霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】12/5発売『あらすじで読む霊界物語』(アマゾン楽天ブックス
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

美しくよそおう

インフォメーション
題名:[1-3-11] 美しくよそおう 著者:月の家
ページ:49 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2016-11-28 01:49:41 OBC :B195303c135
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]『東北日記 四の巻』昭和3年9月10日(原題は無題)
 絶世の美人小野小町は、艶麗なる花の姿の老いて萎ゆくを見て、
  花の色は移りにけりな徒らに吾身世にふる眺めせしまに
と和歌に托して嘆いた。どうしても栄枯盛衰のある肉体として、いつまでも二八の花の姿を保つことはできない。すべての人間は年月の経つとともに、花の顔は皺面(しわづら)となり、歯は落ち、肉は痩せ、眼は弱り耳はとおくなり、頭髪は霜をおき、手足の活動力にぶり、見るかげもなく憐れな姿に変わってゆく。その欠点を補って、死するまでも、美なりし時の容姿と気品と威儀を保たしむる唯一の方法手段は、人工的化粧法によるのほかになんの道もないのである。
 人間は人間にたいして、つねに美と愛と清雅の気分を感ぜしむるのは一つの道義であり、敬礼である。しかるに陳腐なる俗的の制裁を信じ、老人がはでな衣服を着用したり、淡白(あっさり)とした薄化粧をすることを、つねに軽侮の眼をもって遇し、はなはだしきは淫乱婆だの、返り咲きだの、雪隠(せっちん)の浸水でばばうきだのとののしるが、これはののしる者の方がまちがっていると思う。人は人との交際場裡にたって、醜悪なる皺面や黒い顔を見せるくらい敬意を欠き、また自分の人格を落下せしめ、対者の心に不快の念を起こさしむるものはない。ゆえに人は、ことに婦人は化粧に十二分の注意をはらって、あくまでもその美を人工的にも保有すべきである。若い間は天然の美が備わっているため、少々くらい化粧を怠っても、あまりに人にたいして不快の念を起こさしむるようなことはすくないが、老人のしわくちゃ面や生地の細かい縞物なぞは、いかにも幻滅の悲哀を感ぜしむる。
 昔から六十の三ツ児といい、六十一歳の還暦を迎えると、子供にかえった象徴として、赤色の賀の小袖を着て祝うのが例となっている。「若やいで我にも可笑し賀の小袖」。
 人間はたとえ肉体は老朽するも、その精霊は不老不死にして、男子は三十歳、女子は二十歳より精霊は永遠に老いないのだから、霊体一致の真諦より考うるも、老人はなるべく美しく化粧をなし、第一にわが本体たる精霊を歓ばせ、もって一生美と愛の生活をつづくるこそ人生の本意であらねばならぬ。しかし老女の不相応な厚化粧は考えものである。
(無題、『東北日記』四の巻 昭和3年9月10日)
   
オニド関連サイト最新更新情報
11/30霊界物語音読霊界物語の音読(朗読)をユーチューブにアップしました。今回追加したのは第1巻と第68~72巻の計6巻分です。「音読まとめ」を見て下さい。
5/1【霊界物語ネット】霊界物語本文中の「ビクトリア」を「ビクトリヤ」に直しました。事情はオニペディアの「ビクトリヤ」の「ビクトリヤとビクトリア」をお読みください。
このページに誤字・脱字や表示乱れを見つけたら教えて下さい。
合言葉「おに」を入力して下さい→