霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】[2024/6/15] 6月17日(月)から月末にかけて、霊界物語ネットのデザインの変更作業を行います。レイアウトが乱れるなどの不具合が生じたら、時間を置いてアクセスしてみて下さい。[2023/12/19] サイトの全面改修に伴いサブスク化します。詳しくはこちらをどうぞ
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

信者の動き

インフォメーション
題名:信者の動き 著者:大本七十年史編纂会・編集
ページ:405 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B195402c6221
 検挙につづく社会的な非難によって邪教観が流布され、大本の人々を邪教徒・国賊とする世評が形づくられていった。大本は孤立し、大本信者はまことに苦難な立場にたたされたといってよい。だが信者のおおくは意外に平静であった。大本の人々は、大正一〇年の第一次大本事件の時、あれほどさわがれたにもかかわらず、結局事件は解消したという経験をもっていたし、これまでの運動や自己の信仰をかえりみても、やましいところはないという確信にみたされていた。やがて事件はかならず解決するものとおおくの信者はうけとめたのである。しかもそこには教義や王仁三郎にたいする熱烈な信仰があり、内務省の声明や世論の攻撃ぐらいでは、根底から動揺するものではなかった。
 権力の暴圧にたいする信者側の対策と抵抗は、弾圧のあったその日からすでにはじまっていた。一二月八日のあさ亀岡では、まだ検束されていなかった在住信者のうち、とりあえず連絡のついた者数人が、亀岡分所の山内陽明宅に集まり、検挙された王仁三郎はじめ幹部たちに、まず差入れの手配をすることとした。伊藤栄蔵・平木隆次郎・大崎勝夫の三人は京都分院をたずね、毛布などを多数用意して、京都分院の役員、とくに京都府会議員の木村忠一や「中外日報」の朝倉記者らの尽力によって、各警察に差入れをおこなった。王仁三郎には警察側の許可により、護送途中の綾部駅で内事係の平剛五郎(祥徳)が、内事の会計から現金六〇円を手渡しており、寝具などは警察の手配で亀岡から留置場へとどけられた。翌九日からは京都分院を差入れの事務所とし、分院長の竹山三朗(弁護士)をはじめ、中邨新助・四方実之助・南部諦三らが、弁当や手廻品などの差入れにつとめた。こうした活動はすこぶるさかんであって、中立売署だけでも、家族や信者からそれぞれ個別に差入れの手つづきをしたものは、「一三日までに延二六〇人」(「大阪毎日新聞」)にたっしている。
 東京の昭和神聖会総本部では、幹部が検挙されたあと、昭和青年会本部との連名により、一二月八日付で「吾人の信念行動は聊かも天地神明に恥づる処なきものに御座候。此際会員は相扶け相導き、殊に言動を慎み、世間の流言に迷はさるる事なく自重され、苟くも転挙妄動等のことなき様……」と全国の各地方機関に通達をだした。
 大本京都分院でも一二日付をもって、京都市内各警察署に収容されたものの氏名、差入れのこと、その他綾部・亀岡などの情報を全国の主会長に急報した。さらに東京の紫雲郷別院および関東主会からは富沢効の名により。一七日付で全国主会あてに、弾圧下における信者の心得につき具体的注意を指示し、検挙者にたいする費用の醵金(きょきん)を別院で取扱うむねを付記して通達した。これらに準じて、樺太主会長広富潤哉・北海主会長石田卓次・青森主会長佐藤雄蔵・波上主会長(奄美大島および沖縄県)上村照彦はじめ各主会では、それぞれ管下にたいし、応急の措置について通達を発した。
 他方、大沢晴豊はじめ特派宣伝使たちも、各地にあって信者のあり方等について指導した。四国特派の大田太三郎は事件後も巡回座談をつづけた。いちど綾部にかえり、そのころ綾部の月光閣にいた二代すみ子・三代直日に面会し、ふたたび四国を巡回して信者の指導にあたっている。北国新聞社の理事である北陸主会長嵯峨保二は、ジャーナリストの立場から情勢を適確に判断し、管内をひそかに巡回してその対策を指導した。多くの信者たちは、第一次大本事件の経験と、昭和青年会・昭和坤生会当時の団体訓練による組織的活動力を発揮し、きわめて機敏な行動をとった。
 大阪控訴院吉益検事長が、「自分は十五日綾部の大本教本部、亀岡の天恩郷など視察したが、……感じたことは大本教の素晴しい統制ぶりだ。『沈黙を守れ!』といふ指令が出るや、教団の内部は忽ちにして沈黙の行が励行され、大検挙を口にするものがない。これが偉大なる効を奏して信者間に何らの騒ぎも起させぬなど、実に立派な統制である。そして入獄者があると、チャンと差入係があって万端抜目なく迅速に差入れをしてゐる」(「大阪朝日新聞」昭和10・12・19)と語っているほどである。
 綾部においては、八日の検挙をまぬがれた佐藤尊勇や吉田春治らが、ただちに幹部の湯川貫一と対策を協議した。差入費用や検挙のあとの家族の生活問題、その他当面の問題が山積していた。亀岡では差入れの手配をすすめる一方、平松福三郎・中山勇次郎や妻のかよ・家口いく子・西村ひな子らが分所と連絡をとって善後策を協議し、当局の無謀な弾圧の実情についての資料の蒐集にもつとめた。分所長の山内は、まず綾部との連絡をとるため八日に使いの者を綾部に派遣したが、警戒がきびしく途中で検束されて目的を果すことができなかった。そこで九日には中山かよ(のちの東尾)が山内の依頼で綾部に潜行し、桜井同吉宅で二代すみ子・三代直日に面会して、亀岡の状況を報告し、あわせて今後の指示をあおいで、山内に報告した。また、波田野義之輔らは、信者の家をまわって注意をあたえた。しかし、こうした信者のひそかな行動も、当局のとがめるところとなり、一〇日には亀岡分所の解散が命じられた。
 綾部・亀岡・京都だけではない。地方信者の護教活動にもみるべきものが数おおくあった。事件の当日、横浜の関東別院へ神奈川県の信者代表二〇〇人が、山手署の警戒のなかを参集協議しているし、茨城県下では、九月下旬からおこなっていた皇道展の映画会を、一二月一〇日まで予定どおり開催している。事件当日の八日には入場者一五〇〇人という盛況ぶりであった。また同県の瑞雲郷分院では一〇日に信者が集合して月次祭を執行した。この月次祭の執行を一二月一二日付の「いばらぎ新聞」は、「大弾圧にも揺ぎなき信念」という見出しで報じている。
 茨城県では、県下の信者および昭和神聖会員一九〇〇人(県特高課調)のうち主なる信者にたいし、県特高課は厳重なる禁足と個人間の連絡を禁止したが、「この教を信奉する人々が今回の大弾圧に怯ゆるところなく、却ってこれを『免れ得ぬ法難』と解して、言はず語らずのうちに陣営の強化を意図し、明日の反発を期してゐる……」(「読売新聞」茨城版昭和10・12・10)と報ぜられている。そこにはつぎのような茨城主会長高橋守の談話がかかげられている。
大本の教は、其の辞句が示す如く右せず左せず皇道を教義とし、人類を救ひ世界平和のため活動してゐるもので。其の事業の何処にも秘密がない。今回の事件も前回同様大山鳴動して鼠一匹出ない結果になるでせう。……出口師が検挙されるとは何んのためか判断に苦しんで居ります。我々は如何なる事件が起っても、……聊も狼狽等は致しません。
 北海別院(主会長・特派石田卓次)では解散命令をうけた翌年の三月一五日まで、道場では平常どおり講話をつづけ、節分には別院だけで人型行事もおこない、「やがて別院も閉鎖される時が来る。修業はそれまでだから早く来るやうに」と全道の各支部に伝えた。そのこともあって、修業者は平常に倍し、本部からあずかっていたご神体が初修業者などに全部下付されたとき、解散となったという。島根県でも熱心な信者たちは、弾圧に対処してさっそく護教のための献金にとりくんだ。
 このように中央・地方を問わず信者の信仰は固かったといってよい。地方では八日以後もなお月次祭など大本関係の諸行事をおこなっているところがおおく、全国的に大本の地方諸機関では、事件についての祈願をつづけた。また綾部・亀岡の様子を知ろうとしてかけつけた者もすくなくない。しかし警戒が厳重なため苑内にはいることはできず、その後は在住信者と連絡をつけて送金をするなど、信者の思いは朝夕に王仁三郎の身柄や本部の様子に集まっていた。なお本部あての更始会費・青年会費等の諸会費や献金など、相かわらず送金をつづけてくるむきもおおかった。
 しかし、当局は大本を地上から抹殺すべく、さまざまの手段をつぎつぎと講じてきた。奉仕者・修業者の強制帰郷はひきつづき強行され、「廓内に居住する所謂奉仕者五百有余名に対しては、一応簡単なる取調べの上、犯罪容疑薄く支障なしと認めらるる者」(『杭迫日記』)には、棄教の説諭をおこなった。当時の模様を「大阪毎日新聞」(昭和10・12・18)は、「今なお百余名の信者は帰国しやうともせず、亀岡町内に借家を探しまた間借りをして、検挙された幹部の動静を知らんものと情報蒐集につとめてゐる。これ等信者はあくまでも自分の信仰が正しく大本は邪教にあらずと自認し、いづれもが王仁三郎の刑の決定を見るまでおかゆをすすつてでも亀岡は離れまいとしてゐる」と報道しているが、結局一六日までには、みよりのない数十人をのぞいてことごとく帰郷させられた。そのなかには南洋からきていたベンノショウニ兄弟、エスペランチストのハンガリー人ヨセフ・マヨールもはいっている。
 帰郷の強制によって人の気配のなくなった亀岡本部は一七日に、綾部総本部は一八日に苑内を釘づけにされ、鉄条網をはりめぐらして「立入禁止」の立札がたてられた。これと相前後して綾部駅や亀岡駅構内の名勝案内から「大本」の文字が抹消され、「大本指定旅館」「大本土産」「大本せんべい」など大本の名のつく一切の看板もとりはずされてしまった。
 証拠品の押収がおわり、強制帰郷がすすんで大検挙は一段落をつげたかにみえたが、一二日には出口貞四郎(三千麿)が朝鮮より急拠帰国の途中で検挙され、京都へ護送された。さらに一二月一四日の未明には静岡県で一斉検挙がおこなわれ、浜松支部をはじめ、県下各支部の捜査があった。この時牧野末太郎・関孝作・関由太郎・武田仙蔵・吉田覚・井口太郎吉・藤原章雅・竹原弘・富井徳太郎ら支部長級や地方幹部など九人が検挙された。この年の九月に、関由太郎らが「聖師登極の日近し」という言葉を記した建白書を天恩郷の透明殿で王仁三郎に手渡したことがある。当局は、この建白書を一二月八日の捜索により押収したので、これは王仁三郎を統治者と考える不敬思想の具体的行為であるとして、その関係者らを逮捕したのである。
 それに追い打ちをかけるように、一二月二〇日には関東別院ほか一〇ヵ所と綾部総本部をふたたび捜索して、証拠品一五〇〇余点を押収したばかりか、その年もおしつまった二三日、内務省は発売禁止の『大本神諭火之巻』の押収や「神霊界」などの分布状況を調査するという名目で、全国一斉に午前六時を期し第二次の大捜索をおこなった。別院・分院などをはじめ、大阪府下一〇ヵ所・兵庫県下一六ヵ所・鳥取県下九ヵ所・島根県下四ヵ所・福岡県下一五ヵ所・愛知県下六ヵ所・福井県下一ヵ所・北海道内一一ヵ所など、一道七府県七二ヵ所にわたって数百の警官を動員した。そしてはやくも二四日には『霊界物語』(八一巻)・『出口王仁三郎全集』(八巻)・『歌集』(九巻)・『壬申日記』(八巻)が発売禁止の処分をうけた。
 大本七十年史編纂会がおこなったアンケート(昭和39年、以下アンケートという)によれば、この年一二月末までに、家宅捜索をうけた信者の戸数は二五二となっており、その地域は福島・栃木・千葉・奈良・佐賀・宮崎の六県をのぞく、全国の道府県におよんでいる。これによっても、二四日の大検索とはべつに、各地でつぎつぎに捜索がおこなわれていたことがわかる。
 すでに一二月一〇日には、宮城県の仙郷別院・宮城分所、二二日には神戸分院、二五日には大阪分院がそれぞれ解散をよぎなくされ、国家権力の重圧は日をおって加重されていった。
〔写真〕
○苦節十年 信者の手記 p405
○いちはやく差入れに奔走した京都分院 神泉苑境内 p406
○圧力に屈せず活動はつづけられていた 協議する北海別浣の役員たち p409
○亀岡綾部の神苑は完全に封鎖された 綾部の受付近辺 p410
○信者宅には警官がふみこみ しつような捜索がなされた もちさられる神書類 p411
○弾圧は信者の予想をこえてすさまじかった 悲痛な大阪分院解散式 p412
目で読むのに疲れたら耳で聴こう!霊界物語の朗読ユーチューブ
オニド関連サイト最新更新情報
10/22【霊界物語ネット】王仁文庫 第六篇 たまの礎(裏の神諭)』をテキスト化しました。
5/8【霊界物語ネット】霊界物語ネットに出口王仁三郎の第六歌集『霧の海』を掲載しました。
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。【メールアドレス
合言葉「みろく」を入力して下さい→  
本サイトは Reikai Monogatari Net (霊界物語ネット)略して「レモン」とでもお呼び下さい。/ 本サイトは飯塚弘明が運営しています。【メールアドレス】 / 動作に不具合や誤字脱字等を発見されましたら是非お知らせ下さるようお願い申し上げます。 / 本サイトに掲載されている霊界物語等の著作物の電子データは飯塚弘明ほか、多数の方々の協力によって作られました。(スペシャルサンクス) / 本サイトの著作権(デザイン、プログラム、凡例等)は飯塚弘明にあります。出口王仁三郎の著作物(霊界物語等)の著作権は保護期間が過ぎていますのでご自由にお使いいただいて構いません。ただし一部分を引用するのではなく、本サイト掲載の大部分を利用して電子書籍等に転用する場合には、必ず出典と連絡先を記して下さい。→「本サイト掲載文献の利用について」 / 出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別的と見なされる言葉や表現もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。 / プライバシーポリシー
(C) 2007-2024 Iizuka Hiroaki