霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第十章

インフォメーション
題名:第十章 著者:
ページ:39 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2018-11-05 02:10:49 OBC :B115009c13
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]神霊界 > 大正9年9月1日号(第125号) > 道の大本(裏の神諭)
〔過ぎ来し方を顧みて〕
一、王仁現世(うつしよ)の明りを見てより、最早三十五歳の年月を送りたり。されどこの(つら)き世の風に翻弄(もま)れつつも、さのみ長かりしとは思はず、夢の如くして過ぎ来りぬ。
二、回顧すれば、王仁、曽我部(そがべ)宮垣内(みやがいち)に産声を挙げてより、何一つこの世の為となることをもなさず。道の為となることをもなさず。ただ天津神の御前に罪を作りしのみ。
三、天のなし玉ふわざか、王仁は至つて貧しき家に生れたりければ、相当の教育を受くる事あたはざりき。されど、天は殊更に憐みたまひし事を感謝するなり。
四、王仁貧しき家に生れたるが為に、世の中のあらゆる辛き苦しみに遭ひて、心胆(こころ)を練り鍛ふることを得たるなり。貧しき人々の苦しみを味ふことを知れり。神の太き功績(いさをし)を知り親の深き恩愛を味ひたるなり。富める家に生れしならんには、(おろか)に神を知らず、吾れはさぞ今頃は罪業(つみ)に亡びしならむ。アア思へば、貧しき家に生れしめたまひし、真の神の有難さよ。
五、今や救ひの旗を飜へして、浪風(なみかぜ)荒ぶ世の中に立ち、天国を地の上に建てんとする時を得たるは、これ王仁が貧しき家に生れし、その賜物なればなり。
六、王仁若かりし時は、雪の(あした)霜の(ゆふべ)に田を耕し、深山(みやま)に分け入りて(たきぎ)()り木の芽を苅り、雨の日には藁仕事、時には父上と共に車などを曳き、星を戴きて家を出で、月を踏んで家に帰ることありし。かくの如くにして二十三歳の年まで(かは)ることなかしりなし。
七、王仁の境遇(すぐせ)()に憐れなるものなりし。されど心の(うち)に抱へたる一條(ひとすぢ)希望(のぞみ)は、常に王仁に笑顔を与へ、楽しみを降して、よく勇ましめたり。
八、二十三歳の夏、初めて父上母上の御許を得て、医師(くすし)の道を学ばむものと、叔母の家に行きて、書生を勤むること満二年に及ぶ。
九、二十六歳の春、初めて牛飼ふ(わざ)、牛の乳を搾りて、生命(いのち)をつなぐ業を興したりき。
一〇、二十七歳の年、悲しきかな、力と思ふ恋しき父上は、幽界(かくりよ)の人とならせ給へり。
一一、アア吾れかくも(いや)しき生業(なりはひ)を忍びてなせるは、全く父上を歓ばし(まつ)らんが為なりしに吾が天職をも打捨てて世の中の生業に交はりしも、父()ませばなり。最早その父に(わか)るいかでか一身一家の為にのみ心を砕くに忍びんやと、ここに初めて救ひの道を開くの心を定めたりしなり。父上の神去(かみさ)りは、実に悲しかりし。されど吾が父の国替(くにがへ)は、吾れをして神の国の勇者(つはもの)として立たしむる、天津神の(なさ)けの(むち)なりしなり。神の深き御恵みを謝し、父の死して吾れに笞うちたまひし、その慈愛を感謝す。
一二、二十八歳の二月十日、皇神(すめかみ)(みこと)もつて勇を振ひ、愛の旗を挙げて、皇大神の正道に躍り入りぬ。
一三、高熊の巌山(いはやま)に籠りて、神の御教を聞き、予言者の(ふみ)を与へられぬ。初めて綾部の予言者を()ひしは、この歳なり。
一四、二十九歳の年、すなはち明治三十二年の七月、招かれて園部より綾部に来り、常にここに根を下し、様々の苦しみを味ひたり。蜂の室屋、(まむし)の室屋に入れられ、また千座(ちくら)の置戸を負ひたりき。それも(まがつ)神に犯されたる偽善者を、根の国より神の御国へ救はんが為。
一五、少しの学問ある為に、愚昧なる(やから)より、外国人なぞと()ひられたり。日本の国には神力、外国は学の国であるから、王仁は外国人なりと、枉津(まがつ)神ともより七八年の間罵しられたり。されど王仁はよく忍びたり。小人(せうじん)の言葉、鼠輩(そはい)の罵り、何事をも無し得ざるを知ればなり。
一六、王仁は常に神の勇によりて忍び、神の愛によりて活き働き、神の(しん)によりて交はり、神の智によりて覚悟したりき。
一七、皇神(すめかみ)の御心を正しく悟るとともに、(あらた)に三十四年前の赤児と生れかはる心地したりき。
一八、惟神(かむながら)(みづ)(みたま)を振ひて、この世の光となり、塩となり、苦き薬とならんと思ひ定めてここに惟神の筆を(ふる)ひて、天津神の御勅(みのり)を書き初めたり。
一九、王仁も永く悪魔の五月蝿(さばへ)なして、誠の道に(さや)りしには、痛く苦しみたりしが、今や時(きた)りて真の神を知るものあるに至れり。半ば(さめ)つつあるに至れり。されどここに勇と智と少し加はらば、思ひのほか早く悟らん。されど枉津神に恐れなば再び迷はん、アア。