霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三章 皇国伝来の神法

インフォメーション
題名:第三章 皇国伝来の神法 著者:出口王仁三郎
ページ:144 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B121801c23
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]神霊界 > 大正7年5月1日号(第61号) > 帰神に就て(一)
   (一)
 皇国伝来(でんらい)の神法たる、帰神(きしん)妙法(めうはふ)(つい)て、(すこ)しく説明を試むる(かんが)へでありますが、先決問題として(かみ)とは如何(いか)なるものであるかという(こと)を、()べねばなりませぬ。物質的(ぶつしつてき)文明にのみ心酔(しんすゐ)せる現代(げんだい)人は十(ちう)の八九まで、神様(かみさま)(もう)せば、(ただ)一言の下に、迷信(めいしん)だとケナシテ(しま)ふ癖があります。宇宙の太霊とか、宇宙の精神(せいしん)とか、不可思議(ふかしぎ)力とか、大極とか、真如(しんによ)とか、宇宙の大本体(だひほんたい)とかいふやうな名称を()けると迷信(めいしん)でなくて、神様(かみさま)といへば迷信(めいしん)(おも)(ひと)が、()(なか)(おほ)いやうであります。(しか)(わたし)神国(しんこく)(うま)れ、神国(しんこく)(かみ)(つか)へ、神国(しんこく)大君(おほきみ)(つか)へ奉り、神国(しんこく)(あは)頂戴(ちやうだい)して()以上(いじやう)は、神様(かみさま)(こと)神様(かみさま)申上(まをしあげ)げても、(べつ)迷信(めいしん)だとは考えませぬ。
 光格天皇(かうかくてんのう)(さま)の御製にも
  神様(かみさま)(くに)(うま)れて神様(かみさま)(みち)がいやなら外国(ぐわいこく)()
(あふ)せられて在ります以上(いじやう)は、飽く(まで)も、神様(かみさま)の御道を遵法いたさねば、日本神国(しんこく)に安住さして(いただ)資格(しかく)()きものと、(かた)(しん)ずるので在りまして、敬神(けいしん)尊王(そんのう)愛国(あいこく)(ため)に、至聖を日本国家(こくか)につくすは日本神民(しんみん)天賦(てんぷ)の職責である(こと)は、論をまたぬ次第(しだい)であります。
 日本古来(こらい)(かみ)の称呼には、左の四大別があります。(これ)具体的(ぐたいてき)に略解すれば、
  一、幽の幽(いうのいう)神……()()()
  ニ、幽の顕(いうのけん)神……()()()
  三、顕の幽(けんのいふ)神……地成彌凝(ななやこ)
  四、顕の顕(けんのけん)神……足諸地夜出(とももちよろづ)
と四種に区別(くべつ)があります。
   (ニ)
 『幽の幽(いうのいう)神』と(まを)しますのは、無限(むげん)絶対、無始(むし)無終(むしう)の宇宙の大元霊(だいげんれい)、大妙体の(こと)でありまして、皇典古事記(こじき)には、天御中主神と奉称し、並びて高皇産霊(たかみむすび)神皇産霊(かみむすび)のニ霊を合一(あわ)し、三神(さんしん)即一神の幽神であります。古典に、独神而(すになりまして)隠身(かくれみ)(なり)とあります。(すなは)ち独一真神、宇宙の大本元神様であります。(えき)のいはゆる太極(たいきよく)、仏のいはゆる真如(しんによ)基督(きりすと)のいはゆるゴッドまたはゼウス、漢人のいはゆる天帝(てんてい)、或ひは上帝(じやうてい)(とう)は、皆この天之御中主神(あめのみなかぬし)(こと)であります。(ゆゑ)に此大神は至真、至善、至美、円満(ゑんまん)具足(ぐそく)(かみ)意義(いぎ)であります。世界一般(いつぱん)(つう)じて(かみ)(まを)すのは、無声無形の幽の幽(いうのいう)にます神様(かみさま)をさすのであります。
 『幽の顕(いうのけん)神』と(まを)(たてまつ)るは、天之御中主大神(あめのみなかぬしのおほかみ)の御精霊(せいれい)体を完備し、(ここ)に『霊系祖神(いざなぎ)』『体系祖神(いざなみ)』ニ神を顕現され、天上の主神(すしん)と産出給ひし、光華明彩六合に昭徹し(たま)ふ御皇祖(くわうそ)天照(あまてらす)大御神、並びに素盞嗚(すさのおを)神様(かみさま)御事(おんこと)でありまして、天上の主権は、皇祖(くわうそ)天照(あまてらす)大御神様(かみさま)に帰し、地上(ちじやう)の主権は皇祖(くわうそ)素盞嗚(すさのおを)神に帰したのであります。(ここ)(はじ)めて神界成就(じやうじゆ)の端緒が(ひら)けたのであります。(ゆゑ)吾人(ごじん)は万世一系、天壌(てんじやう)無窮(むきう)の我天津(あまつ)日嗣(ひつぎ)天皇(てんのう)の御祖先(そせん)たる、天照(あまてらす)大御神(おほみかみ)第一(だいいち)尊敬(そんけい)することを(わす)れてはなりませぬせぬ。吾人(ごじん)神人(しんじん)合一(がういつ)の妙境に()り、天地(てんち)真象(しんしやう)(きは)めんとして、幽斉(いうさい)研究(けんきう)するにも、第一番(だいいちばん)にこの天照(あまてらす)大御神の幽許を()けねば、如何(いか)に一心不乱に修行(しゆぎやう)(いた)しましても、成功(せいこう)出来(でき)ぬのであります。
 『顕の幽(けんのいふ)神』と(まを)しますのは、大地球(だいちきう)成就(じやうじゆ)(ため)に顕現され、国土(こくど)修理(しうり)固成し、神人(しんじん)安住の基礎を(さだ)めて、地上(ちじやう)幽界(いうかい)(まも)り玉ふ神霊でありまして、国祖国常立尊(くにとこたちのみこと)豊雲野尊(とよくもぬのみこと)(また)一度(いちど)現世(このよ)にその肉体(にくたい)を表現された神様(かみさま)であります。(えう)するに幽の顕(いうのけん)神は、天上の霊界を主宰し給ひ、顕の幽(けんのいふ)神は、地上(ちじやう)幽界(いうかい)を主宰し(たま)ふ神々の(こと)であります。『顕の顕(けんのけん)神』は、天先ず(さだ)まり地成つて後、天照(あまてらす)大御神の御神勅(ごしんちよく)()り、豊葦原(あしはら)瑞穂(みづほ)国(地球上(ちきうじやう))の主として、天(くだ)り給ひし、皇孫邇々岐尊(すめみまににぎのみこと)様を(はじ)め、歴代の日本国に主師親の三(とく)を具有して、君臨あらせらるゝ現人神に()しますので、畏(おほ)くも、我 天皇(てんのう)陛下(へいか)は、天照(あまてらす)大御神の御子(みこ)孫で、顕の顕(けんのけん)神に()しますのであります。(ゆゑ)に斯の日本国の天皇(てんのう)様に刃(むか)ふ所の国は、滅亡(めつばう)すべき神代の神誓(しんせい)神約(しんやく)があるのであります。又(かか)(たふと)き現人神様(かみさま)たる天皇(てんのう)様に、微塵(みぢん)(ほど)でも不敬不忠の精神(せいしん)()つて()つたならば、皇祖(くわうそ)の大神様(かみさま)は、大変(たいへん)な懲罰を(くだ)し玉ふは当然(たうぜん)であります(ゆゑ)に至厳至重なる神法、幽斉(いうさい)修行(しゆぎやう)を希望するならば、第一(だいいち)天照(あまてらす)大御神の御幽許を()けねばならぬと同時(どうじ)に、其(ひと)が無二の敬神(けいしん)家、無二の尊王(そんのう)家、無二の愛国(あいこく)者でなければ、絶対に資格(しかく)がないと()(こと)承知(しようち)して戴きたいのであります。
 ()て天上の神界にては、天照(あまてらす)大御神様(かみさま)主神(すしん)(あふ)ぎて、八百万(やほよろづ)天津(あまつ)(かみ)が政事を輔佐奉仕(ほうし)され、又地上(ちじやう)の神界では、国祖国常立尊(くにとこたちのみこと)主神(すしん)(あふ)ぎて、八百万(やほよろづ)の国津神が奉仕(ほうし)されるが(ごと)く、顕界にても皇孫尊(すめみまのみこと)様なる、我天津(あまつ)日嗣(ひつぎ)天皇(てんのう)(つか)(まつ)る所の文武の百官が、顕の顕(けんのけん)神として、国家(こくか)(ため)に活動して()られます(こと)を、承知(しようち)(いた)さねばならぬのであります。職原抄にも、四部官の制定が(しる)されて、長官(ちやうくわん)をカミ、次官をスケ、判官をジョウ、主典をサカンと読ましてあります(ごと)く、皇国の制度(せいど)では、長官(ちやうくわん)(すべ)てカミと唱へられたのであります。(ゆゑ)(かみ)は内閣総理大臣(だいじん)より、各省の大臣(だいじん)(およ)び各局長、各府県知事、裁判所(さいばんしよ)長、検事局長、郡市長、警察署長、郵便局長(また)は町村長に(いた)るまで、残らず皇国にてはカミと(しよう)するのであります、明治(めいじ)維新(まで)は、国守をカミと唱えました。(すべ)是等(これら)のカミは顕の顕(けんのけん)(さま)の部下にあって、()れぞれの守護をされる神様(かみさま)であります。(これ)にて皇国のカミの区別(くべつ)並びに御職掌が、大略了解された(こと)(おも)ひます。
   (三)
 幽斉(いうさい)研究(けんきう)、並びに修行(しゆぎやう)は、至貴至厳なる神事でありますから、神界にては、神界御制定の御規律を遵奉し、顕界にては、天皇(てんのう)陛下(へいか)の臣民たる義務を(つく)し、現界の御規則(ごきそく)(かた)(まも)る人士でなくては、神界の御聴許が(くだ)らぬのでありますから、()にありふれたる降神術や、太霊道や、霊子(れいし)術や、静坐法や、催眠術を研究(けんきう)するような、格合には()かぬのであります。斯の神人(しんじん)感合の妙境に()らむとする幽斉(いうさい)修行(しゆぎやう)は、幽顕両界のカミの御神慮に(かな)(たてまつ)る。至正至直の身魂(みたま)でなけらば、(けつ)して(まこと)(かみ)に感合する(こと)出来(でき)ませぬ。(しか)幽界(いうかい)にても、又現界にても、随分(ずいぶん)いかゞはしい神様(かみさま)はありますから、各自(かくじ)審判(さには)(もつと)も肝要であります。
   (四)
 (しか)(なが)現代(げんだい)人間(にんげん)は、体主霊従(たいしゆれいじゆう)物質(ぶつしつ)万能(ばんのう)主義に眩惑した結果(けつくわ)、何(ひと)(いへど)も、多少(たせう)身魂(みたま)に汚濁を招いて居って、至清(しせい)至純(しじゆん)日本魂(やまとだましひ)なるものが欠損して()りますから、至清(しせい)至浄、至尊至貴の神霊に感合し奉り、国民(こくみん)天賦(てんぷ)天職(てんしよく)をつくさんとして、帰神(きしん)修行(しゆぎやう)()すに当たり、先ず第一(だいいち)に、各自(かくじ)の神魂と身体(からだ)とを(きよ)めねばなりませぬ。そこで帰神(きしん)修行(しゆぎやう)準備(じゆんび)として、鎮魂(ちんこん)の神(はふ)()り、身魂(みたま)の大祓を執行(しつかう)したさねば、畏くも皇祖(くわうそ)天照(あまてらす)大御神の御聴許を()ることが出来(でき)ぬのであります。
 開祖の神諭に『(むかし)から(かみ)はモノを()はなんだぞよ。()(かは)()であるから、(かみ)()かりて世界の人民(じんみん)何彼(なにか)(こと)()らして、改心(かいしん)をさせねばならぬから、(かみ)()かりて、モノを言う時節(じせつ)(まゐ)りたぞよ 云々(うんぬん)』と(しる)されてありますが、御神諭(ごしんゆ)(とほ)り、(むかし)から神様(かみさま)が、人民(じんみん)にうつられた(こと)はありませぬ。皇典古事記(こじき)神代の巻に、天之岩戸(いはと)の段に(おい)て、天之宇受売命の神懸(かむがか)りや、その()にニ三の実例が、古書に散見されますけれ(ども)(いづ)れも皆国家(こくか)一大(いちだい)事に(さい)して(ばか)り、帰神(かむがかり)(おこな)はれたのであります。我々(われわれ)臣民(しんみん)に、大神様(おほかみさま)の御うつり(あそ)ばした(こと)はありませぬが、今回は二度目(にどめ)の天之岩戸開(いはとびら)きと()ふやうな、世界の大事変(だいじへん)でありますから、因縁の身魂(みたま)なる、出口(でぐち)開祖に帰神(かむがかり)になった(こと)拝察(はいさつ)されます。又開祖の御神諭(ごしんゆ)に『稲荷(狐の(こと)()(たま)ふ。(まこと)の稲荷は保食大神(うけもちのおほかみ)也)は、(たれ)にでも(かか)るが、(しん)金神(こんじん)禰宜(ねぎ)巫女(みこ)にはかからんぞよ。云々(うんぬん)』とありますから、(とく)(きよ)らかな身魂(みたま)を、神界から御使用(しよう)(あそ)ばさねばならぬので、畏くも至誠至忠の百姓(おほみたから)に、日本魂(やまとだましひ)を奮起させん為、神界より神秘(しんぴ)の門を(ひら)かれたのでありますから、到底(たうてい)人間(にんげん)(かんが)へる(ばか)りで、帰神(かむがかり)修行(しゆぎやう)出来(でき)ないのであります。
   
オニド関連サイト最新更新情報
6/22【霊界物語ネット】王仁三郎の道歌集『大本の道』を掲載しました。
6/16【霊界物語ネット】URLを「http:~」から「https:~」に移行しました。
6/15王仁三郎ドット・ジェイピーURLを「http:~」から「https:~」に移行しました。