ)せ……と(めい)じて()いた。122それでも(なほ)自由行動(じいうかうどう)()入蒙(にふもう)せられるなら、123途中(とちう)危険(きけん)(たい)して吾々(われわれ)責任(せきにん)()はない』
124 ()通告(つうこく)()けた三人(さんにん)熟議(じゆくぎ)結果(けつくわ)125唐国別(からくにわけ)口吻(こうふん)女子(ぢよし)従軍禁制(じゆうぐんきんせい)(むね)もあつた(やう)だから、126(この)(さい)加藤(かとう)断念(だんねん)し、127国分(こくぶ)128藤田(ふぢた)二人(ふたり)だけ入蒙(にふもう)取計(とりはから)つて(もら)(こと)にしようと一決(いつけつ)し、129加藤(かとう)大倉(おほくら)訪問(はうもん)して(これ)(かた)つた(ところ)大倉(おほくら)同情(どうじやう)して『()(かく)先生(せんせい)御指図(おさしづ)(あふ)(まで)130地方見物(ちはうけんぶつ)でもなさいませ』との(こと)一縷(いちる)(のぞ)みを(のこ)し、131四月(しぐわつ)廿九日(にじふくにち)から五月(ごぐわつ)二日(ふつか)まで、132三人(さんにん)撫順(ぶじゆん)133大連(だいれん)134旅順(りよじゆん)などを巡覧(じゆんらん)した。135(この)(かん)萩原(はぎはら)写真機(しやしんき)携帯(けいたい)して入蒙(にふもう)()()いたのである。
136 三人(さんにん)(ふたた)奉天(ほうてん)帰来(きらい)した()137王敬義(わうけいぎ)唐国別(からくにわけ)(むね)(ふく)んで来訪(らいほう)し、
138唐国別(からくにわけ)無断(むだん)何故(なぜ)大倉(おほくら)訪問(はうもん)したか、139それから旅順(りよじゆん)140大連(だいれん)などと出歩(である)くのは不謹慎(ふきんしん)ぢやないですか』
141(なじ)る。142三人(さんにん)王敬義(わうけいぎ)同情者(どうじやうしや)(しん)じて()たので、
143唐国別(からくにわけ)より最後(さいご)通牒(つうてふ)()けましたので()むを()大倉(おほくら)さんに(すが)つたのです、144そして大倉(おほくら)さんのお(すす)めに()つて見物(けんぶつ)()つて(まゐ)りました』
145(こた)ふれば、
146王敬義(わうけいぎ)唐国別(からくにわけ)(げん)(ひと)つの試練(しれん)とは(かんが)へないですか』
147加藤(かとう)『さう(おも)ひませぬでした』
148王敬義(わうけいぎ)唐国別(からくにわけ)(げん)瑞霊(ずゐれい)神懸(かむがかり)(みと)めませぬか』
149 加藤(かとう)は『ハイ、150さうは(おも)ひませぬ』とて今日(けふ)(まで)経過(けいくわ)(くは)しく()べたので、151王敬義(わうけいぎ)(やうや)(こころ)()けて、152種々(しゆじゆ)便宜(べんぎ)(はか)らふ(こと)となつた。153(この)(とき)国分(こくぶ)憤然色(ふんぜんいろ)をなして()ふ、
154唐国別(からくにわけ)(げん)瑞霊(ずゐれい)神懸(かむがかり)とは(なん)のこつた。155王敬義(わうけいぎ)価値(かち)(ここ)(いた)つては(ゼロ)だね、156(とも)(かた)るに()信仰(しんかう)ぢやないね。157()しあの(とき)加藤(かとう)さんが……承認(しようにん)します……とでも()はうものなら、158今後(こんご)断然(だんぜん)(こと)(とも)にせない(つも)りだつた』
159意気軒昂(いきけんかう)たるものがあつた。160(かく)して奥地(おくち)よりの消息(せうそく)()(うち)に、161日出雄(ひでを)より『(この)(さい)女子(ぢよし)入蒙(にふもう)困難(こんなん)なれば、162日奉間(につぽうかん)往復(わうふく)して連絡(れんらく)用務(ようむ)(つと)めよ』との伝達(でんたつ)あり、163国分(こくぶ)164藤田(ふぢた)(くわん)しては何等(なんら)伝言(でんごん)なく、165大倉(おほくら)同情(どうじやう)(まつた)一時(いちじ)気安(きやす)めであつた(こと)判明(はんめい)し、166藤田(ふぢた)は『ナアニ、167(かま)ふものか、168それでは飛行機(ひかうき)用意(ようい)して()る』とて単身(たんしん)帰国(きこく)して(しま)つた。169(その)()名田彦(なだひこ)使者(ししや)として奥地(おくち)より来奉(らいほう)し、170種々(しゆじゆ)消息(せうそく)(つた)へたが、171(しゆ)として自身(じしん)苦心談(くしんだん)や、172愚痴(ぐち)のみにて要領(えうりやう)()ず、173(ただ)(わづか)に『(しばら)自由行動(じいうかうどう)()つて時機(じき)()て』との伝言(でんごん)(ふく)まれてゐるらしく(おも)はれたので、174加藤(かとう)175国分(こくぶ)両人(りやうにん)(つひ)時機(じき)到来(たうらい)せざるを(さつ)し、176五月(ごぐわつ)八日(やうか)()(けつ)して帰国(きこく)()()いたのである。177途々(みちみち)国分(こくぶ)微笑(びせう)しながら、
178藤田君(ふぢたくん)飛行機入蒙計劃(ひかうきにふもうけいくわく)もよからうが、179(いま)()(なか)黄金(こがね)弾丸(だんぐわん)(かぎ)るよ、180(かね)さへあれば浪人(らうにん)鬼面(きめん)()恵比須顔(ゑびすがほ)(かは)るよ。181さうすりや門番神(もんばんがみ)()しぬいて、182道案内(みちあんない)させる(ぐらゐ)朝飯前(あさめしまへ)仕事(しごと)だ』
183加藤(かとう)(かへり)みて(わら)つた。184帰来後(きらいご)三人(さんにん)三様(さんやう)活動方針(くわつどうはうしん)()つたが、185(その)()加藤(かとう)米倉(よねくら)範治(はんぢ)紹介(せうかい)(かつ)満蒙(まんもう)()驍名(げうめい)(とどろ)かせた劉武林(りうぶりん)(こと)緑川(みどりかは)貞司(ていじ)師事(しじ)し、186馬術(ばじゆつ)稽古(けいこ)をはじめ、187緑川(みどりかは)案内者(あんないしや)として入蒙(にふもう)()(はた)すべく湯浅(ゆあさ)清高(きよたか)188谷前(たにまへ)清子(きよこ)189松村(まつむら)清香(きよか)190東尾(ひがしを)輝子(てるこ)()招集(せうしふ)すべく準備中(じゆんびちう)191通遼(つうれう)異変(いへん)(せつ)したのである。
192 唐国別(からくにわけ)()加藤(かとう)()入蒙(にふもう)(こば)んだのは、193加藤(かとう)()入蒙(にふもう)大庫倫着(だいクーロンちやく)(のち)と、194(かね)日出雄(ひでを)から()いてゐた(ほか)195何等(なんら)命令(めいれい)()けなかつたからであつた。
196大正一四・八 筆録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/24【霊界物語ネット】『出口王仁三郎全集』の「第二篇 皇道我観」(第一~第十章)を校正しました。
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。