霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三七章 大本天恩郷(おほもとてんおんきやう)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 特別篇 山河草木 入蒙記 篇:第5篇 雨後月明 よみ:うごげつめい
章:第37章 入蒙記 よみ:おおもとてんおんきょう 通し章番号:
口述日:1925(大正14)年08月17日(旧06月28日) 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年2月14日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
財政問題も日出雄が綾部に帰りつくや、一掃されてしまった。瑞祥会本部を亀岡から綾部に移して宇知麿に総覧を一任した。そして自らは真澄別を率いて万寿苑に居を定め、万寿苑を天恩郷と命名した。
日出雄の居館である光照殿造営に際して、亀山城址の基礎石は掘り起こされた。欧文印刷所の新設や、海外宣伝部の移転などで、月照山の弥勒塔の光輝もますます増した。月宮殿造営の日を鶴首して待つのは、信徒のみではないほどである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rmnm37
愛善世界社版:340頁 八幡書店版:第14輯 672頁 修補版: 校定版:343頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 財政問題(ざいせいもんだい)日出雄(ひでを)保釈問題(ほしやくもんだい)(くわん)する、002小田原評議(をだはらひやうぎ)低迷(ていめい)せし周章狼狽(しうしやうらうばい)空気(くうき)は、003日出雄(ひでを)保釈(ほしやく)帰綾(きりよう)(とも)一掃(いつさう)され、004(まつた)くの(あらし)(あと)()れの(ごと)く、005天地清明(てんちせいめい)聖地(せいち)復活(ふくくわつ)したのである。
006 爾来(じらい)進展主義(しんてんしゆぎ)日出雄(ひでを)は、007負債(ふさい)世評(せひやう)(くつ)することなく、008瑞祥会本部(ずゐしやうくわいほんぶ)亀岡(かめをか)より綾部(あやべ)(うつ)して諸務(しよむ)総攬(そうらん)宇知麿(うちまる)一任(いちにん)し、009(みづか)らは真澄別(ますみわけ)(その)()(ひき)ゐて、010万寿苑(まんじゆゑん)根拠(こんきよ)(さだ)め、011入蒙(にふもう)出発(しゆつぱつ)(さい)宣言(せんげん)せし(ごと)く、012(たん)三五聖団(あななひせいだん)日出雄(ひでを)としてでなく、013世界(せかい)(みなもと)日出雄(ひでを)として、014万界(ばんかい)(やみ)照破(せうは)すべき、015神界経綸(しんかいけいりん)実現(じつげん)着手(ちやくしゆ)したのである。
016 ()(もつ)万寿苑(まんじゆゑん)天恩郷(てんおんきやう)命名(めいめい)され、017日出雄(ひでを)居館(きよくわん)たる光照殿(くわうせうでん)新築(しんちく)される(こと)となつた。018(ひさ)しく寂寥(せきりやう)(かん)じて()万寿苑(まんじゆゑん)(とみ)活気(くわつき)横溢(わういつ)し、019数多(あまた)信者(しんじや)各地(かくち)より、020()れも()れもと(さき)(あらそ)つて参集(さんしふ)し、021光照殿(くわうせうでん)造営(ざうえい)奉仕(ほうし)する(こと)となり、022亀山城趾(かめやまじやうし)基礎石(きそいし)()()()(おこ)されて、023(あつら)へた(ごと)神業(しんげふ)役立(やくだ)奇縁(きえん)に、024弥永久世弥永(やあとこせいよういやなあ)掛声(かけごゑ)(いさ)ましく、025四辺(あたり)空気(くうき)震撼(しんかん)せしむる盛況(せいきやう)に、026驚嘆(きやうたん)()(みは)るは亀岡町(かめをかちやう)人々(ひとびと)のみならず、027日出雄(ひでを)天下無敵(てんかむてき)経綸振(けいりんぶり)(その)説示(せつじ)絶対(ぜつたい)なるに、028今更(いまさら)(ごと)耳目(じもく)(そばた)て、029(あるひ)(をしへ)()ふべく、030(あるひ)事業(じげふ)経営(けいえい)主宰(しゆさい)(あふ)ぐべく、031往来(わうらい)する人々(ひとびと)()きも()らず、032(さら)欧文印刷所(おうぶんいんさつじよ)新設(しんせつ)033海外宣伝部(かいぐわいせんでんぶ)移転(いてん)などで、034月照山(げつせうざん)弥勒塔(みろくたふ)()()(その)光輝(くわうき)()瑞祥(ずゐしやう)に、035月宮殿(げつきうでん)造営(ざうえい)()をも鶴首(かくしゆ)して()つのは、036(あへ)信徒(しんと)のみではないのである。037あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
038大正一四・八・一七 筆録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/15【霊界物語ネット】王仁文庫の第三篇「瑞能神歌」を掲載しました。