霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

創刊の辞と檄

インフォメーション
題名:創刊の辞と檄 著者:大本七十年史編纂会・編集
ページ:351 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B195401c2141
 一九一七(大正六)年一月、「敷島新報・このみち」は改題されて、「神霊界」が発刊された。「敷島新報」の号数をうけついでいるので、「神霊界」の一月号は第四三号となっている。B5版の大きさで三〇頁から四〇頁の内容をなし、はじめは月刊であったが、翌一九一八(大正七)年から月二回、さらに八年から旬刊として、六〇頁~八〇頁くらいのものとなった。
 「神霊界」を発刊して全国的宣教にふみだそうということは、かねがね王仁三郎が意図するところでもあったので、浅野が綾部に移住してきたのを機として着手された。したがって、それはまた浅野が第一になした仕事ともなった。浅野は東大在学中から文学的な方面に関心をもち、大学三年のころから「帝国文学」誌上に自作のものを発表し、卒業後も「新声」という文学雑誌の主筆をしていた経験があったので、「神霊界」の主筆兼編集長を引きうけたのである。だから、内容的にもそれ以前の機関誌とはことなって、めだって充実したものとなった。創刊の辞には「神霊界新たに世に出ず、けだし時の力なり、神の力なり、而してまた人の力なり、吾人は神人両界にわたりて多事なりし大正五年を送り、ここに生気萌え、希望萌え、新緑亦萌えなん(むゆ)の歳の新春を迎へ、読者と共に新たに霊の叫びを交さんとす」とのべられており、萌えいずるような希望が托されている。そして「由来大声は俚耳に入らず、真人はしばしば迫害を嘗む。思ふに本誌の前途は決して平々坦々なる能はじ。されど千百の犠牲も迫害も、誤解も困難も、一たび吾等同人の責任の重大にして、且つ其影響の深甚なるに想到せば、固より歯牙に掛くるに足らざるを覚ゆ」と、その前途の困難が訴えられ、あわせて決意のほどが示されている。
 「神霊界」の第二号には「直霊軍の檄」として、「去る明治廿五年の正月から出口直子という大確言者、大救世者が現はれまして、世界一切の出来事を前知し、之を世人に警告されましたが、一々実現して来て居りますのみならず、今後に来るべき世界の大騒乱、大変革をも日々神諭のまにまに筆にして居られます」という一文が草されており、大本の予言の的中を強調して「我々直霊軍は慨世愛国の至情に駆られて止むを得ず、微弱なる団隊乍らも立って、我皇祖の為、世界の為に一身一家を顧る暇無く大活動を初めました。たとひ世の人々から狂と嘲られ、痴と譏られ、其上種々の迫害に向って戦ひつつ、勝利の都に達する迄は死すとも退却せない覚悟を固めました」と非常の覚悟がのべられている。さらに、今後の日本国の運命、世界の変遷、欧州戦終局後の日本の運命、今後の教育・宗教・実業などの諸問題を提起し、皇道大本は言霊学・神霊学のうえより皇祖皇宗の遺訓を解説し、世界一切のものに真の生命を与え、幽斎により神人合一の妙法を伝授し、難病をも全治しうる惟神の神法をもつ、とよびかけられている。これらによって大本が時代相を反映し、時代とともに、急激に社会的現実にふれはじめてくることがうかがえる。
 「神霊界」の発行所は綾部であるが、これをひろく世にだすために、東京本郷の有朋堂を「神霊界」の大売捌所とした。
 「神霊界」の一月号をみると、それには、皇道大本の「学則」・「信条」・「誓約」が掲載されている。「学則」と「誓約」はこれまでとかわりはないが、「信条」のなかで、大本の開祖は「宇内の大予言者」とあるのを「宇内の救世主」とあらため、「タカマガハラ」を「タカアマハラ」としたり、「大本直日大神に祈らば」を「真の神に祈らば」などと改正しているのが注意される。
 「誓約」は一二ヵ条であったが、その後「神霊界」五月号には、これをつぎのような七ヵ条にあらためた。
第一条 朝は五時に起き先づ身体を清め、東天を拝し次で神前に向ひ、天津祝詞及大本祝詞を奏上し、鎮魂を自修し、人生の天職を自覚すべし。
第二条 夜は神前に拝跪し、感謝祈願並に神言を奏上し、十時必ず寝に就く可し。
第三条 天地を以て経と為し、日月を以て教と為し、終日其業を勤む可し。
第四条 神を敬する如く人を敬し、身を敬す可し。
第五条 我霊性を自覚し、天分を越ゆ不可らず。
第六条 衣食住は総て内国品を用ゐ、且つ質素を守るべし。
第七条 吾人の身魂は総て天地の神の分霊分体なれば、衛生に注意し無病、長寿を祈る可し。
 なお「神霊界」の二月号には「皇道大本の鏡璽劔」として、「皇道大本の本質」につき「皇道大本の基礎は八咫鏡なり。八咫鏡は皇祖の御遺訓なり、神典なり、大日本学なり。されば皇道大本の本質は、神聖なる大哲学なり、皇基発揚の基礎なり。国家経綸の憲法なり、世界和平の源泉なり、人本教育の本源なり、理化発明の中枢なり」と記され、さらに「皇道大本の真髄は日本人の智能の啓発なり。されば皇道大本の発足は、神人一致の経律なり、天地人道の教典なり、経世安民の本律なり、利用厚生の規範なり、経理救済の法則なり、世界国是の基本なり」とのべられている。
〔写真〕
○神霊界 p351
○畑のなかにあった大本役員室の一部 p353
○神諭原稿 ふでさきの原本 p354
 

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト
オニド関連サイト最新更新情報
8/6王仁DB王仁DBの「書誌リスト」は廃止しました。オニペディアの「書籍」カテゴリをご利用下さい。
8/2霊界物語音読第28~32巻の朗読をユーチューブにアップしました。
7/20飯塚弘明.com二年前にメルマガに連載した「世界大家族制とベーシックインカム」を加筆訂正してブログに掲載しました。
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
合言葉「おに」を入力して下さい→