霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

相応の理

インフォメーション
題名:[2-1-10] 相応の理 著者:出口王仁三郎
ページ:92 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B195303c211
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]『瑞祥新聞』大正14年6月
 現代人は、霊界いつさいの事物と人間いつさいの事物との間に、一種の相応のあることを知らず、また相応のなんたるを知るものがない。かかる無知の原因には種々あれども、その主なるものは、「我」と世間とに執着して、みずから霊界、ことに天界より遠ざかれるによるものである。
 何事をもさしおきてわれと世間とを愛するものは、ただ外的感覚を喜ばし、自己の所欲を遂げしむるところの世間的事物にのみ留意して、かつてそのほかをかえりみず、すなわち内的感覚を楽しまし、心霊を喜ばしむるところの霊的事物にいたつては、彼らの関心せざるところである。彼らがこれをしりぞくる口実にいわく、「霊的事物はあまり高きに過ぎて思想の対境となるあたわず」云々。
 されど古の宗教家また信者は、これにたいして、相応に関する知識をもつていつさい知識中のもつとも重要なるものとなし、これによりて智慧と証覚をえたものである。ゆえに優れたる教えの信者は、いずれも天界との交通の途を開きて相応の理を知得し、天人の知識をえたるものである。すなわち天的人間であつた。
 太古の人民は、相応の理にもとづいて思索すること、なお天人のごとくであつた。これゆえ古古の人は天人と相語るをえたり。またしばしば主神をも見るをえて、その教えを直接にうけたものはたくさんにある。ところが、現代の宗教家にいたつては、この智識まつたく絶滅し、相応の理のなんたるかを知るものほ、宗教各団体を通じて一人もないといつてもよいくらいである。相応のなんたるかを知らずして、霊界について明白なる知識を有するをえない。
 かく霊界の事物に無知なる人間は、また霊界より自然界にする内流の何物たるを知ることはできない。また霊的事物の自然的事物にたいする関係をすら知ることができない。また霊魂と称する人間の心霊が、その身体におよぼすところの活動や、死後における人間の情態に関して、毫も明白なる思想を有することあたわず、いわんやいまなにをか相応といい、またいかなるものを相応となすかさえ、これに答うる者はあるまいと思う。遺憾のきわみである。
(「瑞祥新開」大正11年6月)
   
オニド関連サイト最新更新情報
5/1【霊界物語ネット】霊界物語本文中の「ビクトリア」を「ビクトリヤ」に直しました。事情はオニペディアの「ビクトリヤ」の「ビクトリヤとビクトリア」をお読みください。
3/15オニペディア出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました!
このページに誤字・脱字や表示乱れを見つけたら教えて下さい。
合言葉「おに」を入力して下さい→