霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第五章 同志打(どうしうち)〔五三一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第13巻 如意宝珠 子の巻 篇:第1篇 勝利光栄 よみ:しょうりこうえい
章:第5章 同志打 よみ:どうしうち 通し章番号:531
口述日:1922(大正11)年03月16日(旧02月18日) 口述場所: 筆録者:谷村真友 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年10月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
どうも奇妙なことが続くので、岩彦を中心にウラル教の宣伝使たちは会議を開いた。そして、すぐ側に寝ている日の出別宣伝使をチャンスとばかりに襲おうとする。
しかし鷹彦は反対し、三五教に降参するべきだ、と異論を唱える。一同は、先ほどみなが同じ夢を見て、その中に三五教の回し者が一人潜伏していると出ていた、と口々に怪しみ出す。
鷹彦は自ら、自分がその宣伝使だとほのめかす。一同は鷹彦に詰め寄るが、鷹彦は今まで気がつかなかった仲間たちを笑っている。
ウラル教の宣伝使たちは鷹彦に殴りかかるが、鷹彦はひらりと身をかわし、同士討ちになってしまう。いきり立ったウラル教徒たちは、暗闇の中でますます同士討ちをしたり、木にぶつかったりしている。
鷹彦は姿を現して、自分の背中に羽が生えているのを見せ、羽ばたきして見せた。ウラル教の宣伝使たちは恐れおののいて、ついに三五教への降伏と改心を誓うに至った。
このとき闇の中より、傍らの茂みのなかから涼しい声で宣伝歌が聞こえてくる。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm1305
愛善世界社版:66頁 八幡書店版:第3輯 56頁 修補版: 校定版:67頁 普及版:28頁 初版: ページ備考:
001 (あま)()()(ひら)いて半円(はんゑん)(つき)(やや)西天(せいてん)にかすかに(かがや)(はじ)めた。002一同(いちどう)(かほ)誰彼(たれかれ)区別(くべつ)のつくまで判明(はつきり)して()た。
003岩彦(いはひこ)『オー、004(ひさ)()りでお月様(つきさま)のお(かほ)拝観(はいくわん)することが出来(でき)た。005()れだから時節(じせつ)()たねばならぬものだと何時(いつ)()ふのだよ』
006梅彦(うめひこ)今日(けふ)(めう)()だ、007鶴山丸(つるやままる)()出別(でわけ)宣伝使(せんでんし)()ふ。008今晩(こんばん)はまた(つき)(かほ)(ひさ)しぶりで()る。009竜宮(りうぐう)(ひと)(じま)(わた)つてから、010日月(ひつき)(そろ)うて()たのは(めづ)らしいことだ』
011岩彦(いはひこ)『オイ、012(なん)だか(おれ)胸騒(むなさわ)ぎがする(やう)だ。013(みな)()きて(すわ)らぬかい。014(ひと)臨時(りんじ)議会(ぎくわい)開会(かいくわい)するから』
015音彦(おとひこ)『ナニ、016岩彦(いはひこ)議長(ぎちやう)提案(ていあん)一体(いつたい)(なん)だい。017吾々(われわれ)はあまり(なが)(あひだ)(うみ)(うか)んで()揚句(あげく)018大陸(たいりく)強行的(きやうかうてき)にテクツて()たものだから、019(あし)(ぼう)(やう)になつてしまつた。020(よこ)になつたまま開会(かいくわい)をしてもらへないかな』
021岩彦(いはひこ)(よこ)でもかまはないが、022(しか)()れには一寸(ちよつと)(いは)因縁(いんねん)があるのだ。023まさかの(とき)になつたら、024貴様(きさま)不利益(ふりえき)だらう。025只今(ただいま)より(いよいよ)(つき)()たのを(さいは)い、026マラソン競走(きやうそう)選手(せんしゆ)となつて、027フサの(みやこ)まで速力(そくりよく)倍加(ばいか)突貫(とつくわん)するのだよ』
028亀彦(かめひこ)『ソラ(なん)だ、029(あま)りの緊急(きんきふ)動議(どうぎ)ぢやないか』
030岩彦(いはひこ)(おほ)きな(こゑ)()ふない、031その(むか)ふの()(かぶ)をそつと(のぞ)いて()よ。032()るぞ()るぞ。033(おほ)きな(こゑ)咆哮(ほうこう)すると覚醒(かくせい)状態(じやうたい)になられては大変(たいへん)だ。034それ(いま)そこに()(やつ)(ふね)(なか)()()出別(でわけ)宣伝使(せんでんし)だ。035此奴(こいつ)()()まさぬ(うち)(しり)()をかけて、036急速力(きふそくりよく)進行(しんかう)するか、037(ただ)しは停船(ていせん)のまま四方(しはう)八方(はつぱう)より包囲(はうゐ)攻撃(こうげき)をやるか、038(ふた)つに(ひと)つの議案(ぎあん)だ。039サア即決(そくけつ)だ』
040鷹彦(たかひこ)『マア、041ソンナ(こと)即時(そくじ)否決(ひけつ)だ。042否決(ひけつ)(ついで)本当(ほんたう)(てき)(たい)する秘訣(ひけつ)吾輩(わがはい)提出(ていしゆつ)するから、043汝等(なんぢら)()審議(しんぎ)鄭重(ていちよう)にするのだ。044とても吾々(われわれ)(はん)ダースの人間(にんげん)一斉(いつせい)射撃(しやげき)をやつた(ところ)で、045クルップ(はう)火縄銃(ひなはづつ)(もつ)(むか)(やう)なものだ。046勝敗(しようはい)(すう)(すで)(けつ)す、047(むし)白旗(はくき)(かか)げて降伏(かうふく)出掛(でか)ける(はう)安全(あんぜん)()からう。048くだらぬ(こと)貴重(きちよう)生命(せいめい)(おと)すのは馬鹿(ばか)骨頂(こつちやう)だ。049(たれ)()()(たたか)つた(ところ)彼奴(あいつ)職務(しよくむ)忠実(ちうじつ)(やつ)感心(かんしん)だと()うて共鳴(きようめい)するものは、050この(くら)がりの時節(じせつ)一人(ひとり)半人(はんにん)もあるものぢやない。051共鳴(きようめい)するのは(はか)団子(だんご)でも泥棒(どろばう)しようと(おも)つて(からす)()(くらゐ)だ。052それも哀悼(あいたう)意味(いみ)でなくて自分(じぶん)食料(しよくれう)()(うれ)()きだから、053ホントウにつまらないぢやないか』
054岩彦(いはひこ)不相変(あひかはらず)弱音(よわね)()(やつ)だなア。055人間(にんげん)()ふものは神様(かみさま)模型(もけい)ぢやないか、056神様(かみさま)はソンナ(けつ)して弱音(よわね)()くものぢやないよ』
057鷹彦(たかひこ)(また)もや(つき)(かく)れたぢやないか。058(にげ)ようと()つたつて(この)曇天(どんてん)足許(あしもと)泥溝(どぶ)もはつきりと(わか)らず、059丁度(ちやうど)灰色(はいいろ)(かや)(なか)道中(だうちう)するやうな有様(ありさま)だから、060何時(いつ)(あし)をさらはれるか(わか)つたものぢやない。061(おも)()りの(わる)(やつ)だナア。062アーメニヤヘ一体(いつたい)(かへ)つた(ところ)で、063盤古神王(ばんこしんわう)のウラル(ひこ)()られるか()られぬか心許(こころもと)ないではないか』
064亀彦(かめひこ)『ウン、065(おれ)もソンナ(ゆめ)()たよ、066心配(しんぱい)だ。067(しか)岩彦(いはひこ)宣伝使長(せんでんしちやう)は、068化物(ばけ)(した)(うへ)()せられて()つて、069()んだり、070()いたり、071イヤもう目茶苦茶(めちやくちや)()()はされて()よつた。072(ゆめ)にも色々(いろいろ)あつて神夢(しんむ)073霊夢(れいむ)074正夢(せいむ)075凶夢(きようむ)076雑夢(ざつむ)()(こと)があるから(あて)にはならないが、077どうせ頑固(ぐわんこ)一片(いつぺん)(をとこ)だからあの(ゆめ)霊夢(れいむ)になるかも()れぬ。078()(どく)なものだワイ』
079一同(いちどう)『ウン俺達(おれたち)もその(ゆめ)()たのだ。080()うして四人(よにん)(おな)(ゆめ)一度(いちど)()ると()ふのは、081屹度(きつと)霊夢(れいむ)だよ。082オイオイ愚図々々(ぐづぐづ)して()ると内裏(うちうら)(てき)侵入(しんにふ)潜伏(せんぷく)して()るかも()れないぞ』
083岩彦(いはひこ)吾々(われわれ)一行(いつかう)六人(ろくにん)(なか)三五教(あななひけう)(やつ)(まじ)つて()ると()ふのか。084ソンナ馬鹿(ばか)(こと)があるものかい』
085音彦(おとひこ)『ヤー(なん)とも()はれぬよ』
086鷹彦(たかひこ)『オツト(たか)(こゑ)では()はれぬが、087ナンデも(はね)()えて(ちう)()(やう)()(をとこ)が、088三五教(あななひけう)間諜(まはしもの)俺達(おれたち)仲間(なかま)這入(はい)つて()ると()(こと)だよ。089(げん)(ゆめ)(なか)に「(おれ)はかうして貴様(きさま)一緒(いつしよ)にウラル(けう)(はい)つて、090その(じつ)三五教(あななひけう)だ。091(ひと)(じま)宣伝(せんでん)不成功(ふせいこう)(をは)つたのも飯依彦(いひよりひこ)気脈(きみやく)(つう)じて()つたからだ」と、092(ゆめ)(なか)自白(じはく)()つた(やつ)があるのだもの』
093三人『俺等(おれたち)(ゆめ)でその(とほ)()いて()る。094サア行掛(ゆきがけ)駄賃(だちん)此奴(こいつ)をやつつけておいて、095それからマラソン競走(きやうそう)だ』
096音彦(おとひこ)『コラ鷹公(たかこう)097白々(しらじら)しい、098貴様(きさま)(なん)だ。099(あく)(たくみ)露顕(あらは)(くち)100のつ(ぴき)ならぬ(ゆめ)(つげ)101どうぢや白状(はくじやう)(いた)して降参(かうさん)するか、102()げようと()つたつて、103もう駄目(だめ)だぞ。104吾々(われわれ)五人(ごにん)閉塞隊(へいそくたい)港口(こうこう)(かた)封鎖(ふうさ)した以上(いじやう)は、105潜水隊(せんすゐたい)だつて無事(ぶじ)脱出(だつしゆつ)する(こと)出来(でき)やしないぞ。106サア白状(はくじやう)せないか』
107鷹彦(たかひこ)『アハヽヽヽ、108オホヽヽヽ、109エヘヽヽヽ』
110一同(いちどう)(なん)だ、111(ゆめ)(なか)化物(ばけもの)()うな(こゑ)()しよつて』
112鷹彦(たかひこ)(めくら)宣伝使(せんでんし)113馬鹿(ばか)()つても貴様等(きさまら)(やう)(やつ)(めづら)しい。114天下(てんか)一品(いつぴん)115秀逸(しういつ)馬鹿(ばか)だ。116(おれ)貴様(きさま)()ふごとく(じつ)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)だ。117瀬戸(せと)(うみ)(ひと)(じま)(なが)らく()つたものだが、118手段(てだて)(もつ)貴様等(きさまら)仲間(なかま)藻繰込(もぐりこ)み、119(すべ)ての計画(けいくわく)熟知(じゆくち)()るこの(はう)120(おれ)(くらゐ)のものが看破(かんぱ)出来(でき)(やう)なものではウラル(けう)駄目(だめ)だ。121アハヽヽヽ、122オホヽヽヽ、123イヒヽヽヽ、124イヽ(つら)(かは)だ、125いぢらしいものだナア』
126岩彦(いはひこ)()はして()けば悪言暴語(あくげんばうご)乱射(らんしや)127もう(この)(うへ)不言実行(ふげんじつかう)だ。128オイ(みな)(やつ)129()ちのめせ、130大将軍(たいしやうぐん)命令(めいれい)だ』
131『ヨシ』
132(こた)へて一同(いちどう)(こぶし)(かた)鷹彦(たかひこ)面上(めんじやう)()がけて力限(ちからかぎ)りに打下(うちおろ)せば、133鷹彦(たかひこ)はヒラリと(たい)をかはした。
134梅彦(うめひこ)『アイタタ アイタタ、135コラコラ鷹彦(たかひこ)136おれをどうするのだ。137此奴(こいつ)中々(なかなか)ひどい(こと)をしよるぞ。138アイタタ アイタタ』
139 (くら)がりまぎれに鉄拳(てつけん)(あめ)()らして()る。140鷹彦(たかひこ)二三間(にさんげん)はなれた(ところ)より、
141鷹彦(たかひこ)『アハヽヽヽ、142(めくら)同志(どうし)同志(どうし)()ち、143ドシドシと喧嘩(けんくわ)をやれ、144この(はう)高処(たかみ)見物(けんぶつ)だ』
145梅彦(うめひこ)『オイオイ(みな)(やつ)146(おれ)(あたま)(ひど)()になぐりよつて、147チツト心得(こころえ)ぬかい。148味方(みかた)()つと()(こと)があるものかい』
149音彦(おとひこ)千騎一騎(せんきいつき)戦場(せんぢやう)(むか)つて(しのぎ)(けづ)るに、150誰彼(たれかれ)用捨(ようしや)があらうか。151(あた)るを(さいは)ひ、152なぐり、153張倒(はりたふ)し、154勝鬨(かちどき)あぐるは(またた)(うち)
155鷹彦(たかひこ)『アハヽヽヽ、156面白(おもしろ)面白(おもしろ)い、157悪神(あくがみ)のする(こと)(みな)ソンナものだよ。158もつとやれもつとやれ』
159音彦(おとひこ)『エーかもふない、160(いま)(かたき)()つてやる。161オイ(みな)(もの)162(なん)でも(うしろ)(はう)(こゑ)がしたぞ。163突喊(とつかん)々々(とつかん)
164 ワーツと(とき)(つく)つて(こゑ)する(はう)進撃(しんげき)する。165(しげ)みの(もり)()(みき)前額部(ぜんがくぶ)衝突(しようとつ)させパチン、
166『アイタタ、167イヽヽイータイ、168ヤー鷹彦(たかひこ)(やつ)169中々(なかなか)(かた)(からだ)をしてゐよる。170何だ此奴(こいつ)()(みき)だ、171大木(たいぼく)だ』
172 鷹彦(たかひこ)(からだ)をすくめながら、173(やみ)にすかして五人(ごにん)蠢動(しゆんどう)するのを見済(みす)まし(つゑ)(もつ)(あたま)(おも)(ところ)()がけてそつと(たた)く。
174音彦(おとひこ)『ヤア()()るオイ、175此処(ここ)此処(ここ)だ』
176『ヤアさうか』
177四人(よにん)(こゑ)する(はう)()あてに鉄拳(てつけん)乱下(らんか)した。178音公(おとこう)四人(よにん)荒男(あらをとこ)身体(からだ)一面(いちめん)乱打(らんだ)されて、
179『アイタタアイタタ、180アヤマツタ、181()()て、182(ちが)ふぞ(ちが)ふぞ』
183一同(いちどう)(ちが)ふも(くそ)もあつたものか。184この()(およ)んで卑怯(ひけふ)未練(みれん)()口上(こうじやう)185(はな)すな(みな)(やつ)186のばせのばせ』
187音彦(おとひこ)(おと)ぢや(おと)ぢや』
188一同(いちどう)(おと)がする(ほど)(たた)けとぬかすのか、189ヨシ御註文(ごちゆうもん)(どほ)りなぐつてやらう』
190 鉄拳(てつけん)(おと)一層(いつそう)激烈(げきれつ)となつて()た。191鷹彦(たかひこ)二三間(にさんげん)(そば)にヌツと()つて、
192鷹彦(たかひこ)『アハヽヽ、193オホヽヽ、194イヒヽヽ、195(たか)チヤンは此処(ここ)だよ。196同志打(どうしう)ちの先生(せんせい)197(めくら)先生(せんせい)198(いま)()(なか)丁度(ちやうど)ソンナものだよ。199(たがひ)味方(みかた)同士(どうし)200兄弟(きやうだい)同士(どうし)201親類(しんるゐ)同士(どうし)202同士打(どうしう)ちをやつて()る。203貴様等(きさまら)もウラル(けう)精神(せいしん)遺憾(ゐかん)なく発揮(はつき)して満足(まんぞく)だらう。204(むかし)常世(とこよ)会議(くわいぎ)武装(ぶさう)制限(せいげん)(おこな)はれて、205羽翼(うよく)()られて退化(たいくわ)した人間(にんげん)が、206アベコベに羽翼(うよく)()くなつて不自由(ふじゆう)身体(からだ)になつて、207それを進化(しんくわ)したと()つて(よろこ)ぶやうな代物(しろもの)だから不便(ふべん)なものだ。208オイこの(たか)チヤンはその()(ごと)羽翼(うよく)()つて(たか)(とほ)空中(くうちう)自由自在(じいうじざい)だ。209(ひと)()んで()せて()らうかい』
210()ひながら、211一丈(いちぢやう)もある(つばさ)(ひろ)げてバタバタと()ばたきをして()せる。
212一同(いちどう)『ヤア此奴(こいつ)天狗(てんぐ)化物(ばけもの)だ。213モシモシ天狗様(てんぐさま)214(えら)見損(みそこな)ひを(いた)しましたが、215天狗様(てんぐさま)216どうぞ生命(いのち)(ばか)りはお(たす)(くだ)さいませ』
217鷹彦(たかひこ)三五教(あななひけう)宣伝歌(せんでんか)(うた)ふか』
218一同(いちどう)『ハイハイ、219(をし)へて(くだ)されば(うた)ひます』
220鷹彦(たかひこ)『ウラル(けう)()めるか』
221一同(いちどう)『やめますやめます』
222 この(とき)暗中(あんちう)より何人(なにびと)とも()れず、223(すず)しき宣伝歌(せんでんか)(やみ)()うて、224(かたはら)()(しげ)みより(きこ)()たりけり。
225大正一一・三・一六 旧二・一八 谷村真友録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
6/22【霊界物語ネット】王仁三郎の道歌集『大本の道』を掲載しました。
6/16【霊界物語ネット】URLを「http:~」から「https:~」に移行しました。
6/15王仁三郎ドット・ジェイピーURLを「http:~」から「https:~」に移行しました。