霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四章 没落期に直面した既成宗教

インフォメーション
題名:第4章 没落期に直面した既成宗教 著者:出口王仁三郎
ページ:21 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B121802c105
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]『神の国』昭和7年3月10日
 宗教(しうけう)本来(ほんらい)價値(かち)は、内容(ないよう)(すで)死滅(しめつ)して大殿堂(だいでんだう)のみが(のこ)ってゐる。今日(こんにち)宗教(しうけう)弔祭(てうさい)仏事(ぶつじ)功利的(こうりてき)信心(しんじん)過去(くわこ)惰力(だりょく)命脈(めいみゃく)(たも)つのみ。
 檀家(だんか)(てら)との關係(くわんけい)はあっても、人閒(にんげん)(てら)との靈的關係(れいてきくわんけい)絶縁(ぜつえん)状態(じゃうたい)()かれてゐる。最早(もはや)今日(こんにち)宗教(しうけう)外部的(ぐわいぶてき)改善(かいぜん)(ぐらゐ)では駄目(だめ)だ。所詮(しょせん)復活(ふくくわつ)見込(みこ)みが()たぬ。既成(きせい)宗教(しうけう)教義(けうぎ)信條(しんじゃう)肯定(こうてい)したままの改善(かいぜん)は、表面(へうめん)から如何(いか)立派(りっぱ)でも(つひ)破綻(はたん)(まぬか)れない。(えう)するに既成宗教(きせいしうけう)根本(こんぽん)致命的(ちめいてき)缺点(けってん)があるからだ。大改革(だいかいかく)時期(じき)到来(たうらい)したのだ。
 学者等(がくしゃ)宗教(しうけう)改革論(かいかくろん)はあっても、既成宗教(きせいしうけう)そのものを(あたら)しく解釋(かいしゃく)したまでだから、()きた新宗教(しんしうけう)基礎(きそ)とはならない。幻想的(げんさうてき)迷信(めいしん)くさい(ところ)引張(ひっぱ)()んで求道者(きうだうしゃ)誤魔化(ごまくわ)すといふだけである。 既成宗教(きせいしうけう)(なに)ものにも(とら)はれず、(おもひ)きって不合理(ふがふり)(てん)大膽(だいたん)改善(かいぜん)して現代人(げんだいじん)要求(えうきう)滿()()るべき活宗教(くわつしうけう)建設(けんせつ)(はか)ってゐる、(いな)実行(じつかう)宣布(せんぷ)してゐるのが本教(ほんけう)であって、天下(てんか)唯一(ゆゐいつ)眞宗教(しんしうけう)であるのだ。
 宗教信仰(しうけうしんかう)徹底(てってい)は、()ふまでもなく(かみ)(たい)する確固(かくこ)たる信念(しんねん)にあるが、その(かみ)(また)暗黑(あんこく)存在(そんざい)であってはならぬ。この意味(いみ)(おい)(かみ)正体(しゃうたい)明示(めいじ)する必要(ひつえう)がある。英国(イギリス)のホツブス博士(はかせ)(いは)く「宗教(しうけう)丸藥(ぐわんやく)(ごと)し、()(くだ)くべからず。丸藥(ぐわんやく)鵜呑(うのみ)みにすれば(かう)あり、分析(ぶんせき)して内容(ないよう)()(とき)效力(がうりょく)なし。螢火(ほたるび)暗夜(あんや)には(ひかり)(はな)つ、太陽(たいやう)()らされて(ひかり)(うしな)ふ。人生(じんせい)燈臺(とうだい)たる宗教(いま)生命(せいめい)なし」と。現代(げんだい)既成宗教(きせいしうけう)には知識階級(ちしきかいきふ)なし」それは矛盾(むじゅん)不合理(ふがふり)()たされて、科学的(くわがくてき)権力(けんりょく)(ぜろ)だからである。現代(げんだい)宗教(しうけう)()かし改良(かいりゃう)せしめむとするは死者(ししゃ)醫藥(いやく)(あた)へむとするに(おな)じ。
 檀家(だんか)周圍(しうゐ)手前(てまへ)(つと)めはやって()るが、心底(しんてい)より至心(ししん)禮拜(らいはい)する宗教家(しうけうか)(ごく)(すく)ないのが事実(じじつ)である。自宗(じしう)教義(けうぎ)学説(がくせつ)(たい)しても疑義(ぎぎ)(いだ)いて()ながら、公然(こうぜん)発表(はつぺう)すれば異端者視(いたんしゃし)される(おそ)れがある。教團(けうだん)より排斥(はいせき)されるから沈默(ちんもく)(まも)ってゐる無氣力者(むきりょくしゃ)(おほ)いのだ。お目出度(めでた)底本では「目僕度」連中(れんぢう)精神(せいしん)異常者(いじゃうしゃ)のみの既成宗教(きせいしうけう)だ。
(昭和七、三、一〇号神の国)

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト
オニド関連サイト最新更新情報
11/25霊界物語音読第33~38巻をアップしました。
8/31飯塚弘明.comブログ更新「三鏡解説268 犠牲
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。【メールアドレス
合言葉「おに」を入力して下さい→