霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第六章 時運と解釈

インフォメーション
題名:第6章 時運と解釈 著者:出口王仁三郎
ページ:85 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B121802c118
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]『敷島新報』大正3年8月15日
 天下(てんか)(たひら)かに(をさ)むる(だい)経綸(けいりん)は、(わが)皇祖(くわうそ)皇宗(くわうそう)()(たも)(たま)神道(しんだう)本義(ほんぎ)なる(こと)は、皇孫(くわうそん)への()遺訓(ゐくん)(すなは)古事記(こじき)巻頭(くわんとう)にある、(おほの)安万侶(やすまろ)序文(じょぶん)()りて明白(めいはく)である。(しか)るに千有余(いうよ)年間(ねんかん)(その)真意(しんい)(すこ)しも(わか)らなかったと()ふは、(まこと)不思議(ふしぎ)(こと)であるが、()れは発表(はっぺう)すべき時機(じき)(いま)(いた)らなかったからである。(しか)しながら日本(にっぽん)(こく)が千有余(いうよ)年間(ねんかん)世界(せかい)文物(ぶんぶつ)輸入(ゆにふ)し、その影響(えいきゃう)()けた治乱(ちらん)盛衰(せいすゐ)歴史(れきし)(しるし)(けみ)する(とき)は、(かしこ)くも天皇(てんわう)(おん)玉体(ぎょくたい)(まで)迫害(はくがい)(およ)びたる時代(じだい)遭遇(さうぐう)せるも、万世(ばんせい)(けい)()高徳(かうとく)赫然(かくぜん)として(たも)(たま)ひ、明治(めいぢ)()聖代(せいだい)現実(げんじつ)(きた)りたるは、(まこと)天津(あまつ)日嗣(ひつぎ)()()()(ほか)ならぬのである (しか)るに、日本(にっぽん)(こく)文明(ぶんめい)輸入(ゆにふ)したる外国(ぐわいこく)歴史(れきし)如何(いかん)(かへりみ)れば、(まこと)(あはれ)むべき状態(じゃうたい)(てい)して()るではないか。(ふる)歴史(れきし)()はず、現代(げんだい)文明(ぶんめい)自称(じしょう)して()国情(こくじゃう)は、(おのおの)(つめ)(みが)き、強者(きゃうしゃ)弱肉(じゃくにく)(くら)ふを理想(りさう)として、(つね)(その)機会(きくわい)(うかが)ひつつあるのである。()れを自然(しぜん)原則(げんそく)として(すす)むならば、(じつ)世界(せかい)人類(じんるゐ)は、鳥獣(てうじう)以下(いか)生活(せいくわつ)状態(じゃうたい)現出(げんしゅつ)する(こと)明白(めいはく)である。
 (かしこ)くも万世(ばんせい)(けい)(たも)(たま)明治(めいぢ)天皇(てんわう)は、(じつ)現人神(あらひとがみ)(おは)()すによりて
 (とこ)しへに(たみ)(やす)かれと(いの)るなる
  (わが)()(まも)伊勢(いせ)大神(おほかみ)
御製(ぎょせい)(あそば)させられて、(おほ)御心(みこころ)(むね)とし(たま)()(しめ)(たま)ふ (これ)(すなは)時運(じうん)到来(たうらい)国民(こくみん)(しめ)(たま)(ところ)であると(しん)ぜねばならぬのである。外国(ぐわいこく)にては、現代(げんだい)混沌(こんとん)たるを日本(にっぽん)危機(きき)(しょう)して(その)()()きを刮目(くわつもく)して()るではないか。
 (やう)東西(とうざい)()はず、百(ぱん)学芸(がくげい)()はず、彼等(かれら)足跡(そくせき)()ひて()れりとするならば、()れが五十()(すす)めば()れは百()(すす)み、(いたづ)らに奔命(ほんめい)(つか)れて(つひ)強者(きゃうしゃ)()()(をは)(こと)は、()()るよりも明白(めいはく)なる(こと)である。
 達見(たっけん)せる外国(ぐわいこく)(じん)は、日本(にっぽん)国体(こくたい)()()()()(てき)(かん)(もっ)(つね)注目(ちうもく)しつつあるのである。()有名(いうめい)なる英国(えいこく)(じん)チャンバーレンは、明治(めいぢ)二十(ねん)(ごろ)(すで)日本(にっぽん)神典(しんてん)古事記(こじき)注目(ちうもく)して、研究(けんきう)して()る。(しか)るに日本(にっぽん)(じん)現今(げんこん)(いた)りて(やうや)く一()人士(じんし)(その)()()(くらゐ)で、中流(ちうりう)以下(いか)(ひと)古事記(こじき)()ふと、乞食(こじき)(こと)間違(まちが)へる(くらゐ)に、()意識(いしき)である。(しか)しながら日本(にっぽん)国体(こくたい)は、()群衆(ぐんしう)心理(しんり)(もと)とする国柄(くにがら)とは全然(ぜんぜん)根本(こんぽん)(こと)にし、(まへ)(しる)(まつ)りたる(おほ)御心(みこころ)実現(じつげん)して()(たひら)かに(をさ)(たま)天津(あまつ)日嗣(ひつぎ)(まし)ますゆへに、(ここ)天運(てんうん)循環(じゅんくわん)時機(じき)到達(たうたつ)(とも)に、(みち)本義(ほんぎ)自然(しぜん)明白(めいはく)になり(きた)り、天津(あまつ)日嗣(ひつぎ)精華(せいくわ)光輝(くわうき)世界(せかい)(てら)(たま)ふことは(ちか)将来(しゃうらい)実現(じつげん)すべきを(かた)(しん)ずるのである。
 さて、神道(しんだう)本義(ほんぎ)主体(しゅたい)なる古事記(こじき)は、(すで)本居(もとをり)()の「古事記(こじき)(でん)」に(もっと)詳細(しゃうさい)明説(せつめい)してあるが、この説明(せつめい)所謂(いはゆる)(その)時代(じだい)産物(さんぶつ)であって、現代(げんだい)適切(てきせつ)なる説明(せつめい)(あた)ふるものでない(こと)明白(めいはく)である。(これ)(けっ)して、本居(もとをり)()()批評(ひひゃう)するのでない。吾等(われら)(つね)本居(もとをり)()功労(こうらう)(たい)尊敬(そんけい)して()るが、露骨(ろこつ)()へば、古事記(こじき)(でん)文字(もんじ)解釈(かいしゃく)を、(その)時代(じだい)(あらは)()事実(じじつ)と、伝説(でんせつ)とを総合(そうがふ)したものに()るのであって、(いま)国体(こくたい)精華(せいくわ)発揮(はっき)する活きたる宝典たる資格(しかく)()いのである。
 本居(もとをり)()功労(こうらう)(じつ)偉大(ゐだい)である。(その)必要(ひつえう)なる時代(じだい)(おい)て、(その)自然(しぜん)天意(てんい)(てき)使命(しめい)(つく)されたるものなる(こと)明白(めいはく)なる事実(じじつ)である。が、国体(こくたい)尊厳(そんげん)にして万世(ばんせい)(けい)(たも)(たま)(こと)(あへ)本居(もとをり)()説明(せつめい)()(まで)もなく、古事記(こじき)巻頭(くわんとう)()せたる(やす)()()()序文(じょぶん)仔細(しさい)熟読(じゅくどく)すれば明白(めいはく)解釈(かいしゃく)()るのである。
 (えう)するに、古事記(こじき)全本文解釈(かいしゃく)するには、普通(ふつう)文章(ぶんしゃう)(てき)や、(また)日本(にっぽん)国語(こくご)本源(ほんげん)不明(ふめい)なる時代(じだい)(おい)解説(かいせつ)しては、(その)()遺訓(ゐくん)明白(めいはく)()らざる(こと)()むを()(こと)である。
 古事記(こじき)撰録(せんろく)(しゃ)(やす)()()()明白(めいはく)(その)序文(じょぶん)()(ごと)発表(はっぺう)して()る。
 謹随詔旨。子細採摭。然上古之時。言意竝朴。敷文構句。於字即難。已因訓述者。
 詞不逮心。全以音連者。事趣更長」云々(うんぬん)
(これ)()りて明白(めいはく)である。(じつ)に、人智(じんち)(もっ)(はか)られざる真理(しんり)明細(めいさい)()(たま)ひたる皇祖(くわうそ)()遺訓(ゐくん)なる(ゆゑ)()程度(ていど)(まで)人智(じんち)(すす)(あひだ)は、国体(こくたい)精華(せいくわ)発表(はっぺう)する時機(じき)でないのである。無理(むり)にコジツケると、()古事記(こじき)の「(さん)(だい)(かう)」の(ごと)きものが出来(でき)(かへ)って物笑(ものわらひ)(たね)となるゆへ、(つつし)まねばならぬ。
 現代(げんだい)学者(がくしゃ)諸君(しょくん)は、万歳(まんさい)(ぐう)機会(きくわい)(さい)して人生(じんせい)()けたる(こと)覚知(かくち)し、(おほ)いに努力(どりょく)して、天賦(てんぷ)(めぐみ)(あらは)覚悟(かくご)()たねばならぬのである。
(大正三、八、一五号、敷島新報)
 

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト
オニド関連サイト最新更新情報
8/6王仁DB王仁DBの「書誌リスト」は廃止しました。オニペディアの「書籍」カテゴリをご利用下さい。
8/2霊界物語音読第28~32巻の朗読をユーチューブにアップしました。
7/20飯塚弘明.com二年前にメルマガに連載した「世界大家族制とベーシックインカム」を加筆訂正してブログに掲載しました。
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
合言葉「おに」を入力して下さい→