霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第五章 世界無比の神国

インフォメーション
題名:第五章 世界無比の神国 著者:出口王仁三郎
ページ:73 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例:2017/9/20校正。 データ最終更新日:2017-09-20 13:27:58 OBC :B121801c14
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]神霊界 > 大正8年5月1日号(第85号) > 皇道我観(四)
 (わが)日本国(につぽんこく)は古来神国(しんこく)と称し、細矛千足国(くわしほこちたるのくに)豊葦原(とよあしはら)瑞穂中国(みづほのなかつくに)磯輪垣(しわがき)秀妻国(ほづまのくに)、また豊秋津(とよあきつ)根別国(ねわけのくに)大八洲(おほやしま)根別国(ねわけのくに)、玉垣の内津御国(うちつみくに)浦安国(うらやすくに)言霊(ことたま)天照国(あまてるくに)大倭国(やまとのくに)日本(ひのもと)の国、国の本国(もとくに)(など)と称し、世界無比の神国なれば、異邦(いほう)(すぐ)れて尊きは(げん)を待たず、寒暑共に其(ちう)を得て、地は南北に(わた)り、東西に(またが)りて、四方(しはう)清海(せいかい)(めぐ)らし、風土(きよ)けく地味(ちみ)膏沃(かうよく)、五穀其他(そのた)作物(さくもつ)豊饒(ほうぜう)にして、山野(さんや)草木(さうもく)繁茂(はんも)し、果実()く熟して其(あぢは)(こと)(うる)はしく、金、銀、銅、鉄、(なまり)(すず)、石炭の(るゐ)に至るまでも生産し、一切()くる事無ぎ、天産自給の宝国(ほうこく)なり。(こと)に世界に比類なき粳米(もちごめ)を、全国に産出せざる土地なく、(こと)刀劒(たうけん)の原料なる因雲(いんうん)産の鉄鉱ありて、自然に鋭利なる武器を作ることは、全世界に比類なく、近海には岩石多く点在して、敵艦を(ちかづ)くるに便(べん)ならず。加之(しかのみならず)人民の衆多(しうた)なるは、面積比較上外国に数倍し、天賦の霊能日本魂(やまとだましひ)有るを(もつ)て、勇気、智量、慈愛、親睦の良質を惟神(かむながら)に包蔵し、平素清潔を好み、神祗を崇敬し、皇室を敬ひ尊び、大義を重んずる事は、(この)神域に(せい)()けたる神国神民(しんみん)の自然より()づるものなり。(しか)淳朴(じゆんぼく)質実(しつじつ)にして、神勇神胆(しんたん)あるが故に、日本の太古は、天道地道(ちだう)人道などの名称も無く、忠義孝貞(かうてい)などの名目も無し。只々(ただただ)神随(かんながら)言挙(ことあげ)せぬ国にして、不言(ふげん)(をしへ)無為(むゐ)(くわ)、自然に(おこな)はれ、其の行事(おこなひ)の道に違反せしもの(すくな)く、大伴(おほとも)(うぢ)遠祖(ゑんそ)天押日命(あめのおしほひのみこと)誓言(せいげん)にも、海()かば水潜屍(みづくかぱね)、山行かば草生屍(くさむすかばね)となりて、取り治むる者なくとも(がう)(いと)はずして、大君(おほきみ)()にこそ死なめ、(のど)には死なじ、(かへり)王仁文庫では「顧み」。全集では「願み」だが誤字と思われる。はせじと言ひ、筑紫の防人(さきもり)とて、(あづま)より賦役(ぶえき)にさされて行く土兵(いやしきもの)が、(ひたひ)()は立つるとも、背には()は負はず、進む事ありとも、退(しりぞ)く事は為さじと言ひし如く、君臣(くんしん)の大義父子(ふし)の親愛も、(おのづか)ら備はりけるが、人民漸次(ぜんじ)数多く(うま)るに従つて、惟神の美風良俗次第に破れむとし、一の教法(けいはふ)無くては、治まり(がた)く成りしが故に、崇神(すじん)天皇の御宇(ぎよう)に至り、和光同塵(わくわうどうぢん)御政策(ごせいさく)の時代の必要に迫れるを思召(おぼしめ)され、漢土(かんど)の聖人の教書を、我国(わがくに)に採用し玉はむとして、三韓(さんかん)より、阿直岐(あぢき)及び王仁(わに)をして、教書を伝ヘしめ給ひ、国民を教導(をしへみちび)き、治国平天下(ちこくへいてんか)輔翼(ほよく)と為し給ひしより、儒道(じゆだう)皇国(くわうこく)弘道(こうだう)し、(その)道は今に至つて()ほ勢力を張りつつあれども、皇国古有の大道(だいだう)、即ち皇道の枝葉(しえう)とも称すべき教義なれば、日進月歩の今日の皇国の実際に適合せず。故に(いにしへ)には、少々治国(ちこく)(たすげ)となりしものも、わが国聖代(せいだい)の人民を教ふるには、隔靴掻痒(くつをへだててかゆきをかく)(かん)なき(あた)はず。(これ)を以て、礼儀廉恥(れいぎれんち)四維(しゐ)国家を維持するために必要な四つの大綱。礼・義・廉・恥の四徳。(広辞苑)を張る()(こころざし)を奮起せしむるにも足らず、今や皇道実現の聖代に(おい)ては、全然無用の長物視(ちやうぶつし)さるるに至れりと(いへど)も、()(この)儒教をして、真面目に漢土に(おこな)はしむる時は、支那五億民衆の良教書(りやうけうしよ)と為すを()べし。元来皇道は、日本神国に(そな)はれる大道にして、日本魂(やまとだましひ)根元(こんげん)なれば、異域(ゐいき)の人の咀嚼(そしやく)()べきものに非ず。皇道の(をしへ)は『神は万物普遍の霊にして、人は天地経綸の司宰者なり』てふ神教に基き、天津日継(ひつぎ)天皇が、(あめ)(した)四方(よも)の国を、安国(やすくに)(たひら)けく治食(しろしめ)()き規範たるべきものなれば、世界の人類を治め助け、善美(ぜんび)なる言行(げんかう)(のり)を示し、上御一人(かみごいちにん)御尾前(みをさき)に仕へ(まつ)りて、世界を経綸(けいりん)するの天職を、惟神に具有するものにして、決して外来の宗教説の如く、未来の楽土を欲求し救助を求め、万事哀願(あいぐわん)的に(いづ)るとは、全然(その)(せん)(こと)にす。故に(すべ)ての外来宗教なるものは、我国(わがくに)()りては、害ありて益(すくな)く、日本(につぽん)男子(だんし)の去勢的道具にして、天祖の神慮に叶ひ(まつ)らざるものなるを知らざる(べか)らず。
 皇国は畏多(おそれおほ)くも、皇祖の大御親神(おほみおやがみ)()す、天之御中主大神の御実体の顕現にして、世界一切を具有し給ふ神国なれば、世界一切の生民(せいみん)を同胞と為し、高天原(たかあまはら)に霊的活動し、()つ不滅に常住し、(いで)ては地球上面の各国土を経綸(けいりん)し、()りては宇宙、即ち高天原(たかあまはら)に静養し、(かしこ)くも皇祖の御神勅に依りて、天下を治むる天職を()ばせ給ふ、神聖不可犯(しんせいおかすべからざる)の、天津日継(ひつぎ)天皇が、天壌無窮(てんじやうむきう)に鎮座あらせられ、神国の神民は、(かしこ)くも御皇室と共に、万世一系(もつ)皇運(くわううん)扶翼(ふよく)(たてまつ)る天職を、完全に先天的に具有し、皇祖大神の授け給へる、敏心(とごとろ)日本心(やまとごころ)は、天稟(てんりん)の良性にして、決して亡ぶる事無きが故に、今にもあれ、皇道の大本(おほもと)を講明し、以て之を激励する時は、必然日本魂(やまとだましひ)の発現し(きた)りて、天授の神魂(しんこん)に復帰す()きは論を待たず。(たとへ)三冬(さんとう)の厳寒に水は(こほ)り、土()れて、樹木(じゆもく)の葉は(ことごと)く落ち散り、一見枯果(かれは)てたるが如く、草の茎葉(けいえう)朽果(くちは)て、残るもの無きが如くなるも、其枝幹(しかん)(もし)くは根本(こんぽん)に、花実となり茎葉(けいえう)となる()き原質は、(ことごと)く含有せるが如くなるは、野人(やじん)匹夫(ひつぷ)の目に一丁字(いつていじ)さへ無き(やから)郷丁傭夫(きやうていようふ)(やから)にも、折々侠腸(けふちやう)義気(ぎき)突破して、事に(のぞ)みては、(かへ)一死(いつし)(かへり)みざる者有るを見ても知られたり。故に今、皇祖の御遺訓(ならび)に、国祖の神諭に()り、国人(こくじん)固有の日本魂(やまとだましひ)(みが)き、其光輝(くわうき)だに現出せば、(わが)一を以て異方(いはう)の百千万人に(あた)るに足る()く、国土の豊満なる事は、外国の及ぶベき所にあらざるなり。
   
オニド関連サイト最新更新情報
6/22【霊界物語ネット】王仁三郎の道歌集『大本の道』を掲載しました。
6/16【霊界物語ネット】URLを「http:~」から「https:~」に移行しました。
6/15王仁三郎ドット・ジェイピーURLを「http:~」から「https:~」に移行しました。