霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三九章 入蒙拾遺(にふもうしふゐ)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 特別篇 山河草木 入蒙記 篇:第5篇 雨後月明 よみ:うごげつめい
章:第39章 入蒙記 よみ:にゅうもうしゅうい 通し章番号:
口述日:1925(大正14)年08月 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年2月14日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
張作霖は、第二次奉直戦が意外に早く始まったので、いまさらのごとく盧占魁を処刑してしまったことを悔いたと伝えた。
パインタラの前夜に身をもって逃れた劉陞山は奉直戦のさなかに大連に逃れ、さらに日本に渡って綾部に身を寄せていた。その後奉天の日本租界に身を潜めて使命が下るのを待っている。隆光彦が支那にわたった際に訪問すると、たいへんな歓迎を受けたとのことだ。
真澄別が北京に滞在中、王昌輝、揚巨芳、包春亭、金翔宇らがたずねてきた。いずれも、索倫の司令部に参じていた人々である。
王昌輝は河南軍に身を投じていた。盧占魁の最期の様子を伝え、またパインタラの結果について悔しがり、必ずいつか目覚しい結果を照覧するからと、日出雄への取り成しを願ったという。
揚巨芳は索倫で盧の配下・揚萃廷と衝突して引き上げてから、奉天軍の憲兵少佐に任じられていた。そして、張作霖は盧を処刑するつもりはなかったのだが、現場の長の越権行為であのような結果になり、揚萃廷や劉陞山が遭難の遠因を作ったと言って非難した。
包春亭は包金山の代理として訪ね、今は奉天軍の顧問をしていると消息を明かした。彼らは岡崎と共に奉天に救援軍を組織しに出立した後、パインタラの遭難を知ったのであった。
金翔宇は、日出雄の近くに仕えた白凌閣、温長興、秦宣、王瓚璋、王通訳らはみな、難を逃れて命を助かったと伝えた。
真澄別はいずれの人たちにも、これは神様の深い思し召しのあることで、単純な失敗ではないこと、世界的神劇の序幕であることを説明した。その証として世界宗教聯合会の成立を伝えると、各人一様に感嘆の声を漏らし、前途の祝福を忘れなかった。特に蒙古人は、章嘉活仏との提携を非常に喜んだ。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rmnm39
愛善世界社版:346頁 八幡書店版:第14輯 674頁 修補版: 校定版:349頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 日出雄(ひでを)洮南(たうなん)平馬邸(へいまてい)にて微笑(びせう)(なが)真澄別(ますみわけ)(しめ)した、
 
002呉佩孚(ごはいふ)をつかれ曹錕(さうこん)()()だし』
 
003てふ一句(いつく)は、004半年(はんとし)()つか()たぬ()実現(じつげん)された。005張作霖(ちやうさくりん)盧占魁(ろせんくわい)利用(りよう)しようと(くわだ)てた第二回(だいにくわい)奉直戦(ほうちよくせん)は、006(その)予期(よき)(はん)して意外(いぐわい)(はや)火蓋(ひぶた)()(こと)になり、007今更(いまさら)(ごと)()追懐(つゐくわい)したとさへ(つた)へられた。008(かう)不幸(ふかう)か○○(じん)従軍(じゆうぐん)馮玉祥(ひようぎよくしやう)のクーデターのお(かげ)張作霖(ちやうさくりん)(たたかひ)()けて、009勝負(しようぶ)()つた結果(けつくわ)となり、010呉佩孚(ごはいふ)一時(いちじ)失脚(しつきやく)し、011曹錕(さうこん)一旦(いつたん)逃出(にげだ)し、012(いま)(とら)はれの()となつてゐる。
013 昨夏(さくか)白音太拉(パインタラ)()ける惨劇(さんげき)前夕(ぜんゆふ)014形勢(けいせい)()なりと(かん)じ、015部下(ぶか)取纏(とりまと)めて逸出(にげだ)し、016途中(とちう)王府(わうふ)(へい)包囲(はうゐ)せられ、017数十名(すうじふめい)部下(ぶか)(うしな)ひ、018()(もつ)(まぬが)れたる劉陞山(りうしようさん)は、019(みぎ)奉直戦(ほうちよくせん)混雑中(こんざつちう)大連(だいれん)()(のが)れ、020(さら)自転倒島(おのころじま)(わた)り、021(しば)(あや)聖地(せいち)()()再挙(さいきよ)時期(じき)をまつてゐたが、022(かみ)摂理(せつり)(はか)りかね、023(いま)奉天(ほうてん)日本租界(につぽんそかい)()(ひそ)めて使命(しめい)降下(かうか)鶴首(かくしゆ)してゐる。024隆光彦(たかてるひこ)渡支(とし)途次(とじ)訪問(はうもん)すると、025(りう)夫人(ふじん)(とも)款待(くわんたい)(きは)めたといふ。
026 真澄別(ますみわけ)北京(ペキン)滞在(たいざい)せるを(つた)()き、027(なつ)かしさと憧憬(あこがれ)(あま)(たづ)()(うち)に、028王昌輝(わうしやうき)029揚巨芳(やうきよはう)030包春亭(はうしゆんてい)031金翔宇(きんしやうう)などがある。032(みな)索倫山(ソーロンさん)司令部(しれいぶ)(さん)じてゐた人々(ひとびと)で、033各自(かくじ)(おも)(おも)ひの述懐(じゆつくわい)(かた)る。
034 王昌輝(わうしやうき)(その)()井上(ゐのうへ)兼吉(かねきち)(ともな)ひ、035胡景翼軍(こけいよくぐん)顧問(こもん)として()(さん)じ、036()役後(えきご)037岳維峻(がくゐしゆん)(たす)けて、038依然(いぜん)河南軍中(かなんぐんちう)()る。039(かれ)(いは)く、
040実際(じつさい)あんな馬鹿(ばか)結果(けつくわ)になつて、041日出雄(ひでを)先生(せんせい)申訳(まうしわけ)がありませぬ。042(わたし)胡景翼(こけいよく)(もと)()()せると、043()が……(きみ)何故(なぜ)日出雄(ひでを)先生(せんせい)自分(じぶん)(ところ)御案内(ごあんない)せなかつたか、044自分(じぶん)ならば()(まで)安全(あんぜん)護衛(ごゑい)し、045(かつ)自由(じいう)活動(くわつどう)して(いただ)けるのに……と(しか)られました。046本当(ほんたう)多数(たすう)犠牲者(ぎせいしや)()し、047残念(ざんねん)(たま)りませぬ。048()(かく)暫時(ざんじ)放任(はうにん)しておいて(くだ)さい。049(かなら)目醒(めざま)しい結果(けつくわ)招来(せうらい)して御覧(ごらん)()れますから……日出雄(ひでを)先生(せんせい)(しか)るべく御取(おとり)なし(ねが)ひます』
050(うで)()し、051(さら)白音太拉事件(パインタラじけん)追懐(ついくわい)し、
052無事(ぶじ)(ゆる)されて(かへ)つた()副官(ふくくわん)(はなし)()ると、053盧占魁(ろせんくわい)就寝中(しうしんちう)用事(ようじ)ありとて二名(にめい)兵士(へいし)引起(ひきおこ)され、054玄関口(げんくわんぐち)待構(まちかま)へて()四名(よめい)兵士(へいし)短銃(ピストル)()けられ、055(くや)しさに地団駄(ぢだんだ)()(なが)ら、056営庭(えいてい)(つゆ)()えたさうです。057()連中(れんちう)()寸鉄(すんてつ)()びざる(こと)とて(いづ)れも狼狽(らうばい)し、058(なか)には見苦(みぐる)しく()(まど)うた(もの)もあつたさうですが、059(れい)賈孟卿(ヂヤムチン)()()もせで、060手紙(てがみ)(したた)めてゐる最中(さいちう)だつたさうですが、061取囲(とりかこ)兵士(へいし)睥睨(へいげい)し、062……(さわ)ぐな手紙(てがみ)()(をは)(まで)()てつ……と大喝(だいかつ)し、063悠々(いういう)として銃殺(じゆうさつ)()けたさうです。064()しい(をとこ)でしたなア。065……それから盧占魁(ろせんくわい)(やつ)066(うはさ)(ごと)御用金(ごようきん)(かく)して()つたと()え、067昨秋(さくしう)鄒秀明(すうしうめい)憲兵隊(けんぺいたい)警察署長(けいさつしよちやう)打合(うちあは)せ、068北京(ペキン)盧夫人(ろふじん)隠家(かくれや)取調(とりしら)べ、069数万円(すうまんゑん)没収(ぼつしう)し、070入蒙(にふもう)結果(けつくわ)未亡人(みばうじん)となつて、071北京(ペキン)(わび)しく寄食(きしよく)してる連中(れんちう)()()れ、072数百円(すうひやくゑん)(あて)分配(ぶんぱい)し、073残金(ざんきん)(わたくし)したらしいです。074(その)(むく)いでせう、075(すう)今年(ことし)正月(しやうぐわつ)076奉天軍(ほうてんぐん)連長(れんちやう)となつて()(なが)ら、077仏租界(ふつそかい)にある武器(ぶき)押収(おうしう)しようとし、078条約違反(でうやくゐはん)銃殺(じゆうさつ)された(さう)です。079云々(うんぬん)
080憮然(ぶぜん)たること(ひさ)しかつた。081また揚巨芳(やうきよはう)索倫本営(ソーロンほんえい)(おい)て、082()参謀長(さんぼうちやう)揚萃廷(やうすゐてい)衝突(しようとつ)し、083(うらみ)(のこ)して引上(ひきあ)げ、084(いま)奉天軍(ほうてんぐん)憲兵(けんぺい)少佐(せうさ)(にん)ぜられ、085奉直間(ほうちよくかん)列車監督長(れつしやかんとくちやう)となつてゐる。
086揚巨芳(やうきよはう)大先生(タアセンシヨン)(どう)して()られますか、087昨年(さくねん)(ひど)()にお()ひでしたなア。088大体(だいたい)揚萃廷(やうすゐてい)()(やつ)密偵(みつてい)同様(どうやう)で、089()司令(しれい)情実(じやうじつ)(から)まれ、090あんな(もの)参謀長(さんぼうちやう)にしたのが破綻(はたん)大原因(だいげんいん)です。091……張作霖(ちやうさくりん)()司令(しれい)()銃殺(じゆうさつ)意志(いし)実際(じつさい)なかつたのです。092あれは闞旅長(かんりよちやう)越権(ゑつけん)処置(しよち)でした。093しかし劉陞山(りうしようさん)(たい)しては好感情(かうかんじやう)()つて()りませぬ。094実際(じつさい)劉団(りうだん)(てう)営長(えいちやう)部下(ぶか)使嗾(しさう)し、095蒙古地内(もうこちない)強姦(がうかん)096掠奪(りやくだつ)などを(たくま)しうして、097討伐令(たうばつれい)原因(げんいん)(つく)つたのですから仕方(しかた)がありませぬ。098種々(しゆじゆ)(てん)から(わたし)入蒙事業(にふもうじげふ)破綻(はたん)責任者(せきにんしや)揚萃廷(やうすゐてい)099(りう)100(てう)101佐々木(ささき)102大倉(おほくら)五人(ごにん)だと(おも)つてゐます。103どうか日出雄(ひでを)先生(せんせい)(よろ)しく御取(おとり)なしを(ねが)ひます。104当方面(たうはうめん)御用(ごよう)(せつ)何時(いつ)でもお使(つか)(くだ)さいませ』
105丸々(まるまる)した、106そして脂切(あぶらぎ)つた(おも)(えみ)(たた)へてゐた。
107 包春亭(はうしゆんてい)包金山(はうきんざん)代理(だいり)として金翔宇(きんしやうう)(とも)真澄別(ますみわけ)訪問(はうもん)したのである。108包春亭(はうしゆんてい)は、
109大先生(タアセンシヨン)(ほか)皆様(みなさま)御壮健(ごさうけん)結構(けつこう)(ござ)います。110二先生(アルセンシヨン)がお()しと()包金山(はうきんざん)(うかが)(つもり)()りましたが、111拠所(よんどころ)ない都合(つがふ)で、112(わたくし)代理(だいり)寄越(よこ)しました。113包金山(はうきんざん)一時(いちじ)奉天側(ほうてんがは)から(うたがひ)()(にら)まれ、114(こま)つてゐましたが、115()もなく諒解(りやうかい)され、116(いま)黒竜江省督軍(こくりうこうしやうとくぐん)呉峻陞(ごしゆんしよう)顧問(こもん)をしてゐます。117(しか)御用(ごよう)とあれば、118(すくな)くも三千(さんぜん)蒙古兵(もうこへい)(ひき)ゐて、119何時(いつ)でも()ちます。120……包金山(はうきんざん)昨年(さくねん)索倫(ソーロン)出発(しゆつぱつ)以来(いらい)121()司令(しれい)方針(はうしん)危険味(きけんみ)()びてゐるのを気遣(きづか)ひ、122岡崎(をかざき)先生(せんせい)相談(さうだん)して、123応援軍(おうゑんぐん)組織(そしき)する()め、124六月(ろくぐわつ)八日(やうか)途中(とちう)から手兵(しゆへい)大部(だいぶ)劉陞山(りうしようさん)(あづ)け、125奉天(ほうてん)(むか)つた(をり)126(わたくし)(その)()護衛長(ごゑいちやう)として随行(ずゐかう)し、127途中(とちう)屡々(しばしば)危険(きけん)遭遇(さうぐう)(なが)ら、128(やうや)奉天(ほうてん)()くと()もなく、129あの悲報(ひはう)(せつ)しましたので、130包金山(はうきんざん)共々(ともども)(こゑ)をあげて()きました』
131今更(いまさら)(ごと)(なみだ)ぐむ。132金翔宇(きんしやうう)(あと)()けて、
133(わたくし)索倫(ソーロン)から、134募兵(ぼへい)()黒竜江(こくりうこう)派遣(はけん)せられたのですが、135()司令(しれい)旅費手当(りよひてあて)(あま)少額(せうがく)(こま)つてゐると、136岡崎(をかざき)先生(せんせい)(べつ)心付(こころづ)けをして(くだ)さつた(とき)(うれ)しさは(いま)(わす)れませぬ』
137()へば、138(かたはら)()岡崎(をかざき)は、
139『あれは(みな)大先生(だいせんせい)から(いただ)いたのを、140(きみ)(がた)取次(とりつ)いだまでだ』
141言葉(ことば)(はさ)む。142金翔宇(きんしやうう)(さら)()()ぎ、
143『あゝさうでせう、144()(かく)あれで(やうや)使命(しめい)(たつ)洮南(たうなん)(まで)(かへ)ると、145(すで)討伐隊(たうばつたい)索倫山(ソーロンざん)(むか)つた(ところ)なので、146(わたくし)(その)一味(いちみ)として投獄(たうごく)せられ、147(あやふ)銃殺(じゆうさつ)せられる(ところ)を、148(かね)洮南(たうなん)旅長(りよちやう)張海鵬(ちやうかいほう)知合(しりあひ)であつた(ため)149(くび)がつながりました。150(しか)大先生(タアセンシヨン)のお側近(そばちか)(つか)へてゐた(もの)(みな)(たす)かりましたね。151白凌閣(パイリンク)(もと)より、152温長興(をんちやうこう)153秦宣(しんせん)154王瓚璋(わうさんしやう)155王通訳(わうつうやく)(とう)(みな)さうです。156それが夫々(それぞれ)危地(きち)(のが)れたのは、157畢竟(ひつきやう)大先生(タアセンシヨン)特別(とくべつ)御加護(ごかご)としか(おも)へませぬ。158(とき)蒙古(もうこ)青年(せいねん)追々(おひおひ)目醒(めざ)めて()ますから、159(やく)()(もの)漸次(ぜんじ)()えて(まゐ)ります』
160意気軒昂(いきけんかう)たるものがある。161真澄別(ますみわけ)(いづ)れの(ひと)にも──昨年(さくねん)蒙古入(もうこいり)君方(きみがた)(おも)(やう)162単純(たんじゆん)失敗(しつぱい)でない(こと)163神様(かみさま)(はう)から()へば(ふか)いお思召(ぼしめし)のある(こと)や、164世界的神劇(せかいてきしんげき)序幕(じよまく)とも()ふべきもので、165(その)()引続(ひきつづ)いての活動(くわつどう)結果(けつくわ)166今回(こんくわい)世界宗教聯合会(せかいしうけうれんがふくわい)成立(せいりつ)した(こと)などを説明(せつめい)し、167発起人連名簿(ほつきにんれんめいぼ)写真(しやしん)など()せると、168各人(かくじん)一様(いちやう)感歎(かんたん)(こゑ)()らし、169前途(ぜんと)祝福(しゆくふく)(わす)れなかつた。170(こと)蒙古人(もうこじん)章嘉(しやうか)との提携(ていけい)非常(ひじやう)(よろ)こんだ。
171大正一四・八 筆録)