霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三四章 竜口(たつのくち)(なん)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 特別篇 山河草木 入蒙記 篇:第5篇 雨後月明 よみ:うごげつめい
章:第34章 入蒙記 よみ:たつのくちのなん 通し章番号:
口述日:1925(大正14)年08月 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年2月14日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
日出雄は武装解除となった上は、パインタラで武器の授受終了の後、ひとまず日本に帰って再来しようという覚悟で、パインタラに向かったのであった。
途中、パインタラ官兵の将校が、あなたは日本人であるから逃げなさい、と諭したが、他の日本人を置いていくわけにはいかないと、パインタラにそのまま進んで行った。
城門を入って旅団の兵営内に入って挨拶をなすと、盧占魁が来るまで休息するように、と言われた。日出雄も井上も夜中行軍のために疲れていたので、前後も知らずに寝についた。
三四時間も眠ったころ、兵士たちに揺り起こされると、後ろ手に縛り上げられてしまった。やがて盧占魁が到着すると、日出雄らの縛めを解くことになり、また親切に饗応し始めた。
盧占魁はついに武装解除に至ったことを告げ、ただ自分の部下もパインタラには多くいるために、身の安全は心配しないように、と言った。やがて、数千の兵士が盧占魁の残部隊を引き連れて市内に戻ってきた。
真澄別らも一緒にやってきて、鴻賓旅館で合流することになった。その日は一同、官兵たちに饗応を受けたが、日出雄はその日に限って気分が進まず、食事には箸をつけなかった。
その夜、盧占魁が二人の副官とともにやってきて、なんだか雲行きが怪しいようなので、これから熱河、綏遠、チャハルの特別区域に逃れて再起を図るつもりだ、と告げた。そして日本への旅費として一百円を差し出したが、日出雄は固く辞して受け取らなかった。
官兵たちは盧占魁の兵士たちを歓待しておいて安心させ、真夜中に寝ているところを一人ひとり営門外へ引き出し、機関銃で銃殺を始めたのである。
日本人一同も、鴻賓旅館で寝ているところを夜半一時ごろに揺り動かされ、捕縛されてしまった。そして、旅館の庭前に立たされた。井上は支那語がわかるので、「先生、兵士どもが我々を銃殺する、と言っております」と通訳した。
一同は覚悟を決めた。そして、パインタラを引き回されて、刑場に送られていった。白凌閣ら蒙古人、支那人は別に銃殺場へと連れて行かれた。
日出雄、真澄別、萩原、井上、坂本、守高らは並べられて、機関銃の弾が飛んでくるという矢先、射手は銃の反動を受けて倒れたため、数分を要した。真澄別は救世主である日出雄がここで命を落とすことなど決してありえない、と強く主張した。
日出雄は霊魂が中有に迷わないようにと真澄別を諭し、一同の霊魂を救うよう、それのみに心を集中していた。そして辞世の歌を詠んで弾丸が飛来するのを待っていた。
しかしそうするうちに銃殺は中止になり、またもや兵士が一行を引き立てて監獄へ連れて行った。堅固な手かせ足かせをはめ、麻縄にて縛り、厳重な死刑囚の取り扱いをなした。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rmnm34
愛善世界社版:307頁 八幡書店版:第14輯 660頁 修補版: 校定版:310頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 (これ)より()日出雄(ひでを)井上(ゐのうへ)兼吉(かねきち)従者(じゆうしや)とし、002盧占魁(ろせんくわい)003(ほか)十数名(じふすうめい)(ともな)ひ、004二十名(にじふめい)支那官兵(しなくわんぺい)前後(ぜんご)(まも)られ(なが)ら、005五十(ごじふ)支里(しり)(へだ)つる白音太拉(パインタラ)(むか)つたが、006(かれ)七月(しちぐわつ)二十日(はつか)大本裁判(おほもとさいばん)出頭(しゆつとう)する(ため)に、007白音太拉(パインタラ)(おい)武器(ぶき)授受(じゆじゆ)終了(しうれう)(うへ)008一先(ひとま)日本(につぽん)帰国(きこく)(ふたた)出国(しゆつこく)する覚悟(かくご)で、009(いさ)(すす)んで白音太拉(パインタラ)(むか)つたのである。
010 三十(さんじふ)支里(しり)(ばか)()(ところ)通遼県(つうれうけん)兵営分隊(へいえいぶんたい)駐屯所(ちうとんじよ)があつた(通遼(つうれう)白音太拉(パインタラ)支那名(しなめい)である)。011支那(しな)将校(しやうかう)(とも)(この)兵営(へいえい)(しば)休息(きうそく)し、012()兵営長(へいえいちやう)少時(しばらく)談合(だんがふ)(うへ)(ふたた)(ひがし)(むか)つて(すす)んだ。013(ほとん)()()けむとする(ころ)014前方(ぜんぱう)より数百(すうひやく)騎兵隊(きへいたい)(すす)(きた)り、015盧占魁(ろせんくわい)(ふたた)何事(なにごと)交渉(かうせふ)(うへ)016もとの軍営(ぐんえい)引帰(ひきかへ)()く。017(この)(とき)()井上(ゐのうへ)(むか)つて、
018大先生(だいせんせい)(よろ)しく(たの)む』
019幾度(いくど)繰返(くりかへ)繰返(くりかへ)言残(いひのこ)して()く。020日出雄(ひでを)井上(ゐのうへ)(とも)(うま)()(かたはら)青草(あをくさ)()ませてゐたが、021一時間(いちじかん)(ばか)りすると通遼旅団(つうれうりよだん)参謀長(さんぼうちやう)十数名(じふすうめい)騎兵(きへい)引連(ひきつ)(きた)り、022日出雄(ひでを)(むか)つて日本語(につぽんご)にて、
023貴方(あなた)日本人(につぽんじん)024一時(いちじ)(はや)くお()げなさい お()げなさい』
025()()つて(みなみ)(はう)()して(をし)ふる。026日出雄(ひでを)は、
027真澄別(ますみわけ)(その)()日本人(につぽんじん)(あと)(のこ)して遁走(とんそう)するは日本男子(につぽんだんし)恥辱(ちじよく)だ、028()(かく)どうなるも神様(かみさま)御経綸(ごけいりん)だ、029(むし)自分(じぶん)(はう)より兵営(へいえい)飛込(とびこ)んで武器(ぶき)受取(うけとり)談判(だんぱん)をやらう、030その(うち)()()()るだらうし(また)(あと)(のこ)つた日本人(につぽんじん)消息(せうそく)(わか)るだらう』
031(また)もや(こま)(むちう)ち、032白音太拉(パインタラ)()()()した。033(あと)より(まう)秘書長(ひしよちやう)一人(ひとり)従者(じゆうしや)(おひ)かけ(きた)り、034一行(いつかう)四騎(よんき)(くつわ)(なら)べて堂々(だうだう)通遼県(つうれうけん)西門(せいもん)(すす)んだ。
035 城門(じやうもん)(まへ)(まで)(すす)んで()くと、036太陽(たいやう)(くさ)(なか)から(あか)(かほ)をして(のぼ)りかけた。037(もん)両方(りやうはう)には(いか)めしく武装(ぶさう)した兵士(へいし)数名(すうめい)立番(たちばん)をして()て、038一人(ひとり)につき五十銭(ごじつせん)(づつ)通行税(つうかうぜい)徴収(ちようしう)した。039日出雄(ひでを)井上(ゐのうへ)旅団(りよだん)所在地(しよざいち)(たづ)ねると、040衛兵(ゑいへい)四名(よめい)前後(ぜんご)となつて兵営(へいえい)案内(あんない)した。
041 日出雄(ひでを)営内(えいない)()り、042高等武官(かうとうぶくわん)らしきものに井上(ゐのうへ)通訳(つうやく)(かい)して挨拶(あいさつ)をなし、043()つ、
044盧占魁(ろせんくわい)(きた)るまで当営(たうえい)休息(きうそく)したし』
045申込(まをしこ)んだ。046将校(しやうかう)はいと慇懃(いんぎん)(うつく)しい座敷(ざしき)(あた)へ、047茶菓子(ちやくわし)()して饗応(きようおう)し、048(やはら)かい毛布(まうふ)()いて、
049()づお(やす)みなさい』
050(すす)めた。051日出雄(ひでを)井上(ゐのうへ)夜中(やちう)強行軍(きやうかうぐん)(ため)身体(からだ)(つか)れてゐるので、052(その)好意(かうい)感謝(かんしや)(なが)ら、053前後(ぜんご)()らず(しん)()いた。054(ほとん)三四時間(さんよじかん)(ねむ)つたと(おも)(ころ)055参謀官(さんぼうくわん)四五名(しごめい)兵士(へいし)(とも)銃口(つつぐち)()(なが)ら、056井上(ゐのうへ)兼吉(かねきち)()(うご)かし懐中(くわいちう)十連発(じふれんぱつ)のモーゼルや六連発(ろくれんぱつ)のピストルを()()げ、057()所持品(しよぢひん)調(しら)べた(うへ)058後手(うしろで)麻縄(あさなは)(もつ)(しば)()げ、059(つぎ)日出雄(ひでを)()(おこ)した。060日出雄(ひでを)(やす)らかな(ゆめ)(むす)んでゐた(ところ)(おこ)されて、061()(こす)(なが)四辺(あたり)()れば、062井上(ゐのうへ)(すで)(ばく)されてゐた。063参謀官(さんぼうくわん)金盥(かなだらひ)()()みタオルを(ひた)し、
064()(これ)にて(かほ)(あら)ひなさい』
065日本語(につぽんご)にて親切(しんせつ)()ふ。066日出雄(ひでを)は、
067『ハイ有難(ありがた)う』
068(その)()(ひた)したる手拭(てぬぐひ)にて(かほ)(ぬぐ)ふた。069兵士(へいし)(かは)(がは)()(ひた)しては(しぼ)日出雄(ひでを)(わた)し、070首筋(くびすぢ)()(あら)つてくれた。071さうして日出雄(ひでを)所持品(しよぢひん)調(しら)べ、072天国(てんごく)』の銘刀(めいたう)如意(によい)宝玉(はうぎよく)(なら)びに白金(プラチナ)時計(とけい)073所持金(しよぢきん)八百七十円(はつぴやくしちじふゑん)()(まへ)調(しら)べて、
074盧占魁(ろせんくわい)()(まで)(あづか)りします』
075()つて()つて()つた。076(つぎ)(しつ)()ると、077(まう)秘書長(ひしよちやう)(およ)一人(ひとり)支那兵(しなへい)井上(ゐのうへ)同様(どうやう)(しば)られてゐる。078日出雄(ひでを)意外(いぐわい)出来事(できごと)(いぶ)かり(なが)参謀(さんぼう)(むか)つて、
079何故(なぜ)井上(ゐのうへ)(しば)りましたか』
080(たづ)ねた(ところ)
081井上(ゐのうへ)武器(ぶき)携帯(けいたい)してゐたから馬賊(ばぞく)(みと)めて(しば)つたのだ。082彼等(かれら)二名(にめい)支那人(しなじん)馬賊(ばぞく)だから(いま)しめたのだ。083そして盧占魁(ろせんくわい)()(まで)貴方(あなた)もホンの形式(けいしき)(なが)(しば)ります』
084()ふので、085日出雄(ひでを)は、
086御自由(ごじいう)になさい』
087()(うしろ)(まは)した。088参謀(さんぼう)形式的(けいしきてき)(ごく)ゆるやかに()(しば)り、089日人(にちじん)二名(にめい)支那人(しなじん)二名(にめい)(とも)兵営(へいえい)(すわ)らせて()き、090いろいろと日出雄(ひでを)(むか)つて日本語(につぽんご)にて(はなし)交換(かうくわん)した。091さうして、
092貴方(あなた)武器(ぶき)携帯(けいたい)せず()宗教家(しうけうか)であるから、093貴方(あなた)()ぐに放免(はうめん)されませう』
094()つて(なぐさ)めた。095ここで日出雄(ひでを)愛馬(あいば)(なみだ)(とも)(わか)れた。096愛馬(あいば)(また)日出雄(ひでを)心中(しんちう)(かい)するものの(ごと)落涙(らくるゐ)したと()(こと)である。
097 (その)()午後(ごご)四時(よじ)(ごろ)098盧占魁(ろせんくわい)二十数名(にじふすうめい)幹部連(かんぶれん)(とも)支那軍隊(しなぐんたい)(おく)られて、099日出雄(ひでを)(つな)がれて()旅団(りよだん)司令部(しれいぶ)到着(たうちやく)した。100そして盧占魁(ろせんくわい)参謀長(さんぼうちやう)交渉(かうせふ)結果(けつくわ)101日出雄(ひでを)(ほか)三人(さんにん)(いましめ)()茶菓(さか)(とう)(はこ)び、102(また)もや親切(しんせつ)饗応(きやうおう)(はじ)めた。103参謀長(さんぼうちやう)は、
104今晩(こんばん)是非(ぜひ)貴方(あなた)(がた)歓迎(くわんげい)(えん)(もよほ)()いから、105兵営(へいえい)(とま)つて(くだ)さい』
106(すす)める。107そこへ盧占魁(ろせんくわい)108何全孝(かぜんかう)がやつて()て、109日出雄(ひでを)旅団長室(りよだんちやうしつ)(さそ)つて()筆談(ひつだん)(もつ)て、
110愈々(いよいよ)武装解除(ぶさうかいぢよ)()むなきに立到(たちいた)りました。111乍然(しかしながら)112ここの旅長(りよちやう)自分(じぶん)義兄弟(ぎきやうだい)でもあり、113(また)自分(じぶん)部下(ぶか)もここに沢山(たくさん)ありますから大丈夫(だいぢやうぶ)です。114安心(あんしん)して(くだ)さい。115万一(まんいち)非常(ひじやう)(こと)(おこ)つても私等(わたしら)生命(せいめい)別条(べつでう)はない、116さうして日本人(につぽんじん)猶更(なほさら)安心(あんしん)して(よろ)しい。117(わたし)王祥義(わうしやうぎ)変名(へんめい)盧占魁(ろせんくわい)()()今日限(けふかぎ)(はうむ)つて(しま)ひます。118もし(わたし)(ころ)されるやうな(こと)があつたら、119(この)(さい)貴方(あなた)生命(せいめい)もないでせう。120()(かく)明日(みやうにち)(わたし)奉天(ほうてん)(まゐ)りませう』
121()つた。122日出雄(ひでを)
123『フンフンフンフン』
124(くび)(たて)(ふた)(みつ)()(なが)ら、125(ふたた)参謀長(さんぼうちやう)(しつ)這入(はい)つて、
126今晩(こんばん)はあまり(つか)れたから何処(どこ)()日本(につぽん)のホテルに案内(あんない)して()しい、127そして久振(ひさしぶ)りに日本料理(につぽんれうり)()べたいから』
128()つた。129さうすると参謀(さんぼう)(こた)へて()ふには、
130一昨年頃(いつさくねんごろ)(まで)日本人(につぽんじん)旅館(りよくわん)がありましたが、131(いま)はもうありませぬ。132鴻賓館(こうひんくわん)()支那(しな)一等旅館(いつとうりよくわん)がありますから、133それに案内(あんない)させませう』
134日本語(につぽんご)(わか)(わか)兵士(へいし)案内役(あんないやく)として馬車(ばしや)(めい)じ、135日出雄(ひでを)136井上(ゐのうへ)鴻賓館(こうひんくわん)(おく)(とど)けた。137白音太拉(パインタラ)(まち)人山(ひとやま)(きづ)いて、138日出雄(ひでを)通行(つうかう)物珍(ものめづ)らしげに(なが)めてゐる。139そこへ数千(すうせん)兵士(へいし)盧占魁(ろせんくわい)残部隊(ざんぶたい)引連(ひきつ)れて、140ラツパの(こゑ)(いさ)ましく(かへ)つて()た。141真澄別(ますみわけ)142守高(もりたか)143坂本(さかもと)三人(さんにん)日出雄(ひでを)荷物(にもつ)()んだ轎車(けうしや)()り、144萩原(はぎはら)騎馬(きば)にて(かへ)つて()るのに途中(とちう)出会(しゆつくわい)した。145日出雄(ひでを)車上(しやじやう)より(こゑ)をかけ、
146今晩(こんばん)鴻賓旅館(こうひんりよくわん)(とま)るから白凌閣(パイリンク)(とも)にホテルに()てくれ』
147()ばはりつつ、148()()るる(ころ)旅館(りよくわん)につき一室(いつしつ)(はい)つて休息(きうそく)してゐた。
149 一時間(いちじかん)(ばか)()つと真澄別(ますみわけ)一行(いつかう)四人(よにん)蒙古人(もうこじん)一名(いちめい)150支那人(しなじん)一名(いちめい)(とも)旅館(りよくわん)()いた。151(この)蒙古人(もうこじん)張貴林(ちやうきりん)片腕(かたうで)副団長(ふくだんちやう)であつた。152(かれ)銃弾(じゆうだん)(むね)()けて()たが、153平気(へいき)(かほ)(すわ)つてゐた。154支那(しな)将校(しやうかう)少佐(せうさ)肩章(けんしやう)をつけた軍人(ぐんじん)が、155非常(ひじやう)愛嬌(あいけう)()りまいて日出雄(ひでを)一行(いつかう)歓待(くわんたい)した。156(あぶら)(おほ)支那(しな)料理(れうり)(いづ)れも舌鼓(したづつみ)()つた。157(しか)るに日出雄(ひでを)(その)()(かぎ)りて気分(きぶん)(すす)まず、158食事(しよくじ)(はし)もつけなかつた。159(いま)(しん)()かむとする(とき)160盧占魁(ろせんくわい)二人(ふたり)副官(ふくくわん)(とも)日出雄(ひでを)(たづ)ねて()筆談(ひつだん)(はじ)め、
161今晩(こんばん)(なん)だか(あや)しいやうだ、162乍然(しかしながら)自分(じぶん)先刻(せんこく)申上(まをしあ)げた(とほ)大丈夫(だいぢやうぶ)だと(おも)ふ。163(これ)から(ねつ)164(さつ)165(すゐ)特別区域(とくべつくゐき)部下(ぶか)(とも)()(もつ)(のが)再挙(さいきよ)(はか)(かんが)へです。166(これ)日本(につぽん)への旅費(りよひ)()しに……』
167()つて一百円(いつぴやくゑん)差出(さしだ)したが、168日出雄(ひでを)(かた)()して受取(うけと)らなかつた。169そして盧占魁(ろせんくわい)日出雄(ひでを)握手(あくしゆ)交換(かうくわん)(なみだ)(はら)つて(わか)れて()く。170(その)()旅団(りよだん)兵営(へいえい)では数十人(すうじふにん)(キイ)チヤンを()んで芝居(しばゐ)をしたり、171いろいろの面白(おもしろ)(こと)をして()以下(いか)歓待(くわんたい)し、172阿片(あへん)をふるまひ、173沢山(たくさん)馳走(ちそう)饗応(きようおう)したのであつた。174大勢(おほぜい)将卒(しやうそつ)は『一先(ひとま)安心(あんしん)』と(さけ)()み、175馳走(ちそう)()ひ、176(キイ)チヤンの芝居(しばゐ)()て、177十二分(じふにぶん)(くわん)(つく)(しん)についた。
178 (その)真夜中頃(まよなかごろ)下着(したぎ)一枚(いちまい)になつて()てゐる(ところ)を、179一人々々(ひとりひとり)営門外(えいもんぐわい)引出(ひきだ)し、180機関銃(きくわんじゆう)(もつ)て、181小口(こぐち)から射殺(しやさつ)(はじ)めたのである。
182 支那(しな)少佐(せうさ)は、
183今晩(こんばん)はお()御案内(ごあんない)(いた)したいのですが、184あまり(おそ)くて(けが)れてゐますから、185明朝(みやうてう)(あたら)しい綺麗(きれい)()案内(あんない)しませう。186散髪(さんぱつ)如何(いかが)ですか、187大分(だいぶん)(かみ)()びてゐますが、188理髪師(りはつし)()びませうか』
189親切(しんせつ)()ふ。190そこで萩原(はぎはら)191井上(ゐのうへ)二人(ふたり)理髪師(りはつし)()んで(もら)散髪(さんぱつ)した。192日出雄(ひでを)(その)()は、
193明日(あす)にする』
194()つて(ねむ)つて(しま)つた。195表門(おもてもん)には官兵(くわんぺい)数名(すうめい)196巡警(じゆんけい)数名(すうめい)(かた)警護(けいご)してゐた。197(この)少佐(せうさ)蜜峰(みつばち)()うな(をとこ)(くち)(あま)(しる)(ふく)み、198(しり)(するど)(けん)(かく)してゐた。199夜半(やはん)一時(いちじ)(ごろ)になると、200ドヤドヤと室内(しつない)沢山(たくさん)足音(あしおと)がしたと(おも)ふと矢庭(やには)兵士(へいし)室内(しつない)闖入(ちんにふ)し、201()第一(だいいち)萩原(はぎはら)()(うご)かし、202五六(ごろく)兵士(へいし)がピストルを()けて、
203神妙(しんめう)(なは)にかかれ』
204()ふ。205(つぎ)守高(もりたか)206井上(ゐのうへ)207坂本(さかもと)208真澄別(ますみわけ)209日出雄(ひでを)()(じゆん)に、210ガタガタ(ふる)へながら(やうや)日本人(につぽんじん)六名(ろくめい)211支蒙人(しもうじん)二名(にめい)捕縛(ほばく)して(しま)つた。212よくよく()れば(この)宿(やど)一行(いつかう)(とま)つた(とき)213親切(しんせつ)さうにお世辞(せじ)()(まは)してゐた少佐(せうさ)指揮(しき)をやつて()た。214日出雄(ひでを)少佐(せうさ)(むか)つて、
215何故(なぜ)こんな(こと)をするか』
216詰問(きつもん)すれば、
217(おれ)(なに)()らぬ()らぬ』
218(くび)左右(さいう)()るばかりだ。219そして十数名(じふすうめい)(じゆう)()した(へい)身構(みがま)へをして()る。220そして最後(さいご)(この)旅館(りよくわん)庭前(ていぜん)引出(ひきだ)され一列(いちれつ)()たされた。221日出雄(ひでを)真澄別(ますみわけ)222井上(ゐのうへ)萩原(はぎはら)223守高(もりたか)坂本(さかもと)()組合(くみあは)せに、224二人(ふたり)づつ(つな)にかけ、225一行(いつかう)携帯品(けいたいひん)(のこ)らず、226少佐(せうさ)(はじ)部下(ぶか)兵士(へいし)(さき)(あらそ)ふて分捕(わけどり)し、227(ただ)ラマ(ふく)のみを轎車(けうしや)()せ、228何処(どこ)かへ()つて()つた。229(この)(さわ)ぎの(なか)に、230支那語(しなご)(つう)じた井上(ゐのうへ)支那兵(しなへい)(ささや)きや(ののし)(ごゑ)()き、231日出雄(ひでを)(むか)ひ、
232先生(せんせい)233只今(ただいま)支那兵(しなへい)吾々(われわれ)一同(いちどう)銃殺(じゆうさつ)すると()つて()りますぞ、234もう仕方(しかた)がありませぬな』
235泰然自若(たいぜんじじやく)として(さけ)んだ。236(この)(こゑ)(おう)じて日出雄(ひでを)は、
237『ウン、238さうだらう。239支那(しな)(やつ)御馳走政策(ごちそうせいさく)卑怯(ひけふ)にも騙討(だましうち)をせうとするのだらう、240それでは(わたし)愈々(いよいよ)キリストとなつて昇天(しようてん)すべき時期(じき)()たのだらう。241君達(きみたち)()部下(ぶか)(みな)天国(てんごく)()れて()くから、242君達(きみたち)(れい)(はな)れないやうにするが()い』
243二三回(にさんくわい)繰返(くりかへ)し、244()死後(しご)世界(せかい)壮厳(さうごん)なる(こと)()いた。245井上(ゐのうへ)246坂本(さかもと)(これ)(こた)へて、
247『どうか、248(よろ)しくお(ねが)(いた)します。249仮令(たとへ)地獄(ぢごく)(そこ)へでもお(とも)(いた)します』
250(こた)へた。251()四名(よめい)平然(へいぜん)として沈黙(ちんもく)してゐた。252(この)(とき)日出雄(ひでを)は、
253惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
254三唱(さんしやう)し、255真澄別(ますみわけ)(あま)数歌(かずうた)(おほ)きな(こゑ)(とな)()した。256支那兵(しなへい)はビツクリして、
257八釜(やかま)しく()ふな』
258(しか)りつけたので、259両人(りやうにん)(さら)中声(ちうせい)になつて、260『ワイワイ』と(さわ)いでゐる沢山(たくさん)(へい)(なか)を、261宣伝歌(せんでんか)(うた)(なが)ら、262白音太拉(パインタラ)(なが)(まち)引廻(ひきまは)され(ふたた)兵営(へいえい)門内(もんない)(おく)られた。263(その)(うち)支蒙人(しもうじん)二名(にめい)日出雄(ひでを)一行(いつかう)(はな)され、264銃殺場(じうさつば)(おく)られる。265日出雄(ひでを)一行(いつかう)六人(ろくにん)(ふたた)営所(えいしよ)(もん)()で、266(きた)(きた)へと()かれて()くと、267(みち)両端(りやうばた)には()部下(ぶか)(だい)()になつて血潮(ちしほ)()まつて(たふ)れてゐるのが沢山(たくさん)にある。268そして大車(だいしや)()つて()兵士(へいし)(はこ)んでゐる。269日出雄(ひでを)一々(いちいち)(その)大車(だいしや)死骸(しがい)電燈(でんとう)(ひかり)(しら)(なが)(すす)んで()くと、270やがて一列(いちれつ)(なら)べられた。
271 真澄別(ますみわけ)272日出雄(ひでを)273萩原(はぎはら)274井上(ゐのうへ)275坂本(さかもと)276守高(もりたか)(じゆん)(なら)べられ、277(いま)機関銃(きくわんじゆう)弾丸(たま)此等(これら)日本人(につぽんじん)胸先(むなさき)()んで()ると(おも)矢先(やさき)278射手(しやしゆ)(じゆう)反動(はんどう)()けて後方(こうはう)(たふ)れた(ため)数分(すうふん)(えう)した。279日出雄(ひでを)日本人(につぽんじん)一同(いちどう)(むか)つて()ふ、
280最早(もはや)かくなる(うへ)昇天(しようてん)(とき)()たのだ、281自分(じぶん)(これ)から天国(てんごく)(のぼ)り、282霊国天人(れいごくてんにん)となつて日本(につぽん)()ふに(およ)ばず、283世界(せかい)守護(しゆご)をする(かんが)へだ。284君達(きみたち)(わし)について()い、285そして(をとこ)らしう()たれて()なうぢやないか。286日本男子(につぽんだんし)()(けが)すやうな、287卑怯(ひけふ)真似(まね)はしともないからのう』
288(さと)すやうに()つた。289坂本(さかもと)涙声(なみだごゑ)()して、
290『どうか、291よろしくお見捨(みす)てなきやう』
292()つた。293真澄別(ますみわけ)日出雄(ひでを)言葉(ことば)(さへぎ)つて()ふ、
294先生(せんせい)295(けつ)して貴方(あなた)生命(いのち)()られる気遣(きづかひ)はありませぬよ。296貴方(あなた)(いま)天国(てんごく)()くと()はれましたが、297今度(こんど)()立替(たてかへ)肉体(にくたい)がなくては出来(でき)ないのです。298()貴方(あなた)がここで生命(いのち)()られるやうな(こと)があれば、299神様(かみさま)人間(にんげん)(だま)したことになります。300(わたし)屹度(きつと)(たす)かりになると(おも)ひますから……』
301確信(かくしん)あるものの(ごと)主張(しゆちやう)する。
302『それでも真澄別(ますみわけ)さん、303何程(なにほど)(かみ)(みち)(つか)へてゐると()つても、304日出雄(ひでを)(からだ)肉体(にくたい)だ。305鉄砲(てつぱう)(あた)れば()ぬのが当然(たうぜん)だ。306あんたも()なないと(おも)つて安心(あんしん)して()途端(とたん)一発(いつぱつ)()つたならば、307あなたの霊魂(れいこん)予想(よさう)(はん)して中有(ちうう)(まよ)ふだらう。308それだから()ぬものと覚悟(かくご)して()ればよいぢやないか』
309(さと)す。310真澄別(ますみわけ)(ぐわん)として(その)(せつ)をまげず、
311『イエイエどうあつても先生(せんせい)()んで(もら)(こと)出来(でき)ませぬ。312もし貴方(あなた)生命(いのち)()くなる(こと)があれば、313神様(かみさま)(わたし)身代(みがは)りに()てられるでせう。314(わたし)(はじ)めから貴方(あなた)身代(みがは)りと()名義(めいぎ)()()りますから、315そんな心配(しんぱい)()りませぬ』
316()ふ。317日出雄(ひでを)は、
318(なに)心配(しんぱい)はして()ないよ。319何事(なにごと)惟神(かむながら)(あきら)めてゐるのだ。320(たたみ)(うへ)でも()(とき)()ぬのだ。321日本男子(につぽんだんし)蒙古(もうこ)野辺(のべ)(かばね)(さら)すのも愉快(ゆくわい)だ。322(しか)死後(しご)生活(せいくわつ)肝腎(かんじん)だから……』
323一同(いちどう)霊魂(れいこん)(すく)ふべく、324それのみに(こころ)集注(しふちう)してゐた。325それから日出雄(ひでを)は、
 
326『よしや()蒙古(もうこ)のあら()()つるとも日本男子(やまとをのこ)(しな)(おと)さじ』
 
327辞世(じせい)()み、328銃弾(じゆうだん)(わが)(むね)飛来(ひらい)するを()つた。329それから井上(ゐのうへ)兼吉(かねきち)は、
330(はや)()たぬか、331(おれ)(むね)()て、332下手(へた)()ちやうをすると弾丸(たま)余計(よけい)いつて(そん)がいくぞ、333見事(みごと)一発(いつぱつ)(おれ)打殺(うちころ)せ』
334(など)怒鳴(どな)つてゐる。335日出雄(ひでを)(また)
 
336『いざさらば天津御国(あまつみくに)にかけ(のぼ)()(もと)のみか世界(せかい)(まも)らむ
337 ()(もと)(とほ)(はな)れて(われ)(いま)蒙古(もうこ)(そら)(かみ)となりなむ』
 
338(など)辞世(じせい)七回(しちくわい)(まで)()み、339大日本帝国(だいにつぽんていこく)万歳(ばんざい)340大本(おほもと)万歳(ばんざい)三唱(さんしやう)した。341真澄別(ますみわけ)は、
342『どうか(やむ)()ざれば大先生(だいせんせい)井上(ゐのうへ)とを(たす)けて(くだ)さい。343井上(ゐのうへ)屹度(きつと)先生(せんせい)目的地(もくてきち)()れて()(こと)出来(でき)ませう。344(わたし)身代(みがは)りになります』
345祈願(きぐわん)してゐた。346さうかうするうち銃殺(じゆうさつ)()めになつて、347(また)もや兵士(へいし)日出雄(ひでを)一行(いつかう)引立(ひきた)てて通遼公署(つうれうこうしよ)付属(ふぞく)監獄(かんごく)()れて()つた。348一々(いちいち)堅固(けんご)なる足枷(あしかせ)をはめ、349()には手枷(てかせ)をはめ、350二人(ふたり)づつ(つな)いで(なほ)(その)(うへ)麻縄(あさなは)にて六人(ろくにん)(ひと)つに(しば)り、351(まど)(とほ)して(そと)材木(ざいもく)(くく)りつけ、352厳重(げんぢゆう)死刑囚(しけいしう)取扱(とりあつか)ひをした。
353大正一四・八 筆録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)