霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三八章 世界宗教聯合会(せかいしうけうれんがふくわい)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 特別篇 山河草木 入蒙記 篇:第5篇 雨後月明 よみ:うごげつめい
章:第38章 入蒙記 よみ:せかいしゅうきょうれんごうかい 通し章番号:
口述日:1925(大正14)年08月 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年2月14日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
天恩郷に新設する光照殿の礎石は、同義的世界統一の基礎である世界宗教聯合の証であるので、一石を積み重ねるにも、心するべきとして、日出雄は親しく基礎工事監督の任に当たった。
一方、岡崎鉄首が同道した李松年を先駆者とし、真澄別に全権をゆだねて、世界宗教聯合の設立を促すべく、北京に派遣した。
真澄別は神命をかしこみ、隆光彦、岡崎鉄首と、頭山満・内田良平両氏の代理である岡貞吉氏を伴って、陰暦四月十二日、北京に向かった。北京では熱心な仏教家である洪徳滋や章嘉活仏らと会見した。
章嘉活仏は内蒙全部、外蒙の十個の廟、五大山の五個廟、北京のラマ廟を統括している。寒気は北京に滞在している。
真澄別一行は、各宗教の代表を訪れ、大正十四年五月二十日、北京悟善社において、世界宗教聯合会の発会式を挙げた。従来三五教と提携していた普天教、五大教のほか、道教、救世新教、仏陀教、支那仏教、支那回教、支那基督教、儒教などが提携した。
さらに真澄別は霊地五台山を訪問して神勅を受け、日出雄の下に復命したのは、日出雄が大阪刑務所に到着したときから十一ヶ月を経た六月二十七日であった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rmnm38
愛善世界社版:342頁 八幡書店版:第14輯 673頁 修補版: 校定版:345頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 天恩郷(てんおんきやう)新築(しんちく)せられる光照殿(くわうせうでん)礎石(そせき)は、002道義的(だうぎてき)世界統一(せかいとういつ)基礎(きそ)たるべき世界宗教聯合(せかいしうけうれんがふ)証兆(しようてう)なれば、003一石塊(いちせきくわい)()(かさ)ぬるにも、004(こころ)せざる()からずとて、005(みなもと)日出雄(ひでを)(した)しく基礎(きそ)工事(こうじ)監督(かんとく)(にん)(あた)り、006一方(いつぱう)岡崎(をかざき)鉄首(てつしゆ)報告(はうこく)(もとづ)き、007同人(どうにん)同道(どうだう)して(あや)聖地(せいち)参拝(さんぱい)せし、008李松年(りしようねん)先駆者(せんくしや)となし、009真澄別(ますみわけ)全権(ぜんけん)(ゆだ)ねて、010世界宗教聯合(せかいしうけうれんがふ)成立(せいりつ)(うなが)すべく(これ)北京(ペキン)派遣(はけん)する(こと)とした。
011 真澄別(ますみわけ)神命(しんめい)(かしこ)み、012隆光彦(たかてるひこ)013岡崎(をかざき)鉄首(てつしゆ)(ならび)頭山(とうやま)(みつる)(および)内田(うちだ)良平(りやうへい)両氏(りやうし)代表者(だいへうしや)たる(をか)貞吉(ていきち)()三名(さんめい)(ともな)ひ、014陰暦(いんれき)四月(しぐわつ)十二日(じふににち)015天恩郷(てんおんきやう)(あと)船路(ふなぢ)北京(ペキン)(むか)(こと)となつた。
016 北京(ペキン)にては熱心(ねつしん)なる仏教家(ぶつけうか)として()られたる洪徳滋(こうとくじ)が、017李松年(りしようねん)より(つた)へられたる使命(しめい)知得(ちとく)し、018出来得(できう)(かぎ)りの準備(じゆんび)(ととの)へ、019真澄別(ますみわけ)一行(いつかう)来着(らいちやく)()つて()た。
020 真澄別(ますみわけ)()(もつ)て、021折柄(をりから)北京(ペキン)滞在(たいざい)一行(いつかう)来意(らいい)伝聞(でんぶん)して歓迎(くわんげい)()(へう)すべく心待(こころまち)()つて()章嘉活仏(しやうかくわつぶつ)会見(くわいけん)し、022将来(しやうらい)(やく)し、023(かつ)(この)(さい)支那(しな)(おい)世界宗教聯合会(せかいしうけうれんがふくわい)発起(ほつき)せられる(こと)の、024機宜(きぎ)(てき)した(こと)025昨春(さくしゆん)蒙古入(もうこいり)神意(しんい)など、026神界経綸(しんかいけいりん)一部(いちぶ)消息(せうそく)(つた)へた。027章嘉(しやうか)怡々(いい)として、028自分(じぶん)本懐(ほんくわい)(じつ)(ここ)(そん)するとて(かた)握手(あくしゆ)交換(かうくわん)した。
029 昨春(さくしゆん)盧占魁(ろせんくわい)大庫倫(だいクーロン)(すす)むに先立(さきだ)ち、030内蒙(ないもう)横断(わうだん)章嘉(しやうか)(もと)日出雄(ひでを)一行(いつかう)(みちび)き、031内蒙(ないもう)()ける根拠(こんきよ)(これ)()つて(かた)めたいと声明(せいめい)してゐたが、032一箇年(いつかねん)()今日(こんにち)033(かみ)真澄別(ますみわけ)(つか)はしてこれを実現(じつげん)せしめられたのである。034(ここ)活仏(くわつぶつ)現状(げんじやう)(くわん)簡単(かんたん)なる説明(せつめい)()へる(こと)とする。
035 喇嘛教(ラマけう)(すなは)仏陀教(ぶつだけう)国教(こくけう)となつてゐるのは、036西蔵(チベツト)037内蒙(ないもう)(およ)外蒙(ぐわいもう)大庫倫地方(だいクーロンちはう)以西(いせい)である。038(その)()喇嘛廟(ラマメウ)のある(おも)なる地方(ちはう)は、039山西省(さんせいしやう)五台山(ごだいざん)(およ)北京(ペキン)である。040(しか)して四人(よにん)活仏(くわつぶつ)がこれを四分(しぶん)して、041(かく)(その)管内(くわんない)統轄(とうかつ)してゐる。042活仏(くわつぶつ)(した)には、043ザスク、044カンブ、045大喇嘛(だいラマ)046ツオングワン、047クワンジヤ(とう)階級(かいきふ)があり、048(かく)王公爺廟(わんこんえべう)主宰者(しゆさいしや)(しゆ)としてカンブ以下(いか)であるが、049(ぞく)此等(これら)をも活仏(くわつぶつ)(しよう)するのである。
050 西蔵(チベツト)前蔵(ぜんざう)達頼活仏(タアライくわつぶつ)051後蔵(こうざう)班禅活仏(ハンゼンくわつぶつ)管掌(くわんしやう)(ぞく)し、052(なほ)山西省(さんせいしやう)五台山(ごだいざん)にも所管廟(しよくわんべう)(おのおの)(いう)してゐる。
053 章嘉活仏(しやうかくわつぶつ)内蒙(ないもう)全部(ぜんぶ)054外蒙(ぐわいもう)十個廟(じつこべう)055五台山(ごだいざん)五個廟(ごこべう)(ならび)北京(ペキン)喇嘛廟(ラマメウ)統掌(とうしやう)し、056支那(しな)大国師(だいこくし)として尊崇(そんすう)せられてゐる。057そして本来(ほんらい)察哈爾(チヤハル)多倫(ターロン)()るべきであるが、058地方巡錫(ちはうじゆんしやく)(とき)以外(いぐわい)は、059便宜上(べんぎじやう)暑季(しよき)五台山(ごだいざん)に、060寒季(かんき)北京(ペキン)駐在(ちうざい)してゐる。
061 また外蒙(ぐわいもう)管掌(くわんしやう)してゐる──先年(せんねん)皇帝(くわうてい)宣言(せんげん)した大庫倫(だいクーロン)活仏(くわつぶつ)は、062昨年(さくねん)帰幽(きいう)して、063(いま)欠員(けつゐん)となつてゐる。064欠員中(けつゐんちう)(ほか)三活仏(さんくわつぶつ)(うち)065(いづ)れかが兼掌(けんしやう)する慣例(くわんれい)であるが、066外蒙(ぐわいもう)(いま)赤露(せきろ)勢力範囲(せいりよくはんゐ)(だつ)せず、067如何(いかん)とも(ほどこ)すべき(さく)なき状態(じやうたい)である。068(しか)して活仏(くわつぶつ)後継者(こうけいしや)は、069(かく)(その)遺言(ゆゐごん)(したが)ひ、070帰幽後(きいうご)三年(さんねん)以内(いない)再生(さいせい)するのを()たねばならぬから、071今後(こんご)大庫倫(だいクーロン)如何(いか)なる(かみ)経綸(けいりん)(おこな)はれるか、072それは神業(しんげふ)進展(しんてん)(とも)(おのづか)闡明(せんめい)すべき問題(もんだい)である。
073 ()くして真澄別(ますみわけ)一行(いつかう)は、074支那(しな)()ける各宗教(かくしうけう)本部(ほんぶ)()ひ、075各代表者(かくだいへうしや)神意(しんい)(つた)へ、076()(じゆく)して、077大正(たいしやう)十四年(じふよねん)五月(ごぐわつ)二十日(はつか)陰暦(いんれき)四月(しぐわつ)二十八日(にじふはちにち)078北京悟善社(ペキンごぜんしや)(おい)て、079世界宗教聯合会(せかいしうけうれんがふくわい)発会式(はつくわいしき)()げ、080()東亜(とうあ)聯盟(れんめい)確実(かくじつ)にし(しか)して(のち)西漸(せいざん)することに方針(はうしん)(さだ)められたのである。081従来(じゆうらい)三五教(あななひけう)提携(ていけい)()りし、082普天教(ふてんけう)083五大教(ごだいけう)(ほか)084今回(こんくわい)聯合会(れんがふくわい)()り、085三五教(あななひけう)(むす)びしは、086道教(だうけう)087救世新教(きうせいしんけう)088仏陀教(ぶつだけう)089支那仏教(しなぶつけう)090支那回教(しなくわいけう)091支那基督教(しなキリストけう)092儒教(じゆけう)などである。
093 (さら)真澄別(ますみわけ)支那(しな)()ける因縁(いんねん)霊地(れいち)五台山(ごだいざん)訪問(はうもん)して神勅(しんちよく)(あふ)ぎ、094日出雄(ひでを)(もと)復命(ふくめい)したのは、095日出雄(ひでを)昨年(さくねん)大阪刑務所(おほさかけいむしよ)到着(たうちやく)した(とき)より十一ケ月(じふいつかげつ)()六月(ろくぐわつ)二十七日(にじふしちにち)であつたのも()()ふべしである。
096大正一四・八 筆録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/24【霊界物語ネット】『出口王仁三郎全集』の「第二篇 皇道我観」(第一~第十章)を校正しました。
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。