霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】[2023/12/19] サイトの全面改修に伴いサブスク化します。詳しくはこちらをどうぞ。[2024/6/30]8月中にサイトの大改修を行います。実験のためのサイトをこちらに作りました(今はメニューを変更しただけです)。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

土地返還請求の提訴

インフォメーション
題名:土地返還請求の提訴 著者:大本七十年史編纂会・編集
ページ:592 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B195402c6421
 当局によって強制破却された綾部の大本神苑のあとは、何鹿郡設のグランドとなり、その他の荒地は綾部町壮年団が、当時次第にくるしくなってきた食糧事情をいくらかでも緩和するために、一九四〇(昭和一五)年六月から開墾した。亀岡の神苑あとの天恩郷は、亀岡町役場および商工会でその利用方法が協議されて、工場の誘致や立命館大学の勤労農場の建設計画などがくわだてられたりしたが、いずれも実現しなかった。そこで昭和一五年の五月一二日に亀岡町会で、京都大学に土地を寄付することを決議し、京大ではこの地に植物園・農事試験所・研究室などを設置することが内定した。だが、王仁三郎およびすみによって、綾部・亀岡の土地返還請求の訴訟がおこなわれたために、実現をみるにはいたらなかった。
 土地返還請求の提訴は、すでに一九三八(昭和一三)年の五月ころから、弁護人のあいだで準備がすすめられていた。第一審の公判がはじまったが、審理が進行するにしたがって、不法な弾圧や警察における取調べが、非公開公判のため一般に知らされておらず、これを世論にうったえるためには、民事訴訟において提訴すべきであると考えられた。その提訴の時機については慎重を期していたが、第一審で全員有罪の判決があったので、その不当性を側面から立証するため、本格的な準備がはじまり、一九四〇(昭和一五)年の六月一五日には、京都地方裁判所民事部あての訴状を提出した。原告は出口王仁三郎とすみの両人で、被告は綾部町および亀岡町であった。原告の代理人には弁護士の前田・赤塚・竹川・鍋島・竹山・高橋・足立・川崎・今井・高山・三木・小山・清瀬・富沢・林の一五人がなった。
 その訴状によれば、「被告ハ所有権移転登記抹消手続ヲ為スヘシ」というものであって、その後「且ツ該土地ヲ引渡スヘシ」との請求拡張を申立てた。そしてそれらの請求原因として、つぎの点がのべられている。
 「本件売買ハ原告自ラ之ヲ為シタルモノニアラス 又中村ハ右委任ニ基キ本件売渡ヲ為シタルニモアラス 仮ニ委任ニ基キ為シタリトスルモ 右委任ハ全ク高橋警部ノ暴行恐迫ニ因ル真意ニアラサルモノナルヲ以テ 当初ヨリ無効ニアラサレハ取消シ得ヘキモノニ属シ 原告ハ本訴ニ於テ取消ノ意思ヲ表示ス 尚原告ハ前記中村ニ対スル委任ノ取消サレタルコト 並ニ然ラストスルモ 前記ノ如キ自己ノ財産ノ凡テヲ挙ケテ処分ヲ委任スルカ如キハ 公序良俗ニ反スル無効ノモノナルコトヲ主張ス 仍リテ本訴ニ及ヒタル次第ナリ」
 なお出口すみの訴状には「……夫ノ許可ヲ得サルモノナルヲ以テ……」とも付記されていた。
※ 旧民法(第九十条)公ノ秩序又ハ善良ノ風俗ニ反スル事項ヲ目的トスル法律行為ハ無効トス (第九十六条)詐欺又ハ強迫ニ因ル意思表示ハ之ヲ取消スコトヲ得 (第百二十一条)取消シタル行為ハ初ヨリ無効ナリシモノト看做ス
 諸新聞はこの訴訟を大きく報道したが、そのなかでも「大阪毎日新聞」(昭和15・6・16)は「突如、土地返還の訴訟─綾部、亀岡両町を相手に取つて王仁が京都地裁へ」との見出しで訴訟のいきさつをつたえ、「大本教対地元町の法廷戦が新たに世の視聴をそそることとなった」とのべ、「本訴訟の重大要点は前記高橋警部をはじめ当時検挙に活躍した警察官が、関係者の取調べに当つて苛酷な行為をしたか否かにかかり、これが糾明は延いて控訴審における事件の裁判にも影響して来るわけで、朝野法曹界に大きい話題を投じた」と報じた。
 被告の綾部町では六月二一日に、町会で応訴することを決定し、法定代理人を町長遠坂憲治とし、亀岡町でも六月二五日に、町会で応訴を決定して、法定代理人を町長矢田啓之助とした。大本側では、民事事件の事務はこれまで三木弁護士が担当していたが、刑事・民事ともに多忙をきわめたため、九月三日からは、小山昇弁護士が民事事件を分担することになった。
 民事事件の準備手続きは同年九月一四日から始まり、一二月一〇日には第一準備書面を提出した。それには、「本件と大本教弾圧事件との関係」と「訴状請求原因」がのべられていた(二章三節「土地の不法処分」)。その後一九四一(昭和一六)年八月二九日、公判第九回をもって準備手続きがおわったが、準備書面や証拠説明書は数回におよんでつぎつぎに提出され、法廷での言霊戦がはなばなしくおしすすめられていった。
 裁判の進行にしたがって、土地売渡しの委任や不当な価格での売渡しは、すべて警察官の強迫によるものであり、土地の登記手続きは、警察官と町役場吏員との文書偽造や印鑑の盗用によってなされた事実が、しだいにあかるみに出されていった。
※ 当時における民事訴訟の判決手続はつぎの順序でおこなわれる(旧民事訴訟法)。(1)原告の訴(訴状の提出)によってはじまり、裁判所がこれを受理して被告へ送達する。(2)まず準備手続がおこなわれ、準備書面の提出、陳述・証拠の申出など、口頭弁論で必要な訴訟資料が整理充実され争点が明らかにされる。したがって準備書面(当事者が口頭弁論にて陳述せんとする事項を記載した書面)の提出は義務づけられ、準備手続で陳述しなかった事項は原則として口頭弁論で主張できない。(3)ついで、口頭弁論(いわゆる公判)がひらかれる。まず原告か訴の申立をなし、当事者か準備手続の結果を陳述する。弁論は期日をかさねてつづけられ、この間必要により証拠調(証人訊問・鑑定・書証・検証・当事者訊問)がおこなわれる。(4)最後に裁判所の判決または原告の訴の取下、原告の請求の抛棄・被告の請求の認諾、両当事者の訴訟上の和解によって判決手続は終る。
〔写真〕
○機が熟し 権力の手から綾部亀岡穴太の土地をとりかえすべきときがきた 綾部の神苑につくられた何鹿郡設グランド 中央右へかろうじてのこされた榎木と柳 p592
○孤影寂然…人の里のうたかたをよそに神苑はかわらぬ自然のいとなみをつづけていた 石垣をくずされた城址にそびえる大榎木は大銀杏 その右は月宮殿跡 亀岡天恩郷 p593
○土地返還訴訟は社会に波紋を投じ当局の不法事実がつぎつぎにあかるみにだされた p594
絶賛発売中『超訳霊界物語2/出口王仁三郎の「身魂磨き」実践書/一人旅するスサノオの宣伝使たち』
オニド関連サイト最新更新情報
10/22【霊界物語ネット】王仁文庫 第六篇 たまの礎(裏の神諭)』をテキスト化しました。
5/8【霊界物語ネット】霊界物語ネットに出口王仁三郎の第六歌集『霧の海』を掲載しました。
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。【メールアドレス
合言葉「みろく」を入力して下さい→  
本サイトは Reikai Monogatari Net (霊界物語ネット)略して「レモン」とでもお呼び下さい。/ 本サイトは飯塚弘明が運営しています。【メールアドレス】 / 動作に不具合や誤字脱字等を発見されましたら是非お知らせ下さるようお願い申し上げます。 / 本サイトに掲載されている霊界物語等の著作物の電子データは飯塚弘明ほか、多数の方々の協力によって作られました。(スペシャルサンクス) / 本サイトの著作権(デザイン、プログラム、凡例等)は飯塚弘明にあります。出口王仁三郎の著作物(霊界物語等)の著作権は保護期間が過ぎていますのでご自由にお使いいただいて構いません。ただし一部分を引用するのではなく、本サイト掲載の大部分を利用して電子書籍等に転用する場合には、必ず出典と連絡先を記して下さい。→「本サイト掲載文献の利用について」 / 出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別的と見なされる言葉や表現もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。 / プライバシーポリシー
(C) 2007-2024 Iizuka Hiroaki