霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

ローマ字研究日夜苦人一愁(抄)

インフォメーション
題名:ローマ字研究日夜苦人一愁(抄) 著者:出口王仁三郎
ページ:412 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B195305c407
ローマ字研究日夜苦人一愁(抄)
Hyakunin Issyu
月の家和歌麿Tukinoya-Wakamaro
○は原歌,ローマ字は替え歌
O秋の田の刈穂の庵の苫をあらみ我が衣手は露にぬれつ丶
Aki no Ta ni karihosu Ine wo nusumarete,
waga Ko mo Namida no Tuyu ni nure tutu.

○春過ぎて夏来にけらし白妙の衣ほすてふ天の香具山
Hara tatedo naite nakarezu Siri makuri,
koketu marobitu Atama Kakuyama.

O奥山に紅葉踏分け啼く鹿の声聞く時ぞ秋はかなしき
Otonasiku Momide sinagara naku Musume,
Koziki sasu towa aware narikeri.

○かさ丶ぎの渡せる橋に置く霜の白きを見れば夜ぞ更けにける
Kakamuraya Wagamama bakari,Okuyama no
siroki Kitune ni yokumo nisi kana.

○忘らる丶身をば思はず誓ひてし人の命の惜しくもあるかな
Wareyosi no Mi wo osimi tutu,tikayokuni
Hito no Mono made hosiki yatu kana.

O浅ぢふの小野の篠原忍ぶれどあまりてなどか人の恋しき
Akimekura onoga Siriaka sirazusite,
asamasikumo mata Hito wo kobotitu.

O吹くからに秋の草木のしほるればうべ山風を嵐といふらむ
Huyu no Yo no Anma no Hue no simizimito,
utiyobu Hito no aranu Awaresa.

昭和2年4月4日
(「月明」日召和2年5月第4号)