霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

世界経綸(せかいけいりん)第一歩(だいいつぽ)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 特別篇 山河草木 入蒙記 篇:附 入蒙余録 よみ:
章:世界経倫の第一歩 よみ:せかいけいりんのだいいっぽ 通し章番号:
口述日:1925(大正14)年08月15日(旧06月26日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年2月14日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
いよいよ本年は十二万年に一度の甲子の年です。これまでは魂磨きの時代でありましたが、いよいよ挙国一致して事に当たらなければならないのであります。
神諭に「誠の分かった役員三人あれば立派に神業が完成される」とあるように、役員三人の心が合いさえすれば、それが元になって正義の団体が固まり、どんなことでも成就するでしょう。
大正十三年は甲子の年であり、神様の仕組まれた世界経綸の始まりとして、三人の役員を連れて、蒙古入りを始めたのであります。
少なくとも一ヵ年は帰国させて下さらないと思っていましたが、百二十六日で日本に再び帰ることになったのは、神界の思し召しがあることで、大本がまだ統一していないため、まずこれを統一して世界の経綸に着手すべく仕組まれたものと考えます。
蒙古から帰国後、過去の陋習を廃し、適材を適所に配してできるだけ新しい空気を作るように勤めましたので、みなそれぞれ助け合って御神業が完成するように努めてほしいものです。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:365頁 八幡書店版:第14輯 685頁 修補版: 校定版:367頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 愈々(いよいよ)本年(ほんねん)十二万年(じふにまんねん)一度(いちど)甲子(きのえね)(とし)であります。002人類(じんるい)発生(はつせい)してから、003学者(がくしや)(せつ)によれば、004十万年(じふまんねん)とか五十万年(ごじふまんねん)とか色々(いろいろ)()つてゐる(やう)ですが、005実際(じつさい)地球(ちきう)修理固成(しうりこせい)出来(でき)最初(さいしよ)人間(にんげん)(かたち)(もつ)(あら)はれ(たま)ふたのが大国常立尊(おほくにとこたちのみこと)であります。006甲子(かふし)はすべてが更始(かうし)となり(もと)へもどることであり、007(うしとら)(はじ)めであり(かた)めでありまして、008愈々(いよいよ)大神様(おほかみさま)神徳(しんとく)顕現(けんげん)される時期(じき)であります。009今日(こんにち)(まで)魂研(たまみが)きの時代(じだい)であり、010練習(れんしふ)時代(じだい)でありましたが、011愈々(いよいよ)甲子(かふし)(とし)からは挙国一致(きよこくいつち)して(こと)(あた)らねばならぬのであります。012大本(おほもと)因縁(いんねん)あつて(あつ)まられた人々(ひとびと)から、013()世界(せかい)大立替(おほたてかへ)大立直(おほたてなほ)しの(かた)()さねばならぬ(こと)になつて(まゐ)つたのであります。014(しか)(みな)さまが協力(けふりよく)一致(いつち)せなくては大神業(だいしんげふ)成就(じやうじゆ)せない。015たとへば一本(いつぽん)()はごく(よわ)いものであり、016すぐ()れるが、017何本(なんぼん)(かた)まれば中々(なかなか)(つよ)容易(ようい)挫折(ざせつ)せないものです。018今日(こんにち)(まで)大本(おほもと)世界(せかい)状態(じやうたい)(うつ)つて個々分立(ここぶんりつ)し、019祝詞文中(のりとぶんちう)の『(おの)向々(むきむき)』で(うへ)()いたもの、020(した)()いたもの、021(あるひ)(みぎ)を、022(ひだり)を、023天国(てんごく)を、024地獄(ぢごく)を、025(うしとら)を、026(ひつじさる)をと()つた具合(ぐあひ)個々別々(ここべつべつ)(むか)つてゐたが、027(これ)では神業(しんげふ)完成(くわんせい)どころか(かへつ)妨害(ばうがい)になる。028祝詞文(のりとぶん)(なか)の『(おの)向々(むきむき)()らしめず』の聖句(せいく)(とほ)り、029信者(しんじや)一般(いつぱん)協同(けふどう)一致(いつち)して(こと)(あた)らねばなりませぬ。
030 神諭(しんゆ)に『(まこと)(わか)つた役員(やくいん)三人(さんにん)あれば立派(りつぱ)神業(しんげふ)完成(くわんせい)される』とお(しめ)しになつてゐますが、031(ちひ)さい胡麻粒(ごまつぶ)(ひと)つが元子(げんし)となつて金米糖(こんぺいたう)出来(でき)るやうに、032役員(やくゐん)三人(さんにん)(こころ)()ひさへすれば、033それが(もと)になつて正義(せいぎ)団体(だんたい)(かた)まり追々(おひおひ)(おほ)きなものになり、034どんなことでも成就(じやうじゆ)するでせう。035(しか)(たん)(ただ)三人(さんにん)だけでは最後(さいご)(とど)めは()せないので、036神様(かみさま)()むを()ざる場合(ばあひ)(おもむばか)(たま)ふて、037三人(さんにん)でもとの意味(いみ)をお(しめ)しになつてゐるのであります。
038 大本(おほもと)内部(ないぶ)今迄(いままで)個々分立(ここぶんりつ)であつたが、039今後(こんご)協同(けふどう)一致(いつち)習慣(しふくわん)をつけねば一朝(いつてう)(こと)(おこ)つた場合(ばあひ)(あご)(はづ)(やう)(こと)出来(でき)てはつまらない。040(それ)(ゆゑ)いよいよ今回(こんくわい)大改革(だいかいかく)断行(だんかう)されたのであります。
041 本年(ほんねん)十三年(じふさんねん))は甲子(きのえね)(とし)で、042神様(かみさま)仕組(しぐ)まれたる世界経綸(せかいけいりん)(はじ)まりとして、043(わたし)今春(こんしゆん)早々(さうさう)三人(さんにん)引連(ひきつ)れて遥々(はるばる)蒙古入(もうこいり)(はじ)めたのであります。044(この)事業(じげふ)(おほ)きな仕事(しごと)であつて、045神様(かみさま)(すくな)くとも一ケ年(いつかねん)(くらゐ)帰国(きこく)さして(くだ)さらないと(おも)つてゐましたが、046百二十六日(ひやくにじふろくにち)日本(につぽん)(ふたた)(かへ)ることになつたのは神界(しんかい)思召(おぼしめし)のある(こと)で、047大本(おほもと)統一(とういつ)して()らぬ(ゆゑ)048これを統一(とういつ)しておいて世界(せかい)経綸(けいりん)着手(ちやくしゆ)すべく経綸(けいりん)されたものと(かんが)へます。049(わたし)帰国後(きこくご)神様(かみさま)(うかが)ひ、050今日(こんにち)(まで)諸種(しよしゆ)陋習(ろうしふ)打破(だは)して適材(てきざい)適所(てきしよ)(はい)し、051出来(でき)(だけ)(あたら)しい空気(くうき)をつくる(こと)につとめました。052適材(てきざい)適所(てきしよ)()つても絶対的(ぜつたいてき)適当(てきたう)とは()へぬ。053神様(かみさま)から()れば(みな)一様(いちやう)不完全(ふくわんぜん)であるから、054神様(かみさま)命令(めいれい)(えら)まれた人々(ひとびと)が、055(なに)出来(でき)ない、056神様(かみさま)()()えないとか(なん)とか不平(ふへい)小言(こごと)()はないで、057少時(しばらく)時節(じせつ)()つて(いただ)きたい。058(すべ)(もの)不完全(ふくわんぜん)から段々(だんだん)(すす)むものでありますから、059御神業(ごしんげふ)完成(くわんせい)する(やう)(つと)めてほしい。060ついては責任(せきにん)地位(ちゐ)()(ひと)をそれぞれお(ねが)ひしたのでありますから、061(みな)それぞれ(たす)()つてつとめて(いただ)()いものであります。
 
062(大正一四・一・二五号「神の国」誌)