霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二九章 端午(たんご)()

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 特別篇 山河草木 入蒙記 篇:第4篇 神軍躍動 よみ:しんぐんやくどう
章:第29章 入蒙記 よみ:たんごのひ 通し章番号:
口述日:1925(大正14)年08月 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年2月14日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
ところが、六月五日になると進路はにわかに南方に転じた。日本人側からは方向が違う、と不審の声が上がったが、すでに先方は遠くへ進んでおり、地理に不案内のこともあってどうしようもない。
一同はあたりの沃野の広さ、自然や資源の豊かさに感嘆しながらのんびりと行軍を続けていた。
ある晩、三方が山の谷間で宿営を張ることになったが、雨模様であった。そこで日出雄が神言を奏上し、晴天をもたらした。ところがその後、盧占魁から夜間行軍の命令が出て、部隊は再び出発したが、今度は豪雨に見舞われてしまった。
部隊からは、先生がせっかく雨を止めてくださったのに、司令が宿営地を勝手に変更したために、神罰を受けたのだ、という者もあった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rmnm29
愛善世界社版:256頁 八幡書店版:第14輯 641頁 修補版: 校定版:260頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 西北(せいほく)(むか)つて(つづ)けられた行軍(かうぐん)は、002(やま)()(たに)(わた)高原(かうげん)横切(よこぎ)りつつ(すす)()く。003ふと()れば前方(ぜんぱう)素晴(すば)らしい高山(かうざん)(よこ)たはつてゐる。004あの(やま)(うま)()えられやうかなと(あん)じつつ(すす)(うち)に、005何時(いつ)しか(その)(いただき)(たつ)してゐるといふ(やう)緩勾配(くわんこうばい)は、006(まつた)大陸(たいりく)特徴(とくちやう)であらう。007六月(ろくぐわつ)五日(いつか)になると如何(いか)なる都合(つがふ)か、008針路(しんろ)(には)かに南方(なんぱう)(てん)ぜられて()た。009方向(はうかう)(ちが)ふぢやないか一体(いつたい)何処(どこ)()くのだ、010興安嶺(こうあんれい)聖地(せいち)()くのぢやないか、011などと日本人側(につぽんじんがは)から不審(ふしん)(こゑ)()たが、012(すで)先鋒(せんぽう)(とほ)(すす)んでゐる(こと)とて、013地理不案内(ちりふあんない)(もの)自由行動(じいうかうどう)困難(こんなん)である。014四囲(しゐ)景色(けしき)何時(いつ)しか(かは)つて、015()(とど)(かぎ)火山爆発(くわざんばくはつ)(あと)らしく、016熔岩(ようがん)(あるひ)火山灰(くわざんばい)凝固(ぎようこ)(なか)(とほ)()けて、017(その)壮観(さうくわん)筆紙(ひつし)()(つく)(ところ)でない。018岡崎(をかざき)馬上(ばじやう)(なが)日出雄(ひでを)(こゑ)をかけ、
019岡崎(をかざき)先生(せんせい)020(なん)(おほ)きな火山(くわざん)ぢやありませぬか』
021日出雄(ひでを)『さうです(じつ)雄大(ゆうだい)なものです』
022真澄(ますみ)先生(せんせい)023阿蘇(あそ)火山(くわざん)大規模(だいきぼ)で、024世界一(せかいいち)大火山(だいくわざん)地文学者(ちもんがくしや)から()はれる(だけ)あつて実際(じつさい)壮観(さうくわん)ですが、025此処(ここ)はモ(ひと)大規模(だいきぼ)ぢやないでせうか、026(なに)(いは)くのありさうな(ところ)ですな』
027日出雄(ひでを)『さうです、028()れが霊界物語(れいかいものがたり)第一巻(だいいつくわん)にある天保山(てんぱうざん)一部(いちぶ)ですよ、029地文学者(ちもんがくしや)足跡(あしあと)(いた)らないので、030まだ世間(せけん)紹介(せうかい)されて()ないのだらう』
031真澄(ますみ)今度(こんど)蒙古入(もうこいり)には霊界物語中(れいかいものがたりちう)実現(じつげん)大分(だいぶん)(ふく)まれて()ると、032(はら)(なか)(かぞ)へて()ましたが、033(かげ)でモ(ひと)(わか)りました』
034など(かた)()ひつつ、035(くさ)(しとね)星蒲団(ほしぶとん)大陸自由(たいりくじいう)ホテルを目指(めざ)して()く。
036 六月(ろくぐわつ)六日(むいか)陰暦(いんれき)五月(ごぐわつ)五日(いつか)正午(しやうご)(ごろ)037(とほ)山屏風(やまびやうぶ)引廻(ひきめぐら)した広大(くわうだい)草野(さうや)(なか)に、038缶詰(くわんづめ)やメリケン粉製(こせい)(もち)などくさぐさの食料(しよくれう)(くち)にし(なが)雑談(ざつだん)(ふけ)つて()るのは、039()(まで)もなく日出雄(ひでを)一行(いつかう)である。
040 (この)()五月(ごぐわつ)五日(いつか)吉日(きちにち)とて幹部連(かんぶれん)記念撮影(きねんさつえい)をなし、041各兵団(かくへいだん)はそれぞれ適当(てきたう)地位(ちゐ)(ぼく)し、042団旗(だんき)(もと)(あつ)まつて(はるか)護衛(ごゑい)任務(にんむ)(つく)してゐる。
043岡崎(をかざき)『なんとこれ(だけ)(ひろ)野原(のはら)に、044真中(まんなか)(かは)(なが)れてゐるし、045(くさ)出来(でき)按配(あんばい)から()ても地味(ちみ)()(さう)だが、046立派(りつぱ)水田(すいでん)出来(でき)るやうに(おも)ふね』
047守高(もりたか)(わたし)北海道(ほくかいだう)()つて開懇(かいこん)従事(じゆうじ)した経験(けいけん)から(かんが)へても、048立派(りつぱ)水田(すいでん)ができます。049今日(けふ)(まで)旅行(りよかう)した蒙古(もうこ)(なか)公爺府(コンエフ)以西(いせい)素晴(すば)らしい沃野(よくや)(あそ)んでゐますなア。050気候(きこう)風土(ふうど)(かん)じから()つても、051北海道(ほくかいだう)出来(でき)(もの)(なん)でも(つく)れますよ、052(をし)いものですな』
053坂本(さかもと)『これ(だけ)(わたし)(いただ)けたらモウ満足(まんぞく)です。054半分(はんぶん)水田(すいでん)(はたけ)にし、055半分(はんぶん)牧場(ぼくぢやう)にして()きなナイスと、056(ひつじ)(かは)天幕張(てんとばり)蒙古包(もうこはう)十分(じふぶん)だから、057一緒(いつしよ)(くら)して()たいなア』
058真澄(ますみ)坂本(さかもと)さん、059ナイス(あと)から(おく)(とど)けるとして、060()(きみ)一人(ひとり)此処(ここ)(のこ)つて準備(じゆんび)取掛(とりかか)つたら()うです、061アハヽヽ』
062坂本(さかもと)『アハヽヽヽマア優先権(いうせんけん)さへ(みと)めて(いただ)けりや結構(けつこう)です』
063真澄(ますみ)実際(じつさい)何等(なんら)束縛(そくばく)干渉(かんせふ)もないこんな大天地(だいてんち)(ゆたか)(よこた)はつて、064人間(にんげん)さまのお()しを()つてゐるのに、065狭苦(せまくる)しい(ところ)(いが)()ひしてゐるのは()(どく)なものだ。066(とき)曼陀汗(マンダハン)さん、067(この)附近(ふきん)鉱山(くわうざん)()いのはありませぬか、068(はや)趙徹(てうてつ)さんに一億円(いちおくゑん)(まう)けて(もら)ひたいですからな、069アハツハヽ』
070曼陀汗(マンダハン)『サアよく(ぞん)じませぬが、071外蒙(ぐわいもう)砂漠(さばく)(なか)には水晶洞(すゐしやうどう)がチヨイチヨイあります。072(また)中央(ちうあう)火山脈(くわざんみやく)水源地(すいげんち)樹木(じゆもく)鬱蒼(うつさう)たる(ところ)にルビーの(いは)があると()いてゐますが、073まだ(わたし)()つた(こと)はありませぬ』
074坂本(さかもと)外蒙(ぐわいもう)喇嘛廟(ラマメウ)には十二三(じふにさん)子供(こども)(ぐらゐ)(おほ)きさの金無垢(きんむく)仏像(ぶつざう)があるさうだから、075それ一体(いつたい)(だけ)せめて頂戴(ちやうだい)したいものだなア』
076井上(ゐのうへ)坂本(さかもと)さん、077(いま)そんな(おも)(もの)(もら)つたつて運搬(うんぱん)(こま)るよ。078それよりも新彊(シンキヤン)へでも()つて()ろ、079砂金(しやきん)大粒(おほつぶ)(いく)らでも(ころ)がつて()るサ』
080盧占魁(ろせんくわい)新彊(シンキヤン)世界(せかい)宝庫(はうこ)だと(わたし)(おも)ひます。081山間(さんかん)(かた)(こほり)(やう)(ゆき)()いで引起(ひきおこ)すと、082(ゆき)(うら)十八金(じふはちきん)程度(ていど)砂金(しやきん)がベツタリくつついて()るやうな(ところ)(めづ)らしくない(くらゐ)です』
083日出雄(ひでを)(わたくし)霊界(れいかい)()てる(ところ)では、084安爾泰(アルタイ)地方(ちはう)から新彊(シンキヤン)西蔵境(チベツトざかひ)方面(はうめん)には、085砂金(しやきん)()ふより(むし)(きん)(いは)とも()ふべき(ほど)(もの)沢山(たくさん)(かく)されてゐる。086鉱物(くわうぶつ)のみでなく、087新彊(シンキヤン)(かみ)経綸(けいりん)枢要(すうえう)場所(ばしよ)で、088一般(いつぱん)天恵(てんけい)豊富(ほうふ)土地(とち)なのだ』
089真澄(ますみ)先生(せんせい)090御神諭(ごしんゆ)(しめ)されてる(とほ)りですがな。091実地(じつち)()(まで)(かみ)(しん)じない(ひと)(おほ)いのだから随分(ずゐぶん)面倒(めんだう)ですなア』
092日出雄(ひでを)『だから神様(かみさま)(ほね)()れるのだ』
093盧占魁(ろせんくわい)(しか)新彊(シンキヤン)()()むには勝手(かつて)()つた(もの)案内(あんない)させないと、094(めう)砂漠(さばく)がありまして、095うつかり()(こま)うものなら人馬(じんば)諸共(もろとも)ズブズブと滅入(めい)()んで(しま)ひます』
096真澄(ますみ)先生(せんせい)097(いま)()さんの()つた場所(ばしよ)霊界物語(れいかいものがたり)第十巻(だいじつくわん)安爾泰(アルタイ)地方(ちはう)(しやう)説明(せつめい)されてる場所(ばしよ)(あた)るぢやないでせうか』
098日出雄(ひでを)『さうらしいなア』
099 それからそれへと談話(はなし)交換(かうくわん)されてる(とき)100猪野軍医長(ゐのぐんいちやう)()(おほ)きな氷塊(ひやうくわい)(つか)(なが)(はし)つて()た。
101先生(せんせい)102こんな(こほり)()つけて()ました、103地下(ちか)三尺(さんじやく)(ぐらゐ)までは十分(じふぶん)解氷(かいひやう)してゐますが、104六七尺(ろくしちしやく)(ところ)はまだ(この)(とほ)りです。105(かは)(ふち)()()()這入(はい)()んで、106辛苦(しんく)して()つて(まゐ)りました』
107 一同(いちどう)猪野軍医(ゐのぐんい)心尽(こころづく)しの(こほり)破片(はへん)(かつ)()やし、108(ふたた)行軍(かうぐん)(つづ)けた。109青野ケ原(あをのがはら)()くる(あた)りから見渡(みわた)(かぎ)一面(いちめん)花野(はなの)(すす)む。110福寿草(ふくじゆさう)()黄色(きいろ)(はな)紫雲英(げんげ)()(はな)111菖蒲(しやうぶ)()(むらさき)など、112(あか)()(しろ)(むらさき)各々(おのおの)(えん)(きそ)うてゐる。
113月光(げつくわう)(いよいよ)()()でて
114精神界(せいしんかい)王国(わうごく)
115(あづま)(くに)(ひら)かれぬ
116真理(しんり)太陽(たいやう)晃々(くわうくわう)
117(かがや)(わた)永遠(とことは)
118()きぬ生命(いのち)真清水(ましみづ)
119下津岩根(したついはね)にあふれつつ
120慈愛(じあい)(あめ)()(そそ)
121荘厳(さうごん)無比(むひ)光明(くわうみやう)
122世人(よびと)身魂(みたま)(てら)すべく
123(あら)はれませり人々(ひとびと)
124一日(ひとひ)(はや)()をさませ
125四方(よも)(くに)より(きこ)()
126(まこと)(かみ)(こゑ)()
127(たま)清水(しみづ)(かは)(ひと)
128(みづ)御霊(みたま)にうるほへよ』
129(うた)ひつつ本部隊(ほんぶたい)より十数町(じふすうちやう)(おく)れて、130(この)(ひろ)花野(はなの)吾物顔(わがものがほ)馬上豊(ばじやうゆた)かに(すす)()くのは真澄別(ますみわけ)であつた。131坂本(さかもと)(あと)引添(ひきそ)(なが)ら『(まつた)くですなア』と感嘆(かんたん)(こゑ)()らし(なが)近頃(ちかごろ)内地(ないち)流行(りうかう)する(うた)だとて節面白(ふしおもしろ)(うた)()した。
132(ぼく)()くから(きみ)()
133(せま)日本(につぽん)にや()()いた
134(なみ)彼方(あなた)支那(しな)がある
135支那(しな)には四億(しおく)(たみ)()
136昨日(きのふ)(ひがし)今日(けふ)西(にし)
137()浮草(うきぐさ)のそれの(ごと)
138(はて)しなき()唯一人(ただひとり)
139(つき)(あふ)いで草枕(くさまくら)
140(たま)(はだ)なる(この)(からだ)
141(いま)ぢや鎗創(やりきず)刀傷(かたなきず)
142これぞ(まこと)(をとこ)ぢやと
143ほほ()(かほ)(はり)(ひげ)
144(ぼく)には(ちち)(はは)もなく
145(うま)故郷(こきやう)(いへ)もなし
146幾年(いくとせ)()れし(やま)あれど
147(わか)れを()しむ(もの)もなし
148(ただ)(いた)はしの恋人(こひびと)
149(をさな)(ころ)友達(ともだち)
150何処(いづこ)()むのか(いま)(ただ)
151夢路(ゆめぢ)姿(すがた)(しの)ぶのみ
152興安嶺(こうあんれい)朝風(あさかぜ)
153(つるぎ)をかざして()()れば
154北満州(きたまんしう)大平野(だいへいや)
155(ぼく)住家(すみか)にやまだ(せま)
156(くに)()てから十余年(じふよねん)
157(いま)ぢや蒙古(もうこ)大馬賊(だいばぞく)
158亜細亜高根(あじあたかね)(あひだ)より
159()()部下(てした)五千人(ごせんにん)
160(こま)(ひづめ)(しの)ばせつ
161(つき)雲間(くもま)()()でて
162明日(あす)(おそ)はむ奉天府(ほうてんふ)
163ゴビの砂漠(さばく)()らすなり』
164 花野(はなの)()きて三方(さんぱう)(やま)谷間(たにま)()いた(ころ)165(そら)はどんよりと(くも)(はじ)め、166(つひ)(くも)(ほころ)びて(あめ)となつた。167()(すで)(かたむ)きかけた(うへ)168前途(ぜんと)(やま)(また)(やま)重畳(ちようでふ)折重(をりかさ)なつて()えてゐる。169(しか)(この)(あめ)では野営(やえい)(ゆめ)(むす)ぶなどは(おも)ひも()らぬ(こと)である。170(この)(とき)こそはと、171日出雄(ひでを)小高(こだか)岩上(がんじやう)(のぼ)()神言(かみごと)奏上(そうじやう)(はじ)むるや、172一天(いつてん)ガラリと()(わた)り、173五日(いつか)(つき)西天(せいてん)玲瓏(れいろう)たる慈光(じくわう)(はな)(はじ)めた。174(ここ)日出雄(ひでを)一行(いつかう)(こころ)(やすん)じ、175就寝(しうしん)準備(じゆんび)にかかると、176如何(いか)なる軍議(ぐんぎ)参謀(さんぼう)(あひだ)(まとま)りしか、177引続(ひきつづ)夜間(やかん)行軍(かうぐん)開始(かいし)報告(はうこく)()たので、178一行(いつかう)(つぶや)(なが)(また)行進(かうしん)(はじ)めると、179()もなく(ふたた)小雨(こさめ)そぼ()(そら)となつた。180日出雄(ひでを)は『最早(もはや)吾々(われわれ)責任(せきにん)でない』と()ひ、181真澄別(ますみわけ)(べつ)祈願(きぐわん)しようとしない、182(つひ)豪雨(がうう)見舞(みま)はれて、183全軍(ぜんぐん)山間(さんかん)岩影(いはかげ)()(あか)すの()むを()ざる(こと)となつた。184(この)(とき)張彦三(ちやうけんさん)は『先生(せんせい)折角(せつかく)(あめ)()めて(くだ)さつたのに司令(しれい)無断(むだん)宿営地(しゆくえいち)変更(へんかう)したから神罰(しんばつ)()けたのだ』と吐息(といき)()らして(おほい)(たん)じた。
185大正一四・八 筆録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)