霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四章 一霊四魂と五情

インフォメーション
題名:第4章 一霊四魂と五情 著者:出口王仁三郎
ページ: 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B130200c04
001一六、直霊
002荒魂(あらみたま)(にぎ)(くし)みたま幸魂(さちみたま)直霊(なほひ)御魂(みたま)真神(かみ)のたまへる
003(ゆう)()と愛と(しん)とは皇神(すめかみ)のさづけたまひし御魂(みたま)なりけり
004天津神さづけたまひし四つの(たま)総べてをさむる直日(なほひ)(みたま)
005暗きあかき遠き近きのへだてなく守らせたまふ直日(なほひ)大神(おほかみ)
006もろもろの曲事(まがごと)けがれ(つみ)とがを祓ひきよむる直霊(なほひ)大神(おほかみ)
007知らずして(をか)せる罪を()り直し聞き直します直日(なほひ)大神(おほかみ)
008大直日(おほなほひ)神の守りのなかりせばこころの鬼は亡びざらまし
009一七、荒魂
010堪へしのび(つと)めはげみて勇ましくすすむは人の荒魂(あらみたま)かも
011あづさ(ゆみ)引きてかへさぬ雄心(をごころ)(もも)事業(なりはひ)遂ぐるもとなり
012ひと(たび)(こら)へしのびは千万(ちよろず)のわざはひを去る力なりけり
013何事も(おのれ)()つの力あらば八十(やそ)曲霊(まがひ)如何(いか)でをかさむ犯さむ
014ここたくの罪やけがれも荒魂(あらみたま)伊都(いづ)の力にきよめられける
015(おほやけ)のためにあらそふ人々は神の御眼(みめ)より罪とはならじ
016一八、和魂
017ちはやふる神と人とにやはらぎて(むつ)びまじはる和魂(にぎみたま)かも
018和魂(にぎみたま)むつみ親しみ神の子のあらそひもなくすすむ神代(みよ)かな
019平和なる人の家庭はうつし()のまま天国のすがたなりけり
020幸福は家内(かない)そろひて(むつ)まじく(くら)すにまさるよろこびはなし
021世の中のすべては区々(くく)の感情の争ひなりせば神にあれ(ひと)
022一九、幸魂
023幸魂(さちみたま)めぐみの(つゆ)は草の葉のかきは常磐(ときは)にうるほひ()せり
024幸魂(さちみたま)めぐみの(つゆ)のふかくして草のかきはも栄えざるなし
025(いつ)さいのものを大事にするといふ心は愛の本源なりけり
026へだでなく人を慰めいつくしむ清き心は神にぞありける
027隣人をあはれむ心を(じん)といふ愛は神なり善は徳なり
028不具者(ふぐしや)をば愛撫(あいぶ)せざれば神の子と生まれし人に非ずとこそ知れ平成13年版ではこの歌は削除されている。
029仁愛の徹底したる真人(まさびと)はみだりに路傍の花さへ踏まず
030よしもなきことに生物(いきもの)殺すなよみな天地(あめつち)身霊(みたま)なりせば
031牛馬(うしうま)も愛善に住む人の()に飼はるる時は()れぬものなり
032放たれし小鳥も(かご)にかへるなり主人(あるじ)の愛の強きがために
033二〇、奇魂
034奇魂(くしみたま)智慧(ちゑ)の光はむらきもの心の(やみ)を照りあかすなり
035奇魂(くしみたま)智慧(ちゑ)の鏡のあかければ()る世のことも写るなりけり
036かむながら神に任せば先見の明智(めいち)おのづから備はるものなり
037千早(ちはや)ふる神より()でし智慧(ちゑ)ならば闇路(やみぢ)行くとも(あやま)つことなし
038天地(あめつち)の神の御言(みこと)をかしこみて(ただ)しき道をさとるべきなり
039二一、省
040皇神(すめかみ)のさづけたまひし()(たま)五情(いつつ)の清き戒律(おきて)たまへり
041天津神よさしたまひし()ごころも省みせずば曲霊(まがたま)となる
042省みる心しあらばすさび来る八十(やそ)曲津(まがつ)もほろびゆくべし
043身になやみ起こらば(われ)をかへりみよ神の心の奥のありかを
044天津日の高くかがやき照るとても戸閉(とざ)せし家は真暗(まくら)がりなる
045むらきもの心の岩戸ひらきなば天津日のごと(たま)かがやかむ
046人の上さばくを知りて()が身をば省みせざる人のおほかり
047(つかさ)には裁かれずとも罪あらば心の鬼はすぐさばくなり
048かくすとも神の戒律(みのり)(おごそ)かに現はれ()づるも声におもてに
049夢にだに忘るるなかれ大神(おほかみ)のおきては()にも厳しきものを
050たまちはふ神のめぐみも戒めもおのが身魂(みたま)の持ち方による
051二二、恥悔畏覚
052勇ましく事は為すとも恥づること知らずば遂に争ひとなる
053恥づること知らずば人と争ひて(けもの)にちかき挙動(ふるまひ)なすなり
054争ひは一日(ひとひ)も早くをさめかし月日(つきひ)()れば真実(まこと)を失ふ
055よし(ひと)に親しむとても悔いること知らずばつひに人に(にく)まる
056あやまちを悔いる心しかたければ(あめ)の下には(にく)むものなし
057人を()でいつくしむとも天地(あめつち)(おそ)るるなくば道にさからふ
058目に見えぬ神は(おそ)れず目に見ゆる物のみ()りする浮世(うきよ)なりけり
059もの学び智慧を研くはよけれども(さとり)しなくば狂ひこそすれ
060二三、曲霊
061神といへば皆かしこしと思ふらむ鬼をろち大蛇あり曲津(まがつ)()もあり
062心魂(たましひ)のくもりし人にもろもろの曲霊(まがひ)うつりて世人(よびと)まどはす
063けがれたる人の身魂(みたま)をよろこびて集ひ来るなり曲津神ども
064われこそは神の(みたま)宮居(みやゐ)ぞと世人(よびと)あざむく曲津()の神
065私欲(わたくし)のために力をつくす人は曲津の神のかがみとぞなる