霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

神諭

インフォメーション
題名:神諭 著者:
誌名:神霊界 掲載号:1919/07/15号 ページ:10 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :M192919190715c03
大正八年五月五日
 国常立尊変性女子の手に憑りて、日本の人民守護神に気を附けるぞよ。明治二十五年から出口直の手を借りて世界の総方様、神々様へ知らした事の実地が迫りて来たぞよ。神と申すものは、虫一疋でも助けたいのが心願で在るから、第一に天地を経綸致す司宰者として、斯世に生れて来た日本の人民と、世界の守護神に、一日も早く改心致して神心に立返り、善一と筋の行状を致して下されよと警告たが、何を申しても粗末な出口直の手と口とで知らす事であるから、誰も誠には聞いては呉れず、狂人じや、山子じや、狐狸じやと申して、相手にするものが無りたので、神界の経綸が段々と遅れる斗り、今の世界の此の混乱、是でも黙つて高見から見物いたしてをりて、日本の人民の役が勤まると思ふか。判んと申しても余りであるぞよ。日本は神国と申すが、神国の人民に神国の因縁が分るものが在るか。是が判る人民なら、此の乱れ切つた世界を余所の出来事として見る事は出来よまい。世界の混乱を治めるのは、天の撰民と生れた日本の守護神、人民の双肩にかゝれる大責任であるぞよ。日本人は神の直系の尊とい御子であるから、此の世界を平らけく安らけく安らけく知食し玉ふ、現人神様の御尾前と仕え奉りて、先づ我一身を修め、次に一家を治め、次に郷里を平らかに安らかに治め、国家に対しては忠良無比の神民となり、祖神を敬拝し以て、神国の神国たる所以を天下に示し、範を垂れ、斯の全地球を平らけく安らけく治め玉ふ、天業を輔翼し奉るは、今此の時であるぞよ。それに今の日本の人民は、脚下から鳥がたつ迄袖手で自己主義の行り方を致して、神の申す事は、頭から馬鹿に致して居るから、世界は段々と悪るき事が、日に増に殖えて来る斗りで、神からは目を明けて見て居れんから、永くの間変性男子の手と口とで、改心くと一天張りに申したのでありたぞよ。

大正八年六月三日
 大国常立尊が永く、出口直霊主命の手を借り言を藉りて、世界の事を知らして置たが、斯世界は最早断末魔に近よりて来、昔からの悪神の仕組が、判然と解る時節に成りて来たぞよ。害国の悪神の頭が、昔からの永がい陰謀で、学と智恵と金の力とで、世界中を自由自在に混乱て来て、今度の様な大戦争を起して、世界中の人民を困しめ、人民の心を日増しに嶮悪いたして、自己の目的を立てやうと致し、満五ケ年の間に、トコトンの陰謀を成就いたす考でありたなれど、只一つの日本魂が、悪神の自由に成らぬので、今に種々と手を代え品を代え、目的を立てようと致して、山の谷々までも手配りをいたして居るから、一寸の油断も出来ぬ事に成りたぞよ。
 三千世界の九分九厘と成りて、今に動の取れん事に成りたから、昔からの神界の経綸で、竜宮舘の地の高天原に変性男子と女子とが現はれて、天の大神様の御経綸を昼夜に、声を嗄して叫ばせども、学と智識と金力より外に何も無いと思ひ込で居る、世界の人民で在るから、何程神が気を附けて遣りても、一つも誠に致さぬから、神も助けやうが無いぞよ。此の世の裁判を致す迄に、早く改心致して、身魂を水晶に研いて居らぬと、何時始まるやら人民には判らんぞよ。神は日々に天からも地からも、言霊で知らして居れども、今の人民薩張り悪魔の器になり切りて、言霊の耳が無いから、脚下に火が燃えて来て居るのに気が附かぬから、又た神は日月なり、星にまで変りた事を為て見せて気を附けて居るが、夫れでもまだ判らぬとは、克くも悪神に身魂を曇らされたものじやぞよ。天の大神様が経綸の蓋を御開け遊ばす時節が来たから、モウ改心の間が無いから、斯世に置いて欲しくば、一日も片時も迅く日本魂に立帰りて、神の分霊と申す丈けの行状を致して、天地の大神様へ御詫びを致すが何より結構で在るぞよ。
    O
 撞賢木天照大神様(みろくのおほかみさま)の御命令を戴きて、三千世界の立替の為に、由良川の水上に神代開祖出口守(ヨハネのみたま)が現はれて、清けき和知の玉水に、人の身魂を洗い世を清め、神政成就瑞純霊(キリストのみたま)が、再び地の高天原ヘ現はれて、救ひの舟を造りて待てど、乗りて助かる身魂は千人に一人も六ケ敷今の世の有様、神が誠の事を申せば、今の人民は悪神に迷はされて、日夜勝手気儘の遣り方題、自己主義の者ばかりで在るから、力一杯誠の神の教を詈り嘲り其上に侮り辱かしめ、遂ひには此大本を打ち潰しに、新聞までが掛る様な、暗黒な悪の世で在るから、容易神の申す事は、今の人民は聞きは致さんから、モウ神は一限りと致すより仕様は無いぞよ。五年に満ちた大戦争も首尾能く片付き、世界は平和の栄光に輝き、人民は歓喜乱舞をいたして勇んで居れど、是れも夢の間で在るから、未だまだ大きな戦争が出来て来るから、一日も早く神に縋りて、日本人の行状を致して居らんと、俄に吃驚り致す事が出て来るぞよ。日本も中々安心な処ヘは行かぬぞよ。腹帯を〆て掛れと申すのは、是からの事であるぞよ。木に日が掛り小里の者が騒ぎ出し、一人の小里の反対が、大変な騒ぎに成るぞよ。其他にも種々の市場が立つて、八釜敷なるぞよ。是も時節であるから、落行く所までは落ち行かさねば仕様が無いぞよ。今千騎一騎の活動を致して神界の御用に立たねば成らぬ時機であるのに、未だ気楽な事を申して、大本の中の遣り方を愚図々々申すものが在るが神界の仕組が人間に判と思ふから、慢心いたして小言を申すのであるぞよ。今度は天からの命令を、変性男子と女子との身魂が戴きて致す事であるから、何程利巧な人民でも学者でも判る筈が無いから、素直に致して、神の申す通りに赤子の心で居りて呉れよと、毎時筆先で知らして在ろうがな。神界の事が人民で判ると思ふて居るのが、夫れが慢神と申すもので在るぞよ。慢神と誤解が大怪我の基に成ると申して在ろうがな。早く心を入れ替て我を捨て神の申す様に致さぬと、取返しのならぬ不調法が出来するぞよ。
 播州の上島が神界に深き因縁ありて、瑞の御魂の太古から鎮りて在りた、清らかな霊地であるのに、肝心の者が汚はしい獣の皮や毛で造りたものを持つて参りて汚したから、海上が大変に荒れたのであるぞよ。女子の御詫の徳で一日後れて無事に参拝を許して遣りたなれど、今後はモウ赦さむぞよ。上島は瑞の御霊の許し無しに参りたら大変な事が起るぞよ。肝川の竜神へも勝手に参拝致すと、後になりてから変りた事が身魂に出来て来るから、一寸気を附けておくぞよ。疑ふなら聞かずに行て見よ、其時は何事も無いが後で判る事が出来るぞよ。一度神が申した事は毛筋も違はむぞよ。大OOO部神○○○部チト気を附けて下さらぬと、取返しの成らん事になるぞよ。天災地変は何時の世にも在るものじや、政治、宗教、思想の変遷は、自然の大勢じやと申して油断を致して居ると世の終りの近づきた事が薩張り分らぬ様に成りて了ふて、後で悟悔いたさな成らぬぞよ。天地経綸の主宰者とも言はるゝ人民が、是だけ日に夜に天地から実地を見せて警告しても心の盲目、心の聾斗りであるから、其れで斯世は暗りじやと申すので在るぞよ。今の世界は一且は治まりた如うに、表面からは見えるなれど、神の眼からは日に増しに騒がしく成りて居るぞよ。神の知らす内に、チツトは胸に手を当て考がヘて見ぬと、互に恥かしき事が今に出来いたすぞよ。今の○○(大本)の役員の精神はゴタゴタで在るから、早く改心致してして、小我をほかして、大和心に立帰りて貰はむと、却つて大本の邪魔に成るぞよ。世界統一の神の御用致さな成らん○○(大本)の役員信者で在り乍ら、僅かの人民が寄りて居りて、夫れが統一出来ぬといふやうな次第で、何して神界の誠の御用が勤まると思ふて居るか、判らんと申しても余りで在るぞよ。京都では○の会合所の行り方は、神を松魚節に致す行り方で在るぞよ。村○○の行り方も神の気勘に叶はむから、今の内に改めむと、神から取払ひに致すから、神界から気を附けておくぞよ。此大本は包み隠しの一つも出来ん所であるから、敵味方の区別は致さむぞよ。神の目から見れば、世界に一人も敵は無いなれど、人民が敵に成りたがるので在るぞよ。是からは少しでも間違ふた教を致したり、勝手な行り方を致したら、神界の大変な邪魔に成から、筆先で遠慮なしに気を附けるぞよ。世界は大芝居に譬へて在りたが、三番叟も初段も済みて、二段の幕が開いたから、一日半時も猶予は成らぬから、神は厭なことでも構はずに厳しく警告すぞよ。自己の事斗りを先に致して、神の御用を序に致す位は未だ愚か、神を看板にいたして居る者も大分出来て居るが、今に目醒しを見せて遣るぞよ。

大正八年六月四日
 大国常立尊が昔の神代から、世に落ちて斯世界を守護致し、八尾八頭と鬼と金毛九白面而悪狐の陰謀を、一々残らず探索いたして、帳面に付け留た同様に、明治二十五年から、変性男子の御霊の宿りて居る出口大直日主の命の手と口とで細々と知らしたが、今の人民は学力と智慧と金銀に目が眩みて了ふて居るから、一人も誠に致すものが無りたなれど、モウ天地からの時節が参りたから、悪神の陰謀が日本の上の守護神にも判るやう成りて来たから、物事が迅くなりて、チリヂリ舞を致すぞよ。今の日本の人民は何も知らずに、気楽な事を思ふて居るが、世界の大戦争が平和に治まりたと思ふたら了見が違ふぞよ。日本は是から確りいたさぬと国が潰れて了ふぞよ。日本の国に此神の経綸か昔から致して無りたら、一転に占領て了ふ所なれど、日本には国常立尊が神力の在る生神を眷属に使ふて、水も漏らさぬ深かい仕組が致してあるから、何程世の本からの悪神が、ヱベス大国(エベス大国)や仏や豚児を使かふて、神国を色々の手段を廻らして攻めて来ても、艮の金神の守護いたす限り、坤の金神の宿りた肉体の続く限りは、九分九厘までトントン拍子に行らしてをいて、一厘の所で手い掌を覆へして、日本へ手柄を致させて、世界中の人民を助けて、眼を覚して遣る仕組であるから、日本の人民なら一日も早く改心いたして、神の軍人となり、神政成就の御用に立つ様に致さねば、折角日本人と生れさして貰ふた功能が無いではないか。永らく掛りた悪神の陰謀は、山の谷々から海の底まで、一厘の隙間も無い程、手配ばり致して居るから、到底人民の力では静める事は出来は致さんから、今度は神が表へ現はれて、瑞の御魂で止どめを刺して、天地の神々様は申すに及ばず、世界中の守護神にも人民にも、実地の神力を見せて、改心をさして与るぞよ。瑞の霊の大化物が天晴れ世界へ現はれるやうに成ると、世界の人民の顔の色が変りて来るぞよ。眼も明けて居れぬ様なことがあるぞよ。鼻も利かぬやうになり、口も開た限りに立往生いたす如うな事に成りて来るぞよ。一度神が知らした事は、何しても出て来るぞよ。神は一言半句も嘘は申さんが、何をいふても広い天地の間の事を知らすのであるから、小さい人民の心には這入り兼るから、人民は浅く感得て折角の神から掛られた綱に外づれる者が沢山に出来てくるから、夫れでは可愛想なから、何時までも同じ事をクドウ気を付けるので在るぞよ。世界はまだまだ混雑が出て来るから、日本の人民も守護神も、確かりと腹帯を占て居らぬと、俄の時化で吃驚いたして、船が何方へ覆へるやら知れんぞよ。

(「神霊界」大正八年七月十五日号)
 

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト

霊界物語ネットに掲載するテキストの作成や校正を手伝っていただける方を募集しています!
まだまだ王仁三郎文献はたくさんありますので、手伝っていただけると嬉しいです。
メールでご連絡ください。oni_do@ybb.ne.jp
オニド関連サイト最新更新情報
3/10IME辞書データ王仁三郎IME辞書を更新しました。約70語追加されています。
12/17霊界物語音読第11~13巻をユーチューブにアップしました。再生リストはまとめサイトにまとめてあります。
9/8飯塚弘明.comブログ更新。「三鏡解説」を011まで載せました。目次はこちら
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
合言葉「おに」を入力して下さい→