霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二章 皇道の本義

インフォメーション
題名:第二章 皇道の本義 著者:出口王仁三郎
ページ:53 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例:2017/9/19校正。 データ最終更新日:2017-11-24 23:03:21 OBC :B121801c11
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]神霊界 > 大正8年4月15日号(第84号) > 皇道我観(二)
 世俗往々にして、我々(われわれ)の宣伝する皇道(こうだう)(もく)して、現代の所謂(いはゆる)十三派の神道(しんだう)宗教(しうけう)と同一視し、(もつ)て神聖なる皇祖(くわうそ)皇宗(くわうそう)の御遺訓を奉釈(ほうしやく)する皇道大本と、宗教との根本的解釈に迷へる(もの)多きは、(じつ)斯道(しだう)(ため)慨嘆(がいたん)禁ずる(あた)はざる所なり。吾人(ごじん)(ここ)に、皇道と神道(しんだう)との区別を略述し、()の誤解を解き、(わが)国体(こくたい)精華(せいくわ)を根元的に明瞭ならしむるの、最大急要事(きふえうじ)たるを自覚する者なり。
 皇道の本義は、(かしこ)くも万世一系の皇統を継承し給ひて、日本(にほん)神国(しんこく)に君臨し、地球上に()ける、(しゆ)()(しん)の三徳を具備し(たま)ふ、天津(あまつ)日継(ひつぎ)天皇(てんわう)が天下を安国(やすくに)(たひら)けく知食(しろしめ)(たま)ふ、乾霊授国(けんれいじゆこく)の御本旨を(たつ)(たま)ふ。御経綸(ごけいりん)神法(しんぽふ)神則(しんそく)を、皇道(くわうだう)(とな)(まつ)るなり。(しか)(しか)して、綾部(あやべ)の皇道大本は、皇祖皇宗の御遺訓を、皇国固有の言霊学(げんれいがく)の上より、将又(はたまた)大本開祖二十七年間の、神諭の御精神より真解を(ほどこ)し、(わが)国民(こくみん)をして、皇道の大本を知悉(ちしつ)せしめむとする、惟神(がむながら)霊府(れいふ)にして、(ただ)ちに皇道実現実行の、首府と()はむは非なり。如何(いか)んとならば、皇道の御実現御実行なる神業(しんげふ)は、(かしこ)くも一天万乗(いつてんばんじよう)の至尊の御天職に()()すが故なり。(わが)臣民(しんみん)たるものは、只々(ただただ)皇道の大精神、大本元(だいほんげん)を会得し、(もつ)上御一人(かみごいちにん)の御天職を(かたじけ)なみ、神国(しんこく)臣民(しんみん)たるの本分を(つく)し、(かみ)皇上(くわうじやう)との洪恩(こうおん)(むく)い、天津(あまつ)(まこと)神教(しんけう)遵奉(じゆんぽう)し、麻柱(あななひ)大道(だいだう)(まも)り、忠良の臣民と()るの心掛けを、片時(へんじ)も忘却すべからざるなり。(えう)するに皇道とは、(かしこ)くも天津(あまつ)日継(ひつぎ)天皇(てんわう)が天下を治め(たま)ふ、御政道(ごせいだう)の意義にして、皇道大本は(その)意義の大本(たいほん)を根本的に奉釈(ほうしやく)し、天下万民をして、皇国(くわうこく)国体の尊厳無比なる真理を了得せしめ、忠孝両全の日本魂(やまとだましひ)涵養(かんやう)し、練磨せしめむとする教庭(けうてい)なり。
 (つつし)んで皇道の根本(こんぽん)、皇祖の御遺訓、皇典古事記の内容を(あん)ずるに、古事記上巻、
 『(これ)(もつ)(まを)したまふ(まにま)に、日子番能(ひこほの)邇々芸命(ににぎのみこと)詔科(おほ)せて、(かく)豊葦原(とよあしはら)水穂国(みづほのくに)(全地球の総称)は、汝知(いまししら)さむ国なりと言依(ことよさ)(たま)ふ。(かれ)(みこと)(まにま)天降(あまくだ)りますべしと(のり)たまひき。
(ここ)日子番能(ひこほの)邇々芸命(ににぎのみこと)天降(あまくだ)りまさむとする(とき)に、(あめ)八衢(やちまた)()て、(かみ)高天原(たかあまはら)(てら)し、(しも)葦原(あしはら)中津(なかつ)(くに)(てら)す神(ここ)()り。故爾(かれここ)に天照大御神、高木の神の(みこと)()ちて、天之宇受売(あめのうづめの)(かみ)()りたまはく、(いまし)手弱女(たわやめ)なれども伊向(いむか)(かみ)面勝神(おもかつかみ)なり。(かれ)(もつぱ)(いまし)()きて()はむは、()御子(みこ)天降(あまくだ)りまさむとする道を、誰ぞ如此(かく)()ると問へと()りたまひき。(かれ)()はせ(たま)(とき)(こた)(まを)さく。(あれ)は国つ神、()猿田毘古(さるたひこの)(かみ)なり。()()所以(ゆえ)天津神(あまつかみ)御子(みこ)天降(あまくだ)りますと()きつる(ゆゑ)に、御前(みまへ)(つか)(まつ)らむとして参向(まゐりむか)(はべ)るぞと(まを)したまひき。(ここ)(あめ)児屋命(こやねのみこと)布刀玉命(ふとだまのみこと)(あめ)宇受売命(うづめのみこと)伊斯許理度売(いしこりどめの)(みこと)(たま)祖命(みおやのみこと)(あは)せて五伴緒(いつともを)(くま)(くは)へて天降(あまくだ)りまさしめたまひき』
 以上古事記の御遺訓は、万世一系の天津(あまつ)日継(ひつぎ)天皇が、世界万国を(たひら)けく(やす)らけく知召(しろしめ)させ(たま)ふ、天理(教育(けういく))人道(政治(せいぢ))の要義、即ち皇道の大本源を示し給へる神勅(しんちよく)にして、幽遠微妙(いうゑんびめう)の神理あり。普通文章的の解釈にては、容易に()の内容の本義を窺知(きち)底本ではルビは「きうち」だが「きち」の間違いであろうする事(かた)く、(ひとへ)(わが)皇国に(さちは)(たす)け、天照(あまて)()ける、言霊(ことたま)の真解に()らざる(べか)らざる神文(しんもん)なり。
 古今(ここん)の大学者、大哲人と(とな)へらるる(はい)は、上文(じやうぶん)天降(あまくだ)ります段を(もつ)て、空中(くうちう)より地上へ(くだ)らせ給ひしと解説し、(あるひ)は亜細亜大陸より渡来の意義ならむなど、誤解したるは、(じつ)憫笑(びんせう)の至りならずや。(じつ)に天津日継の御皇統は、世界人類発生以来、根本的に日本国(につぽんこく)に、(いや)(さか)えに(さか)()()す事実は、皇典古事記の御内容を闡明(せんめい)し、実地(じつち)を踏査する(とき)は、(もつと)も明確に、判明する(こと)()るなり。(いづ)れも(みな)天津日継天皇が、天祖(てんそ)天照大御神の御神勅に()り、世界御経綸(ごげいりん)の要旨を、明示し玉ヘる神文(しんぶん)なり。次に、
於是(ここに)()()ぎし八尺曲玉(やさかのまがたま)、鏡、及草薙劔(くさなぎのつるぎ)(また)常世(とこよ)思兼神(おもひかねのかみ)手力男神(たぢからをのかみ)(あま)岩門別神(いはとわけのかみ)()へ玉ひて()り玉ひつらくは
()の鏡は(もつぱ)(あが)(みたま)として()御前(みまへ)(いつ)くが(ごと)(いつ)(まつ)りたまヘ。次に、思金神(をもひかねのかみ)御前(みまへ)の事を取持(とりも)ちて為政(まをし)たまヘと()りたまひき。
()二柱(ふたはしら)(かみ)は、さくくしろ、五十鈴(いすず)(みや)に、(いつ)(まつ)る。次に登由宇気神(とようけのかみ)()外宮(とつみや)度相(わたらひ)()す神なり。次に天之石門別(あまのいはとわけの)(かみ)(また)()櫛石窓神(くしいはまどのかみ)(また)()豊石窓神(とよいはまどのかみ)とも(まを)す。()の神は御門神(みかどのかみ)なり。次に手力男神は佐那県(さなあがた)()せり』下略(しもりやくす)
 以上の御本文に()るも、皇道の国家経綸(けいりん)を、運用する大基本を示し給へるを()()く、()の大要を奉解(ほうかい)せば、
(一)思兼神(おもひかねのかみ)の本質は、天理(教育)と人道(政治)の本末(ほんまつ)を、(ただ)しく結び定むる活用を保有し玉ひ、
(二)佐久々斯侶伊須受能宮(さくくしろいすづのみや)()ふは、皇祖皇宗の御神勅を()(まつ)りて、天津日継の重要なる経綸を、結び定むる神庭(しんてい)の意義なり。
(三)登由宇気神(とようけのかみ)()ふは、天賦(てんぷ)の国の徳性と、人の徳性の本末(ほんまつ)(ただ)す、活用を保有し(たま)ふ意義なり。
(四)坐外宮之度相神(とつみやのわたらひにふすかみ)(なり)()ふは、国家人心(じんしん)安穏に、天賦(てんぷ)国土(こくど)経綸(けいりん)して、子孫益々(ますます)栄え、天賦(てんぷ)の人の徳性を顕現せしむる活用を、保有し玉ふ()なる(こと)()ふなり。
(五)天之石門別神(あまのいはとわけのかみ)()ふは、世界各国に、国魂(くにたま)相当の分限を守らしむる活用の(いひ)なり。
(六)櫛石窓神(くしいはまどのかみ)()ふは、世界各国が(ひと)しく、(ことな)れる国魂(くにたま)の大造化力の機関たる、活用を保有する(こと)(あら)はす意義なり。
(七)豊石窓神(とよいはまどのかみ)()ふは、天賦の国土の天職と、人の天職を明亮(めいりやう)にして、()の活用を(つかさど)る機関、即ち天地経綸(けいりん)司宰者(しさいしや)たる、人生の本義を(たも)たしむる活用の意義なり。
(八)御門神(みかどのかみ)()ふは、天賦に保有せる気界(およ)動植物(どうしよくぶつ)(とう)の適当なる運用を(さだ)め、天賦の国家経綸の活用を(つかさど)らしむる神業(しんげふ)の意義なり。
(九)手力男神(たぢからをのかみ)()ふは、世界を()め結ぶる所の、智力を(たも)(たま)ふ意義なり。
(十)佐那県座(さなあがたにまします)(なり)()ふは、人が天賦に(うま)(いで)たる、各自の国土を経綸する、性質を保ち()る意義にして、各国ともに国魂(くにたま)相応の天賦に(したが)ひたる、世の活用を結び定むる事の神文(しんもん)なり。
 ()くの如く広大にして深遠なる、厳粛なる、国家経綸の神業(しんげふ)を総称して、皇道とは()ふなり。即ち皇道とは、天津日継(ひつぎ)の教育と天津日継の経綸を()ベ玉ひて、天下を(たひら)かに治め玉ふ、惟神の大道(だいだう)なり。
 ()の皇道、即ち惟神の大道(だいだう)を実行し玉ふ時代には、国に天災地変(てんさいちへん)無く、人畜(じんちく)に病災無く、政争(あと)()ち戦乱(おこ)らず、人に盗欲の心無く、生活に困難を(きた)さず、社会的の不平も無く、生死(しやうし)往来の真理は、(じつ)日月(じつげつ)の如く(あきら)かなるが(ゆゑ)に、男女老幼(とも)に、各自天賦の霊能を発揮して、人生の天職を(まつた)うし、各天賦の幸福を(たのし)みて、天国の生活を()すに到らば、()れ皇道実現の神世(しんせい)なり、極楽の世界なり、天之岩戸開きなり、五六七(みろく)大神(おほかみ)出現の世なり。()孔夫子(こうふし)が『天下(みち)あれば、即ち礼楽(れいがく)征伐(せいばつ)天子(てんし)より()づ。(中略)天下(みち)あれば、即ち庶人(しよにん)議せず』と言ヘるは実に至言(しげん)なりと(いへど)も、(あはれ)むベき(かな)彼等(かれら)の国体は()()くして、実行し()られざる国体なるが故に、(いたづ)らに治乱(ちらん)興廃(こうはい)繰返(くりかへ)しつつ、(その)理想の出現し、()つ成功せし事(いま)だ例なし。(その)所以(ゆゑん)は、地球即ち全世界を統轄する天職を(むす)ばせ玉へる、天子(てんし)即ち天皇は、日本皇国より(ほか)には(をは)(まさ)ざるが故なり。
 実に()の尊厳なる皇道を実現して、世界の師範と成り玉ふべき天皇の御鴻業(ごこうげふ)を、国民一致赤誠(せきせい)(もつ)輔翼(ほよく)(まつ)り、皇運を宇内(うだい)に発揚し(まつ)るは、皇国の国体なり()(おそ)(おほ)くも皇道の実現実行の御天職は、上御一人(かみごいちにん)()らせられ、又日本臣民の一大努力を要すベき重大責任たるなり。(これ)即ち天祐(てんいう)を保全し、万世一系の皇統を保ちて、世界を統轄するを天職と成し(たま)所以(ゆえん)にして、天皇の(みづか)ら主宰し(たま)ふ国家経綸を、皇道と称し(まつ)所以(ゆゑん)なり。
   
オニド関連サイト最新更新情報
6/22【霊界物語ネット】王仁三郎の道歌集『大本の道』を掲載しました。
6/16【霊界物語ネット】URLを「http:~」から「https:~」に移行しました。
6/15王仁三郎ドット・ジェイピーURLを「http:~」から「https:~」に移行しました。