霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三二章 弾丸雨飛(だんぐわんうひ)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 特別篇 山河草木 入蒙記 篇:第5篇 雨後月明 よみ:うごげつめい
章:第32章 入蒙記 よみ:だんがんうひ 通し章番号:
口述日:1925(大正14)年08月 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年2月14日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
谷間を通り抜けて広大な草野に面した山すそで、開魯の軍隊から威嚇射撃を受けた。その間、真澄別はゆうゆうとその様を見物しており、日出雄は車の中で悠然と寝転んでいた。
盧占魁は応戦するなと言ってその場を駆け抜けた。十五日にはまた山間の通路で王府の兵が攻撃を仕掛けてきた。今度は盧占魁の部隊は応戦の構えを見せて追い払った。
続く六月十六日には、民家の付近で休息を取っている間に後方を王府の兵に襲われ、盧占魁の右腕である曼陀汗が戦死したため、盧占魁はいたく力を落とした。
真澄別は再び盧占魁に行く先を糾したが、盧は「先生方は安全地帯に滞在していただき、その間に自分は奉天に帰って、張作霖の誤解を解いてくる」という返事であった。
十八日に沼地にでくわし、盧占魁自らが御者となっていた日出雄の車はたちまち土中に半分ほどもめり込んでしまった。引き上げようもなく、仕方なく解体してようやく全部を復元すまでには、かなりの時間を費やしてしまった。
日出雄は神勅に、パインタラに行くのは薪を抱いて火に飛びこむようなものだ、と出たので、盧占魁に伝えた。盧占魁はただ、大丈夫です、と言ったのみであった。真澄別は神勅に敬意のない盧占魁の態度に不安を覚えた。
その夜、露営所に日本人が集まって評議がこらされた。猪野軍医は従卒の蒙古人に村民の噂を調べさせたところ、パインタラには盧占魁討伐の軍が数千も出動準備をしているということだったという。猪野は銭家店まで案内するから、道筋を変えたらどうか、と提案した。
一同は盧占魁を呼んできて、猪野軍医の報告と提案を告げた。しかし盧占魁は、自分を討伐するなんてありえない、自分が安全なところまで連れて行くので心配するな、と言うのみであった。
六月十九日、ラマ廟を出発してパインタラに向かう日の午後、パインタラ方面から吹き来る風はますます強くなり、姿勢正しく馬上にいることに危険を感じるほどであった。日本人一同は、不吉な予感を感じていた。
宵闇の中、日出雄の一隊は進めども進めども、同じ場所に戻ってしまい、先頭部隊との間が離れてしまった。真澄別は白孤が気をつけているといって心配したが、日出雄は進まなければ仕方がないと答えた。
翌朝、盧占魁の伝令によって呼び起こされることになった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rmnm32
愛善世界社版:285頁 八幡書店版:第14輯 652頁 修補版: 校定版:288頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 谷間(たにま)(とほ)()けて広大(くわうだい)草野(くさの)(めん)した山裾(やますそ)に、002一台(いちだい)轎車(けうしや)()()いて守高(もりたか)003萩原(はぎはら)004坂本(さかもと)005白凌閣(パイリンク)(その)他日出雄(たひでを)近侍(きんじ)せる支那将校(しなしやうかう)以下(いか)一団(いちだん)部隊(ぶたい)が、006不安(ふあん)(いろ)(あら)はし(なが)後続部隊(こうぞくぶたい)待合(まちあは)せて()る。007そして銃声(じゆうせい)(さか)んに(こだま)(ひび)(わた)るにも(かかは)らず、008轎車(けうしや)(なか)には(らい)(ごと)鼾声(かんせい)(きこ)えて()る。009折柄(をりから)猪野軍医長(ゐのぐんいちやう)顔色(がんしよく)()へて()(きた)り、010倉皇(さうくわう)として下馬(げば)し、011轎車(けうしや)(のぞ)()み、
012先生(せんせい)大変(たいへん)です』
013(さけ)ぶ。
014『アヽホンに銃砲(てつぱう)(おと)(きこ)えるなア』
015とやをら()(おこ)したのは日出雄(ひでを)である。
016猪野(ゐの)先生(せんせい)どうやら開魯(かいろ)兵隊(へいたい)()(ぐん)迎撃(むかへうち)する(ため)()()たらしいです。017左側(ひだりがは)(やま)から射撃(しやげき)(はじ)めました。018真澄別(ますみわけ)さんに(はや)()げなけりや(あぶな)いですよと注意(ちうい)したのですけれど、019真澄別(ますみわけ)さんは(さき)()つても後方(あと)()つても弾丸(だんぐわん)()んでるんだ……なんて(さと)つたらしい(こと)()つて見物(けんぶつ)して()られますが、020あれや駄目(だめ)ですよ』
021日出雄(ひでを)『アヽさうか、022モウ(すぐ)()()くだらう』
023()(また)(さと)つたらしく()ころんで(しま)つた。024(この)(とき)真澄別(ますみわけ)井上(ゐのうへ)兼吉(けんきち)(したが)へ、025悠々(いういう)弾丸雨飛(だんぐわんうひ)(あひだ)(すす)みつつ、
026真澄別(ますみわけ)井上(ゐのうへ)さん、027吾々(われわれ)狙撃(そげき)する連中(れんちう)一体(いつたい)(なん)だい』
028井上(ゐのうへ)此処(ここ)王府(わうふ)(へい)でせう。029弾丸(だんぐわん)(うへ)(かた)(とほ)(ところ)から(さつ)すると、030(はや)(この)管内(くわんない)立退(たちの)いて()れ、031迷惑(めいわく)(かか)ると(こま)るからと()合図(あひづ)かも()れませぬなア。032アハヽヽヽ』
033真澄別(ますみわけ)(しか)昨日(きのふ)喇嘛廟(ラマメウ)王府(わうふ)もがら(あき)だつたのが曲者(くせもの)だよ。034()馬賊(ばぞく)としての討伐令(たうばつれい)でも(まは)つて()てるのぢやなからうか』
035井上(ゐのうへ)『まさか……と(おも)ひますが……おゝあれ御覧(ごらん)なさい。036猪野(ゐの)(やつ)037衛生材料(ゑいせいざいれう)()つたらかして()()しましたよアハヽヽヽ』
038 ()かる()りしも、039真澄別(ますみわけ)井上(ゐのうへ)との中間(ちうかん)へピチーンと銃弾(じゆうだん)落下(らくか)した。040井上(ゐのうへ)平気(へいき)(かほ)で、
041井上(ゐのうへ)『オヤこん畜生(ちくしやう)(ねら)()ちを(はじ)めよつたぞ』
042()(なが)ら、043真澄別(ますみわけ)(くつわ)(なら)べて見物(けんぶつ)気分(きぶん)日出雄(ひでを)轎車(けうしや)目当(めあて)辿(たど)()く。
044 盧占魁(ろせんくわい)前後(ぜんご)(うま)()ばし(なが)(こゑ)(はげ)まして、
045応戦(おうせん)するな、046応戦(おうせん)するな』
047(さけ)(まは)つて()る。048全隊(ぜんたい)青野ケ原(あをのがはら)(すす)(ころ)には、049最早(もはや)銃声(じゆうせい)(きこ)えずなつてゐたが、050それでも二名(にめい)負傷者(ふしやうしや)出来(でき)たのである。051銃声(じゆうせい)他所(よそ)(ねむ)れる日出雄(ひでを)と、052弾丸雨飛(だんぐわんうひ)平気(へいき)(なが)めてゐた真澄別(ますみわけ)との大胆(だいたん)さは、053()以下(いか)各将卒(かくしやうそつ)賞讃(しやうさん)(まと)となつた。054(これ)より周囲(しうゐ)警戒(けいかい)益々(ますます)厳重(げんぢう)にして(すす)むこととなつたが、055十五日(じふごにち)又々(またまた)山間(さんかん)通路(つうろ)(おい)王府(わうふ)(へい)要撃(えうげき)開始(かいし)せむとするや、056盧占魁(ろせんくわい)単身(たんしん)(うま)鞭打(むちう)両手(りやうて)にモーゼル(じゆう)()げて()(むか)ひ、057劉陞山(りうしようさん)部隊(ぶたい)また機関銃(きくわんじゆう)火蓋(ひぶた)()つたので、058王府(わうふ)(へい)銘旗(めいき)若干(じやくかん)馬具(ばぐ)(のこ)()()(つう)ぜるだけあつて、059逸早(いちはや)(いづ)れへか姿(すがた)(かく)して(しま)つた。060相変(あひかは)らず強行軍(きやうかうぐん)南方(なんぱう)もしくは東南方(とうなんぱう)(むか)つて(つづ)けられた。061(うま)(たふ)れて自然(しぜん)落伍(らくご)する(もの)もあれば、062(なか)には(また)野馬(やば)(とら)へて()(うつ)(もの)もあり、063(りう)部隊(ぶたい)には十数頭(じふすうとう)駱駝(らくだ)徴発(ちようはつ)して()(まは)して()(もの)さへあつた。
064 六月(ろくぐわつ)十六日(じふろくにち)陰暦(いんれき)五月(ごぐわつ)十五日(じふごにち)青草(あをくさ)のまばらに()(しげ)つた高原(かうげん)三々五々(さんさんごご)()(なら)んでゐる民家(みんか)附近(ふきん)(こし)()ろして朝食(てうしよく)(きつ)した。065前日来(ぜんじつらい)人馬(じんば)(とも)食料(しよくれう)欠乏(けつぼう)(ため)(やす)()とて(あた)へられず、066民家(みんか)(もと)めて此処(ここ)まで(いそ)いだのである。067民家(みんか)より炒米(チヨオミイ)(とり)徴発(ちようはつ)補充(ほじゆう)し、068一同(いちどう)元気(げんき)(やうや)回復(くわいふく)した。069炊事(すゐじ)道具(だうぐ)何時(いつ)洗面器(せんめんき)鉄鍋(てつなべ)利用(りよう)するのだが、070調味料(てうみれう)(しほ)のみで、071それも()つたり()かつたりと()状態(じやうたい)であつた。072此処(ここ)附近(ふきん)には(はた)らしい場所(ばしよ)があり、073其処(そこ)にたまたま(ねぎ)()()見付(みつ)かつた(とき)には、074皆々(みなみな)(さき)(あらそ)ひ、075ちぎつては(つち)()(こす)()(むさぼ)()ふた。076食事後(しよくじご)日出雄(ひでを)轎車(けうしや)(なか)(ねむ)り、077(その)()随員(ずいいん)(これ)取巻(とりま)いて大地(だいち)(うへ)にゴロリと昼寝(ひるね)(ゆめ)(むさぼ)つてゐると、078(はる)後方(こうはう)(あた)一時(いちじ)(さか)んに銃声(じゆうせい)(きこ)えた。079盧占魁(ろせんくわい)(ただ)ちに二三(にさん)従卒(じゆうそつ)(とも)駆出(かけだ)し、080一時間(いちじかん)(ばか)()つた(のち)081萎々(しほしほ)(かへ)()(なみだ)ながらに(かた)る。
082『あの王府(わうふ)(へい)数十名(すうじふめい)執念深(しふねんぶか)くも、083沿道(えんだう)民家(みんか)(ひそ)()り、084最後方部隊(さいこうはうぶたい)曼陀汗(マンダハン)狙撃(そげき)したので、085曼陀汗(マンダハン)部下(ぶか)前進(ぜんしん)せしめおき、086単身(ひとり)(これ)(むか)つて近寄(ちかよ)途端(とたん)(うま)銃弾(たま)(たふ)れる、087第二(だいに)弾丸(だんぐわん)曼陀汗(マンダハン)太腿(ふともも)()()かれ、088バツタリ(たふ)れたさうです。089それでも部下(ぶか)(むか)ひ……お前等(まへら)(すす)(すす)心配(しんぱい)するな大丈夫(だいぢやうぶ)だ……と()つて()()に、090人家(じんか)より六七名(ろくしちめい)王府(わうふ)(へい)曼陀汗(マンダハン)側近(そばちか)()()り、091銃先(じゆうさき)(そろ)へて()()み、092曼陀汗(マンダハン)はあへなき最期(さいご)()げました。093曼陀汗(マンダハン)副将(ふくしやう)振返(ふりかへ)つてみて(おどろ)き、094矢庭(やには)二三人(にさんにん)撃殺(うちころ)した(さう)ですが、095これも胸部(きようぶ)射貫(いぬ)かれて(たふ)れる。096(その)(あひだ)王府兵(わうふへい)姿(すがた)(かく)して(しま)つたさうです。097張彦三(ちやうけんさん)(わたし)(ひだり)(うで)098曼陀汗(マンダハン)(わたし)(みぎ)(うで)です。099今日(けふ)(わたし)(みぎ)(うで)()られました、100(さつ)(ねが)ひます』
101(なみだ)滂沱(ばうだ)として腮辺(しへん)(つた)ふ。102()()(もの)(みな)(もら)()きをし、
103()しき英雄(えいいう)(ころ)したものだ』
104『それだから最初(さいしよ)にあの王府(わうふ)をやつつけて(しま)へば()かつたのに』
105など口々(くちぐち)(つぶや)(なが)切歯扼腕(せつしやくわん)する。106(かか)(をり)しも(むね)貫通銃創(くわんつうじうさう)()けた曼陀汗(マンダハン)副将(ふくしやう)(はこ)ばれて()た。107猪野軍医(ゐのぐんい)繃帯手当(はうたいてあて)をし、108真澄別(ますみわけ)鎮魂(ちんこん)(ほどこ)して(いた)みを()め、109食料(しよくれう)()んだ空車(くうしや)轎車(けうしや)()らしめ、110全体(ぜんたい)行進(かうしん)開始(かいし)された。111(この)(とき)()日出雄(ひでを)(むか)ひ、
112大先生(だいせんせい)113(ここ)二三日(にさんにち)(うち)戦争(せんそう)はありませぬか、114神様(かみさま)(うかが)つて(くだ)さい』
115()ふ。116日出雄(ひでを)真澄別(ますみわけ)(めい)じて神勅(しんちよく)()はしめた。117神勅(しんちよく)は、
118二三日中(にさんにちちう)戦争(せんそう)()い、119(ただ)当方(たうはう)から手出(てだ)しすれば(この)(かぎ)りに(あら)ず』
120との()であつた。121そして真澄別(ますみわけ)()(むか)ひ、
122最初(さいしよ)大分(だいぶ)方面(はうめん)(ちが)つた(やう)ですが、123何処(どこ)落付(おちつ)(つも)りですか』
124()ふ。
125盧占魁(ろせんくわい)『どうも張作霖(ちやうさくりん)(はう)(なに)誤解(ごかい)がある(やう)ですから、126先生(せんせい)(がた)青溝(チンカヲ)()安全地帯(あんぜんちたい)御滞在(ごたいざい)(ねが)ひ、127(その)(あひだ)(わたくし)奉天(ほうてん)()つて万事(ばんじ)都合(つがふ)()解決(かいけつ)してまゐります』
128(こた)へ、129日出雄(ひでを)轎車(けうしや)にヒラリと飛乗(とびの)り、130(なが)(むち)(うご)かし(はじ)めた。
131 露営(ろえい)体躯(からだ)(やす)めて(かう)(つづ)けた十七日(じふしちにち)132又復(またまた)銃声(じゆうせい)(さか)んに(きこ)えたが、133()れは(つぎ)王府(わうふ)(へい)(その)国境(こくきやう)まで見送(みおく)(きた)り、134双方(さうはう)礼砲交換(れいはうかうくわん)(ひびき)であつた。
135 (よく)十八日(じふはちにち)陰暦(いんれき)五月(ごぐわつ)十七日(じふしちにち)進軍中(しんぐんちう)136周囲(しうゐ)二三里(にさんり)(ぐらゐ)(おぼ)しき大沼地(おほぬまち)出会(でつくは)した。137(みづ)全面(ぜんめん)(みなぎ)らず、138所々(ところどころ)大池(おほいけ)小池(こいけ)形作(かたちづく)られてゐる。139(その)(あひだ)介在(かいざい)せる沼草(ぬまくさ)()(しげ)つた部分(ぶぶん)(えら)んで横断(わうだん)する(こと)となつたが、140微細(びさい)(はひ)(ごと)(すな)(やや)湿気(しつき)()びた(ところ)とて、141(うま)歩行困難(ほこうこんなん)一方(ひとかた)でない。142(をり)しも日出雄(ひでを)搭乗(たふじよう)せる轎車(けうしや)相変(あひかは)らず、143盧占魁(ろせんくわい)(みづか)馭者(ぎよしや)となつて、144近路(ちかみち)(えら)んで(やく)央過(なかばす)ぎまで(たく)みに(すす)んで()たが、145如何(いかが)はしけむ、146(その)轎車(けうしや)はヅブヅブと(なか)土中(どちう)滅入(めい)()んで(しま)つた。147鞭打(むちう)てど(うま)(うご)かばこそ、
148『サア(こと)だ』
149応援馬(おうゑんば)派遣(はけん)しても足場(あしば)(わる)く、150車体(しやたい)引上(ひきあ)げることが出来(でき)ない。151(つひ)車体(しやたい)全部(ぜんぶ)解体(かいたい)して(やうや)安全地帯(あんぜんちたい)(はこ)び、152(ふたた)組立(くみた)てらるる(まで)には()なり時間(じかん)(つひ)やしたのである。153日出雄(ひでを)154盧占魁(ろせんくわい)()応援(おうゑん)(むか)ひし白銀竜(はくぎんりう)(その)()(うま)(またが)り、155(やうや)くにして対岸(たいがん)丘上(きうじやう)()(あは)せてゐた張彦三(ちやうけんさん)部隊(ぶたい)到達(たうたつ)する(こと)()た。156守高(もりたか)泥塗(どろまみ)れの(くつ)掃除(さうじ)(なが)ら、
157『これは今度(こんど)神業(しんげふ)暗示(あんじ)だ。158一変(いつぺん)解体(かいたい)して、159新規蒔直(しんきまきなほ)しに組立(くみた)てよといふ(こと)(ちが)ひない』
160(つぶや)く。
161真澄別(ますみわけ)『まあ、162そこらの見当(けんたう)だ』
163日出雄(ひでを)(とき)()さん、164只今(ただいま)神勅(しんちよく)があつて、165あなたが奉天(ほうてん)()くべく白音太拉(パインタラ)(むか)はれるのは、166(まき)(いだ)いて()飛込(とびこ)(やう)なものだとの(こと)でしたよ』
167 ()(ふか)()()めざる面色(おももち)で、
168()『ナニ、169大丈夫(だいぢやうぶ)です。170御安心(ごあんしん)(くだ)さいませ』
171張彦三(ちやうけんさん)察哈爾(チヤハル)(まで)(まゐ)りますと、172(わたくし)部下(ぶか)二万(にまん)(ばか)準備(じゆんび)して()つて()りますから、173(はや)其処(そこ)まで()きたいのです。174けれど途中(とちう)一度(いちど)二度(にど)戦争(せんそう)必要(ひつえう)があるかも()れませぬので、175()司令(しれい)今少(いますこ)武器(ぶき)()()れたいと()つてますから、176奉天(ほうてん)()きたいと(まを)してゐるのです』
177真澄別(ますみわけ)神勅(しんちよく)をたよらぬ(やう)になれば、178モウ駄目(だめ)駄目(だめ)だ』
179小声(こごゑ)(ささや)いた。
180
181 (この)()露営所(ろえいしよ)一室(いつしつ)には日本人側(につぽんじんがは)全部(ぜんぶ)集合(しふがふ)し、182雑談交(ざつだんまじ)りに評議(ひやうぎ)()らされた。
183坂本(さかもと)『どなたか(かみ)をお()ちぢやありませぬか。184支那人(しなじん)蒙古人(もうこじん)は、185其処等(そこら)(ころ)がつてゐる小石(こいし)()枯枝(かれえだ)なんかで、186便用(べんよう)()しますから(かま)ひませぬが、187私等(わたしら)はまだ、188そこ(まで)勉強(べんきやう)出来(でき)てゐませぬからなア』
189真澄別(ますみわけ)『そんな(こと)もあらうと(おも)つて、190()てる(だけ)ポケツトへ()()んでおいたが四五日前(しごにちまへ)だつた。191あの……ソレ沢山(たくさん)牛乳(ぎうにう)にありついた(とき)192(のど)(かわ)いてるに(まか)せてガブガブやつた(ところ)()もなく、193大先生(だいせんせい)萩原(はぎはら)さんと(そろ)ひも(そろ)うて、194牛乳(ぎうにう)(その)(まま)のパサパーナをシヤアとやつた(とき)195大分(だいぶ)()らして(しま)つたが、196まだ二三日間(にさんにちかん)大丈夫(だいぢやうぶ)だ。197アハヽヽヽ』
198(わら)(なが)二三枚(にさんまい)塵紙(ちりがみ)(わた)す。
199猪野(ゐの)先生(せんせい)そんな呑気(のんき)(はなし)(どころ)ですかい。200(わたくし)従卒(じゆうそつ)にしてゐる蒙古人(もうこじん)村民(そんみん)(うはさ)調(しら)べさして()ましたが大変(たいへん)ですよ。201白音太拉(パインタラ)では()討伐(たうばつ)すると()つて、202数千(すうせん)軍隊(ぐんたい)出動(しゆつどう)準備(じゆんび)をしてゐるさうですよ、203(すき)(うかが)つて()げようぢやありませぬか。204こんな(ところ)生命(いのち)()てるのは馬鹿々々(ばかばか)しいですからなア』
205日出雄(ひでを)()げるつて何処(どこ)()くのだ』
206猪野(ゐの)(わたし)此処(ここ)から白音太拉(パインタラ)方面(はうめん)地理(ちり)()(ぞん)じてゐます。207白音太拉(パインタラ)出動準備(しゆつどうじゆんび)(あぶな)いかも()れませぬから、208銭家店(せんかてん)までは責任(せきにん)(もつ)御案内(ごあんない)(いた)します』
209井上(ゐのうへ)『さうだ。210猪野君(ゐのくん)其処(そこ)まで責任(せきにん)()つて()れれば、211哈爾賓(ハルピン)から東支鉄道(とうしてつだう)利用(りよう)して興安嶺(こうあんれい)()()順路(じゆんろ)(ぼく)責任(せきにん)()つ』
212猪野(ゐの)先生(せんせい)213さうして(いただ)いて興安嶺(こうあんれい)()つて修業(しうげふ)さして(いただ)くのでしたら、214(わたくし)永久(えいきう)にお(とも)(いた)します。215実際(じつさい)(こと)216(わたくし)(くに)には両親(りやうしん)(つま)もありますから、217生命(いのち)()しいです』
218真澄別(ますみわけ)『それは非常(ひじやう)結構(けつこう)計画(けいくわく)だが、219うつかりすると味方(みかた)(てき)出来(でき)るよ』
220日出雄(ひでを)『さうだ、221()(かく)盧占魁(ろせんくわい)相談(さうだん)して同意(どうい)()その(うへ)にするがよからう』
222 猪野(ゐの)(ただ)ちに盧占魁(ろせんくわい)(むか)(きた)り、223白音太拉軍(パインタラぐん)出動準備(しゆつどうじゆんび)(こと)や、224自分(じぶん)提案(ていあん)逐一(ちくいち)(はな)した。225()は、226猪野(ゐの)()227余計(よけい)なことを()ふ』といふ顔付(かほつき)にて、
228()吾々(われわれ)討伐(たうばつ)なんて、229そんな(こと)があるものですか。230そして哈爾賓行(ハルピンゆき)なんて、231(かへ)つて危険(きけん)です。232それよりも(わたくし)がお(とも)(いた)しますから営口(えいこう)悦来棧(えつらいさん)御待(おま)(ねが)ひ、233(わたくし)張作霖(ちやうさくりん)(はなし)(まと)めて()(うかが)ひます。234そして上海(シヤンハイ)(わたし)親友(しんいう)()りますから、235其処(そこ)(わたし)陣容(ぢんよう)立直(たてなほ)し、236根拠地(こんきよち)(さだ)めてお(むか)へに(まゐ)ります(まで)237御滞在(ごたいざい)(ねが)ひます。238(いづ)上海(シヤンハイ)へも先生(せんせい)(ため)大喇嘛廟(だいラマメウ)()てて差上(さしあ)げますから、239(けつ)して御心配(ごしんぱい)なさいますな』
240とて臨時司令部(りんじしれいぶ)(さだ)められた喇嘛廟(ラマメウ)一坊(いちばう)(かへ)()く。
241 六月(ろくぐわつ)十九日(じふくにち)陰暦(いんれき)五月(ごぐわつ)十八日(じふはちにち)喇嘛廟(ラマメウ)(いとま)()げて白音太拉(パインタラ)(むか)つた()午後(ごご)は、242茫々(ばうばう)として見渡(みわた)(かぎ)(やま)(かげ)()えない大草野原(おほくさのはら)(すす)むのであつた。243(すす)むにつれて白音太拉(パインタラ)方面(はうめん)より吹来(ふききた)(かぜ)益々(ますます)(つよ)くなり、244帽子(ばうし)()ばす(もの)245(ひも)()つて(かさ)空中(くうちう)()(あが)(もの)246姿勢(しせい)(ただ)しく馬上(ばじやう)()(こと)危険(きけん)(かん)ずる(ほど)である。
247 (くさ)より()でたる太陽(たいやう)のまた(くさ)(はい)(ころ)248(かぜ)愈々(いよいよ)(その)(ちから)()へて()た。249真澄別(ますみわけ)猪野(ゐの)(かへり)みて、
250意味深長(いみしんちやう)(かぜ)()くね』
251()へば猪野(ゐの)は、
252(わたし)もさう(かん)じます。253白音太拉(パインタラ)()くなと()神様(かみさま)御警告(ごけいこく)でせう』
254(こた)(なが)(とも)日出雄(ひでを)轎車(けうしや)()ふて疾駆(しつく)する。255()(ども)()(ども)草野(くさの)()きず、256宵闇(よひやみ)(ころ)257草原中(さうげんちう)(なら)五六戸(ごろくこ)民団(みんだん)()いて、258真澄別(ますみわけ)日出雄(ひでを)(むか)(こゑ)をかけた。
259真澄別(ますみわけ)先生(せんせい)260萩原(はぎはら)さんは(うま)(いた)んだので、261大分(だいぶ)(おく)れてる(やう)ですから、262(しばら)()つてやらうぢやありませぬか』
263日出雄(ひでを)『さうか、264そりや()つてやらねば()かぬ』
265温長興(をんちやうきよう)(しか)()司令(しれい)今日(けふ)(うま)でモウ大分(だいぶ)(さき)()きました。266(はや)(すす)まねば(みち)(わか)らなくなりますよ』
267坂本(さかもと)『こラ(をん)268余計(よけい)(こと)()ふな、269先生(せんせい)()てと仰有(おつしや)つたら(だま)つて()たぬか』
270 十八日(じふはちにち)(つき)(くも)(おほ)はれて(うす)(ひかり)草野(くさの)()らすのみである。271萩原(はぎはら)到着(たうちやく)(とも)日出雄(ひでを)轎車(けうしや)(うご)(はじ)めた。
272(ほか)部隊(ぶたい)(すす)んだのは、273(たし)(この)見当(けんたう)
274数十分間(すうじつぷんかん)(すす)んだと(おも)(ころ)275民家(みんか)(わき)()()た。
276(なん)だ、277(きつね)(つま)まれたのぢやないか、278(また)後帰(あとがへ)りだ』
279坂本(さかもと)(さけ)んだのも道理(だうり)280(この)一隊(いつたい)草野(くさの)一部(いちぶ)(まは)つて(また)(もと)民家(みんか)立帰(たちかへ)つたのである。281護衛(ごゑい)兵士(へいし)呆気(あつけ)()られて、282()部隊(ぶたい)連絡(れんらく)(はか)(ため)283(そら)(むか)つて発砲(はつぱう)すれば前方(ぜんぱう)より合図(あひづ)銃声(じゆうせい)(きこ)える。284銃声(じゆうせい)便(たよ)りに進行(しんかう)(はじ)めると何時(いつ)しか(また)(もと)民家(みんか)(かたはら)(かへ)つて()る。285草野(くさの)小路(こみち)幾筋(いくすぢ)もあるのにも(かかは)らず前進(ぜんしん)することが出来(でき)ぬ。286そして(かぜ)(すで)(その)(いきほひ)(げん)じてゐる。
287真澄(ますみ)先生(せんせい)288白狐(びやくこ)()れだけ()()けるのですから、289モウ危険地帯(きけんちたい)(すす)むのは()めやうぢやありませぬか』
290日出雄(ひでを)中止()めたつて仕方(しかた)がないぢやないか』
291真澄別(ますみわけ)『ハハア、292大神(おほかみ)さまの御都合(ごつがふ)(また)(べつ)ですなア、293それぢや()(かく)此処(ここ)一時(いちじ)停電(ていでん)しませう』
294 (つゆ)()(なが)日出雄(ひでを)轎車(けうしや)中心(ちうしん)(おも)(おも)ひの夢路(ゆめぢ)辿(たど)つた。295(この)一隊(いつたい)草野(くさの)のホノボノと()(わた)(ころ)296盧占魁(ろせんくわい)よりの伝令(でんれい)()(おこ)されたのである。
297大正一四・八 筆録)