霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】12/5発売『あらすじで読む霊界物語』(アマゾン楽天ブックス
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

若き日のこと

インフォメーション
題名:[2-4-3] 若き日のこと 著者:出口王仁三郎
ページ:127 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B195303c235
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]『瑞祥新聞』昭和9年12月1日(原題「誠から出た嘘」)
 余が十七歳のときであつた。父は農業のかたわら醤油の小売りをいとなんで生計の補助としていた。
 毎月末に掛け取りに行く。時としては余をして掛け金徴収に行くことを命じた。ある家に、わずか五十銭の売り掛け代金を受け取りに行つた。そのとき、家の主人はていねいに、今日おはらいすべきであるが、少しつごうが悪いから五、六日待つてもらいたいと断わつた。そこで余は五、六日へて、またその家に掛け金取りに行つた。そうすると、小さい二室造りの奥の間に主人の声が聞こえている。その家の妻は、ふすまをそつと細目に開いて、なにか小声でささやいた。主人の声として、
 「今日は留守だといつて帰つてもらえ」といつている。そこで妻女は、「主人は留守だから後日来てくれ」と、おずおずしていう。余は少々あやしみながら、
 「御主人の声が聞こえているじやありませんか」と反問した。妻女は妙な顔をして、ふたたび主人の居間にはいつて余の言をつたえた。主人は大喝一声、
 「肝心の主人が、主人は留守だといつているじやないか。これほどたしかなことがあるか」と。余は金融のつごうがわるいなと思つて、「よろしく頼みます」といつてそのまま帰宅した。それから三日目の夕方、その家の主人が自分で出てきて、
 「先日は失礼しました。金がなくて会わす顔がないので留守をつかいました。今日金が手にはいりましたから、おはらいやら謝罪に参りました」と。
 人の性は善である。時によつてうそもつかねばならぬ人生だと、余はそのときに感じたのである。
(誠から出た嘘、「瑞祥新聞」昭和9年12月1日)
   
オニド関連サイト最新更新情報
11/30霊界物語音読霊界物語の音読(朗読)をユーチューブにアップしました。今回追加したのは第1巻と第68~72巻の計6巻分です。「音読まとめ」を見て下さい。
5/1【霊界物語ネット】霊界物語本文中の「ビクトリア」を「ビクトリヤ」に直しました。事情はオニペディアの「ビクトリヤ」の「ビクトリヤとビクトリア」をお読みください。
このページに誤字・脱字や表示乱れを見つけたら教えて下さい。
合言葉「おに」を入力して下さい→